2022年06月30日

ネガティブな気持ちに名前をつけるよりポジティブな気持ちに名前をつけてほしい。


 インポスター症候群,というのがあるそうです。最近スペインのドラマを見ていて知りました。「自分の功績を、自分の努力や実力の賜物と認めずに、『私は運がいいだけ』『必要以上に人から評価されているだけで、人を騙している気がする』と感じてしまう心の状態」
 をいうのだそうです。

 私、なぜこの症状が日本で話題にならないのか、考えてみました。それは、
 日本が、そもそも、「運がいいだけで人から評価される」と感じるインポスター状態を「謙虚さ」と言う言葉で褒めているからではないかと思います。

 海外ではまるで病気みたいですが、インポスター症候群の感じ方は、日本では普通に、「謙虚な努力家の真面目な感じ方」として、むしろ、他人からは好感を持たれる状態だと思います。

 日本では、ほとんどの成功者が「自分の力は微力で、人や出来事の巡り合わせのおかげです」と公言しています。
 でも外国だと、ありがたいな、と感じるならもっとスタッフに金を払えよとか、そんなにギャラを取るなよとか、なにがしかの横槍が入るのでしょうね。
 本来の真理である「他人のおかげ」が表立って言えない環境がダメなんじゃないでしょうか。

 だから達成しても、そこを狙うハイエナから身を守るように、一生懸命バリケードを張るので、結局は1人になって疲れてしまうのではないでしょうか。

 つまり、外国は、もともと狩猟民族でもあったし攻撃的なので、他人に気を許すベーシックな流れがあまりないのだろうなと感じます。感謝なんかしててもいつ裏切られるのかわからない環境から来た症状なのだろうと思います。

 それに比べて日本は、トップ企業の経営者も世界的な低賃金で有名なほどなので、成功がそこまで金銭的なものを伴わないし、おこぼれを狙う人も少ないから、光が弱い代わりに闇も薄い。(根が農耕民族だから、欲も穏やかなんだろう。)
 だからインポスターと言う言葉がはやらないのだろうと思います。

 また、全く別の視点でも考えてみました。

 「負け犬(古い?)」とか、「マウント」とか、「インポスター」とか、昔だったら生きてく上で普通に認められてきたこと、つまり、人より秀でていることや、何かを達成することが、悪いことかのように言葉になっていきます。

 「達成してない人」に配慮しすぎて、心の弱さへの同調圧力をひしひしと感じます。
 これは言い換えれば、それだけ勝てないと「感じて諦めたくなる」人が多いのでしょうか。慰める言葉ばかり増えたような気がします。

 私はまだまだ発展途上ですし、勝てない人や至らない世界など山ほどありますが、いつか「自分が良いと思う何かを」達成したいと言うむやみな希望を持って生きています。
 それは自分から湧いてくることなので、いつまでたっても満足しないと思います。
 逆に、達成したところで人から見たら大したことがないのだろうとも思います。

 でも、だからのんきで面白いのです。

 そういうポジティブな心理をもっと名前にしてほしいですね。ネガティブなものに名前をつけることばかり、世間が上手くなるのもどうなのかなと感じています。

 
 
posted by Kuhcan at 01:45| 日記

2022年06月28日

不動産投資詐欺にご注意!!

 今日、「ヒトの功徳心を悪用した」っぽいビジネス話があるのだがどう思うか?と相談がありました。
「詐欺かもと疑って下さい」と伝えたら,相手の方は涙ぐみ、
「ありがとう。実は乗せられて不安で夜も眠れなかった」とお答えになりました。

 正直者がバカを見る,という言葉がありますが、そうならないように精一杯アドバイスさせていただきます。

 世の中からお金が消えている昨今、手練手管を使った詐欺が横行する予感がします。

 この件は、いつかお客様が許してくださったら、皆さんにもお知らせします。


 ポイントは「初めに儲かるのは誰か」です。お金を使わされて、自分は時間をかけて最後に回収する、と言う不動産話は、基本的に、経営経験のない方などには危ないので、気をつけてください。ご自分の違和感を大切にしてください。
posted by Kuhcan at 21:26| インテリアレッスン

カッコいい家の落とし穴

 最近インスタをやっていて、シュッとしたかっこいい家、たくさんありますね。外から見てかっこいい家。
 ただ、実際、35年の間ではどうなのかなぁとちょっと冷めた目で眺めています。

 なぜなら、外観がかっこいい家には、5つの弱点があるからです。

@  小さい(狭い)
CD2E18BF-70F5-4225-8C22-47F6819B696B.jpeg
外から見て形が良いのは、プロポーションが良いからなのですが、家に入ってそれが必ずしも広くて使いやすいかというとそうでもありません。
 とくに形が複雑な場合は、大きい家でない限り、1部屋1部屋が4畳半とか6畳とかとても小さく作られていて、好きではありません。

A  窓が少ない
1CAD2381-E289-4F0E-B5B6-A451941A519C.jpeg
 特に、日中家にいることが多い人は、室内が暗いと後悔されます。
 せっかくのリビングは太陽がサンサンと注いでいてほしいと思うのですが、案外、設計士は、暗い場所を好む人が多いのです。
 セカンドオピニオンを求められて、「この部屋は暗いですけどいいですか」言ったのに、「僕たちにはよくわからない」とそのまま建った家がありました。奥さんが1年後の今もくよくよされておられます。


B  大きくて窓が多いと予算が高い
D47E8148-F622-4776-813C-EA9C8B661812.jpeg
 当たり前の話ですが、かっこいい家は普通予算がかかります。そこそこの値段でかっこいい家を作ろうとすると、先述した@かAになります。
 それよりはインテリアにお金を使った方が何倍も良いものができます。誰かわからない人に自慢な家より、自分の満足をぜひ追求してみてください。

C  10年たったら汚れが1.2〜1.5倍
 
 庇がない家、RCの家、外壁板張りの家は、窯業系サイディングよりは早く汚れます。とは言え、外壁は雨風にさらされますので、仕方がないこととは思います。すべての方が、10年ごとのメンテナンス予算を残しておくことをおすすめします。
 

D  雨漏り

 先述のCと同じ条件だと、雨漏りが多いです。特にRC構造の雨漏りにはほとほと手を焼いています。1年かかって原因を追求してもわからないことがあり、かといって雨は降るたびにポタポタと漏り続けるので、お客様も私たちも困り果てています。
 正直、コンクリートの家は作りたくありません。

 とりあえずこれらの理由で、私は、家はそんなにカッコいい外観、つまり、
・庇がない形状
・特殊な外壁材
・奇抜なかたち
・RC造
でなくて良いのじゃないかと思っています。

 といって、ダサイのも困るし…
ほんとにいつも悩んでいるのが現状です。

見栄えを重視するなら
ノンクレームでお願いしますといっても、
問題が出ればすぐに
最初の約束は忘れてしまわれて

「さすがに汚いんだけど」
「雨漏りがするんだけど」と言われるのが
辛いなぁと思っています。
 
 正直、自分が作った家でもないのに、雨漏りを最近怒られるようになりました。それだけ私たちにかけていただく期待が大きいのですが、「私だったら最初はこんなふうに作らない…」「異常気象が…」と言い訳がましく思うこともしばしば。

 皆さんは、そんな家にならないようお気をつけくださいね。ぜひ、40年前の誰かが作った家に困り果てている私たちのアドバイスを、聞いていただけたらと思います。
posted by Kuhcan at 15:02| インテリアレッスン

2022年06月20日

石川産の鯛

なんでこんな鯛が398円なんだろう。蛍の光が鳴ってるスーパーで、目も黒々としているのに3匹売れ残っていた。食べないと申し訳ないような気がして思わず買い占め。
910AF091-F551-494B-9536-99C4C4F732DE.jpeg
 塩焼きにして食べたら脂がのって最高。
 鱗をとってないのかなと思ったらそれも取ってある。内臓まで処理してある。

 熊本のトマトはパックで198円。

 何でもない日に尾頭付きの鯛を食べてしまった。インフレ真っ最中の日本国にて。

 すごい罪悪感と緊張感。

 でもおいしかった。

 それでも…

 これでいいのかなといろいろな思いさざめく、石川県の鯛なのでした。
posted by Kuhcan at 21:23| 日記

2022年06月17日

インスタで何を伝えたいか

F6FA63F7-A51E-40A2-9F00-2AB0FBFE7144.jpeg
https://www.instagram.com/reel/Cd84-KmAPnF/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

クーカンのインスタのテーマは
・インテリアが出来上がっていく感じ
・工事のビフォアアフター
・できた家のバーチャル体験
をやっています。


 はじめはオシャレ画像ばかり載せていて、それはそれで良いのですが、クーカンはカッコつけない質なので、だんだん、きどった綺麗な写真ばかり載せてるのに疲れてきました。

 それよりも、「どうやって建物が建つのか」の過程で、地味に少しづつしか出来ていかない現実をアーカイブ(記録)しようと思ってやっています。

 今、半導体や木材、キッチンもトイレも品不足な世の中ですが、そもそも、建築界では人手不足で、家の数はたくさん作れません。
 「安く」「早く」作る建設業者は、大工さんのレベルを長い間かけて下げ、顧客を単なる消費者に変えてきました。
 丁寧に取り組む姿勢や情よりも、効率とコスパを追求してきたわけです。

 その結果、頭が良く体力があるはずの大工は尊敬を失い作業員レベルになり、なり手が減りました。
 
 今日 出ていた古民家再生協会では、古き良き大工さんが「こだわりすぎて仕事がない」「2世が育たず廃業」の憂き目に遭っていたそうです。

 クーカンのインスタでは、そんな職人さんたちにスポットを当てています。出来上がった美しさが、それ以上の誠意と手で出来上がっていく様を見ていただきたいです。
 インテリアなどただの思いつきでできるので、それを産み出す力を持つ会社でいられるか?ということに重きを置いて家を建てています。

posted by Kuhcan at 18:35| インテリア施工例

2022年06月16日

Instagram 始めました

今日 古民家人気ブロガーのクロニカさんから、「ちょっと…ブログ止まってますよね?」と叱られました。
実は5月から、インスタグラムを始めまして…。
まったく手探りで、情報発信のみでのスタートですから、ブログを書く余裕がありませんでした。

 私はyoutube 動画やインスタより、本当はブログを書く方が好きです。ただ、「バーチャル見学会」ができるSNSは確かに伝えやすい!!

 そんなわけで、
・詳しい話はブログ
・仕上がり感はインスタやYouTube
でご確認ください。
785E3FAA-33AC-442D-9638-5CD6B3A1302F.jpeg
2CCA1F7F-31B8-41E2-9F93-D22C313F0982.jpeg
C695DB3D-A8BC-4D94-8790-31B796C614E5.jpeg



posted by Kuhcan at 11:30| インテリア施工例

2022年04月11日

古民家建築体験イベント第一回「古民家をこわしてみよう」

令和4年4月10日、

大垣市景観遺産であるすのまた宿脇本陣にて、

再生プロジェクト第二弾が開催されました。

(第1弾の辺店古民家再生総合調査が4月4日に終了しています。)

本日は

「古民家建築体験イベント 第一回

 古民家をこわしてみよう!」

「空き家対策セミナー 第一回

 もし屋根の瓦が飛んでしまったら?自分でできる応急処置」

 A821C333-65B1-4877-B4B2-E2200B991D87.jpeg

本日は、1日を通して17名の体験者や見学者があり、

午前中は建物を壊しながら、古民家の面白さをご体験いただきました。

79F44E9F-5137-4040-AB8F-A5CACAFF4FAD.jpeg

色気のない板壁を壊しているのですが、1枚剥がせばこんな土壁が出てきます。

53F2A4BE-EE50-4498-92CB-6E60F8CA33BF.jpeg

そもそもこの急な階段を上るだけで、皆さん「うへぇ〜」「明日は腿が筋肉痛かも」だったのですが、

95DF3833-B50C-48A2-BF7A-81D595E15768.jpeg
女性も「バリバリ」こわして行きます。
0CA44758-32E1-453C-9250-79D333752C18.jpeg
天井に登って、天井の上の太い梁(130年モノ)も見ていただきます。
3536C78F-5713-4920-85B9-001EEAA56AF2.jpeg
お昼は車座になって、八千草のお弁当。
E14A5CF9-D519-41E4-B13B-4C2542550664.jpeg
満天星(どうだん)ツツジの咲く縁側での一服は格別なものがあります。
18690805-BC8C-4499-AB6F-78D9FEBC8F9C.jpeg
昼からは、防災セミナー
「屋根瓦が飛んでしまったら?
 〜自分でできる応急処置〜」を開催。
AA3D245F-7DC2-47C0-AEA9-63915EC5B9B9.jpeg
 いつも「一人ぼっちで作業していて、全然人と喋ってない」瓦葺職人の出口くん。その割には…すばらしいレクチャーでわかりやすく、みんな自分でできる防災について学びました。
B5967579-046F-4D8C-9BA9-19F45341CD56.jpeg
 お昼の休憩時間には、1789年(寛政元年)の覚書や、文政2年のお酒の出納帳など、
貴重な書物をみんなで読み回し。
230E5087-918B-4709-9610-4DD0CF611C83.jpeg
 最後は近所の野球部が「間に合わなかった!」と現れて、解散です。
61FF842B-85DE-4E49-8FC6-852DD5E2E389.jpeg
 本日は、関西や愛知の方にお庭も見ていただけて、非常に盛りだくさんな1日となりました。
 次回令和4年5月7日土曜日は、床下や塗り壁についての体験会です。
 皆様どうぞお気軽にご見学下さいませ。
posted by Kuhcan at 00:17| インテリアレッスン

2022年03月29日

春にハッとする

0EF58316-DB03-4324-99BD-BB73F4E2C0DB.jpeg
 春です。
雨上がりの堤防に、とつぜん桜や菜の花が芽吹き、伊吹山はまだ残雪。

 この1週間、全集中の呼吸で仕事をしたら、6日目にヨロヨロになりました。12時間接客耐久レースで憔悴しきったのですが、一晩寝たらちゃんと元に戻って、7日目も無事終了です。
 こんなに目一杯 手を広げちゃって、私もよくやるよ。と、疲れ果てたもう1人の私が呆れています。
 さて、耐久レース中の4時間目、移動中の堤防で見たこの風景。
 昨日までなんでもなかった堤防が、急に春になっていました。
 命の芽吹きって、ほんとにこんなに急に、起こります。まさに花が開くように、花が開くんです。
 この堤防に上がった途端、あまりの命の息遣いに、ただただ無意味にハッとしました。
 
 その時 思いました。
 自分の命は、生まれただけでは足りなくて、こういう山や草木や人の声など、形のないもののからも与えられていて、それを吸収して、大きくなっているんだろうなと。
 そういう考えが、急に自分に浮かびました。
 だから、どれだけ疲れ果てても、私はまだ何かに希望を持って、青春できるんだろうなと。
 この堤防は、羽島市小熊町の境川の南側の堤防です。大人になって初めて知った場所ですが、この堤防の景色が変わるたびに、なぜか、幸せな悟りような思いが、四季折々で閃きます。
 相性の良い堤防です。
posted by Kuhcan at 03:45| 日記

2022年03月07日

啓蟄〜人のバイオリズムと建築

A28A3BD0-410D-4143-A52F-BF2C02554257.jpeg
啓蟄:
 けいちつ、と読みます。
春になって土の中に蟄居(ちっきょ)していた虫などが、ゴソゴソと地上に這い出してくるさまをいいます。
 漢字だけ見るとなんだか怪しいのですが、春を表す言葉で、3月5日は啓蟄です。

 確かに事務所の電話は、1月2月の寒い時期はあまり鳴りません。(おかげさまで今年は多かったのですが。)会議でいつもみんなに、「体を休めれるのは1月2月だから十分に準備して、きたるべき3月に備えましょう」と号令をかけています。

 すると今年の3月5日、見事に問い合わせの電話がたくさん鳴りました。

 こういう時「あぁ私たちも動物だな」と思い、家という安全な場所を整えようとする皆様の気分に思いを寄せます。

 新築は、最初から、今やれるベストのことを提案していくので楽なのですが、特にリフォームの場合、「ここだけ直せば済む」のに、それでは必ずしも快適にならない場合があり苦労します。
 
 1つの場所を快適にするのに、3カ所も4カ所もリフォームをしなければ効果が出ない場合もあります。家を大切にされている方ほど、たった1カ所のつもりが大きな工事になってしまう場合がほとんどです。

 それでも、直すべき時に直しておけば、本当に快適に住む事は可能です。

 そして快適であると言う事は、皆さんが思っている以上に、人にとってプライスレスな価値があります。


 お金を出すだけでこんなに快適に暮らせるのは、ロシアが攻めて来ず、ライオンに食いちぎられることもない安全な世界で住んでいるからです。

 命の安全、快適で幸せであること、
動物というのは、おそらくそのために生きていると思うので、お金で手に入るなら、手に入れたら良いと、ちょっと乱暴ですが、思うようになりました。ウクライナがこんなことになってからは。

 

 



 
posted by Kuhcan at 03:59| 工事写真

2022年03月05日

ペンと金槌をもて

津田梅子 いよいよお札になりますね。

「男を立て従うことが女の道じゃない。そんな結婚ムリ!」

「自分の頭で考えてないから女はダメなんだよ。
それに自分1人じゃ稼げないから男から自立できないんだよ。
 だから私、学校作ります。」

 100年前に仰ってたこと、テレビを見ながら何回も「これまだ私も言ってる!」と叫ぶ羽目になりました。
 そして、言ってて、100年後なのにまだ若干、まわりから浮きます。女の人からも浮きます。なぜかその言葉で傷つく人までいます。(今の自分の暗たんたる状況に気づきたくないため。)

でもずいぶん良くなりました。
 特に大阪なんかでは、こういう女は喜ばれるので、ほんとにあとちょっとなんじゃないかと思っています。残念ながら住んでいるのが岐阜なので、アホみたいに古い人たくさんまだいますが、私の場合は、夫や父が、女性の優秀さも好きな人なので、家に帰ってリセットできるので良いのですが。

4A3D4AF6-703E-4F9D-BA46-F7DEF4364CEA.jpeg

 梅子先生。
あの時代に始めてくださってありがとうございます。先生があれだけ嫌悪した隷属的な結婚ではなく、こうしてパートナーシップのある結婚ができる時代になりました。
 女が賢くても生きる道がたくさんある時代になりました。

70939E8B-0514-486C-97A6-E2E908477861.jpeg

 これからの世の中は、子供を産む人と経済を回す人が、うまいこと共存できるかにかかってます。産めよ増やせよですが、どうしたって子供を産むと仕事は本当に支障が出ます。そして人口の半数である男性は出産できない問題があります。
 ここ、育児さえもある程度ワークシェアできると本当にいいんですけど。幼少者を教育できるプロの養成をわたしはずっと望んでいます。

 あと、これはうめ子先生からは少し外れますが、ワーカーとインテリも、まだ分断気味なので早く融合するといいなと思ってます。

 手を動かしてくれる人は国の力。
 頭を動かしてくれる人は国の心。

でも天才でない庶民の私たちは、力あり心もある必要があると思っています。みんながもっとベタな仕事とクリエイティブな仕事、2つとも喜んでやるようになればいいなと思います。
B8849AEB-8A87-4B84-83C3-C6E10B06E08D.jpeg
 
 理想社会まで道のりが遠いですが、この年になり、何が理想かがわかるようになっただけでも進歩です。ありがたいと思ってます。

 余談ですがTVでは…古民家の縁側の柱が杉なのがどうも引っかかりました。ちょっとそこ残念。
 100年後の日本に向けてわたしは、古民家再生やってます。
6B76CE3A-E7A0-4633-A649-CBBE5F3C64B8.jpeg
posted by Kuhcan at 23:53| 日記