2018年03月28日

チューダー朝様式

 35884B93-D08D-4B7A-8EB5-F80F4DEB4CBF.jpeg
 rチューダー朝様式(イギリス・16世紀)」で建てられた白馬コルチナスキー場。
ここは吉田くんが若い頃勤めていた「au都市企画」の梨田さん設計です。
  バブル期に企画されその後建てられたのですが、去年友人に連れられて初めて訪れ驚きました。
84003699-B947-4F7A-8071-C7F8E9D06F5A.jpeg
  建物がでかい!!
  屋根が青空に映える!
  チューダー朝愛がすごい!
  当時大きな図面を見ながら「しょせんこの規模の商業施設なんて大造りだろうな」と想像していましたがぜんぜん立派でした。
556CD4F1-58A6-4923-AE46-8FD515CFC458.jpeg
だれが掃除するの︎?っていう7回分のキャットウオークとか
32CCEF45-5939-4DE8-B834-3FC619446565.jpeg
側面も手を抜かずオーダーが施され
1B283C48-6A3B-4A88-B92F-883A08A9F222.jpeg
3回以下の外壁に限っては本物の木を使用…。
4C0E6ECA-DCB5-435E-8119-2F6199554D78.jpeg
ゴンドラもかなり本気。
  こういったところは、設計士のプライドの問題だと思っていますが、人に気付かれなくてもわかってもらえなくてもホンモノを使いたいというその姿勢がすばらしい。
  とかく安易なデザインも跋扈したバブル期、ホンモノを追いかけた結果、15年以上経ってもリノベーションのいらない(★)建物ができたんだと思います。
★…老朽化や経年劣化への改修はされてると思います。
posted by Kuhcan at 05:36| Comment(0) | 日記

2018年03月27日

外にでてると


ポカポカの春

新しい現場の敷地調査に行きました。

ちょっと私が居なくなったら、
向かいのお父さんと話し込んでる吉田くん。
「ほらな、俺が外に出てたら絶対どこかのお父さんがやってくる。」となんか嬉しそうにしていました。
49EF0E0A-2D43-43C7-9300-03FCB12C4CB9.jpeg
  今日から大垣市は春休みで、お父さんだけでなく子供たちや学生さんたちがたくさん自転車で外に出ていました。
  いつもは誰も歩いていない岐阜の土地、心なしか町も春を喜んでるような気がします。
posted by Kuhcan at 01:52| Comment(0) | 日記

2018年03月26日

ヘムロックのリビング

DFEE3AE5-9806-4507-A5B2-A554C0273F95.jpeg
   5月末にオープンハウスをするおうちの内観です。
5DC56476-5C18-4F2B-80CB-D9CFEEA589EA.jpeg
こんなに広い洗面所をつくります。

035E60BE-19A3-4861-9ACF-68316748A844.jpeg
 この家もリビング階段です。

36D631DD-E1C0-4D99-A063-7B4ABC260FB8.jpeg
私が気にいっているのはこの窓からの眺め。正面がご実家なんですよ。スープが冷めない本当に良い距離なんですよ。

4C196C13-3041-40D3-8EB5-7A000F0C4495.jpeg
まだまだそっけない工事現場ですが、あと2ヶ月お楽しみに。

73BE25B5-DE30-4907-BF7F-C31D8FC2E492.jpeg
このお行儀の良い人たちが建てていまーす。


posted by Kuhcan at 22:28| Comment(0) | 工事写真

2018年03月25日

モルタルと木毛板のカウンター

D8C4C82C-2021-434E-BD66-FF7FEABE899A.jpeg
ライムズモレラ店では、カウンターに木毛板を使い、天板はモルタル(コンクリートに砂利が入っていないもの)仕上げをします。
0800A08D-D535-45A3-BF9A-0520359BE0FF.jpeg
空間ガーデンセンター所長の牧くんがしあげました。
7247441A-142E-4C5D-AACA-879E0A7CFB15.jpeg
高いところから失礼。
(撮影のためにヘルメット取りました) 
03D4F765-A242-4884-A4D8-BC09EB63AF83.jpeg
タイルを貼る職人さんはこれからこの広さに一つ一つ並べて貼っていきます。
  皆さん夜中にきついのですが、なごやかに進めてくださり本当に感謝しています。私も今日は1日接客をしていますが、仕事でつながっている人たちが真摯に地道にやってくださると言う事は非常に謙虚な気持ちになります。
  本日も優しく聡明な方々にお会いましたが、 お施主さまも現場スタッフも私も一体となっていると言う感じを受けました。
  いつも、本当にありがとうございます。
posted by Kuhcan at 20:46| Comment(0) | インテリア施工例

モルタルと木毛板のカウンター

D8C4C82C-2021-434E-BD66-FF7FEABE899A.jpeg
ライムズモレラ店では、カウンターに木毛板を使い、天板はモルタル(コンクリートに砂利が入っていないもの)仕上げをします。

0800A08D-D535-45A3-BF9A-0520359BE0FF.jpeg
空間ガーデンセンター所長の牧くんがしあげました。
7247441A-142E-4C5D-AACA-879E0A7CFB15.jpeg
高いところから失礼。
(撮影のためにヘルメット取りました) 

03D4F765-A242-4884-A4D8-BC09EB63AF83.jpeg
タイルを貼る職人さんはこれからこの広さに一つ一つ並べて貼っていきます。

  皆さん夜中にきついのですが、なごやかに進めてくださり本当に感謝しています。私も今日は1日接客をしていますが、仕事でつながっている人たちが真摯に地道にやってくださると言う事は非常に謙虚な気持ちになります。

  本日も優しく聡明な方々にお会いましたが、 お施主さまも現場スタッフも私も一体となっていると言う感じを受けました。

  いつも、本当にありがとうございます。
posted by Kuhcan at 20:46| Comment(0) | インテリア施工例

2018年03月24日

古民家再生協会のホームページ

http://kominka-gifuseino.org/
古民家再生協会の岐阜第二支部としてホームページができました。ぜひご覧ください。
posted by Kuhcan at 05:29| Comment(0) | お知らせ

2018年03月23日

インテリアのつま先:ヘムロック材

1201D7E0-FC00-4190-B72E-AE3E1BB4F559.jpeg
  5月に完成するお家のリビングには、天井にヘムロック(カナダつが)板を施工してあります。

 栂(つが)の木、というと一般にはなじみが薄いですが、クーカンでは、窓枠やドア材に使います。
  松(パイン) 材より1割ほど高い材料です。

  パインは節がたくさんあって木目も荒いのですが、ヘムロックは、木目がタモ材のようにまっすぐで、色も白く(パインほど黄色っぽくないので)上品な仕上がりになります。

  
posted by Kuhcan at 23:29| Comment(0) | インテリア施工例

2018年03月22日

春になる

6E3E6F38-949F-4E0C-9977-B41FB1163018.jpeg
ものの芽も吹かん雨上がりの稜線

1887B87C-F2A0-4CC6-BCAC-6206DD6FFA09.jpeg

あはは!プレバトのいつき先生を観てたので!
五、七、五です。
posted by Kuhcan at 00:00| Comment(0) | インテリア施工例

2018年03月21日

5月27日、28日にオープンハウスをします

   5月27日、28日にオープンハウスをします。
年末に完成したおうちが、せっかく年度内だったのでオープンハウスができませんでしたので、半年ぶりです。
3BF34D32-5BDF-4AE9-9B4C-CC534FCE1413.jpeg
「最近家には何も連絡が来ないなぁ」と言うOB、OGの皆様大変お待たせいたしました。
ぜひ予定を空けていただき、おやつを食べにいらして下さい(o^^o)

  今回は久しぶりに オーガニックな感じのおうちです。
この頃、スタイリッシュな、まぁ私の言葉で言えば「シュッとした」家が続いていましたので、
こういう優しい家を作らせていただけるのも嬉しいものです。

  本日クロスの見本帳をどっさりとお渡ししましたので、どんな柄を選んで来ていただけるのか楽しみです。

  


posted by Kuhcan at 21:37| Comment(0) | オープンハウス

2018年03月20日

お花をつもうよ

8897C006-64CF-45E9-9A80-CE14FFC43345.jpeg
3/18 日曜日の夕方、お客様のおうちへ行きました。

お客様の事務所で打ち合わせをしていたら、3歳のお孫さんが
「おじいちゃん、お花をつもうよ!」
と手を引っ張ります。
「あらあら、あなた、お花を積みましょう、なんて、高尚な言葉を知っているねぇ」
とおじいちゃんはニコニコ。

  女の子からもらったお花は、事務所の植木鉢から摘んだお花でした。

  まだ蕾がいっぱいあったので水に漬けておいたところ、こうして無事に小さな花が咲きました。

「あのね、この年になるとね、昔はさぁ、子供なんて頭が良いとか足が速いとかそういうのがいいと思っていたけど、普通が1番やね。ふつうの子が一番かわいいね」

  私も3人育ててきて、子供のすごさは能力やあどけなさとかではないなと思っています。

  その子がそこにいるだけで、
「絶対的に生命力や希望がある」

  ある意味宇宙くらいの、純粋な力に私たちは圧倒されているんじゃないかな…。と思います。

  なぜ大人になると、それが失われていってしまうんでしょうね。逆にそこが知りたいです。
posted by Kuhcan at 09:32| Comment(0) | 日記