2021年11月09日

オレは今Onepieceを生きてる、と思っとった

 野球の子供たちが、あまりに成績が悪いのに良い子達なので、せめて高校に入れるようにと、夜9時から勉強を教えるようになって3年経ちました。

C535757B-6682-4778-BD71-E9C2F02BDFBD.jpeg
 塾をやっているの?ときかれますが、お金をもらうほどのスキルはありません。
 ただただ、「努力する」ことを楽しいと思ってほし、と願ってやっています。

 11月になり、少子化だからか、指定校とか推薦とか特待生とか、受験をせずに前打ち合わせで半分合格するような、そういう決定が出るようになりました。

 私は、人間、幸せに生きれるためにはある程度の総合力が必要だと思うので、勉強せなあかん時期なら、せっせと勉強せよ。と思うわけです。大人の采配で楽をさせてはいかん。
 まだ中学校のうちから、野球だけの能力で凌ぐとか、逆に勉強だけの能力で評価されるとか、そういうことを覚えて欲しくないなと思っています。

DBABE80F-BF4B-470E-9C7B-3103EB1CA143.jpeg
 うちの「すのまた野球部」の子には、小学校で先生と喧嘩ばかりしていた子が中学校で生徒会をやったり、野球部なのにサッカー部とばかりと遊んだり、おとなしい子がボケまくるとか、優しい子がツッコミまくるとか、成長につれてキャラの振れ幅が大きくて、のびのび育っています。


 昨晩、キャプテンのあっちゃんが、こう言いました。「俺…小六の頃、全国優勝目指して野球やっていた頃、ワンピースの船に乗ってさぁ、みんなでやってるような、子供も大人も一緒になってさ、毎日そんな感じがしとった。」

39192056-DD2C-45F0-9EA1-62E39ABC09E9.jpeg 

あの頃、打てば響くような快感を親子80人で感じながら、毎日興奮していたのですが、まさかワンピースに例えてもらえるとは思っていなくて、ビックリしました。
 人生に1度でもワンピースを生きれるっていいと思います。

5C94ACEA-254D-45F3-96D1-20B4E331D55B.jpeg

「次ワンピースをできるのはいつだと思う?」ときいたら、「俺が働き始めた時やろ。」と言われました。

 部活じゃないんや…。仕事なんや…。
 あっちゃんなら高校でも大学でもできると思ったけど、黙っておきました。

 正直、中学校の野球部は、いまひとつこのキャプテンをうまいこと使いこなしてくれなくて、せっかく良い子ばかり集まっていたのに、子供たちをまとめれなかったなと言う、大人としては、反省があります。

 あっちゃんも同じことを思っているのですが、「でも、こんなこともあるんやなっていい経験になったよ。メンバーの性格が良くても、成功しない時があるんやってわかった」と言いました。

 15の子と、こんな渋い話できるか〜。さすがキャプテン。

 気が付いたら夜中の1時でした。

 「また、明日も来るわ」とあっちゃんは帰っていきました。うん、またあした。頑張ろ。

CE2A045B-E50F-4D3C-A6EC-DE4552EC2935.jpeg
posted by Kuhcan at 10:09| 日記

2021年11月07日

秋の仕事

 今日は朝から、平和な芋掘り写真が送られてきたので、
「私も休みたいなぁ」と思いつつ、
安村現場監督から「月曜までにクロスをちゃんと決めておくように。」
と言う指令が出ていたため、出社していました。
350EA6C8-7637-4291-8806-5CC02A5A8777.jpeg
 すると「ギャッベ展、見に行こうかな〜」と、
12年前に新築をしたお客さまから連絡がありました。昨日の晩、そこのお母さんに最近お会いしてないけどお元気かな?と思い出していたところです。
 こういう時、季節が秋だというだけで、「さわやか〜」と感じます。
 秋は良いことがあるとお得感が倍です。なぜでしょうか。
 
7E3DAB8A-E3EB-4E75-B41B-1A7DBBD64FEE.jpeg
 あの頃はまだ生まれてなかった娘さんたちにも会えて、嬉しい。近所のコスモス畑へ散歩に行って、記念写真を撮りました。
 ここのお父さんお母さんとは、赤の他人ですが、会社を立ち上げまもない頃なのに、たくさんのご依頼をいただきました。リノベーション3回、ご子息の新築、火災保険やお庭の手入れ…。もう15年になりますが、第二の両親と思ってたいへん感謝をしています。


 仕事したくないのに出てくる日はたいてい、こうして嬉しい邂逅があります。仕事の神様が、がんばってよ。と言っているのだと思います。
 今日もいい一日をありがとうございましたにこにこ
posted by Kuhcan at 19:47| インテリア施工例

秋の仕事

 今日は朝から、平和な芋掘り写真が送られてきたので、
「私も休みたいなぁ」と思いつつ、
安村現場監督から「月曜までにクロスをちゃんと決めておくように。」
と言う指令が出ていたため、出社していました。
350EA6C8-7637-4291-8806-5CC02A5A8777.jpeg
 すると「ギャッベ展、見に行こうかな〜」と、
12年前に新築をしたお客さまから連絡がありました。昨日の晩、そこのお母さんに最近お会いしてないけどお元気かな?と思い出していたところです。

 こういう時、季節が秋だというだけで、「さわやか〜」と感じます。
 秋は良いことがあるとお得感が倍です。なぜでしょうか。
 
7E3DAB8A-E3EB-4E75-B41B-1A7DBBD64FEE.jpeg
 あの頃はまだ生まれてなかった娘さんたちにも会えて、嬉しい。近所のコスモス畑へ散歩に行って、記念写真を撮りました。

 ここのお父さんお母さんとは、赤の他人ですが、会社を立ち上げまもない頃なのに、たくさんのご依頼をいただきました。リノベーション3回、ご子息の新築、火災保険やお庭の手入れ…。もう15年になりますが、第二の両親と思ってたいへん感謝をしています。

 今日も、良いことがあって、ありがとうございましたにこにこ
posted by Kuhcan at 19:47| インテリア施工例

2021年11月04日

スピードとリーダー

 今日から新しい工事現場です。 
 弊社は、年間120件のリノベーションを女性社員と職人さん達でこなしています。
CDDBD2D6-0DC4-4A3D-908A-A639FE242364.jpeg
 今日は小さな監督さんが、保育園が休みだったため1日張り切って参加してくれました。

 その夜帰ってきてテレビをつけたら、「スピード感を持って対応しました」と政治家が言っていて、この言葉よく聞くなぁと思うので、ちょっと書きます。
 
 
 私は、トップが「スピード感」を重視しすぎる会社って、嫌いです。

 なぜなら、社員という資源を消費しているだけで、労わっている感じがしないからです。

5481A1DF-22EF-48B6-8E6F-9D909947F0B1.jpeg
 特に子供を産んで育てている場合や、家族の介護に奔走している人の場合、職場でスピード感なんて持ちようがない人が多いです。 

 家族を育てていない、面倒を見ていない人たちだけが、自分の思うように時間を使えるので、「返事はすぐしろ」「決めたら納期を守れ」「すぐに報告連絡相談しろ」といえます。社員さんが家に帰ってまで仕事を持っているなんて気づいていません。

 しかし6歳以下の子供を持つ女性の平均家事育児労働時間は7,5時間。子供が大人の面倒を見ているのヤングケアラーも増え続けている中、自分の仕事だけに集中できる人は、いったい何人いるんでしょう。

 また、コロナの影響で、部品がないだの材料がないだの、そんなことも増えましたが、馬耳東風。
 ホントなら、ないなら待ったらいいんじゃないの、といえるのも良い人生です。

 職場では凄いスピードで働いても、私は家で、3人の子の面倒を見ていました。当時は、自分の時間が欲しくて仕方がなくて大変苦しんでいました。
B2F99CAC-BE88-4605-B330-6E8569841849.jpeg
 でも、10年ぐらい経つとわかってきたんです。
「相手を待つ」行為の深みと歓びが。

3181D1A6-8DEE-4CB5-B9A4-37EE6B129B89.jpeg
 今日、この小さな現場監督さんは、職人さん達の作業を面白がってずっと見学し、ときには打ち合わせに加わり、最後には私の真似をしてほうきを持って現場を掃除し始めました。
 「おじさんたちのこと怖くないの?」
 「かっこいい〜」
 「音うるさいでしょ」
 「強そう」
 と言うこの監督は、解体で出たゴミを、おぼつかない手つきでほうきで掃いて、しまいには上手に集めて、何度も何度もごみばこに行って、キレイに捨ててくれました。

 おじいちゃんもお父さんも、「現場」に行く人なので、多分この子もその血が流れています。本当に楽しそうでした。連綿とした家族のつながりを感じて、嬉しくなりました。

 私たちは可愛くて仕方がなくて一日仕事をしました。

 会社をうまくやっていくには、また、お客様に選ばれる仕事をするには、「スピード感ある回答」「スピード感ある決断」は必要だと思います。
 しかし、作業自体や、普段の行動の一つ一つを毎日毎日「スピード」で押し通そうとすると、社員さんは多分疲弊してしまいます。
 
 何もできない子ができるようになっていくさま。その絶妙にじわじわとした時間は、スピードとはえ縁遠い。しかしその子の心がゆっくり花開いていくのは幸せなものです。

 だから、「スピード」が肝心だなんて、なんだか小手先の理屈な気がしてしまうんです。

 そう、仕事をする喜びなんて、誰かが昨日よりうまくなったとか、あの人が今日は幸せに生きている、ということに尽きると思っています。自分のなにかの力が世の中に善い作用をするのが楽しいのです。そしてそこには、深くゆっくりした時間が必要です。

 私たちが、基本的に女性ばかり雇いたがるのはそんな理由もあります。もし家族を持ったら、全くスピードが出せなくなる女性の立場。
 しかしそこにしみじみとした、力強い「永遠へのカギ」を感じるのです。

 彼女達はたいがい「自分の子どもの面倒をなぜみたくないの?」と私に訊きます。
 私は毎回「時間がもったいないから」と言っていました。我ながら自己中心的すぎて、いまは恥ずかしく思います。

 女性活躍が大切だと思っていることの1つに、こんな、限りある自分の時間を喜んで新しい存在に差し出せる感覚を持ってる女性への、敬意があります。(私はどうも少ないですけど)女性の感性、これからも会社経営に活かしていきたいと思います。
posted by Kuhcan at 22:16| 工事写真

2021年10月21日

防水工事 まるでウオーターベッド

「玄関入ったところの雨漏りがすごいんだ」
とのことで防水リノベーションをすることになりました。
築40年超の鉄筋コンクリート造の住宅です。

AF0B34A6-BBD2-40B1-B04E-DC082B79DE1A.jpeg
2Fの屋上に上がったら衝撃的な状態。

指を指している、金具と防水天端のスキマから、シート防水の下に雨水が入り込み、まるでウオーターベッドのように膨れています。

このブログ、動画を貼り付けられないので、
YouTubeにアップしてみました。
動画をご覧いただくと、すごいチャプチャプ感を見ていただけます。
屋上(屋根)なのに柔らかい。
チャプチャプなんです。
建築ではあってはならないこの柔らかさ。

このチャプチャプ雨溜まりにメス(カッター)を入れて水を出しました。
清流のようなキレイな雨水が、排水ドレインに向かって流れていきます。

さらに、その下の防水層である、ウレタン防水も、
膨れたりしてその下にしっかり水が回っています。

この家の2F北の中央あたりで雨溜まりになっていますが、
雨漏りしているのは、1階南の玄関です。

この事実を見るだけでも、コンクリート造の雨漏り被害を防止することの難しさを感じます。

まずはこの屋上防水からやり直します。
posted by Kuhcan at 03:21| 工事写真

2021年10月20日

「女性活躍」の講演をしてきました

0C30BC89-0FEC-4E5D-BE90-E5FA91202DD4.jpeg
 昨日、おそれながらも、私と夫で講演をさせていただくことがありました。
 「おがくずと一億円
〜 女性活躍を促しながら収益性を高める小規模事業者」というのがテーマです。
 聴き手は、中小企業の経営者の皆さんや銀行さんなどです。

 夫が20分、私が70分の持ち時間。
 話したいことがありすぎて、練習では50分も予定オーバー。しかし私はトークのベテラン(のはず)ですので、本番は、カン良く65分で終り、ほっと一息です。

 さて、今回この講演依頼をいただいて、改めて、自分の女性感や、少子化の問題等含めて、これからの若者の働き方について考えました。考えがまとまって、とても良い勉強になりました。

 「よう覚えといてくださいよ、
6歳以下の子供がいる女性の家事労働時間は7時間30分。それに比べて男性のそれは1時間50分。
 この上で、『女は働かない』とか、『たいしたことができない』『会社に忠誠心がない』とか、皆さん、絶対に言ったらあきませんよ」

 配分の是非はどうあれ、事実として、子育て中の女性の苦しみ、また逆に、子育てをしていない女性の苦しみを思うと、男性の時間割で行われていくビジネスに、異議を唱えたいことがたくさんあります。

 女性は「産む機能」と「産む本能」がありますが、この色とりどりの選択肢ができる世界で、その「機能」「本能」を使うか使わないか…これが選べるようになって来ています。
 しかし、どちらを選択しても、つまり産んで苦しみ、生まなくても苦しんでいるのは、一体なぜなのか。この講演レジメを作ることによってずいぶん私の中で整理整頓ができました。

 私は出産して20年経ちましたが、わずか6年前までの、子育てで仕事がままならなかった自分のことを思い出しました。子供を生まなかった人、そもそも結婚を選ばなかった人もたくさんいます。
 そんな中で、3人も生んだのに自分を表現したかった女が私です。それ故の苦しみを、語っただけで時間オーバーになってしまいました。

 あと50分あれば、その上で、これからの女性や若者に伝えられる建設的な意見が言えたかなぁ。
98D4C462-6904-4C1B-B302-04744CE31B0D.jpeg
 最近LINEの漫画などで、「自分のまま、楽に生きる」「もう頑張らない」若者や中年モノがよく散見されます。

 しかし私は、楽に生きる等は幻想で、ここまで貨幣経済が発達し、高等な社会インフラの上に成り立っている日本で、個人でそんな手抜きが跋扈したらえらいことだと思っています。楽に生きるのは、ずっとではなく、たまにで良いと思っています。

 先日野田聖子さんも、「今の日本は、人間が1億人以上いないと成立しないインフラ経済センスで動いている」と言っておられました。

 その感覚(金額)の是非は、私は専門外なので問いませんが、事実として今そうである。

 ならば、通常の気力と体力を持って生まれた人間は、苦しくても「がんばって」生きていく甲斐性が必要だと思っています。(身体や精神の状態が悪くて働けない人の代わりに!)

 その感覚を伝えるには70分の持ち時間は短すぎました。

 女だから許されることも、女だから許されないこともなくて、いくら私たちが、「女の能力はなんとなく男に劣る気がする」と言う偏見を受けてきた性種だとしても、そこは歯を食いしばって、そうじゃないんだよ、と自分が深く納得できるレベルまでやっていく部分があると思います。

 公演が終わって、男性から少し羨ましがられました「結構、女性に厳しい意見もありましたね。あれを僕たち男が言ったらアウトですよ」

 私は、なぜその厳しい意見を言ったかと言うと、馬鹿にしているからではなくて、ほんとに女性のその後を思って言いました。日本のこれからも思っていました。

 それを単なる差別発言と受け取られることもあります。

 男性に、産む機能付き人間の苦悩を伝えていく努力って必要なんだなと改めて思いました。たかが1時間半ではたいして変わりませんが、大きく変わっていく一歩にしたいと思います。
 
posted by Kuhcan at 09:03| 日記

2021年10月05日

弱い日のコーディネート

279411F2-F89E-499D-A389-35555BE245C1.jpeg
 誰しも、「弱体化する」とか、「そもそも弱い」と言う部分を持っていると思いますが、最近前者を体験することが増えました。

 私が一番自分のことを弱いと思っていたのは、子供の頃、酔った親に手慰みに殴られたりした時ですが、それ以降、なんだか悔しいのでひたすら強くなろうと努力してきました。

 しかし、どう努力しても弱いなと思ったのが、「妊娠して体がうまく動かなくなった時」です。

 妊娠すると、体をリラックスさせるために、頭も回らなくなるし、筋肉も解けていくようにできています。その時は、そんなことを知らなかったので、バカになっていく自分、動くのが億劫になっていく自分に恐れおののきました。
 急に積み上げてきた自分のスタイルを奪われてびっくりしたものです。

 そして先日、それぶりに「弱体化」を感じたのが「コロナワクチン接種2回目」の副反応。

 打った後は元気で、午後は接客までして、楽しく1日過ごしていたのです。

 それが夜になって、猛烈な悪寒で起き、お風呂に入ってもまだダメで2回も入り、ようやく体が温まり発熱し、次の日は体が痛くて頭が痛くて動けない。

 なんだか久しぶりに、こんなに全身をもがれたような痛みで、1日中苦しみました。一種のインフルエンザになったような感じです。これを1億2000万人分の70%が、さして文句も言わずに経験しているのかと思うとすごいモノです。

 同じく副反応に苦しむ娘にうどんを作ってもらい、元気な夫に体をほぐしてもらい、ようやく1日半で回復しました。

 ただ毎回思うのですが、弱くなる事は嫌ですが、ときには必要ですね。強い自分のルールが通用しない「肌感覚」は、得がたい経験です。

「慢性的な病気の方はしょっちゅうこんな思いをしているのか」「お年寄りで具合の悪い方って毎日こんな感じか」と、しみじみと体感できるので、思いやりが自然に発生します。

 (1番辛い時間帯に『池江りかこ選手って、これを乗り越えてオリンピックに出るなんて、ほんとにすごいね』と娘が言ったので、いい感覚に育っているなと思いました。)

 こういう日もあるので、身体が辛いときの気持ちも考えて、コーディネートしましょうと、お客様に言っています。

 今日も、真っ赤なゴッホの絵をモチーフにしたクロスを採用するかどうかでお客様が悩まれました。
37BB9797-B0A1-4187-B133-70061F39D40D.jpeg
「1週間でも二十日間でも悩んで、いいと思ったら採用してください」と伝えました。

 お客様は、「いいえ、せっかくですから今日決めたいですし、私はそんなに普段迷わないんですよ。」とおっしゃいました。

 けれど、色の好みは日によっても気温によっても変わりますから、そんなに早く決めていただく必要は無いんですよ。

 1週間ぐらい悩んで決めていただいた方が、確実な気がしますし、迷っていただくのは、後悔がありませんので、大いに結構です。

 私でも決めたことに、「あれで良かっただろうか、体調の悪い日は不便では無いだろうか」と夜中にふと目覚めることがありますから、一般の方もそれで良いのだと思います。

 100点のコーディネートって、そういう意味ではない気がしていて、どこまで自分の気分、将来の自分の好みに近づけるか、あてのないものに立ち向かっていることです。

 そういう意味では、答えのないトライって、すごく自由で哲学的で楽しいものです。
 私がコーディネーターに入ることによって、少しでもおしゃれで個性的なインテリアができるといいと思っていますが、表面的になぞるオシャレとは一線を画したいところです。
posted by Kuhcan at 18:27| 日記

2021年10月01日

雨漏りの修理〜屋根の棟(頂点)を治す

0942428B-202F-4924-B552-1925E00AA9B0.jpeg
 コンクリート造の築40年のお宅。
玄関の軒先が、たらいにたっぷり水が溜まるほど雨もりするとのことで、修理に来ています。

E089558A-CE3C-41C6-9DD9-4A02DB6CCA27.jpeg
原因の一つは、一見きれいに収まっている屋根の「棟」部分。
B0D9E101-296C-4F75-A35A-CB5AD99937C5.jpeg
棟の幅が狭いので、
横向きの屋根板金を被せている奥行きが浅く、
25E2C598-7993-40EE-9061-DC7F98CF4779.jpeg
この隙間に雨水が降り込んでいるのでないかと推測しています。

AE3EA531-20B2-4FE1-A956-75117F654EA1.jpeg
そこで、その隙間にシリコン防水処理をした上で、

F5F4E7BC-B945-460F-B49D-F8F33B87EFE3.jpeg
棟木を追加し、
さらに大きな棟板金を被せて防水します。
5E093D25-680E-4D2F-945C-BA16D0FAD977.jpeg
↑最終的にはこんな仕上がりです。
(この写真は、8年前に修理された箇所のもの。)

image-85b72.jpg
 本来はこういった屋根の下(軒裏といいます)は、
軒裏の素材をめくれば雨水がどこから侵入しているかが分かりやすいのですが、この家はコンクリート造。
 本体全部がコンクリートでつながっているため、5m以上離れたところから雨が侵入している場合もあり、無論めくることもできず、侵入箇所の特定が難しいです。

 まず今日は、この棟からの雨漏りを防ぎ、
その後さらに他の可能性を探りながら直していきます。
posted by Kuhcan at 09:30| 工事写真

2021年09月30日

耐震の制限〜壁に穴を開ける位置が限られる

A32D1192-A308-4724-99F4-5858E231E5CD.jpeg
 大きな吹き抜けのある事務所を、木造耐震のSE工法で作っています。
 外壁に穴を開けることひとつとっても、「弱くなるから」と、大きさや数に制限があります。
DBFDEB74-C524-4C45-BBED-559ADA2709F7.jpeg
今日は太陽光の配線穴ををどこにどの位置で開けるか?現場で検討しました。
・見栄え
・穴数の制限
・隣地への配慮
・機械のメンテナンス用に良い高さ
・電線の適正な長さ(不要な接続が減る位置)
などを考えながらやると、30分はあっという間です。
 今回初めてなので、数々の職人さんと、この打ち合わせをしています。手間がかかりますが、みんなとコミュニケーションすると、一体感が出て、良い時間です。
posted by Kuhcan at 13:18| 工事写真

耐震の制限〜壁に穴を開ける位置が限られる

A32D1192-A308-4724-99F4-5858E231E5CD.jpeg
 大きな吹き抜けのある事務所を、木造耐震のSE工法で作っています。

 外壁に穴を開けることひとつとっても、「弱くなるから」と、大きさや数に制限があります。
DBFDEB74-C524-4C45-BBED-559ADA2709F7.jpeg
今日は太陽光の配線穴ををどこにどの位置で開けるか?現場で検討しました。

・見栄え
・穴数の制限
・隣地への配慮
・機械のメンテナンス用に良い高さ
・電線の適正な長さ(不要な接続が減る位置)

などを考えながらやると、30分はあっという間です。

 今回初めてなので、数々の職人さんと、この打ち合わせをしています。手間がかかりますが、みんなとコミュニケーションすると、一体感が出て、良い時間です。

posted by Kuhcan at 13:18| 工事写真