2018年11月02日

女子大卒とおじさん

  年上のパリッとスーツの男性にかしこまって営業をされる、というのはいまだに居心地が悪いものです。

  忙しい中、メーカーさんなどがアポイントもなく勝手にやってきて営業される、のを私は時間泥棒と呼んでいます。
  そっけなくできるといいのですが、こちらも顧客商売で立場を変えれば私も同じ事をするため、そうもしにくい。しかも相手が立派ないで立ちをした年上男性なときは特に、「生意気なオンナだ」とか「だめなオンナだ」とか思われるんじゃないかと心配になってしまい、へんに気を遣って厄介な気持ちになります。

  私の家は祖母のアクが強かったせいか、父が気の強い女性のことをむしろ歓迎し、尊敬していました。「あの奥さんの所に行こう。勉強になるから。」とやり手の女社長のおうちに連れていかれた思い出は数しれません。女は大きくなったらああいう風に仕事をするのだなと思って育ちました。

  小学校も子供ですから、男女平等にのびのびとやっていました。が、中学に入って、二校合併になると様子が一変。「女のくせに偉そうに注意をする」「女のくせに給食のおかわりをする」「女のくせに男にいたずらを仕掛ける」と男子に取り囲まれて文句を言われるようになりました。イタズラには「女なんかにバカにされたら、あいつの立場がないやろ?考えてやれ」と凄まれたりしました。

  高校に入っても、重要な役職を決める時女子は手をあげさせてもらえず、世の中、女は能力が低いと思われているとはっきりと知りました。同じ試験を通過したのだからそんなのはおかしい、こんな学校で好きな人を見つけるのは絶対やめようと入学2日目で決意したのを覚えています。(その日は見るからに役に立ちそうな女子より、やる気も人望もなさそうな男子が 委員長に収まっていきました。)

  そんなフラストレーションの中、高校3年の時は女子クラス、大学も女子大に入ることになりました。男子をむやみに立てる状況から一転して、しっかりした女子にニコニコ微笑まれながら盛り立ててもらえる、という快適な環境になりました。
  女子は毎日優しいし、頑張れば褒めてくれるし、本音で付き合えば付き合うほど絆が深まるしで最高でした。 

  大学時代は「なぜ、そんなに根拠もなく自信を持ってるの⁈!」と、学友に呆れられました。ただ女だと言う理由で頭を押さえつけられていた私は、自信があったのではなくて、単に女だけの世界に開放感があったんだと思います。ほんとうにのびのびとおおらかにやっていました。男子の友達はと言えば、京大のインテリでしたので完全にモノがわかっていて、中性的で付き合いやすく、能力を認めて伸ばしてくれました。その頃知り合った夫も、がっちり男女平等派でした。

  それが、男女共存の社会に出て会社員を始めた途端、またしても「女のくせに」と言われる立場が戻ってきました。女の園という竜宮城にいた私には大変辛かった現実復帰でした。自分と言うアイデンティティーに、無駄に「女」を加えないといけないので扱われ方が難しく、めんどくさくて仕方がありません。高校生の時よりは多少大人になっていたので、諦めるしかないと腹をくくり、結局今までやっています。

   今年の4月ごろ、政治家への不信感を払拭するためにセクハラ騒動ばかりがムダに取り出さされていましたが、今さら男性陣から「セクハラになっちゃうなぁ」と遠慮されても、鼻白んでしまうほど、女性への世間の蔑視は根深いと思っています。男性からだけでなく、女性が自分自身へ向ける女性蔑視も含まれています。女性の社会進出などどこ吹く風、いまだに女は家庭と子どもの調子のいい召使いという感覚の男女は私の周りに多いです。

  かといって、女でも馬鹿にしたいようなずるい女はたくさんいるし、男でも本当に誠実で甲斐甲斐しい方はもちろんおられます。
  だからもう、出産や身体機能的な事だけは別ですが、考えや生産性については、男だから女だからなどと言う話をしたくないなぁと思っています。

  それでも冒頭の通り、自分らしさを出そうとするといらぬ心配が頭をもたげて、貴重な時間を気まずい相づちで過ごすことになります。

  早く世間は、女の気の強いのに慣れて、家事をしないのにも慣れて、仕事をすることにも、1人を楽しむことにも慣れてください。女が誰かの世話をするために生まれたのではないことを諦めてください。(女はただ共感力が高めだから世話ができるだけです。)化粧だって自分の美学と個性のためにしてほしい。

  ただ私に限って言えば、この一連の発言でもわかるように、とかく傲慢になりがちな元のキャラクターが、女性蔑視で足を引っ張られてちょうどまろやかになっていると言うことが、意外とちょうどいいんではないかと思うことがあります。子供を産んで、自分の人生が自分の思うようにならないことも非常に人生の糧になりました。だから私が女だったのは、人間として、非常によかったです。人間こうやってどこかにストレスがあると、より謙虚で人を思いやるれるようになる気がしています。
posted by Kuhcan at 23:23| 日記

2018年11月01日

大工検定をスタッフが受けてきました

CA18B4FF-E48A-47F6-8537-AA07635658B1.jpeg
「平成の大工棟梁検定」に、空間建築工房の大工が参加してきました。

立川棟梁(44)
岡田大工(26)
勝野大工(24)

  全国古民家再生協会 岐阜第二支部の支部長として、主催側なんですが、検定員はそうそうたるメンバー。

  山形(!)、福井、奈良、三重、滋賀、下呂市、高山市… 。全て支部長です。

  全国古民家再生協会の素敵なところは、みんなが手弁当でこうして遠方より駆けつけ、未来の人材育成に力を注いでいるところです。

E7E39CF4-F88C-4AB7-9BB0-D58F36B41777.jpeg
福井の支部長、コメントしながら見守っています。

05D69F62-95A9-4E86-8E8D-70F1780343FB.jpeg
大阪から参加の松原さんは女性。
三重から参加の大工さんも、まだ入社8ヶ月と言う本当の若手。
(はるばる岐阜の揖斐川町までやってこられた効果か、午後の光がかっこよく2人を照らしています。) 

2FA950B8-A921-410D-9001-A7D487C82682.jpeg
クーカンの本命、立川くんは、ベテランすぎて立派な道具を全て若手に貸してしまい、自分はホームセンターで買ってきたような道具でコツコツやっておられました。(それをすぐ見抜く三重支部長の伊藤宮大工!)テスト的にはアレですが、その心意気が、まさに棟梁です。

8A6546F4-82D2-418D-AA1D-A805D9FF2E97.jpeg
  古民家再生協会名物・滋賀県長浜市の大森大工さん。休憩の合間に思わず技術指導が始まりました。
 
・きれいに製材された角材の墨出しの方法(材木の中心を墨で線を引くこと)。
・ノコギリの挽き方
・ホゾ穴とコミセンの穴、どちらを先にあけるべきか?
・楔(くさび)は垂直に打つのか?斜めに打つのか?
果ては
・金槌の適正な重さと振り下ろし方
まで!

  たった10分の講義でしたが、こういうことを、今さら言葉できちんと教えてもらえるって素晴らしいなと思いました。

   9人の参加者のうち、8人が仕上げることができました。ただ、この検定は仕上げれば良いと言うものではなく、作業中の姿勢・清掃の仕方・道具の整え方など心構えの部分から、作業順序・完成度・スピードなど、作品の精度まで、結構ハイレベルなものを要求され、かつシビアな判定がなされます。
86F8FAE8-0482-40FB-8AD5-FC5FDA579AB7.jpeg

はてさて、結果はどうでしょうね!
朗報を楽しみに待っていたいと思います。



  ところで。うちの息子がもし大工になりたいと言ったら古民家再生協会のどなたかの元に修行に出したいです。というか、出したい先の支部長さんが多すぎて選べないほどです。なりたいって言わないかな〜!大工になるほどの根性が欲しい!将来を強制する親ではないんですけど、こんなにいい先生がいっぱいいたらほんと親のわがままな希望が出ますね。


57537AB4-6B3C-47A2-9A86-CBD8B387412E.jpeg
受験生の皆様、検定委員の皆様、今日もすばらしい1日をありがとうございました。
posted by Kuhcan at 21:45| 古民家再生協会

2018年10月30日

領家の家 地盤改良

90AE7623-1A27-4CBA-91FF-48608CF36E9A.jpeg
MSコラム工法で地盤改良をしています。

地盤のゆるい土地では、現代は「土の下も補強する」という行為が基本になっていて、だいたいこの地方では100万円〜200万円かかります。

えっ高い⁈と思われるかもしれませんね。ただ、私の実家である平塚家具は、45年前、田んぼの上に3階建ての社屋を建てました。地盤改良(当時の見積で200万円)を、高すぎる!設計士が騙しているんだと、なしで行い、結果、長年ひどい雨漏りに苦しんでおります。修繕費は500万円を軽く超えています。

  日本は地震国で、元は田んぼであったような土地は柔らかいです。トランポリンの上に家を建てるようなものです。地盤改良は、必要ですよ。

162708EF-4BD6-4009-A5A1-6BB124029A0A.jpeg
@表面の赤い土…山土です。よく締まって硬くなります。

A造成が済んで山土の下に元の土地の土が見えている…この現場はまだ良くて、 50〜30cmは山土が盛ってありますが、通常は3〜5cm被せてあるだけです。なぜなら、山土が高いし、土地の泥を捨てるのも高いからです。

  地面の硬さをまず疑う、というのが日本の建設現場ではすごく重要なんです。
posted by Kuhcan at 06:48| 工事写真

2018年10月28日

築50年目の苦労

  9月4日の台風で、築55年の鉄筋コンクリート(RC)造のあるお家が悲鳴をあげました。

  RC造は、戦後の日本では夢の素材とされていました。東京の表参道に立つ「同潤会アパート」は、100年建築ともてはやされ、戦後日本のモダニズム建築のアイコンとなりました。

  ところがフタを開けてみると、どうもそうではない。アルカリ性で酸に強いはずのコンクリートは、高度成長期の酸性雨のため黄色く溶け出し、栄養が良くなり平均身長が伸びた日本人には、戦後の設計では天井が低すぎました。昼温まって夜熱を放射するコンクリートの放射熱は、住民に過酷とも言える熱帯夜を生み違和感のもとにもなりました。
  何より 海外の指針では想定外の頻繁な地震により、同潤会アパートは驚くほど傾き、いつ倒壊するのか?危ない建築物として、築40年目には「失敗例」として建築の教科書に掲載されるようになってしまいました。

  前置きが長くなりましたが、今回はそんなコンクリート造の住宅の雨漏りです。

66D625A1-2C2B-41AC-A9A9-86AD2FBAAFD7.jpeg
鉛の水切り板を付けたドレインを、コンクリート壁を抜いたただの穴だった排水孔に装填しました。
13D8819D-8EF4-45EB-9958-EE21F52ABBC0.jpeg
これを
7328B533-850F-4E36-92ED-8527E9D8ADDC.jpeg
コンクリート穴に挿す。

今までは、コンクリートに穴が開いていただけだったので、排水される大量の水がコンクリート壁そのものに染み込み、その付近にある押し入れをバケツ一杯も水が溜まるほど、激しく濡らしていました。

B625F98B-2D7F-4F5A-96EC-1482AF649E75.jpeg63F906B8-E7D5-48F6-8E06-164C2C6ED8EA.jpeg
(↑写真は、木が乾いた後のもの。)
木のアクを見ただけで、どんなに激しいわかります。

「この家、あちこち雨漏りしていて…もうイヤ!こわい!」と施主様はおっしゃいますが、それ以外には大きくて立派な建物です。
  いざ壊すとなれば、解体費用は400万円を超えるはずです。

  夢の素材コンクリート。
  開発当時は自然を横臥して堂々と登場しましたし、今も道路や橋、住宅の基礎で大活躍です。
  ですが私は、こういう些細な(!?)雨漏りや放射熱によるカビ問題に出くわすたびに、天然でも人工でも、夢の素材なんてものはこの世になくて、何にでも欠点はあるなぁ。と感じます。

  肝心なのは、そのメリットデメリットをプロとして熟知して、その情報を提供してからお施主様に選んでいただき、お互いにその素材に向き合う覚悟をすることだと感じています。
posted by Kuhcan at 05:35| インテリアレッスン

2018年10月27日

清水の家 さや管ヘッダー工法

2351B775-612C-4D49-A332-B1BC5E0D433D.jpeg
最近の床下での水道のつなぎ方
「さや管ヘッダー工法」。
昔は、
・家の外周に張り巡らした
・鉄管 を
・水が要る部屋ごとに外から基礎に穴を開けて別々に引き込み
給水していました。
いまは、
・道路から1番近い地点で外から中に一点だけ穴を開けて
・塩化ビニール管(プラスチック) +保温材を巻き
・さや管というハブでいくつも分岐させて
給水します。
メリットは、
@穴が少ないので基礎が丈夫になります。
A鉄管は錆びて破れたりしますが、プラスチックは錆びず、また柔らかいのでしなったり伸びたりするため、破れにくい特性があります。
B錆びないので保温材を巻ける。
  そのため凍結しにくくなる。
  加えて塩ビ管そのものの遮光や保湿になるので素材寿命も延びる。
C塩ビ管は柔らかく自由に曲がるため、素材のつなぎ目がヘッダー(ハブ)部分にしかなくできる。
  つなぎ目が少ないので漏れにくい。
  また漏れてもつなぎ場所が少ないため場所を見つけやすい。
と言うものがあります。
  一般的には、鉄よりプラスチックの方が弱く感じられますが、以上の理由により20年ほどの寿命で考えるなら、鉄管よりはるかにプラスチックが勝っております。
posted by Kuhcan at 22:28| 工事写真

2018年10月26日

清水の家 上棟式

D11AE006-1902-4218-806A-C054AEF41A9B.jpeg
今日は、清水の家  上棟です。
BDD360B7-00D4-4927-8A16-0A00775E7746.jpeg
秋晴れの佳き日に
E1E5D372-0CB2-4259-A051-C18D23823741.jpeg
建ちまくって行く家

974DA64F-4CEB-41CA-9EEF-4BC3FF46A833.jpeg
30分おきでこのスピード

E7F590EA-0EB5-492B-B52A-D4881AB7B2C3.jpeg
ほんとはいつもはもっと速いですが、なにせ58坪の平屋。

E0210E47-5321-464E-9A10-1A6601C7BF1B.jpeg1B4296A4-8533-4477-9C0F-EC1ABA6B72BF.jpeg
5面もある屋根を全て伏せて
BB147CF4-E8C5-4CD9-A589-FCED22D2D85D.jpeg
5:00の日の暮れに間に合いました。

3542307D-2F3B-4163-9F34-19886ADB1419.jpeg
途中、大阪から、古民家再生のできる建築会社を紹介するサイト「クロニカ」の取材も受けながら。

B09B3CB8-BDB0-4BEA-9AB2-B881C01856A2.jpeg
私はこの、屋根を載せてないときの家の感じが大好きです。その家にたった1時間ほどだけ生まれるこの写真。必ず撮るようにしています。

家に屋根が載ってなかったら何の意味もないんですけど、やっぱりなんだか、究極はここにカラス貼っただけでいいんじゃないかと思う位です。
posted by Kuhcan at 22:53| 工事写真

2018年10月25日

領家の家@造成


9CBF56B9-2DA3-4C87-A87E-A4E8381A3769.jpeg
  造成工事とは、敷地を、家が建つように平らにしたり盛ったりする一連の作業のことです。
  
  今回は、水災予防のため敷地を道路より30cm高く上げたいので、もともとの擁壁(ようへき。土地を囲む土留の壁のこと)より1段高くブロックを積むことになっていました。

 @擁壁に、アンカーボルト(この場合は、鉄筋。)を入れるためのコア穴を開ける。

Aアンカーボルトをセメントで固める。

Bブロックを積む。

CE09762C-3336-4494-AE42-15D7F081BDE4.jpeg


Cブロックの穴や継ぎ目にはセメントを詰める。

D継ぎ目(目地)のいらないセメントは細いコテで均して見栄えを綺麗にする。

750B3CA8-EEAC-47D0-BA04-92A4A0BF30E4.jpeg
ブロックの増積みは、これで完成です。


posted by Kuhcan at 00:14| 工事写真

2018年10月22日

清水の家 土台伏せ

B3DFE3E7-D009-4D92-82B8-AB40AF08CCEB.jpeg
今日は清水の家の「土台伏せ」です。
簡単に言えば、
コンクリート「基礎」の上に
「土台」という木を並べることです。
(写真右においてある木)。

「矩(かね)」つまり「直角」出すために、測量器(45万円)を使っています。
  なぜ今直角を出す必要があるかと言うと、コンクリート基礎は、所詮凸凹の地面に水っぽいものを固めて作る物体なので、四角く見えても数ミリの誤差はあるからです。このコンクリートの基礎通りにきっちり土台を並べてしまったりすると、菱になった骨組みができてしまい、家が微妙に歪んできます。
 それはまぁ、折り紙の最初の三角をきちんと作らないときれいな鶴にならないのに似ています。

699674A4-BFB9-4C32-90AF-A5F064C1F1E7.jpeg
  アンカーボルトと言って、基礎からにょきっと出ているこの金具も、よく見るとコンクリートが固まる途中で若干沈んで傾いている場合があります。沈まないようにある程度乾くまでじっと見守ってちょこちょこ直すにもかかわらずです。
  数mmのことですが、こんこんと木槌で叩いて直します。

  なんでも機械がが作ってくれる世の中ですが、そのうちこんな誤差もなくなるような、「自走式墨出しロボット」とか、「沈みこみ防止センサー付きアンカーボルト」もしくは、「工場組み立て基礎」何かが発明されるんでしょうね。
  あ、工場組み立て基礎、っぽい製品はもうありますね。



posted by Kuhcan at 21:13| 工事写真

2018年10月19日

紙製のキャリーケース 爆再生

C4E4EA0C-6C70-41C7-B737-471E15D95F98.jpeg
紙製のキャリーケースを6年以上愛用しています。その名前は、グローブトロッターではなく、
「Time Voyger タイム ボイジャー」。
新潟県の安達紙器という会社の製品です。

この度、縦の真鍮色の金具がとうとう壊れたので、修理に出しました。

  
DE2F56EE-51FD-4F71-851E-29F613AC6794.jpeg
この鞄、ニューヨークに始まり、パリ、ミラノ、ドバイと、いろんな所に連れて行きました。横浜で金具がご臨終となったのですが、愛着は増すばかり。
  というのも正直、まず壊れるのはキャスターだろうと思っていたんです。海外の凸凹道、田舎のアスファルト、敦賀の砂浜にさえ登場したこのキャリーケース。
  幾多のハードな体験を超えてまだなんともないキャスター(キャリー)!!
  人間ではないけど、この子すごい!根性があって好き!と思っていました。
  
31CD3459-D969-4CE2-93BD-24F668337F38.jpeg
  また、この角のレザー部分も丈夫です。国際線だと機内に持ち込めますが、国内線では、たびたび預ける羽目に。それでも全然角がイッてないです。紙も革も自然のものなのに、すごい!

  さらに感動したのは、メンテナンスの対応!!!
  「送料込みで、4320円」(星1︎行きは私の負担)
 で、まさかまさか!表面が、キレイになって帰ってきました!
  電話口で親切そうな男性が「発売当初より使ってくれてありがとう」と言ってた割に、表面が汚いことになんのリアクションもなかったので、まさか…と期待はしていたのですが。

  何をどうしたのか?グレーに擦れまくっていた正面下部の傷が、新品みたいになっていました。
  ありがとうございます安達紙器さん!!

A2E8BEF7-1E74-49E0-AB74-B88EBE7E44D6.jpeg
上のとこだけぱかっと開くので、本当に出張に便利です。

あまりに嬉しかったので、これからモレラにあるライムズ カラーパレット店にて、販売をスタートする運びです。

 お気になった方は、お求めください。後悔させません。


posted by Kuhcan at 09:05| インテリア施工例

2018年10月17日

ライムズのギャッベ展

70D91475-B8C4-400C-82B4-78B63C166534.jpeg
10月13日(土)〜21日(日)
大垣市墨俣町の平塚家具ライムズにて、第16回ゾランバリ社のギャッベ展が開催中です。

  このアートギャッベ、 数年前にユネスコ無形文化遺産に指定された、世界の工芸品です。

  その頃、世界中で売れまくったために、良い柄が全然なくなってしまった時期がありました。私、その時に慌てて750,000円もするキャベを買ってしまったわけですが

  今回…見事に値段が以前の水準に戻っております。
  「イランの商人はしたたかだからね」と言う人もありますが、逆です、逆。売れる量が元に戻ったらまた値段を下げるんですから、私は正直な商売なんじゃないかなと思います。

  日本も「時価」感覚に戻すために、国内から「定価」と言う言葉がなくなりましたし、だからって、値段を上げる時はモデルチェンジだのなんだのゴタゴタ理屈をつけて、カタログを作り直すだのプレスリリースをかけるなどなんだのお金をかけてます。そんな言い訳がましいやり方よりは、黙って値段を下げてくれる方がシンプルなんじゃないかなと思います。

9D0685D8-B0E3-406A-B330-5DA023333D34.jpeg
この素敵な藍色のギャッベは、 5月に新築が建つ私の施主様が買ってくださいました。

和モダンな内装にするつもりでいます。どうぞお楽しみに!!
posted by Kuhcan at 22:25| インテリア施工例