2018年08月17日

「掛けた恩は水に流せ、受けた恩は石に刻め」

e22cf3d1.png

山の中で2歳の男の子を見つけたボランティアおじいちゃん。
「小さな子は、迷った地点から下に降りていくことはないと思った」

という気持ちがわかる78歳、最高です。
地元の人たちが「まさかあんなところまでいくとは思っていなかった」とおっしゃいますが、
せいぜい大人で12分の距離。
時間でいえば12分、それを探せなかった周囲と探せたおじいちゃんの差は何だろうと考え続けています。

「前にも2歳の女の子を探し出した経験」からの発想だったそうです。

そして、「死体どこかなー」ではなく「よしき君どこかなー」だったからだと思います。

この子を救ってから、すぐに西日本豪雨の被災地へ行ったおじいちゃん。
そのあふれる力は…愛は…善いものを信じる心は…。
人間としての希望を感じました。私もそういう風に生きたい!

私、お恥ずかしい話、この件で自分の老後の指針をいただいた気がしています。
こんな性格ですから,優しい夫が死んだら孤独が怖いなと思っていたのですが、
ボランティアなら居場所がありますね、すごく安心しました。
打算的といわれようが何だろうが、私は孤独が怖いですから、
人に囲まれていられるうえに、運が良ければ人も救える。
ということを、ありがたくこの尾畠春夫さんから教えていただきました。

私一人が生きて、誰かを救えたらそりゃちょっとした値打ちのある人生だったなと思えます。

たくさんの人に囲まれて、地道な活動をして、若い人としゃべって朝を迎えて、誰かを救う。
わがままですがそんなばあさん生活を送りたいです。
人に迷惑をかけないように体力をつけて これからも人様のお役に立てるべく頑張ります。



posted by Kuhcan at 17:54| 日記

2018年08月09日

エステの天蓋ベッド用フレーム

エステティックサロン用に
天蓋ベッドのフレームを作りに伺いました。

12434EB1-F752-4645-AE3F-35BC40BD09C2.jpeg
元々はこんな風に吹き抜けの空間です。

7DEE7D9A-C8B4-4135-B3AE-88D046499870.jpeg
狭いのに天井が高い、と言うのは寝ている人からすると非常に癒されるんではないかと思います。

1FCA4275-66A2-446A-A61E-0C8F34E4921A.jpeg
ここにこれから天井と壁ぐるりとレースカーテンします。
カーテンはまた後日。


posted by Kuhcan at 21:09| インテリア施工例

2018年08月06日

やっちゃんとのお別れ

  今年に入って毎日ブログを更新しようと思っていたのですが、最近文章が書けない日が続いていました。
  平塚家具の専務である平塚康則(やっちゃん)が7月12日、急逝しました。私の叔父にあたります。
BCA07C87-E665-4092-830F-C582ADF17C3A.jpeg
  父が16歳、おじのやっちゃんが14歳の時、祖父が病死しました。それ以来、平塚の本家の援助を受けながら2人兄弟でやってきたのが平塚家具です。
921C90F3-404F-4E25-9F05-83BFE88069A9.jpeg
(↑これはおばあちゃん)

  正直言って、仕事はやってはいるのですが、気持ちのずーっと奥の方で何かがコロンととれてしまっています。

  今私の長男が16歳。娘が14歳。
この年齢の2人がこれから商売を始めて今までやってきたのかと思うと、イメージがさっぱりわきません。

  叔父は、明るい親切な人でした。境遇のため、仕事をするのが当たり前で、家具のメーカーさんやお客様からとても好かれていました。お客様から「専務がいないなら、今日は帰ってくわ」と言われて慌てて要件を聞くのですが、いいわいいわと帰っていかれるのが常でした。私もそういう店員になりたいなぁとずっと思っていました。

  小さい頃配達のトラックに乗せてもらい、いつも遠くまで連れて行ってもらいました。「ぴょん子とガブンチョ」と言うウサギとカエルの話を聞かせてくれました。トラックの真っ暗なガラスの向こうに、アイスクリーム山に登る2匹の姿をしっかり見てゲラゲラ笑っていた覚えがあります。次の日になると何がそんなにおかしかったのかわからず、もう一度連れて行ってと何度もせがみました。

  仕事をするようになっても、専務のひょうひょうとした仕事の仕方が大好きでした。お怒りの電話をもらってさえ、「この人、良い人なの。困ってみえる」と電話を切りながらすぐお宅まで走っていっていました。基本的に人を信じているのに過剰な期待をしない自助の人でしたので、私は本当にいい姿勢を教えてもらったと思っています。専務の前ではクレームはクレームでないようにさえ見えました。

  葬儀の時、娘たちが山のような家族写真を持ってきて驚きました。会社やお客様を家族と思っていたのかと思いきや、家族のこともほんとに大切にしていてたくさんの写真がありました。
  名勝、アットホームなもの、全てに朗らかで屈託のない叔父が写っていました。

  叔父が亡くなってもうすぐ1カ月が立とうとしていますが、いまだに1週間に2度ほど仕事ができなくなる瞬間があります。最後に出会ったのは私の夫でした。深夜2時ごろ「遅くまでご苦労様」と会いにきました。
  私は、専務ができることは全部できるようになりたいと思って仕事をしてきましたので、専務がその時私たちに引導を渡しに来たのだと思っています。
  こんなに急に亡くなって、今でも会社のことを心配してくれているだろう叔父に、大丈夫ですよ。もう私たちがなんでもできるからね。専務の跡は私が継いでいるからね。と心で言っています。

  誰か困った人を、いつもの愛嬌でクスッと笑わせて、誰かのために今もお空で元気でいて欲しいなぁと、祈っております。
posted by Kuhcan at 11:31| 日記

2018年07月31日

キャラクター

888EEE40-780F-4CA8-97BF-466446B2C8B7.jpeg
今日の一コマ
posted by Kuhcan at 07:21| 日記

2018年07月30日

庭にハンモック

092A6849-7DD5-4EE4-A3F5-A67F7FF1492C.jpeg
新築5年目の御宅。
南西の角のハンモック。
あんまり気持ちよさそうなので、私も乗せてもらいましたが、
急に高原のリゾート地にでも来たような気持ちになりました。

揺れ…文字通り揺さぶられます。
ハンモックは平塚家具ライムズにて販売中。
posted by Kuhcan at 08:06| インテリア施工例

2018年07月28日

ビザンチン帝国の皇帝の死因

image-3d1db.jpg

今日気がついたのですが、「理想を追う」事をすごく許されている現代ですね!


なぜなら現代は平和で豊かです。日本は資源がない国なのに食べるものはスーパーに溢れているし、どんな暑さでもクーラーで涼しく身を守ることができるし、戦争がないため思想統制もなく好きなことを言って歩けるし、仕事では過酷な労働が制限されています。


  心も身体も全てが守られています。


この時代はどんどん理想追求していきたいですね。

こんな世の中にしてくださった先人たちの知恵と努力と辛酸と犬死にを絶対無駄にしないように生きよう。


  と、エジプトやビザンチン帝国の王のお墓の事や死因を調べていて思いました。

posted by Kuhcan at 20:59| 日記

2018年07月19日

恒常性バイアス

  リミットを外そう!
と日々努力しているせいか、恒常性バイアスを目撃するとヘンに熱くなってしまいます。

  目下の悩みは、周囲が
「この酷暑に、野球部が臨機応変に、防暑対応する考えがない」事。

  先週、我がチームの子供たちが3人熱中症になりました。なんたって、気温が高いワーストランキング全国8位までが岐阜県。なのにあまり危機感がないので、危ないですよ、と意見を言いつづけています。

  ただ、監督が拗ねた途端、周囲の「この人めんどくさい」オーラがすごい。良いこと言っているのに監督が「じゃあもう日曜は試合なしね」の一言で、私なんとなくうざキャラ。子供の喜び奪うなよ、と言わんばかりです。

  とはいえ、事故が怖いので対応策がまとまるまで討論を止める気のない私。仲良しの仲間からさえ「監督とあなたの諍いに巻き込まれたくない」感が出てしまいます。

   多くの人ってそんなものかなぁ。
私は俄然、ここは監督との関係性を良好に保つことより子供の命が優先と主張。

  ただ困ったことに国民性なのか、「強い主張」というだけで、人に警戒心をいだかせてしまいます。内容はそっちのけ、「いろんな意見があるから」で円く収めようとされますが、「練習時間を短くしてください」という主張はそんなにラジカルですか?!
  当たり前の意見がなぜか通らない。(プライドの高い監督に意見をすれば、相手を信じていないように見えてしまうから、またはすねてしまうから、という理由で。)
  
  会社で毎年、労災で1億も2億もの賠償金を想定して、保険料を支払っている私。ロクな保険にさえ入っていないこのスポ少で、40度のグラウンド練習は狂気にしか見えません。
  ただの想像力不足だと思いました。

 ディズニーランドの社是は「安全」。
我がチームも安全に運営していただきたいと願っています。

7FBB5CA8-0EC1-49F4-A2DD-A58EF55387C2.jpeg
posted by Kuhcan at 21:38| 日記

2018年07月18日

猛暑と天井エアコン

9CC50FFA-A2FC-46C6-A034-9DDF2090745B.jpeg
天井埋め込み型のクーラーが壊れてしまったとの事で、新しいものにお取り替えしました。

最近の天井クーラーは、2方向のコンパクトサイズになってきています。
(クロスの継ぎ目わかりますか?別モデルのクロスを貼ったのにあまり違いがわからずほっとしました。)
1C04E84B-4652-49F7-B9C8-C768A44ACC13.jpeg
このお宅は、天井裏が取れていたので、深型のクーラーも取り付けることができました。
posted by Kuhcan at 21:13| インテリア施工例

2018年07月11日

おしゃれな洗面


F6776E49-3B16-4826-B729-3F0265FF87B0.jpeg
今度、こんな感じの洗面所を作る予定です。

  昨年度より、 PanasonicやLIXILで、おしゃれな洗面台がたくさん出てきたものの、なんだかやたら高いんですね…。どうせ値段が高くつくならやっぱりオリジナリティーのあるものにしたい、とお施主さんと話し合ってモルタル製に決めました。

  今年の秋着工です。となると完成は来年の春。来年のことを言うと鬼が笑うと言いますが、完成後はいつでも半年ぐらい先なので、いつも来年のことを考えています。
posted by Kuhcan at 23:52| インテリア施工例