2022年02月23日

電気のチェッカー講習

91C477B1-FED5-47EF-88FF-A4EC1CDED182.jpeg
 先日の雪の日、壊れていた漏電ブレーカー1つを自社でチェックできなかったことを反省しております。そこで、電流の測定器(チェッカー)を導入しました。使用中のA(アンペア)がわかるクランプメーターは、届き次第また講習をします。先生は吉田建築士。
 
64FB8EBE-6D8F-4919-81FB-B84759D5AF76.jpeg
 まずは、単四や単三電池を用意。
1.5V(ボルト)であることを確認します。
3BBCF130-F73E-400D-8BB3-1D95536B16EF.jpeg
 プラス極とマイナス極に当てて、実際に1.6以上あることを確認。

 100Vコンセントは交流なので、どっちのプラグに差し込んでも大体100V流れていることも確認。

 パソコンの充電アダプター(直流)にも突っ込んで、DCアダプター(交流の電流を直流に変えている機械)に記載通りの20Vが通っていることを確認。

 そもそも交流とは、プラスとマイナスが常に入れ替わり続けている電流の流れ方のことをいいます。

 発電所で作った電力を家庭まで届けようとするとき、送電線で抵抗(Ωオーム)が発生します。直流で送ってしまうと、抵抗が大きすぎ電気のロスが増えるので、交流にして、プラスとマイナスを入れ代わらせ、ドリルのように推進力を持たせて遠方に届けているわけです。

 60Hz(ヘルツ)とは、1分間でプラスとマイナスが60回入れ代わっていると言う意味。

 ちなみに東京が50Hzなのは、ドイツ製の発電機が採用され、大阪が60Hzなのは、アメリカの発電機が採用されたからなのだそうです。
 普通、どの国も、ヘルツは統一されているそうなのですが、日本は100年前から話し合っても統一できないそうです。

 パナソニックの電化製品は60Hzで商品を作っていますので、50Hzのところだと、少し能力が落ちるんだよとのこと。
 
0E6E391B-8C8C-4DAE-8157-88261D7E2FA0.jpeg
「おお〜」「なんで?」と興に乗ってくるみんな。
「大体、乾電池がみんな同じ1.5ボルトだとは知らなかった。」
「アンペアとボルトの意味がわかんない」
「Ω、て、オームって読むの?オメガとは読まないの?」
などなど、大変盛り上がっていきます。
4F080C66-84D4-483D-BC1F-84D8A0B65954.jpeg
 そしてそのうち、自分に流れている電気抵抗(Ωオーム)を測り始めました。

 人間は基本的に絶縁体なのですが、水分があれば電流が流れます。乾いた手と、濡らした手で、100倍以上抵抗が大きくなることを実験。

 また、痩せた安村さんと私では、普段の抵抗が若干違うことも発見。これは、脂肪があると抵抗が大きくなるためです。

 そして、抵抗が大きくなると人間は電気が流れにくくなり、感電しにくくなる、という理論も説明されました。

 「私に最近、静電気がこないのは、太って抵抗が多いからなの?!」と聞いたら、「化繊繊維をあまり着ていいないから。」だそうで、ちょっとほっとしました。

 毎日使っている乾電池や電化製品ですが、知らないことがいっぱい(昔は知ってたけど忘れてたこともいっぱい)。
 みんなでこうして実験すると、忘れなくなっていいですね。と言いながら、このブログを書くのに再度1から吉田建築士に教えてもらっている私。知らないことよりも忘れていくことが恐ろしい48歳です。
posted by Kuhcan at 01:55| インテリアレッスン

電気のチェッカー講習

91C477B1-FED5-47EF-88FF-A4EC1CDED182.jpeg
 先日の雪の日、壊れていた漏電ブレーカー1つを自社でチェックできなかったことを反省しております。そこで、電流の測定器(チェッカー)を導入しました。使用中のA(アンペア)がわかるクランプメーターは、届き次第また講習をします。先生は吉田建築士。
 
64FB8EBE-6D8F-4919-81FB-B84759D5AF76.jpeg
 まずは、単四や単三電池を用意。
1.5V(ボルト)であることを確認します。
3BBCF130-F73E-400D-8BB3-1D95536B16EF.jpeg
 プラス極とマイナス極に当てて、実際に1.6以上あることを確認。
 100Vコンセントは交流なので、どっちのプラグに差し込んでも大体100V流れていることも確認。
 パソコンの充電アダプター(直流)にも突っ込んで、DCアダプター(交流の電流を直流に変えている機械)に記載通りの20Vが通っていることを確認。

 そもそも交流とは、プラスとマイナスが常に入れ替わり続けている電流の流れ方のことをいいます。
 発電所で作った電力を家庭まで届けようとするとき、送電線で抵抗(Ωオーム)が発生します。直流で送ってしまうと、抵抗が大きすぎ電気のロスが増えるので、交流にして、プラスとマイナスを入れ代わらせ、ドリルのように推進力を持たせて遠方に届けているわけです。

 60Hz(ヘルツ)とは、1分間でプラスとマイナスが60回入れ代わっていると言う意味。

 ちなみに東京が50Hzなのは、ドイツ製の発電機が採用され、大阪が60Hzなのは、アメリカの発電機が採用されたからなのだそうです。
 普通、どの国も、ヘルツは統一されているそうなのですが、日本は100年前から話し合っても統一できないそうです。
 パナソニックの電化製品は60Hzで商品を作っていますので、50Hzのところだと、少し能力が落ちるんだよとのこと。
 
0E6E391B-8C8C-4DAE-8157-88261D7E2FA0.jpeg
「おお〜」「なんで?」と興に乗ってくるみんな。
「大体、乾電池がみんな同じ1.5ボルトだとは知らなかった。」
「アンペアとボルトの意味がわかんない」
「Ω、て、オームって読むの?オメガとは読まないの?」
などなど、大変盛り上がっていきます。

4F080C66-84D4-483D-BC1F-84D8A0B65954.jpeg
 そしてそのうち、自分に流れている電気抵抗(Ωオーム)を測り始めました。

 人間は基本的に絶縁体なのですが、水分があれば電流が流れます。乾いた手と、濡らした手で、100倍以上抵抗が大きくなることを実験。

 また、痩せた安村さんと私では、普段の抵抗が若干違うことも発見。これは、脂肪があると抵抗が大きくなるためです。

 そして、抵抗が大きくなると人間は電気が流れにくくなり、感電しにくくなる、という理論も説明されました。

 「私に最近、静電気がこないのは、太って抵抗が多いからなの?!」と聞いたら、「化繊繊維をあまり着ていいないから。」だそうで、ちょっとほっとしました。

 毎日使っている乾電池や電化製品ですが、知らないことがいっぱい(昔は知ってたけど忘れてたこともいっぱい)。
 みんなでこうして実験すると、忘れなくなっていいですね。と言いながら、このブログを書くのに再度1から吉田建築士に教えてもらっている私。知らないことよりも忘れていくことが恐ろしい48歳です。
posted by Kuhcan at 01:55| インテリアレッスン

2022年02月20日

インスペクション(住宅状況調査)を実施しました

556989FB-88C1-4D05-9F8C-C9693ADB1CAB.jpeg
 今日は築49年の鉄筋コンクリート造のお屋敷の、「既存住宅状況調査」をしてきました。

 この調査は、建物の売買や改修工事の前に、家のひび割れや雨漏りの形跡をチェックするために行うもので、日本建築士会連合会の認可で、一級建築士等が行える調査です。

 国土交通省の意向としては、中古住宅売買のトラブル防止のために制定したような制度ですが、ふだん敷居の高い(と思われがちな)建築士と、お客様をつなぐいいモノだと思っています。
 住んでいる家がどんな状況なのか、たまに見るのは必要ですよね。人間ドックと同じで。
 
F6D47D79-FEF0-4C43-9D21-25B2E725B682.jpeg
地下室に降りたり

162D27D1-D96F-4F48-A9DA-1368130880EA.jpeg
屋上に上がったり

76B85D0D-698B-4FBE-B3D6-8C44E1FE4415.jpeg
排水管の状況をチェックしたり
6C2BDC97-0710-44E1-B379-145EE925902A.jpeg
壁のクラックを図ったり。
盛りだくさんな調査をしてきました。
 ちなみにこのクラックは、内側の仕上げモルタルが破れているだけで外壁は問題がなく、心配がないものだとわかりました。

 家の人間ドック、既存住宅状況調査。
正しいメンテナンスをして長くお住みになりたい方にも、家を高く売りたい方にも、お勧めです。
posted by Kuhcan at 00:12| 古民家鑑定

2022年02月17日

雪の日の漏電

4203C8BA-8296-4E86-AB8C-DAB2EA2CA82D.jpeg
 雪の降る朝。実家の蝋梅(ロウバイ)がきれいに咲いています。
 ところが、7時過ぎに残念な一報が入りました。5年前にリフォームをした家のお客様から、
「朝起きたら、キッチンの電気を入れるだけでブレーカーが落ちてしまう。」
 
66FF8A9B-4E9B-4425-8CD9-BACF01DB957C.jpeg
 外はこんな景色。全然電気が使えなくて困っているそうです。蝋梅を見た後に狼狽と、うまいこと言ってる場合ではありません。
 慌てて伺ったのですが、電気工事スタッフが午後3時以降しか来れません。
 それまでに原因だけでも突き止めようと、一つ一つ安全ブレーカーを作動させて試していきます。
EE0EA4CE-280B-49C3-B89D-F96FD95A2239.jpeg
ブレーカーには、3段階で電気の流れがあります。
1、左の大きい「〇〇A」と書いたのは、
 「アンペアブレーカー」。
 電気会社と契約してあるアンペア数が表示されています。
2、中央上の小さなブレーカーは、「漏電ブレーカー」。
 電線の何かの不良だったり、機械の故障であったり、何しろ危険を感知して、電流を遮断するためのブレーカーです。
3、右のたくさんあるブレーカーは、「安全ブレーカー」。部屋ごとなど回路の集積になります。

 
 こんな場合の調査の手順として、まずは、1と2だけをONにして、1つずつ安全ブレーカーを入れていきます。
 安全ブレーカーの1つが悪いだけなら、そのブレーカーを切っておけば、残りの部屋や回路は使えるからです。
 ところが、本日は様子が違いました。どの安全ブレーカーもいちいち落ちてしまうのです。しかも、つけた瞬間落ちるのではなく、2分以内で漏電ブレーカーが遮断されます。
 
7FC488B4-8751-42DD-A3DA-EE4D594111E4.jpeg
 どの安全ブレーカーを試しても、いちいち落ちる?これは…おそらく漏電ブレーカー自体の故障ではないか?と言うことで、夕方4時に電気工事士がようやく到着。漏電ブレーカーの応急処置(リユース品の再取り付け)工事をし、4時30分、無事に家の電気が復旧しました。
 
 1994年製ブレーカーでしたので、新しい分電盤を取り寄せて、後日取り替えることになりました。
 寒い日に、お客様にはほんとうにお気の毒なことでした。

 
 ちなみに、ブレーカーが落ちる1番一般的な理由は、「電気の使い過ぎ」すなわち過電流です。
 これはお客様が悪い(1つのコンセントから電気を使いすぎている)場合と、もともとの電気工事でコンセント類の電気容量の振り分けがそもそも悪い、という計画不良の場合があります。
 「使いすぎてるつもりもないのに、しょっちゅうブレーカーが落ちる」という方は、後者・計画不良の場合がありますので、うまく振り分けを変えれば治ります。困っておられる方は一度ご相談下さいませ。
 あと、安全ブレーカーではなく漏電ブレーカーが落ちる場合は、最初に書いたように、「機械の故障」「電線がむき出しになっている」など火災につながる非常に危険な状態です。
 いずれにしても.電気がないと不便な昨今です。心配な時はいつでもお電話下さいませ。
 
posted by Kuhcan at 12:39| インテリアレッスン

2022年02月14日

経営者は、日曜日休まんといてほしいんですね…合法だから。

 私の大好きな高井法博(税理士)先生は、いつも上記タイトルの通りを、真顔でおっしゃってて、私を笑わせます。
 「会社の経営状態が悪いんです、と言いながら休んでいる人がいるんですよね。ちょっと信じられませんよね…。
 あのォ〜、赤字の会社の皆さんは、休まないでいただきたいんですよね。
 というのも、従業員には労働時間の制限がありますがね、経営者にはないんですね。
 つまり全く合法的に、365日24時間働けるわけですね。
 それなのに休んでいる人がいるんですね。
 私にはわかりませんね理由が。」

 三重の古民家再生協会の支部長が、私にこのセリフを聞いてから、働くのがすごく楽になったと教えてくださいました。「だってオレ、働くの好きなんだよ。本当は。」

 みんな働き者ですね。ウチの大工さんを始め、だんだんこんな人ばっかりで私の周りは固められていきます。類は友を呼ぶ。

 AEBA74FD-56EF-440C-8856-287287A657F4.jpeg
 ところでその先生が、
面白い絵(額)を貰われました。

 明治生まれの小説家、武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)の直筆の額です。

 それだけで十分、驚愕(ちょっと韻を踏みました。)なんですが、高井先生は、そんなことで面白がってちゃいけない、裏の、武者小路直筆のこの手紙を読んでくれ、と言うわけです。

 詳しくは忘れましたがこうです。

「〇〇くん、僕は、旅行に行きますので20,000円ほど送ってください。10,000円ならすぐでしょうから、すぐ送ってください。あっ、でも続きのお金もすぐくださいよ。
 と言うのも、原稿料が入ると思ったらちっとももらえないし、君が貸してくれると思うので旅行に出かけるんですから、なければ困るんです。だから早くね。
 妻は病気で心労もかけたくないので、つまりは君が頼りなのですから、僕が旅行に行くためには、君が必ずお金を送ってくださいよ」

 とこんな調子の、お金を無心する手紙なのです。
 一体どういう関係の人にここまで図々しくお願いできるのかよく分かりませんが、あまりに自分勝手なので、横で読んでいた設計士の八神先生が「俺の昔のボスにそっくりだなぁ…このノリ。」と苦笑いしておられました。

81AF31D7-8EBA-458F-A1F4-CB3CADED56E5.jpeg

 時期的に、おそらく戦前だろうと言う話になったんですが、80年位前の借金話のやり取りが、たった今行われているかのように感じられました。
 古民家や何百年も経った建築を見ていると、歴史が歴史じゃなくなる時があるのですが、言葉こそ、本当に不思議ですね。昔の人がすぐそばにいるような気になるんですから。
 確かに、渋沢栄一の理論がいまだに素敵だったり、1000年前の吉田兼好の描く人間の性質はいまだにそんなもんだなと思ったりしますもんね。

 48年間生きてきた感じと、こんな体験がたくさん入り混じって、私最近、歴史を歴史と感じない感覚がわかってきました。遠い世界なのではなく、現代のちょっと前なだけなんです。

 松下幸之助が500年先を構想した理由、ガウディがサグラダファミリアを500年で完成させようとした感覚、ドラえもんがどこでもドアを持ってるセンス、
 昔はとんでもないことだと思っていましたが、今なんだか身近です。

 48歳って、年取って惨めと言われがちですけど、歳をとらないとこんな不思議な感じもわからない。これからもっと耄碌して、100歳になる頃には現実とあの世の境がなくなり、そして安らかにこの世からフェードアウトできるんだなぁと、なんだかわかってきました。ふわっとするのは幸せです。

 だからせめて85歳までは、矍鑠と地面を踏みしめて、世の中の役に立っていたいなぁ。そのためにはやっぱり、日曜日も、休まずに居れる青春人生、送ろう。と思うのでした。

 
posted by Kuhcan at 23:14| 日記

既存住宅状況調査(インスペクション)行います

484EE473-D54D-4ECA-8601-E5F78FEF5DC5.jpeg
 ボンボン時計のある、鉄筋コンクリートのおうちの住宅状況調査をします。

家が資産である、と考えるのが住人、
家は負債である、と考えるのが不動産屋、
その中間で正しく見るのが設計士の仕事です。

 日本はまだまだ中古住宅市場が円熟しておらず、
アメリカの造った基準で建てた戦後の木造住宅は湿気に弱く、
さらに地震が襲ってきます。


 だから、どうせなら新築が良い、と言って新築が乱立され、古い家がどんどん捨てられて、空き家面積が九州全土を覆うほどの面積に達してしまいました。


 ですから、中古住宅を買う事は決して悪い選択肢ではありません。

  コロナによる経済不安と家に閉じこもらざるを得ない環境の中、土地のない方が新たに土地を買って家を建てるより、広い間取りに住むことができます。何なら庭も付きます。限られた条件でしかリノベーションができないので予算も必然的に制限され、出費を抑えることができます。


 さらに、誰かが捨てた家を続けて住むことで、持ち主さんへの金銭的救済にもなります。


 ただ、その大元の建物が本当に良いのかどうか?不動産屋さんが分からないのです。不動産屋は土地を売る事務のプロなので、建物の勉強はある程度だからです。


 そこで国交省が、「中古住宅を売る際は、インスペクションをするのが望ましい」と言うおふれを出しました。平成30年です。これで、不動産屋と建築士がタックを組んで、中古住宅の価値を鮮明にすることができるようになりました。


 当社は建築士も不動産屋もインテリアコーディネーターも大工もいるので、この家をどうすると良くなるのか、そして見えない不良箇所はどこか、直すといくらぐらいかかるのか、かなり深く、そして早めに見抜きます。


 「不動産屋さんが言うように、この家は本当に壊してしまった方が良いのでしょうか」と言う声から、2月に、大きなお屋敷を調査することになりました。
 私たちはその家は確実に資産と思っています。


 安易に壊してしまわないようなお手伝いができるといいなと思っています。
posted by Kuhcan at 09:26| 空き家対策

2022年01月23日

庭の打ち合わせ

今日は庭の打ち合わせをしに一宮市に行ってきました。寒い日ですがお日様が照って比較的暖かい打ち合わせでした。ここはお客さんの心も暖かいので、冬の屋外でみっちり2時間、しまいには外でコーヒーを入れてチョコレートを食べて、ほんわかしています。

 寒くなったし家の中を見よっか。という事で、6人でハシゴを2つ登ってロフトまで。
 E924A928-AC13-4C3E-8A1F-625A525A968A.jpeg
 「ロフトって天井が低いな!」とやっているところ。^_^
 天井高が1.4m以上だと3F建あつかいになるから、2階建で許可をもらってる以上は仕方がありません。平気で立てるのは小学生のお嬢さんだけ。


BB6A793C-8479-4B65-B291-A4E51CC65443.jpeg
 このお家は南側に3階建ての倉庫があり暗いのと、東の遊歩道の人通りが多いので、光を取るためと視線防止で、2Fにリビングキッチンを作ります。広々しています。
BA4DFA77-9C73-4810-8A72-2F4F5B45C4FA.jpeg
 2Fを歩いてると、1Fは要らないくらいの広さと部屋数です。そんな1Fにはインナーガレージとお風呂があります。

 4月に完成予定です。
posted by Kuhcan at 03:02| 工事写真

2022年01月22日

小3の算数の図形

9B4E5959-E0FD-46AB-B5E8-72178E9395BF.jpeg
「算数の授業で作った」三角柱、円柱、四角柱があったそうで、当時小3だった長男が
「先生がずっとちゅーちゅー言っとったで」作ったネズミ。

 ネズミはできたけど多分「ちゅー」が「柱」の意味とは知らずに授業を終えてます。

 漢字が読めるのが賢いのか、瞬時にこのプロポーションを決めれるのが賢いのか?

 私は後者の方が面白いと思ったので、彼の社会性(の足りなさ)をスルーして育てました。結果、小4から高3まで、宿題や書類を出さないので、先生に嫌われて軽蔑されて大きくなりました。

 学校ってそんなところがありますよね。
試験の数値と、集団への姿勢で、評価に至ります。このネズミが作れる価値は低い。中には運動会でMVPでも体育で3をつけられる子もいます。

 だから、現代の複合的なアルゴリズムが成立してない学校に、私は抵抗感があります。
 夜、狭い家に近所の子どもを集めて伝えるのは、「学校から評価される事に自分のモチベーションをおくな」という事。生命力や感性を学校は評価できてないとおもいます。逆にただ記憶力が良いだけで賞賛される子供にも、警告を鳴らしています。妄想力や「やってみたい」がなければだめだと。

 そして、学校に媚びなかった長男は、高3のオープンキャンパスで模型を作っただけで合格をもらってきました。「芸大を受験するなんて、なに様のつもりか!?親不孝者」とまで担任に言われていましたが、そこでへこたれなかった彼はアイデンティティがしっかりしています。

 芸大の案内本を読んだら、先生たちが多種多様な価値基準で若い世代を育てる気概を感じ、彼はようやくここに辿り着けたなと感じました。

 だからそれまで12年間、不提出の王様だった息子は、「提出物」で優をとれる子に瞬時に変わりました。
 1月1日から先輩の作品の手伝いに行き、おばあちゃん家の一戸建てに友達を招き入れて夜昼なく自分の作品も作っています。
 寝れないとお婆ちゃんに嘆かれたので彼女と部屋も借り、1日一食しか食べないし契約書も書けないし電気も点けっぱなしなのに、独身で終わらぬよう早めに結婚するそうです。

 小四くらいで一旦は消えていった彼のクリエイティビティーが、こうして10年後に復活し、評価されているのを見るのは感慨深いものがあります。
 そして、これだけ親に放っておかれ先生にバカにされても、ちゃんと人を手伝い、甲斐性をみせ(ようとし)ていることにも。
 
 私はここに稲盛和夫氏の言う「宇宙の法則」を感じます。万物は(元素や素粒子に至るまで)、そもそも成長発展するように宿命づけられているという物理の哲学です。

 私は、自ら燃えるタイプの人達と会社を運営しています。最近、「自分はそうでもない。どこからそういうのが湧くんだ?」と訊かれました。

 その人は、湧かないんじゃなく、気づいてないだけです。
 湧いているのに、力を誰かに逸らされたり、押さえつけられたりして、自分の力を発揮できていないだけ。発揮できる喜びを、親や周囲から教えてもらえなかっただけです。ぜひ早く自分(の善良な部分)を見つけてほしいと思います。

 しかし人間は誰でも「私が私であることを邪魔してくる横槍」には遭遇します。そこをどうかわし、逃げるのかを、夜な夜な子供達に教えています。

 その一方、横槍のなくなった世界で、自分の力をどう正しく使い育てるのか?も見ています。
 自分の快楽のためだけに使わないように気をつけて育てます。

 なぜなら脳科学者が言っていました。
 自分のためだけに使う力は弱くなり、
 人のために使うとそれは強くなると。
(フランス人の高僧マシューリカールを研究して得られたデータ。自分の幸せを願っている時より他人の幸せを習っている時の方が脳は500倍も多く活動した。)

 みんながそれぞれ持つ力の、美しい発出。
 
 これが人生で1番の慶びで幸せだと私は感じています。私や私の会社が 誰かのそんな場所になれば良いと願っています。

 



posted by Kuhcan at 10:15| 日記

2022年01月08日

細かい仕事

 今日はトイレの改装をしています。
半年前に行ったトイレ床張りに、今日はトイレトイレや壁紙も交換します。
38056741-B3D6-4E07-B7BE-C5A69A08ADC8.jpeg
 このトイレはなんと、天井がアクリル板でできているのと、床はリフォームしたばかりで、これ以上穴を開けたくないので、床下に戻ったり壁をはがしたり細かい細工が要ります。
5A20A7C6-ACFF-4394-93D8-F56FC50214A3.jpegこのトイレを

32732679-99AB-4F69-916E-BF51715F997A.jpegこうしたいために、

 壁を切り取って水道の鉄管をセイバーソウで切ったり、
DC7284DC-BF19-4AD0-AF2A-A0E9BE24A4DE.jpeg

 床のさね(凸部分)を作ったり、
(継ぎ足しした床が将来ぺこぺこしないように。)
56C3748E-52C2-455A-900F-7E9986E5AA96.jpeg

 穴のあく幅木を、隠れる部分の幅木を切り取って埋めたり。
504210B5-00E6-42B1-97EB-30F8D90C22D9.jpeg →

679E9F87-0281-4253-A47E-B6D0AADA0265.jpeg

 たった1.5 × 1.3mのトイレの内装ですが、きれいにやるには、細かい手間をかけます。

 ところで今、別件のビルで、不手際でもない不手際を執拗に責め立てる方を担当しています。あまりに横暴なのでとうとう根負けしていますが、細かい作業を手伝っていると、自分の仕事やスタッフへの信頼を取り戻せて、心が落ち着いていきます。

07CC2269-1D67-4B2F-B816-C180662E5474.jpeg
 私の悩みをよそに、三日間でトイレはとっても綺麗にできました!!
 仕事で悩みますが、仕事で救われもしています。

「私、友達に、「新築して失敗したところはどこ」と当然のように聞かれるんだけど、考えたところでないんですよ。」と言ってくださった、今日のお客様にもほんとに感謝です。
posted by Kuhcan at 11:59| 工事写真

クーカンの空き家対策はふつうの不動産屋さんと何が違うか

 2040年 
@既存住宅の3件に1件が空き家となります。
A家族でなく単身者世帯が全世帯の4割を超えます。
23474174-520F-4C1F-96CE-461E65497272.jpeg
 これからファミレスは「ファミリーレストラン」の略でなく「ファミリーレス(ファミリー無し)レストラン」の略になっていくのだそうです。

 そんな中、昨年から取り組んでいる「空き家不動産」にまつわる仕事をクーカンの年賀状で紹介しました。
 すると大きく反響があり、空き家の売買や古民家再生の相談をたった3日でたくさんいただいています。

 前年より相談されていた方は今年ご来店になられ、「話ができて気が晴れた」と言ってくださいました。

 正直、身近で親身な存在として、「うちのあの土地や家をどう思う?」と気軽に訊いてほしいと願っています。なぜなら土地を1つ売るにも、様々な制約があり、びっくりするほどいろいろなことを乗り越える必要があるから、知識のない方には大層難しいだろうと思うからです。

 に加えて通常、不動産業界を担う資格者は「土地の性質」に精通することはあっても、「建物の良し悪し」を判断することはできません。
よって「家は壊して売ったほうが高く売れます」という視点を崩しません。
 土地の始末でも大変なのに、建物の始末まで関わっていたら業者として割が合わないからです。

 弊社は、建物の始末もよくわかって話ができるので、実は従来の不動産屋だけやっている人たちとは全く違う話になります。壊さずに販売することで、施主さんの実入りが多くなる可能性があります。

 【更地販売 3つのデメリット】
@解体費が高い
・更地にするための費用が高いので、所有者の実入が減る。300〜500万円が相場ですが、庭が大きいとか敷地が大きいと3000万円かかる方もあります。
・売れる前にその巨額の解体費用を負担できない/したくない人もあります。

A地球のゴミが増える。
・そもそも使える家なのに壊させられている可能性がある。
・リフォームして住んだ方が脱炭素だが、丁寧なリフォーム業者が少ないので、その現実を見越して親切心で不動産屋は壊せといいます。

B立地条件の悪い土地や売り急いでいる人は、結局安くしか売れない場合がある。

では、建物をつけたまま売るとどんなメリットがあるでしょうか。

【中古住宅のまま売るメリット】
@所有者にお金が渡る
 解体費用が出ないので、売買代金がそのまま収入になる。

A家や土地を売るための段取りに費用負担が少ないので、所有者は気楽。
 費用負担があったとしても
 ・既存住宅の調査
 ・売るのに支障が出る老朽箇所の修繕費
 くらい。

B家の解体ゴミが出ない(たとえリフォームをしたとしても解体より少ない)ので、地球の温暖化対策にひと役買うことができる。

C土地と新築建物を購入できない層が増えるので、買主としても、ハンディに一戸建てが手に入って良い。

D中古住宅を手に入れた買主は、自分の懐都合で順次リノベーションをすればいいため、買主の家計へのリスクも減る。
 
 ちょっと長々と書きましたが、クーカンは上記の5つの視点で、空き家不動産に取り組んでいます。
 まとめますと、

 「解体業者」と「新築建設業」にお金行くのが、更地にして販売する場合。

 「売主」と「(買主が雇う)リノベーション業者」にお金が渡るのが、中古のまま家を売る場合。

 私は、せっかくの資産を売却するには、後者の、「売主にお金が渡ったほうがいい」と考えています。それがめぐりめぐって買主のメリットCとDになるわけです。
 
 建築業者としての儲けの観点からは、直近の利益に直結せず損な方をお勧めしていますが、「建築界の良心」を目指す弊社としては、持続可能な未来のために、プロが自社の利益を超えて、地球規模でものを考えることがほんとに大切だと思います。

 売主の資産保全ができる不動産&建築業者を目指しています

posted by Kuhcan at 03:11| 空き家対策