2019年07月24日

よしもとの集合知性 3

B456D3C6-BDC0-44AC-A535-C87E252CC7C7.png
@ 安月給問題
公正取引委員会が「書面のない契約は取引法違反の疑い」という意見を発表しました。

A パワハラ問題
北村弁護士と加藤浩次は、口角泡を飛ばして「恫喝して芸人を抑え込む会社はいけない。恐喝という名の刑事罰だ」と訴えました。

B 闇営業問題
元山口組系の幹部は「吉本の闇営業なんて昔からじゃないか。むしろ反社としては、こうやって(扇情で)世の中を動かせるのかと勉強になった」と笑っています。

C よしもとや宮迫などの、価値問題
  ナイツが7/22にはライブで今回の芸人を取り上げました。

D 問題の論点がずれる問題
  元テレビマンは「そもそも、闇営業を許してはいけない。」と涙の2人の演技の上手さにドン引き。

  私が惹かれたのは、
B反社の人の生々しい意見 。
Cナイツの愛情。
D元テレビマンの正義の意見。

です。もちろんA加藤の優しさや責任感も胸は打たれました。

  1つの問題から派生して様々な問題に飛び火しています。「何事もクリーンに。」ということだと肝に銘じます。
  たいへん参考になります。

  建築工事契約でも、土地取引契約でも、必ず「反社会的勢力にものを売らないように一生懸命気をつけて」という指針があります。
  それを破った人たちは、深い轍に入っていきます。

  それを戒めることも、深い溝に落ちかけている個人を救うこともどちらも大切です。

  しつこいようですが、岡本社長を責める前に、「闇はアカンと教えてもらっていたのにやってしまった入江と宮迫」に、「人生にはボロい儲けはない」と教え、心の更生を始めていくべきだと思います。
  
  私は、どちらの2人も、かなり更生が難しいと感じています。(でも宮迫のお笑いは好きなんです。)
  
posted by Kuhcan at 21:49| 日記

2019年07月23日

古民家なんて嫌だよ、手離れが悪いもの

47CC3970-4610-4161-BB8C-81480D280E45.jpeg
「古民家なんて嫌だよ、手離れ悪いもん」と、まぁまぁな数の設計士さんや大工さんに言われてきました。
  
  確かに、泥壁が出て、粉塵とかび臭に包まれて仕事をしないといけないし、この写真のように、雨漏りで腐りきった梁をやり直す、めんどくさいことに遭遇してしまいます。

  しかし、しかし

  新品のこういう古民家、作れる大工さんがもう、そう沢山いないんですよね。東京都のある区では、「工務店」が5社ぐらいしかなくなってしまったと聞きました。「今の職人は大工(大九)ではなく大六」などと言う揶揄も聞きます。
  
  もう作れないのに、捨てるんですかね。もったいなくないですか。めんどくさい程度で治るのなら治したいなと思ってしまうんですよね。
 
  まぁ、オールドカー狂が古いアメリカ車を大事に乗る感じなんでしょう。
正直これも、人の趣味によりけりです。

1E355F7A-9DA1-4428-9879-ABA36A741BA5.jpeg
この3本の梁の 下二本が腐っているので撤去します。

DE8EDF00-C852-4F37-9C15-0F34383D9A4E.jpeg
この隅柱も、ボロボロになっているので交換します。

  正直、この写真に写っている方の建物は大した作りではないので、壊せるものなら壊してしまいたいのですが、いかんせん、この建物にくっついていくはずのもともとのお屋敷が立派にできています。
5EB32B41-9015-4301-AA76-DB1B81EACD55.jpeg
この風情残したいなぁって、どうしても思ってしまいます。
posted by Kuhcan at 21:18| 工事写真

よしもとの集合知性 2

1ABA0F7B-7D4C-4704-8333-92A9F55FADE0.jpeg
  吉本興業の岡本社長が、宮迫と亮の会見を受けて、自分も5時間半にわたる記者会見を行いました。

  私は仕事で見れなかったので、仕事終わりにかいつまんでネットニュースを見たところ、ほぼほぼネガティブな内容。あら?そうだったの?おかしいな。

 と言うことで、文章の書き起こしを全て読みました。
 「素直な社長だな」と言う印象を受けました。

  テープを回していないかとか、お前らなんてクビにできるとか、威圧感が取り沙汰された後でしたが、「パワハラだと思いますか?」という質問に「僕はそんな気はしていなかったが、相手がそうならそうです」と答えました。「芸人ファーストにしますか?」の問いにも、「はい、します。」

  どうも、宮迫と亮の会見想像していたのとは印象が違う。

  会見は、圧倒的に宮迫たちが上手でした。しかし、5時間半にも及ぶ会見を、告発を受けた側が 答弁しながら行うのは並大抵のことではありません。その社長は、自分のミスに対しての批判を、それなりによく聞き入れている気がします。社員や芸人の主張もよく聞こうとしているし、言葉が下手で子供っぽいかもしれませんが、素直な態度だなと思いました。

  「フラットで友愛のある会社」というのがただいま経済界では非常にもてはやされています。芸人たちが自由に自分の社長を非難したりしているのを見ると、なんだかとても微笑ましいというか、安心できるというか、一人ひとりの個性をそれなりにやっぱり生かしているんじゃないかと言う気がせざるをえません。

  マスコミや世の中が、芸人たちの言うことばかり聞いて、社長をこき下ろすのは、いただけないような気がします。私程度の人物だと、「この社長は人間味があって、良い人なのではないか」とさえ思ってしまいました。

  岡本社長、5時間半の答弁ご苦労様でした。ぜひこれからも世に潰されず、芸人さんの良い意見はたくさん聞き入れていただき、善い吉本にしていってください。これからも日本のお笑いをよろしくお願いします。

posted by Kuhcan at 15:41| 日記

2019年07月22日

よしもとの集合知性


 ABB2DADD-EAE1-440D-B1C7-5554ADE625D9.jpeg
雨上がり決死隊宮迫と、ロンドンブーツ1号2号の田村亮の闇営業問題。

  ここ二日間、「反社会勢力とのつながり」から「会社のコンプライアンス問題」「パワハラ問題」「芸人間の友愛」へと思わぬ展開を見せています。

  私は大御所のさんまやビートたけし、松本人志がこぞって手を挙げて彼らを「見捨てない」としている姿に特に注目しています。

  特に、私の大嫌いな東野までもが、7月21日のワイドなショーで、さして面白くもない謹慎芸人たちに涙ぐんでいるのを見ると、これからの時代はこの力でやっていくんだなと言う気がします。

  私は、「反社会性力とつながるなんてもってのほか」の人生を生きてきました。私自身若い頃、500万円の代金をもらえなかった事件があり、正直、あの方々をお客さんとは思っていません。

  しかしもはや話はそんな所にとどまらず、会社のリスク対応の問題になってしまいました。そして結局は芸人仲間が立ち上がって彼ら(吉本興行、宮迫、亮)をなんとかしようとしています。

  吉本を通してブラウン管に出ているはずの松本人志らが、的確なタイミングで「この会社はあかん」と堂々と想いのたけを日本国民に届けるという画期的な姿を 私たちは見ています。(日本て本当に言論が自由なんですね。民主的ですね。)

  これは、すばらしき「よしもとの集合知性」の発露です。
  自分の会社を救おう、自分の仲間を救おう、と男気のある芸人が立ち上がって、迅速に行動している姿は、まさに「雨降って地固まる」を予感させます。ワイドなショーを1時間動画で見ましたが、松本人志のトーンがあまりに正しいので、本当に何とかなるのだろうと思っています。

  もちろん、番組に多大な迷惑をかけたり、企業スポンサー等への違約金等の問題が発生してくると思います。でも、正直お金で解決できる事はお金で解決できてしまいます。吉本芸人たちの間で多少の軋轢は残るでしょうが、まず「心」の部分が大事です。お金で解決できない大事な「考え方」が間違わなければ、お金の問題など、あの人たちにとってはさしたる問題では無いはずです。

  「雨上がり決死隊」って言うコンビ名があまりにも当てはまって、へんな符丁に見えますね。若い頃なんでこんなコンビ名?と思っていましたけど、名は体をを表す。変な名前をつけたらあきませんね。

  雨上がり決死隊、ロンドンハーツ1号2号、大きな失敗もして、 2回り位大きくなってまた帰ってきてくれることを心待ちにしています。

  そして、私に顔がそっくりだと言われているダウンタウンの浜ちゃん…君は何をしているんや!全然浜ちゃんが出てこないことが気になる…(笑)。

  
posted by Kuhcan at 08:07| 日記

2019年07月15日

古民家の一部をゼロに

9D289A5D-83E1-4655-93D1-F0CD9D24691C.jpeg
今工事中の古民家で、写真の部分だけを壊しています。
(以前ブログに書いた、悪い部分。)

52E08637-0D64-4111-AC34-4ADC4B0E97AA.jpeg
建物のちょうど曲がり角の部分だけを壊しているので、一つ一つ丁寧に剥がすようにし、ゆっくりゆっくり壊しました。

37E9EB2A-86ED-4DDE-8F30-BD1912DC002F.jpeg
何にもなくなったところ。

ここに至るまでなんと1ヵ月以上かかっています。
多分、建てるほうが早いです。

 40年前の大工さんの、荒い仕事は、
 40年後に 2ヶ月かかるやり直しの作業となって戻ってきます。

  今回は、今後のために、急がば回れで、あえてこのリセット時間を長く設けました。急いで壊すと、他の部分をひっぱったり破いたりする可能性があるからです。

  私たちはあくまで丁寧にやりますが、いい加減に工事したって40年もつからいいじゃないか?と言われればそれまでです。

  何のためにいい加減にやらないのかと言うと、それは、自分の品性を保つためです。
 職人としての沽券に関わるからです。
 
posted by Kuhcan at 21:16| 工事写真

2019年07月10日

PTAがきらい


炎上覚悟で申し上げますが、私はPTAがキライです。
  そもそもPTA役員をやりたがる人は、自分の仕事を会社で十分にやり遂げていない人か、自己顕示はしたいが、就労ニートか怠け者、である確率が高いです。成果を求められないので、気軽に「〜長」と肩書きをもらえるのがいいと思っています。実は先生と昵懇になって子供にえこひいきを期待してるというだけの人もいます。(だからって子供には部活などの努力をさせていない。)

  そうでなければ、嫌々当たっただけなので、とにかく形上だけ整えて過ごせばいいやと思ってる人が参加しています。

  そんな人の集まりなので、会議の議事は実にくだらないものになります。

「夜は危ないので、子供を一人で部活に来させないで」といいながら、といいながら、夜、会合をするのですが、その会合とはただの活動報告会です。しかもいただいた5枚の紙に、内容がすべて書かれてい、読めば5分で済みます。

  私は進路委員長なのですが、次回の活動のための打ち合わせをするのかと思いきやそんなこともなく。なんでわざわざ集められたかわかりません。

  しかもたまたま昨日は息子の誕生日。
  ふだん家に帰るのが遅いので、早く帰れるいい口実だったのに、せっかくの機会を逃したカタチです。PTAめ。

  そしてそれを恨んだ私が 会社でなんと言ったかというと。

  「明日は、AM叔父の法要に、PM個人懇談もあるので、会社を休みます」

…。

  我ながら、「はぁ?!」という事を言ってしまいました。いつもの私なら、こんなことでは絶対会社を休みません。(ちなみに社員さんはいいんですよ、休んでもらっても!)

   アホみたいな事にアホみたいな時間を使わされて、リベンジしたくなってこういう事を思ってしまう自分を見て、ダメだな〜やっぱり今日も会社行こう。と、すぐ撤回すると同時に
  PTA、会長になって潰しておれば、もうちょっと世の女性の労働意欲が向上したかもしれないと思いました。

  一丸となって目標に向かわない団体って、ホントに苦手です。
  人のやる気を削ぐ時間を使わされるPTAは、ホントに、苦手です。

7FB2B8D1-7EAA-4C15-B1CC-FB8767385FFF.jpeg
posted by Kuhcan at 08:43| 日記

2019年07月08日

人生は喜ばせごっこ

ED516634-CF89-4595-8068-806E0C58DB0A.jpeg
中学校のバレー部引退のお祝いとして、私の友達が「菓子まき」をしています。

引退試合の前日、緊張しまくった3年生が後輩達と一悶着おこし、変なタイミングで先生の指導が入りました。

おかげでチームの士気は下がりまくり、心はバラバラ。

試合を見ていても、選手たちの背中から「こんなプレイで私って情けない」「アイツちゃんとやれよ」「やばい」「負ける」
…等々、ネガティブワードばっかり吹き出しで見えてきます。

上から眺めていて悲しくなってしまう。

そこで試合後に、一人ひとりに話して歩きました。言葉はそれぞれ、その子の背中の吹き出しに応じて変えてはありますが
「人の目を気にして小さいプレイをしなくていいよ」

「キレたらダメだよ。キレたくなるのはあなたがヘンにプライドを持ってるからだよ。下手なんだからミスをするんだから、ミスをしないようにするしかないんだよ。」

「狙われた時にやれることは一つだけ。ただそのボールをうまくレシーブするんだよ。
怖がったり怒ってはいけないよ。」

「仲間のミスを責めてはいけないよ。むしろ失敗したあの子のために私が挽回しようと思うといいんだよ」

「自分が2番手のアタッカーだなんて心配することないよ。せっかくの良い体をのびのび使って失敗するのは気持ちが良いことだよ」

「勝つ姿なんて見せてくれなくていいんだよ。(本当は見たいけど(^_-))
あなたが最後の試合でやりたいことがやれたら1番嬉しいよ」

などなど。


  すると、みんなのプレイが見違えるようになりました。一打目で落としていたボールがみるみる拾えるようになり、難しいサーブや速いスパイク対応し、ラリーが何回も続き… 

  みんなのお腹に力がぐっと入って、頭の中では希望を描いて、丁寧に真剣にプレイする姿に変わりました。

  結果はまさかの、6セット全部を落とすという結末ではありましたが、あまりに力のこもった試合に友人が感動。「祝いや祝いや」とダッシュでお菓子を買ってきました。

  そんな日に、やなせたかしのこの言葉を知りました。
「人生なんて、喜ばせごっこだよ」

  いい言葉だな〜って思います。

  仕事していて楽しいのは、あの人を喜ばせられたなって思う時です。そして人から喜ばされたらやっぱり嬉しいです。

  ちょっとこの頃、自分の損得しか見えていない人達の「他人の事などどうでもいい」姿にモヤモヤしていました。

  でも私は、やなせたかしマインドで!やっぱり人に自分の頭を食べられる位のアンパンマンを目指して頑張りたいと思います。

1590070C-1024-49DE-BF8B-B7781C14C029.jpeg
(仕事ですれ違った後、「みんなお疲れ様」とあるパパ友が私の車に置いていってくれたお菓子。)
 
posted by Kuhcan at 22:54| 日記

人生は喜ばせごっこ

ED516634-CF89-4595-8068-806E0C58DB0A.jpeg
中学校のバレー部引退のお祝いとして、私の友達が「菓子まき」をしています。

引退試合の前日、緊張しまくった3年生が後輩達と一悶着おこし、変なタイミングで先生の指導が入りました。

おかげでチームの士気は下がりまくり、心はバラバラ。

試合を見ていても、選手たちの背中から「こんなプレイで私って情けない」「アイツちゃんとやれよ」「やばい」「負ける」
…等々、ネガティブワードばっかり吹き出しで見えてきます。

上から眺めていて悲しくなってしまう。

そこで試合後に、一人ひとりに話して歩きました。言葉はそれぞれ、その子の背中の吹き出しに応じて変えてはありますが
「人の目を気にして小さいプレイをしなくていいよ」

「キレたらダメだよ。キレたくなるのはあなたがヘンにプライドを持ってるからだよ。下手なんだからミスをするんだから、ミスをしないようにするしかないんだよ。」

「狙われた時にやれることは一つだけ。ただそのボールをうまくレシーブするんだよ。
怖がったり怒ってはいけないよ。」

「仲間のミスを責めてはいけないよ。むしろ失敗したあの子のために私が挽回しようと思うといいんだよ」

「自分が2番手のアタッカーだなんて心配することないよ。せっかくの良い体をのびのび使って失敗するのは気持ちが良いことだよ」

「勝つ姿なんて見せてくれなくていいんだよ。(本当は見たいけど(^_-))
あなたが最後の試合でやりたいことがやれたら1番嬉しいよ」

などなど。


  すると、みんなのプレイが見違えるようになりました。一打目で落としていたボールがみるみる拾えるようになり、難しいサーブや速いスパイク対応し、ラリーが何回も続き… 

  みんなのお腹に力がぐっと入って、頭の中では希望を描いて、丁寧に真剣にプレイする姿に変わりました。

  結果はまさかの、6セット全部を落とすという結末ではありましたが、あまりに力のこもった試合に友人が感動。「祝いや祝いや」とダッシュでお菓子を買ってきました。

  そんな日に、やなせたかしのこの言葉を知りました。
「人生なんて、喜ばせごっこだよ」

  いい言葉だな〜って思います。

  仕事していて楽しいのは、あの人を喜ばせられたなって思う時です。そして人から喜ばされたらやっぱり嬉しいです。

  ちょっとこの頃、自分中心で世の中を回している人にもみくちゃにされる日が続いて、その人達の「人の事などどうでもいい」姿にモヤモヤしていました。

  でも私は、やなせたかしマインドで!やっぱり人に自分の頭を食べられる位のアンパンマンを目指して頑張りたいと思います。

1590070C-1024-49DE-BF8B-B7781C14C029.jpeg
(仕事ですれ違った後、「みんなお疲れ様」とあるパパ友が私の車に置いていってくれたお菓子。)
 
posted by Kuhcan at 22:41| 日記

2019年07月04日

第一回空き家ツーリズム勉強会で勉強したこと

「空き家対策に、ツーリズムを活用しよう」
という、いっけん謎なテーマの勉強会に参加してきました。
・総務省
・国土交通省
・観光庁
・ JTB 
・クレディセゾン
・ロングステイ財団
・各種 民泊運営団体
・養老町
・高山市
・長浜市
・米原市
など、霞ヶ関から地方自治体、民間企業と色とりどりの顔ぶれ。
   会場は150名を超える熱気でムンムンしています。
0FD7629D-9B07-4F58-A691-FA7D8F17AFBB.jpeg
観光庁の太田さんの発表によると

1)
10日間同じ街に宿泊する外国人観光客が3人いると、1人の住民が10日分納税するだけの経済効果が得られる。

2)
日本は、外国人観光客を 2003年の4倍受け入れている。そして誘致人数目標をすでに達成している。さらに、その目標の倍を新たに今掲げている。

3)
古民家空き家に対し、その活用をするためどんな補助金がもらえるかをアドバイスするホームページがある。

4)
城泊や寺泊ブーム。

などなど… 

  特に3)の「古民家を活用するためのアドバイスホームページ」のくだりでは、静かに心の中で、おお〜、と叫んでしまいました。去年の3月ではありえなかった認識です。

  国が、この民間の1団体の意見を聞き入れて、古民家を大切にしようとして下さっていることに感激してしまいました。

  その他にも、古民家を正しく使って空き家対策につながる方策を国土交通省が発表なさいました。

FE705E94-1A29-42FD-A037-93E8A66133B7.jpeg
霞ヶ関のプレゼンに対し、思わず高山氏から質問の声が上がります。
「発掘した古民家の運営を担う人材育成について」
地域おこし協力隊員からも声が上がります。
「地域おこしがうまくいくようにぜひこれからも協力をお願いします」

60EBBF98-CF1F-4966-BABD-22AC1D720BC7.jpeg
最後は古民家再生協会名物、滋賀県大森支部長の質問。
総務省に食い下がってご質問なさっている姿、今回もしみじみと目に焼き付けます。

01E2BEA1-71FD-4CAA-92A8-A9D23E3C031E.jpeg
空き家ツーリズム勉強会会長の、田川氏。(JTB会長でもあります)。)

  こうした国の意向や企業・業界の最新トレンドに触れられるだけでも僥倖です。インスピレーショナルな1日すぎて、今日もまた寝付けません。
posted by Kuhcan at 00:24| 空き家対策

2019年06月30日

タイの豊かさと日本


AEF8A4C2-5572-45A1-9A26-BF42A4B9D111.jpeg

3日間、25年ぶりのタイに行ってきました。現地で2日だけ、マッサージにかかり倒す目的です。

とはいえ今回は、「安上がりな休息」をテーマにしたので、ホテルは一流ですが交通手段は電車を使いました。


0D4E96E4-4B87-4566-AA82-5750E0B4EFCE.jpeg

そしたら、乗り継いだ都会的な電車の終点から、ホテルまで、水上シャトル船が20分に1本出ていました。

二人で乗ってきて、一人は運転、一人は乗降客のサポートをするためあいさつをしながら立っていました。

ホテルから出かけるたび何度のっても、チャオプラヤー川10分の旅は無料でした。

民間のホテルが67社ほど、そのような船着き場と船を持っていました。

68754C05-A7B9-41CF-90A5-8759D5A58F11.jpeg


また、ミッションスクール周辺のごみごみした街角では、

狭い歩道に子供向けに出した屋台でさらにごみごみし、

223C992F-3CF8-43B2-9E6E-4D8C6212E9E0.jpeg

子どもが歩いて渡りたくなる位置では、信号ではなく真っ黒に日焼けしたポリスが手旗信号でした。

E847FAE2-C861-45DE-9B0F-FF1055112569.jpeg


  空港のマッサージ店では、ゆったりした一人がけの椅子に寝かされ、

1時間たっぷり、施術師は腰をかがめながら、客には心地よくマッサージをしてくれました。


438536F9-C2B3-4AE6-8E65-7A8E4CCE7FF3.jpeg

  正直、先進国として、タイでは働き方改革は全く進んでいません。

  公共の利権と民間企業の利権の境界もあいまいな気がします。

しかし「効率を重視しない豊かさ」「仕切りきらない豊かさ」を感じました。日本はこれでよかったのか?と正直思いました。


08EEF9C0-F72B-485C-B390-C9F713B390FB.jpeg


労働はみじめで辛いモノだと言わんばかりの日本に比べ、こういう原始的な労働が残っているタイ。

  みんながみんな、「スマート」ではないのですから、こういうシンプルな働き方は、ほんとうなら当たり前です。効率が悪いのもいいんです。機械じゃなくても、いいと思うんです。

 でも今の日本では、スマートな働き方があまりに尊重されています。人がいないから機械で補ったら、シンプルな人のいくところがなくなってしまった。その行き場のない人の悲しさをいつも感じています。

  でも私たちは動物である以上、手と体を動かして太陽や雨にさらされて働くことは、絶対大事です。


 タイで、私たちが近ごろ邪悪視している「空き家」ふうなボロボロ住宅群を眺めながら、

  私たちスマートな社会でないこの国は、まだまだ、まだまだ未来がいっぱいで、どんな風にでもなれるなと感じました。

  日本とは違う個性で歩んでいっていただきたいものだと、心から願いました。

75F0577A-AAB8-4060-B175-24BA98D94463.jpeg
posted by Kuhcan at 09:09| 日記