2019年08月15日

人の役に立つように働く

1CE498F7-6922-4DB5-B6B6-D9C9D0EF18EE.jpeg
  せっかくのお盆だというのに、台風の影響で人影もまばらな今日。
  朝から唐揚げ屋のバイトに行く息子を送って自分は会社を遅刻しています。

  クーカンは、今年スタッフ総出で営業中。人が休んでいるときに、しかも台風の中ダッシュ働くのは結構好きです。息子も同じように、休日に働いていて微笑ましい。

  「お盆なのに、お客さん来るんかなぁ〜だるいな〜」とぼやく息子に「お盆で親せきいっぱいだから、台風の中のテイクアウトからあげは、みんなの役に立つと思うよ!」と励ましてます。

  せっせと働く息子にホッとしているのですが、多分ほんとはホッとしてる時期じゃありません。
  息子、高3で大学受験の真っ最中。しかも1校しか受けないらしい。
  先生からは「よくもこの成績で、単願なんか目指しましたね!」と半ば怒られながら呆れられています。

  「でもそこしか行きたくないんやもん」と受験の努力もろくにしていない息子。正直、受験がダメならこのまま就職も視野に入れて眺めています。勉強するよりも、働く方がシンプルなので、勉強すっ飛ばしてバイトに励んでしまっているからです。
  この子、将来大丈夫なのかな?
  
  そういう母のざわつきを映したかのような台風前の朝です。

  結局言えたのは「まぁ、人が困っているときに助けになるように働く、それが1番大事なんじゃない。お盆のバイトがんばってね。」

  あー。こんなことでいいんだろうか。でもほんとに、「勉強しなさい」が言えない。(きっと彼の心に入っていかないだろうから)。勉強の大切さをわかっているからこそ言えない。

  わからない子に何を言っていいのかがわかりません。

  子育てって難しいです。

  
posted by Kuhcan at 19:07| 日記

2019年08月08日

滝のある庭を作ります

EEAF83E2-EAF8-428C-96D0-FA7898CA3BDC.jpeg
滝のある庭を、あるショップの南に作っています。

ED801D58-EB96-45E8-AB87-BBC11415E133.jpeg
盛り上げたり

9C0E0344-7571-4EEA-9033-C9D8AF1D4323.jpeg
掘り下げたり。

AE3D4AE5-0DD6-4E2C-88C7-AEFA916464C2.jpeg
流線形に描いた土の上に、作っていきます。

9月にはお目見えできます。
お楽しみに。
posted by Kuhcan at 21:43| 工事写真

2019年08月07日

夏休みのポスター

6598D70B-4DE8-4F22-B377-B17AA0D9B27C.jpeg
参院選は投票率が悪かったのですが、娘の夏休みの「選挙ポスター」がすごい。
雲がうまく描けるんですね〜!
さすが、バレー部キャプテン。
集中力あります。
posted by Kuhcan at 15:09| 日記

2019年08月04日

タコの母の最期を愛で片付けたくない

  ややこしいことはわかっています。
しかし、タコのメスの最期をたこ
「母の愛である」
と片付けた記事に結構ムッとしています。

  タコは、海の生物の中で珍しくメスが子育てをするそうです。そして交尾は一生に一回で、オスは交尾をした途端死ぬようにプログラムされています。その後産卵したメスは、8ヶ月から10ヶ月の間、たくさんの卵が孵化するまで岩場に貼付き、外敵から卵を守り、時に自分の卵たちに息を吹きかけて水を新しいものに変え、産卵の時も優しく水をそよがせ卵を割る手伝いをします。
  そして子供が孵化したのを見ると、ほっとしたかのようにその場で力尽きて死んでいくのだそうです。

  その記事を書いた海洋学者は、そんな過去の姿を「まさに母の愛である」と言いました。私は、「やめてよ」と思いました。

  人間でもまさにそんなお母さんいますが、そんなお母さんには本当になりたくありません。交尾をしただけで死ぬお父さんにもなりたくありません。タコでなくせっかく頭のある人間として生まれているので、岩場に張り付いて子供の卵の水を替えるためだけに死んでいくわけにはいきません。

  しかし、そんな自己犠牲(っぽい)姿を「母性だ!」と礼賛されるのはちょっと違うでしょう。あくまでも子孫繁栄のためのプログラムです。

  世の人が「母性」というロマンで美談を信じ、女の人の価値を下げます。子供を育てることが女の最大の美徳だと価値付けています。
  でも3人産んで思います。それだけのことのために女に命を使わせてはいけない。母性礼賛は「男のずるさと女の怠け」の結果であって、現代はもっとハイブリットな男女がどんどん出てきて欲しいものだと思います。

  母として、生命のある自分の子供と、生命のない自分の会社を生んだ私は、今、自分で命が作れない会社のほうを大切にしようとしています。
  なぜなら私にとっては、会社より子供の方が断然強いからです。命が授けられている子供は、自分の意思で動けもします。しかし私の会社はまだ、自分では何も発想しない。つまり会社は私がいないと命がなく何もできないのです。

  自分の子などが可愛いのは当たり前。でも、ある人がペットに愛情注ぐように、私は会社に愛情を注いでいます。自分の夫でも子でもない会社の人や取引先の人たちに愛情を注ぐ方が、より「育てる」行為としては面白いと感じています。

   今それを一生懸命やっていて、夜帰って子供と話をしたりすると、本当に自分の子供はいいものです。しみじみと「好き」と感じホッとます。子育てなんて、それでいいんじゃないんでしょうかね。良い子も悪い子もいますけど、それでも、「あるがままで愛する」だけをモットーに、家庭での子育て出来る限り手を抜いている私です。
posted by Kuhcan at 23:01| 日記

知らないということを知らない

EF986DA1-4832-47C1-8DEF-78544A56BED6.jpeg
 社内で3ヶ月おきの目標設定をしています。今回は、吉本のコンプライアンス問題を受けて、4項目は、会社が設定。1項目を社員さんが自分で決めるシステムです。

  自分の目標設定を振り返れば、あの時はできていないが、今はできている。と感じることも多く、大事にやっています。

  しかしながら、今回のテーマの一つ「自分のスキルを上げる」の解答では、少々物足りないものを感じました。

  なぜならみんな、「自分が会社で普段できていないこと」ができるようになるとだけ書いてきたからです。

  スキルを上げるって、そういうことなのでしょうか。

  本を読んだり出かけたりテストを受けたりして、「全く知らない」ことを身につけるという発想がないようです。

  まだまだ知らないことやできないことが多いのに、視野を広げなければ、知らない事のカバーもできないんじゃないかと私は思っています。
  知らないことを知らないというか。

  うちのスタッフもまだまだですね。もっと鍛えます。でなければ、単価の高い住宅産業に携わってはいけないと思います。


  
posted by Kuhcan at 19:42| 日記

2019年07月27日

悩みはひとつ


34A051AE-79DE-46E9-8278-EB7183CD8C05.jpeg
  野球少年団を卒業して半年目の夏です。とはいえ、3番目の子をボーイズリーグに入れており、野球部の仕事は多少残っています。

  しかし、12月からこのかた、「会社」に集中して、集中してやってきました。2年に及ぶ野球ボケで、会社の業績はしょんぼりしてしまったからです。「バリバリ仕事する」と宣言しただけで、野球部の友達とはあっさり切れてしまい(顔3(かなしいカオ))、代わりに全国古民家再生協会の皆様とディープな付き合いを続けています。
7A7967B6-0E57-46C4-93FC-1187189162B7.jpeg

  そして6ヶ月経った今、会社の業務がメキメキと活性化してきました。お客さま、取引先さま、お天とうさま、本当にありがとうございます。

  やることばかりで張り切って仕方がない状態です。しかし気づけば世は夏休み。今年入社のパートさんが、「気持ちがアップダウンする…」と言いはじめました。

  あれあれ。入社後エンジンかけまくって、必死に業務を覚えてくれた疲れと、「夏休みなのに子供を放置している」という罪悪感ではないかと推測します。

  私も子供を産んで17年、毎年その罪悪感にさいなまれ続けてきました。それで、去年2年、子供に寄り添ってみたところ、仕事にたいへんな支障をきたし、結局は「会社への罪悪感」にさいなまれることになりました。

  頑張ろうと思えば、きっとみんなどこかに歪みが出るんですネ。

  松下幸之助が「どんな時でも、より大きい悩みの方に気が行くだけで、悩みは消えない。そのかわり、ものすごく辛いのは1つの悩みだけだ」とおっしゃいました。

  最近ようやくこの気持ちがわかりかけています。細々と悩んでいることもあるのですが、やっぱり大きな悩みは1つづつ。
  
  パートさんには、「薬(西洋医学・時短)も良いが、マッサージ(東洋医学)や休養・子供とのデート(自分の気持ちに手間をかける)併用で、うまく気を休めてください」と伝えました。

  出船があれば、入り船あり。
  悩みの分、大きくて広い人生が待っています。悩みに付いて行き、思わぬ楽しいところに出た、という体験を沢山しました。

  そんな事を話しながら、みんなで心にお陽様を持って、やって行きたいと願いました。
6BB9D842-036B-4FAF-8A3B-F5A8F5A1B5E2.jpeg
(古民家再生協会の大阪、滋賀、岐阜+長浜市役所、米原市の方々と)
posted by Kuhcan at 18:03| 日記

2019年07月25日

ロマンかホラーか 〜明治建築〜

  昨日は東京、松山、下呂、大垣地区から14人もが一つの建物に集まり、全国古民家再生協会として調査と検討を行いました。明治建造、築140年の建物です。
  さすがに痛ましい箇所が数多くあり、

2AE0205E-30BB-4198-9A27-D2CE0CC6CABD.jpeg
 例えばこの屋根先の崩れの下の壁は、壁が6,5cmも外れて雨が降り込み放題です。
02D0F32B-1762-42B0-A454-4BE8CC6A168A.jpeg 
中は、使っている部屋なのにこんなふう。
9C427904-FFF9-49EA-AC48-29A3CC19B507.jpeg

  裏では屋根の上に「草原」ができてしまっていて、根から伝わる水気でその直下の柱が腐り、建物中央が3cm以上沈んでいます。(しかも隣と僅か90cmの距離です。) 
F18E8185-11D8-4D83-A81D-70DD8ED2A780.jpeg

  建物が好きな者としては「痛ましい」所があまりに多く、これを自前でやりくりしてきたという施主さんの気持ちを考えると切ないような気持ちで、真剣に見てきました。

  明治の建物で140年経っています。中の調度は、平面計画も含めて、ロマンやエピソード溢れるアンティークの世界です。

  建築のわからない人には「古くておどろおどろしい」部分もありましたが、建った当初の勢いを想像できる私としては、「粋な」感じなんです。

  どこを昔ながらに残して、どこを現代風に受け入れられるようにさっぱりさせるのか?そこは我々のセンスと技量にかかっています。商業的に使われる建物でもあるので、コストの件も慎重な検討が必要です。

  現地の調査に10人も余分に呼び出したのは私の判断なので、前の晩は、それでも調査と検討がうまくいくのか心配で眠れませんでした。

  それくらい、こんな名誉な仕事はないと思っています。良い建物の改修。むちゃくちゃ難しいので、やる気がこんこんと湧いてきます。

  「ビジネスでは、自分のジャンル外の飛び石を打つな」(稲盛和夫)
  「本業に徹せよ。」(松下幸之助)
  の言葉を胸に、宅建士であるにもかかわらず不動産流通業がどうも投資くさくて未だ気が向かない私。建築業がやはり本懐です。

  「ここ!ここを見てください!」と興奮気味の私に「こんな壊れかけのところ見せないでよー。潰したらいいじゃん。」とあっさりした井上幸一さん(内閣官房)。これがアマチュアの反応であるとやんわり教えてくださっています。

  周知を集めて、皆さまにとって最善の方法を考えていきます。

  

posted by Kuhcan at 05:47| 古民家再生協会

2019年07月24日

よしもとの集合知性 3

B456D3C6-BDC0-44AC-A535-C87E252CC7C7.png
@ 安月給問題
公正取引委員会が「書面のない契約は取引法違反の疑い」という意見を発表しました。

A パワハラ問題
北村弁護士と加藤浩次は、口角泡を飛ばして「恫喝して芸人を抑え込む会社はいけない。恐喝という名の刑事罰だ」と訴えました。

B 闇営業問題
元山口組系の幹部は「吉本の闇営業なんて昔からじゃないか。むしろ反社としては、こうやって(扇情で)世の中を動かせるのかと勉強になった」と笑っています。

C よしもとや宮迫などの、価値問題
  ナイツが7/22にはライブで今回の芸人を取り上げました。

D 問題の論点がずれる問題
  元テレビマンは「そもそも、闇営業を許してはいけない。」と涙の2人の演技の上手さにドン引き。

  私が惹かれたのは、
B反社の人の生々しい意見 。
Cナイツの愛情。
D元テレビマンの正義の意見。

です。もちろんA加藤の優しさや責任感も胸は打たれました。

  1つの問題から派生して様々な問題に飛び火しています。「何事もクリーンに。」ということだと肝に銘じます。
  たいへん参考になります。

  建築工事契約でも、土地取引契約でも、必ず「反社会的勢力にものを売らないように一生懸命気をつけて」という指針があります。
  それを破った人たちは、深い轍に入っていきます。

  それを戒めることも、深い溝に落ちかけている個人を救うこともどちらも大切です。

  しつこいようですが、岡本社長を責める前に、「闇はアカンと教えてもらっていたのにやってしまった入江と宮迫」に、「人生にはボロい儲けはない」と教え、心の更生を始めていくべきだと思います。
  
  私は、どちらの2人も、かなり更生が難しいと感じています。(でも宮迫のお笑いは好きなんです。)
  
posted by Kuhcan at 21:49| 日記

2019年07月23日

古民家なんて嫌だよ、手離れが悪いもの

47CC3970-4610-4161-BB8C-81480D280E45.jpeg
「古民家なんて嫌だよ、手離れ悪いもん」と、まぁまぁな数の設計士さんや大工さんに言われてきました。
  
  確かに、泥壁が出て、粉塵とかび臭に包まれて仕事をしないといけないし、この写真のように、雨漏りで腐りきった梁をやり直す、めんどくさいことに遭遇してしまいます。

  しかし、しかし

  新品のこういう古民家、作れる大工さんがもう、そう沢山いないんですよね。東京都のある区では、「工務店」が5社ぐらいしかなくなってしまったと聞きました。「今の職人は大工(大九)ではなく大六」などと言う揶揄も聞きます。
  
  もう作れないのに、捨てるんですかね。もったいなくないですか。めんどくさい程度で治るのなら治したいなと思ってしまうんですよね。
 
  まぁ、オールドカー狂が古いアメリカ車を大事に乗る感じなんでしょう。
正直これも、人の趣味によりけりです。

1E355F7A-9DA1-4428-9879-ABA36A741BA5.jpeg
この3本の梁の 下二本が腐っているので撤去します。

DE8EDF00-C852-4F37-9C15-0F34383D9A4E.jpeg
この隅柱も、ボロボロになっているので交換します。

  正直、この写真に写っている方の建物は大した作りではないので、壊せるものなら壊してしまいたいのですが、いかんせん、この建物にくっついていくはずのもともとのお屋敷が立派にできています。
5EB32B41-9015-4301-AA76-DB1B81EACD55.jpeg
この風情残したいなぁって、どうしても思ってしまいます。
posted by Kuhcan at 21:18| 工事写真

よしもとの集合知性 2

1ABA0F7B-7D4C-4704-8333-92A9F55FADE0.jpeg
  吉本興業の岡本社長が、宮迫と亮の会見を受けて、自分も5時間半にわたる記者会見を行いました。

  私は仕事で見れなかったので、仕事終わりにかいつまんでネットニュースを見たところ、ほぼほぼネガティブな内容。あら?そうだったの?おかしいな。

 と言うことで、文章の書き起こしを全て読みました。
 「素直な社長だな」と言う印象を受けました。

  テープを回していないかとか、お前らなんてクビにできるとか、威圧感が取り沙汰された後でしたが、「パワハラだと思いますか?」という質問に「僕はそんな気はしていなかったが、相手がそうならそうです」と答えました。「芸人ファーストにしますか?」の問いにも、「はい、します。」

  どうも、宮迫と亮の会見想像していたのとは印象が違う。

  会見は、圧倒的に宮迫たちが上手でした。しかし、5時間半にも及ぶ会見を、告発を受けた側が 答弁しながら行うのは並大抵のことではありません。その社長は、自分のミスに対しての批判を、それなりによく聞き入れている気がします。社員や芸人の主張もよく聞こうとしているし、言葉が下手で子供っぽいかもしれませんが、素直な態度だなと思いました。

  「フラットで友愛のある会社」というのがただいま経済界では非常にもてはやされています。芸人たちが自由に自分の社長を非難したりしているのを見ると、なんだかとても微笑ましいというか、安心できるというか、一人ひとりの個性をそれなりにやっぱり生かしているんじゃないかと言う気がせざるをえません。

  マスコミや世の中が、芸人たちの言うことばかり聞いて、社長をこき下ろすのは、いただけないような気がします。私程度の人物だと、「この社長は人間味があって、良い人なのではないか」とさえ思ってしまいました。

  岡本社長、5時間半の答弁ご苦労様でした。ぜひこれからも世に潰されず、芸人さんの良い意見はたくさん聞き入れていただき、善い吉本にしていってください。これからも日本のお笑いをよろしくお願いします。

posted by Kuhcan at 15:41| 日記