2020年08月21日

しんどいシロアリ被害の責任は誰にあるのか

541C8098-1B41-4DF8-8884-2F33A810DD3E.jpeg
 だいぶいいところまで壊れた現場、またまた上部にシロアリ被害を見つけました。

FFB36D22-581A-4A26-B38B-CE6D924037D8.jpeg
 この黄色い丸の部分は、昔屋外であったところで、増築がしてあります。昔のモルタル外壁が張ったまま部屋を増やしてあります。

6A32AD2A-890C-4469-A6BD-35882023A84F.jpeg
 外から見ればこの赤い丸のあたり。
この内側に丸太の軒桁が昔あったのですが、それがえらいことになっています。ズームするとこんな感じ。木材が溶けたようになくなっています。
EAF5BE70-32D7-4FEF-9707-880E3F16986A.jpegCD2D42C3-EBFD-49BE-B73F-A9530A0115D3.jpeg
いかがでしょうか…
 モルタルはそのまま円く残っていますね。
 これは丸太そのものが悪いのではなく、
外壁モルタルをそのまま残して室内にしたため、
外の雨に濡れたモルタルから水が室内の壁に侵入し、
乾く場所がなくなり、
木を腐らせて
シロアリを呼んでしまいました。

FA97EC8D-F32E-4F7F-8469-57621A567B11.jpeg
 すぐ左隣の壁はこんな感じで、
土壁ですので、濡れれば土壁自体も水分を保湿します。
どんどんどんどん木は弱っていき、
上の写真の1番右の柱など、形があるだけでパサパサで強度はもはやありません。

こういう時…何を思うかと言うと、大工さんが悪いのか、家をいじりまくった施主さんが悪いのか微妙だと言うことです。

 大工さんは、たかが2畳ほどの増築に、丁寧にモルタルを剥がして工事をするとお金がかかるから、簡単に済ませてあげようとおそらくこの結末に至りました。

 施主さんは、ただただ、室内という領土を広げたかった。

 このことを思うにつけ、
・領土問題は誰の心にもある
・もともと広い家を設計すべき
・お金がかかってもリスクを優先でリノベーションすべき

と再確認します。こういう事を思いながら、増築しなくても良い新築の設計をしています。

吉田良子
posted by Kuhcan at 09:58| インテリア施工例

2020年08月11日

建築的エントロピーの増大に 医師からの回答

 C915F5F7-91FF-4D92-B756-79BB2F0E8C89.jpeg
 明るく前向きな人が病気を早く治す、と私勘違いしたんです。と語る、ホリスティック医学の 帯津良一医師。
 
 何気なく出くわしたこの方のコメント、ちょっと衝撃を受けました。
 《生命とは、(生物学的)秩序を自己形成する力である》
5F969D3B-AE7D-40A0-831E-61DD7FDF1F37.jpeg
 「私は、明るく前向きな人が病気を早く治せると思い、チームを組んでスタッフに当たらせたんです。でもすぐにそれは間違っていると気づきました。それからいろいろ人間全体を考えたり、本を読んだりして、人間は、明るく前向きにできてないと知りました。それは世をしのぶ仮の姿。
 人間の根底にあるものは「悲しみ」なんです。だから医療スタッフはその悲しみに寄り添うわなければいけない。また患者さんも医療スタッフの悲しみに寄り添わなければいけない。」
 うーん…
 そんな考え方をしたら、ここ1ヵ月の自分のことが納得できる。
 前回も書きましたが、5月から7月の大雨で、崩壊していく住宅に向き合うことに辛さや虚しさを感じていました。その私の心のざわめきにピシャリと回答が出た感じです。
 物事や秩序が勝手に壊れる力をエントロピーというのだそうです。そのエントロピー増大にあって、それを減少させ秩序を生み出せるのが生命だと、帯津医師は言うわけです。
 私、ある意味、「美しい住宅」という秩序を保とうとするのは、これは突き詰めれば、単なる人間のエゴで、自然界へのむなしい戦いのように思い始めていたんです。
 だから、この帯津良一さんの言葉は、嬉しい言葉でした。
 秩序の崩壊に立ち向かうことそのものが命だったんだ。
 ここ1ヵ月、腎盂炎やって病弱だったのですが、治りかけるたびに湧き上がる「仕事を頼まれてうれしい」と張り切る気持ち、そして具合が悪いと再び「私が背負うのはしんどい」という気持ちが、スパイラルしていくさまを、味わってきました。ただの細菌感染でこんなにテンションが下がるなんてやだなあと思っていたんですよね。
 でもこれが生命なんだ…。
体が悪い時に、秩序の崩壊(エントロピー)にあらがえないのは、やっぱり力が落ちているって言う事ですね。
8646E2B2-8F24-4BC8-8D5C-921581F18CEB.jpeg(私が情緒不安定建築と思うガウディの歪んだ窓。)
 なんかそれがわかっただけでずいぶんほっとしました。もう怖いので夏はじっとしてますが、涼しくなったら体力づくり頑張ろうと思います。
 いつかガウディみたいな不思議なものを作ってみたいと思いましたが、作れない私は、ほかのところで得をしているのかもと思い始めました。
2CA336D3-A956-4077-80CD-13E088DCD0B3.jpeg
posted by Kuhcan at 06:39| インテリア施工例

建築的エントロピーの増大に 医師からの回答

 C915F5F7-91FF-4D92-B756-79BB2F0E8C89.jpeg
 明るく前向きな人が病気を早く治す、と私勘違いしたんです。と語る、ホリスティック医学の 帯津良一医師。
 
 何気なく出くわしたこの方のコメント、ちょっと衝撃を受けました。

 《生命とは、(生物学的)秩序を自己形成する力である》

5F969D3B-AE7D-40A0-831E-61DD7FDF1F37.jpeg

 「私は、明るく前向きな人が病気を早く治せると思い、チームを組んでスタッフに当たらせたんです。でもすぐにそれは間違っていると気づきました。それからいろいろ人間全体を考えたり、本を読んだりして、人間は、明るく前向きにできてないと知りました。それは世をしのぶ仮の姿。
 人間の根底にあるものは「悲しみ」なんです。だから医療スタッフはその悲しみに寄り添うわなければいけない。また患者さんも医療スタッフの悲しみに寄り添わなければいけない。」

 うーん…
 そんな考え方をしたら、ここ1ヵ月の自分のことが納得できる。

 前回も書きましたが、5月から7月の大雨で、崩壊していく住宅に向き合うことに辛さや虚しさを感じていました。その私の心のざわめきにピシャリと回答が出た感じです。

 物事や秩序が勝手に壊れる力をエントロピーというのだそうです。そのエントロピー増大にあって、それを減少させ秩序を生み出せるのが生命だと、帯津医師は言うわけです。

 私、ある意味、「美しい住宅」という秩序を保とうとするのは、これは突き詰めれば、単なる人間のエゴで、自然界へのむなしい戦いのように思い始めていたんです。

 だから、この帯津良一さんの言葉は、嬉しい言葉でした。

 秩序の崩壊に立ち向かうことそのものが命だったんだ。

 ここ1ヵ月、腎盂炎やって病弱だったのですが、治りかけるたびに湧き上がる「仕事を頼まれてうれしい」と張り切る気持ち、そして具合が悪いと再び「私が背負うのはしんどい」という気持ちが、スパイラルしていくさまを、味わってきました。ただの細菌感染でこんなにテンションが下がるなんてやだなあと思っていたんですよね。

 でもこれが生命なんだ…。
体が悪い時に、秩序の崩壊(エントロピー)にあらがえないのは、やっぱり力が落ちているって言う事ですね。

8646E2B2-8F24-4BC8-8D5C-921581F18CEB.jpeg(私が情緒不安定建築と思うガウディの歪んだ窓。)

 なんかそれがわかっただけでずいぶんほっとしました。もう怖いので夏はじっとしてますが、涼しくなったら体力づくり頑張ろうと思います。
 いつかガウディみたいな不思議なものを作ってみたいと思いましたが、作れない私は、ほかのところで得をしているのかもと思い始めました。
2CA336D3-A956-4077-80CD-13E088DCD0B3.jpeg
posted by Kuhcan at 06:39| インテリア施工例

2020年08月09日

白のインテリアは「暮らしのキャンバス」

8C7CCAD9-79E4-4BEA-957E-4E8D5852E468.jpeg
 新築のお家が完成しました。
このたびは残念ながらオープンハウスを見合わせましたが、街中の変形敷地をうまく活用して、広々としたリビングダイニングを作ることができました。

DA7F1753-B633-4D86-B55C-B51C635FB29F.jpeg
 このショットだけで広さが伝わるでしょうか?実際体験していただくとほんとに良いのですが。
 将来的な家具のレイアウト変更にも対応できる作りになっています。

5BF29244-0123-4FDA-86C4-7C98FA66F705.jpeg
 今回のテーマは「エレガント」。
私はもともと西欧風のスタイルと白とゴールドが大好きなので、思いっきり趣味を出してやりました。
 本当はピアノ室は、シャンデリアを吊りたかったのですが、天井の高さとの兼ね合いで断念。これがうまくいってたら…もっとよかったのに…と思っています。 

4D7C7582-045F-4165-9F21-E0903C34279E.jpeg
 白といっても家中まっ白と言うのも芸がありませんので、木目がうっすら透ける、近年のヨーロッパで流行したスタイルで塗装をかけました。

ADB3C384-F715-4166-8268-C9F24F0EF289.jpeg
 ドアも本物の木製でちゃんとした製品なのですが、この木目は塗りつぶしてあります。あまり木目が透けてばかりでもしつこいので…。

ABFE0CBE-903C-470B-A043-93A7E45BDC87.jpeg
 白いインテリアの中に、グランドピアノとテレビモニターの黒が差し色になるようにしてあります。
 ドアの取っ手は金色。

 この、白、黒、金をベースに、お客様が様々な色の生活雑貨を置いていかれるはずです。

 家という建築は、生活のキャンバスみたいなものなので、あまり主張しすぎず、快適な暮らしの手助けができればという気持ちでこのインテリアコーディネートをさせていただきました。

 久しぶりの西欧スタイル、中に入るととっても気持ちがいいです。今回も、気持ちが良いおうちが作れてよかったです。

 吉田良子
posted by Kuhcan at 08:54| インテリア施工例

2020年07月13日

雨が漏らない屋根を作ればノーベル賞

 吉田が今朝珍しく、思い出話をはじめました。
(夜はお互い疲れたり、近所の子供に勉強を教えたり、会話がない。)

 25年前、通っていた京都工芸繊維大学(当時の学長はノーベル賞受賞者)の前川教授に言われたことを思い出しています。
「おい吉田よ、オレたちが研究してるFRPで屋根をひと繋ぎでゴボッと覆えれば、雨漏りはない屋根ができる。
 わかっていても今それができない。残念だ。
 雨が漏らない屋根を考え出せれば、ノーベル賞がもらえるぞ」

D442769E-B3C0-495B-A728-94ADFF834E93.jpeg
「古民家再生協会で茅葺き屋根研修があるというが、俺と安村さん(弊社の女性現場監督)と大工で参加するー。やっぱり屋根が大事やからー。」

 と言っています。

「ベランダの笠置(かさぎ・天端を覆うカバー板金のこと。)のことも、せっかく日経建築雑誌が、従来のやり方では雨が漏る、と特集記事にしてくれたのに、職人もメーカーも誰も信じようとしなかった。
既製品がこれなんだからこれが正解だと言って譲らなかった。現場の人間は頭が遅い。知識が永遠に正解なわけじゃないのに。

これは永遠の戦いないなんや、
人間と天候と時間の…。
ずっと考えていくべきことやー。」

 コーヒーをすすりながらだとこういうしんみりした意見が聞けるので結構朝はモーニングに行きます。
posted by Kuhcan at 09:48| インテリア施工例

2020年07月11日

「最近どうだい」「おかげさまで」

2C54F5D0-9C52-43CE-8A15-9E934933649F.jpeg
(3年越しにお邪魔したOBさんのお宅)

 今日、お伺いした取引先の社長様に「どう?忙しい?と聞かれて「はいおかげさまで」と答えられる嬉しさがあります。
 「そうかよかったな。僕も、コロナだから迷ったが、すごく暇な4月も、社員に希望者を募って働いてもらった。その時蓄積した商品があるから、今の急な需要の戻りに対応できている」とおっしゃられました。

 実は弊社も同じで、コロナ対策だからと無理矢理自宅待機になった社員さんが「やっぱり家はダメだ」と出てきてやってくれるのをありがたく受け止めてきました。職人さん達などは「こんなに風の吹き荒ぶ現場で、僕1人か2人しか働いていないのは密じゃない」と言って全く変わらぬペースで働いていました。
 あの時、接客こそ控えましたが、休むのが嫌だ嫌だと抵抗し続けたおかげで、この7月8月があるなと思うと、しみじみと、昭和かもしれませんが、根性出して良かったと思います。

 正直、私の知っている社長さん達は、誰も休んでいません。気持ちのペースも全く落ちていません。
 今日も土曜日ですが、週休2日で休んでいる社長はいません。

 こういうことを言うと、週休2日や祝日休好みの人にむちゃくちゃ嫌われることはわかっていますが、「仕事」は完了義務がありますので、私たちにとって「休日」は目安であって、仕事から気持ちを切っていいと言う免罪符ではありません。アメリカでは、FacebookのCEOでさえ、「社長が頑張りすぎると社員にプレッシャーで感じが悪い」と本に書く位ですが、歴史の浅い国の言う事は私は信じません。

 いつかはゆっくり休みたいものだ…お金もたまったらたっぷり使いたいものだ…と思っていたら、ある程度自由がきくようになっても休まない使わない自分になっていました。身の安全には大変良いのではないかと思っています。それが不幸せかと言われたらちっともそんなことはありません。人間、くつろぐばかりが幸せではありません。

 昨日は膀胱炎でフラフラして座るのもやっとでしたが、いろいろ締め切りがあり休めませんでした。おかげで今日は爽やかな気持ちで仕事をしています。本当は明日休めますが、やっぱりいらない用事を見つけては、手助けする約束をしてきました。
 今日も幸せな気持ちで仕事をしています。
posted by Kuhcan at 13:46| インテリア施工例

2020年06月17日

震度4〜2の地震

 2020年6月16日、15時02分、岐阜県美濃地方中西部で震度4の地震がありました。
 慌てて新築の工事現場に電話をしたところ、
「え?地震?! 気づかなかった」との返事。
451D7200-C937-4407-AA30-79AF19893380.jpeg
 そうなんですよ…こんなに広く開放的な造りのクーカン新築物件は、地震2〜4程度なら、地震の揺れにも気づかない状況なんです。
 ああ〜良かった。築45年の弊社事務所はむちゃくちゃ揺れましたけどね…。お客様のおうちが無事なら良かった。
 地盤改良は高いし、釘をたくさん打つので納期もかかりますが、やっぱり備えあれば憂いなしです。
 
 
posted by Kuhcan at 17:30| インテリア施工例

2020年06月04日

正しい情報・明るいとらえ方

 コロナ解除になって、一瞬ギュッと縮こまった心が一気に解放されています。
 私は接客業なので、人の心が解放されると自分が忙しくなるためすぐわかります。

 しかし、明るい気分になった時に思い出していただけるのは本当に幸せなことです。

 そのために私は今日これを買いました。
52446D27-BEC3-4F8C-A2A5-5C83655548FD.jpeg
 血中酸素濃度を測る、パルスオキシメーターです。

 コロナでなぜ休死する方が多いのか、それは、血中酸素が低いのに、二酸化炭素が排出され、辛さを感じない「無症状型」だからだということがわかってきました。だから、気付くのが遅くなるんですって。

 体温とともに、血中酸素も測って仕事に挑みます。

 この機械は喘息の人にもいいし(今のところ社内にはいませんけど)、8000円で買えてとってもお得です。しかも指で測れます。こんな凄い機械が8000円で売っているなんて、レ・ミゼラブルを読んでいた小学校の時代には思いもしませんでした。

 それに、いろいろな方がコロナを研究され、大胆な仮説や、わかってきた症状の分析なんかもたくさん出ているので、日々アップデートして読み進めています。出たてのコロナは、人づての情報だと少なすぎたり、私の感じる限りデマが多いからです。
 
 そんな普段気にしない医学的な内容を読んでいると、深く、鋭い分析や勘と、ケーススタディー。私以外の皆様の知恵と努力が織り成す世界を楽しんでいます。昔は小説ばかり読んでいたのに、最近は事実しか面白くなくなりました。


 With コロナ の時代。知識はいつでもなるべく正確に持って、それを明るくポジティブに広範囲で捉えて伝えてやっていければなと思います。

 吉田良子

posted by Kuhcan at 02:46| インテリア施工例

2020年06月02日

ブランコ

B93E3FE6-B07A-4F2B-9713-D338A9B9FE67.jpeg
妹から写真が届きました。
「薔薇が咲いたよー」。
弊社がリノベーションした築43年のRCの住宅です。

 それよりも、手作りのブランコが良いじゃないですか。多分、私の父製です。

 私の父は、年がら年中小学生みたいな人で、よくブランコを吊ります。
 車庫に作って邪魔になったり、蚊がいっぱい来るところにしかも子供がのぼれない高さで作ったり、そのうちミラノからすごい高級なブランコを買ってきました。高級品なので、それは私たちに回ってこずライムズ本店の一角につってあります。何しろ思いつきでブランコを吊りまくっています。

5E36F190-5943-46AF-9CCC-C04A98C98AE5.jpeg
 また、ブランコが吊られている庇は、妹一家がアメリカ駐在していた1年半に父と板金屋さんともうあと誰かが、留守の間に作ったものです。誰も頼んでいないのに、「俺なら要る」と刈谷市まで勝手に作りに行きました。そしてついでに作ってあるこのブランコです。平塚一好ならではですが、施工は空間建築工房のメンバーなので、品よくできてます。

F9916FB6-B312-457B-ADE6-4862EDCAF9EA.jpeg
 ブランコの下のタイル?シートが散らかってるのがうちの家族っぽい。最後までは整わない(^_-)

B0285814-288C-4A3A-BFE4-6868C3C51CBB.jpeg
 思わず遊びに行くいとこたち。
6B0D395E-656A-41F1-BE8D-8C972A9D9C18.jpeg
 11人中、9人が揃って、すっかり密です。
でもこの庭はこういう風に使われたがっていますね。いつもはそれぞれ部活で、週末集まれないので、コロナのおかげ。集まれるものもこの週末までです。


 妹がこの家で、グリーンリーブスという英会話塾をやっています。英会話の先生なのに、めちゃくちゃ主張が弱い優しげな妹なのですが、そこが逆に良いのか、生徒さんが1年以上待ってくださり、また再開しています。私から見るとほんとにちゃんとやれてるのか心配ですけど、子供には、優しいからいいのかなぁ。

 何しろ、自分の作った家がこのようにノリノリで使われているのを見ると、仕事冥利に尽きます。
posted by Kuhcan at 02:09| インテリア施工例

2020年05月28日

草木が美しく強いことについて


78A95225-BA1F-441D-80C1-FDABC9E916F3.jpeg
オフィスに花を飾っています。
よそのお家のバラバラ
山ほど咲いていたのでもらいました。

桜がうまく見れなかったけど
バラはギリギリ外出自粛が解除されてシーズンに間に合いましたね。土曜には岐阜県可児市の花フェスタにも行ってきました。

F40A87E3-18EB-4C21-AF00-E7C258292D99.jpeg
動画や写真を送ると

「匂いがしてくる!」
と言う方が多いのがステキです
C3F3E8ED-12E5-4C72-AD17-AB2707FEBEBE.jpeg0948C51C-D103-4622-91EC-0FB61EB80A13.jpegきらきらきらきらきらきら

ようやく花が見れた、と思いながら、


花見が嫌いだったんじゃなくて、ただ人が遊んでる姿が嫌いだったので敬遠してたと気づきました。


コロナで急に不景気になったので、人さまが必死になったり、逆に落ち着いて気持ちを整えたりしているのを見て、ようやく安心して、花を見ています。


皆さんが皆さんのペースで自分の人生を見つめ直して、安心だなと感じます。危機に当たって自分の頭を働かせている感じがすごく清々しい思いがします。


「草木は植物、人間に比べて生物としてはシンプルな命だが、その命を守るために必死に背を高く伸ばし、根を張って、他の草より葉を張り巡らせて太陽に当たる。他の植物に負けないように生きて
ようやく生命をつないでいる。人間も生命である以上この原理が当てはまる。自分が生きるために人に勝る努力をするなどは当たり前のことだ。人より頑張ることは、自然の摂理で、たいしたことをしているのではない。」
稲盛和夫
E3B9FD39-B0EA-4EE0-AC1C-BD872252EBAD.jpeg

posted by Kuhcan at 13:04| インテリア施工例

2020年05月07日

Beautiful only when it works properly

今日のカンブリア宮殿はAmazonのジェフ・ベソスと、2014年のダイソンへのインタビューの再放送。再放送の申し訳なさなのか、めっちゃ濃いかっこいいメンバー
34917026-55BC-4005-9B93-07F7C9F25DBE.jpeg
 アマゾンが天才的企業であることはもちろんなのですが、胸を打ったのは、ダイソンの本社に掲げられていたポスター(標語)でした。
「products are(←多分)  beautiful only when it works properly」
 〜 製品は 正しく機能して初めて美しい 〜


「商品はただデザインが良ければいいと言うものではありません。素材の強さ、機能の良さ、高い技術、その全てを兼ね備えている製品が美しいのです」
 と、うろ覚えですがそんなことを言っておられました。
28AF86B6-7305-4A5E-8BA7-B487159A2BB0.jpeg
 最近、「映え」ブームですが、ぺらっぺらのデザインや、写真を撮った人の日ごろの行動範囲やセンスが映り込みすぎるこの風潮を、絵手紙同様 非常にいやらしいものとして受け取っています。
 (ちなみに私はかなり写真撮るのが下手!だから上手い人への嫉妬なのかもしれないですけど!)

 人に見せるためだけの「かっこよさ」は、とても居心地が悪くて、一体なぜ私は、それらの物事を「中身がない」と感じるんだろう?と思っていたら、ダイソンが教えてくださった。
「正しく機能して初めて美しい」



 映えてるスイーツが美味しいかどうか、プロならちゃんと吟味しろと言うことですよね。



 私の作っている住宅やレストランは、ちゃんと本当にその目的を達しているでしょうか。
 くつろげて、元気も出てきて、家族の仲も良くなって、お商売も儲かる。ようにちゃんと作れていますか。
 目的を達しながら二重にも三重にも意味を重ねられる設計ができる時があって、それをどのおうちの細部にも取り込めているかどうか、もう一度考え直さなければいけないなと、ちょうど今日、お邪魔したおうちで思っていました。(それは、ちょうど2014年の自分の仕事にとても満足したから思ったことなんですけどね)。
F6EA14D7-61D8-4C2C-9948-0DFD029CA137.jpeg
 「ダイソンにデザイナーは1人もいません。デザインをするよう教育されたプロのエンジニアがいるだけです」


「ものを作る人間は技術が先であり経営を前に出してはいけませんよ。そうすると社員が全部経営に気をとられて良いものを作れなくなります。」

 


吉田良子
posted by Kuhcan at 23:29| インテリア施工例

2020年05月05日

世界の休日。平等の休日。

2189971F-2112-4470-8D9D-4015E90C32F6.jpeg
 新型コロナ感染拡大防止のため、弊社、5月3日から6日、初めての4日連続の営業自粛を体験しています。
 とは言え、経営側と工事現場は施工しております。(本当は休みたかったが、工程に間に合わなかった)
 私はと言えば、「会社で誰かが働いているのに休む」ことを10日のうち合計3日間行ってみて、ハァーとため息。人は自分のより良いご飯のためにいくらでも時間が使えるようで。お金もかからず平穏に暮らしてみました。
 ただ、食生活が充実すればするほど、普段頑張っていることがいろいろ無駄になるような恐怖を感じてしまい、確かにくつろぐんだけど、やっぱり先のことが心配になりますね。
 飲食店は、自粛自粛と言いながら、西濃地区はここのところ5日連続で感染者が出ておらず、「テイクアウト」が花盛りです。
 社会への支援なのか、営業している後ろめたさからなのか、やたらコスパの良いお弁当ばかりで、とてもおいしいです。(経営者の立場からすると、買うと申し訳ないような気になります。)
4F45891C-3790-4AE7-A2CA-02BC3BE76551.jpeg
これで800円。(大垣の温石)

F7E7AA12-02CC-48B1-AF0D-3CBA9F22365D.jpeg
ミシュランでも1500円。(アドゥエパッシ)
 世界の休日。平等に休日。
 免疫を高めるには
・10時から朝6時まで寝て
・旬のものを食べ
・よく笑って暮らす
のが良いそうですよ。
 もしコロナで世の中がスローダウンして、それでも生きていけるものなら、そのように生きればいいはずですが、
 ドイツのメルケル首相の「これからこそデザインや芸術が大変必要になってくる」その言葉を受け、その担い手としてやっぱり仕事に引っかかって生きていこうと思います。
吉田良子
posted by Kuhcan at 16:27| インテリア施工例

世界の休日。平等の休日。

2189971F-2112-4470-8D9D-4015E90C32F6.jpeg
 新型コロナ感染拡大防止のため、弊社、5月3日から6日、初めての4日連続の営業自粛を体験しています。
 とは言え、工事現場は施工しております。(本当は休みたかったが、工程に間に合わなかった)

 私はと言えば、「会社で誰かが働いているのに休む」ことを10日のうち合計3日間行ってみて、ハァーとため息。人は自分のより良いご飯のためにいくらでも時間が使えるようで。お金もかからず平穏に暮らしてみました。

 ただ、食生活が充実すればするほど、普段頑張っていることがいろいろ無駄になるような恐怖を感じてしまい、確かにくつろぐんだけど、やっぱり先のことが心配になりますね。

 飲食店は、自粛自粛と言いながら、西濃地区はここのところ5日連続で感染者が出ておらず、「テイクアウト」が花盛りです。
 社会への支援なのか、営業している後ろめたさからなのか、やたらコスパの良いお弁当ばかりで、とてもおいしいです。(経営者の立場からすると、買うと申し訳ないような気になります。)


4F45891C-3790-4AE7-A2CA-02BC3BE76551.jpeg
これで800円。(大垣の温石)


F7E7AA12-02CC-48B1-AF0D-3CBA9F22365D.jpeg
ミシュランでも1500円。(アドゥエパッシ)

 世界の休日。平等に休日。

 免疫を高めるには
・10時から朝6時まで寝て
・旬のものを食べ
・よく笑って暮らす
のが良いそうですよ。

 もしコロナで世の中がスローダウンして、それでも生きていけるものなら、そのように生きればいいはずですが、



 ドイツのメルケル首相の「これからこそデザインや芸術が大変必要になってくる」その言葉を受け、その担い手としてやっぱり仕事に引っかかって生きていこうと思います。

posted by Kuhcan at 16:26| インテリア施工例

2020年03月12日

行けなかったけどシンデレラ城

9DEF51A7-B126-4018-A0D7-30A99D68AECE.jpeg
高校受験 「試験が終わった〜❣️」
と言って 中3が描いたシンデレラ城
ホントは生まれて初めてTDLに親友達といくはずだったのですが、コロナで行けなかった娘です。
そんな残念シチュエーションにも全くしょげず
サラッとした良い子に育ちました。
「試験落ちたら、じいちゃんが、イタリアに一緒に住もうと言ってきたからそうするわ!」
と言ってます。

 試験が芳しくなかったようなので、そんな笑い話で気分をつないでいるみたいです。
posted by Kuhcan at 22:41| インテリア施工例

2020年02月10日

2/11 池田温泉道の駅のイチゴサンド店オープン



CE17B1DD-E9D8-4E18-A318-FFEE0B395FCC.jpeg
いちごサンドはお好きですか?

134CB507-10CA-4AA4-91C6-CABAECD666D1.jpeg
このたび、農園直送のイチゴスイーツ店がオープンしました。

場所は、岐阜県民なら誰もが知っている、天下の天然温泉「池田温泉」の道の駅にあります。

DB346271-A142-476E-AA74-F349ADD2D600.jpeg
「ととりべファーム」の「トトマルシェ」。
870FAFC5-7B0B-427C-B03B-74A4A46D9592.jpeg
空間建築工房としては、内装とキャビネットの装飾などを制作しました。

98C7A3F9-48D5-4FD6-8B1F-5DC960D36707.jpeg
デザインは、「RTZ デザイン事務所ルーツ」

家具製作は「MONDOモンド」

さんです。

F106682A-510A-4E00-8F6C-2BB0940E1725.jpeg
イチゴのパフェ800円、イチゴのフルーツサンド500円。
 フルーツサンドは、イチゴしか入っておらず、しかもその生クリームたるや、今にもバターになりそうな、超濃厚な生クリームです。

567B42F1-51C0-4128-B25C-4D845633F15C.jpeg
 尖った素材を使っているのに柔和でナチュラルなオーナー。こういった自分を飾らない人たちが本物のおいしさを作り出す。

1E58DB8F-9AF9-47A1-9992-55236B6FA67F.jpeg
 サンドやパフェ以上に、1800円の「イチゴバター」。
この価格で買って良いのでしょうか?と言いたくなる、
池田町のイチゴイチゴイチゴ
フランスのあのフランス国旗エシレバターフランス国旗
共演です。

やばいですね。東京にはバレたくない品質です。

皆様そんなととりべファームの直営ショップ、お気軽にぜひ(とは言え売り切れない午前中に)お出かけ下さいませね。

そして私が勝手に、日本の3大温泉に匹敵する泉質だと信じている、「池田温泉」にもぜひ入ってきてください。町営なのでとってもお安いです。1000円でお釣り来ます。もしこのサイトを見てくださった全国の方がおられましたらぜひぜひ岐阜県池田町に足をお運び下さいませ。絶対損はさせません。
posted by Kuhcan at 23:53| インテリア施工例

2020年01月31日

天空のショールームのアウトレットキッチン

 11ABE329-2FEE-4BAA-9A7D-42600F4F34E2.jpeg
岐阜県の誇る素晴らしいキッチンメーカー、トーヨーキッチン。
名古屋には、「天空のショールーム」
と素敵なキャッチコピーのついた、私が日本で1番素晴らしいと信じているインテリアショールームもあります。
 8593D6C1-025A-4D76-9180-FDB9C34AF407.jpeg
 そんなトーヨーキッチンの作品「CORE」。元は高すぎて手が出せなかったのですが、幸いなことに車で50分で行ける岐阜県関市のアウトレットで非常に安く購入することができました。
築28年の鉄骨造のおうちに取り付けました。
A9F39C1C-1F92-4157-A571-F55C56CDB8AD.jpeg
 私は通常、キッチンに暗い色を持ってくるのは本当は好きでは無いのですが、最近は、キッチンメーカーが結構「黒」押しなんですね。
 それもこれも、(私の独断と偏見では)、好景気が続いているせいです。実は景気が悪かった、失われた20年、キッチンは白い色が人気の第一位を独走し続けていました。
 しかし最近は「黒くても気持ちが明るいからいいや。むしろ高級感があって素敵。」と思えるのです。なんと景気が良いおかげなようです。
 473297F7-2563-4C5D-8680-A898A9AEBC51.jpeg
 ただ、実はヨーロッパではもう15年ほど前から「黒を差し色に使う」のはトレンドなんです。グレイを濃くした「チャコール(墨)」色が流行ったこともあるのですが、日本では全く流行りませんでした。この写真は、私の尊敬するデザイナーズギルドの作品です。暗いバイオレット色をうまく取り入れて重厚感を出しています。
 今回のように、黒いキッチンを女性が好むのは、岐阜県もインテリア力が上がってきた証拠。なんだかすっかり私もインテリアコーディネーターになったような(なっていますが)気持ちで、ワクワクしながらつくりました。
 0E910703-A66C-49D1-AC0D-221B2A55084B.jpeg 
 アウトレットだったのと、トーヨーキッチンのサイズ選択肢が少ないのと、鉄骨の柱があったと言う3つの理由で、カップボードの右側にはパントリー収納を作りました。
 そこも壁は黒くして。
 ドアはLIXILの既製品のチャコールグレーを利用し
 クロスもブラックチャコールにしました。
 いかがでしょうか。
 施主様が張り切って素敵な感じで収納してくださるので、余計使いやすいというか、最初からあえて作ったような感じになっておりますが、リノベーションだからこそ起きるこの不具合を、うまくごまかした結果です。
 ただ、結果オーライと言うことがいつもあって、今回もうまく活用できたと思います。そこが、吉田良子の腕の見せ所というか!住宅とのシンクロ力というか!お客様のセンスと心意気がいいというか!
 E51801E8-9336-4D98-9E6C-4117CC49FE5D.jpeg
 いつも既存住宅とは一期一会の精神で向き合っております。それをお客様が汲み取ってこのように美しい収納していただけることが本当にありがたいです。これからも、自分だけで作るのではなく、メーカーやお客様、住宅の形と、素敵なコラボをしていきたいと思います。
         

posted by Kuhcan at 00:55| インテリア施工例

2020年01月23日

古民家のデロンギで耐震リノベーション結果報告

DD0D4081-F867-40AF-9F26-6F1A3E175552.jpeg
 今日は、お客様のおうちに訪問しました。
再築大賞に応募した、築72年の古民家です。
リノベ後に行った、2度目の耐震診断の結果を報告するためです。

 全国古民家再生協会の「伝統耐震診断」は、機械測定ですので、リノベーションした後に耐震性が上がったのかどうかを数値で確認することができます。市の無料診断では、工事後の耐震性を測る義務も手法もないため、この点で古民家再生協会に入ってよかったと思っています。

 今回の耐震工事では、南北ー東西方向の地震に対して
「非常に危ない」→「一応安全である」
「やや危ない」 →「充分安全である」
に結果を変えることができました。
93F18BDF-3C60-4F77-AE97-8F5B82EFEA28.jpeg

 正直、リフォームはしたものの、耐震性性能が上がっていない可能性もあるわけで、機械に測られるのは本当に緊張しました。でも良い結果が出たので、むちゃくちゃほっとしています。

F52AA7D5-AD72-4001-8318-543E80CD6D4A.jpeg
 お客様も大変喜ばれ、「よし、それなら、次世代住宅ポイントでもらったデロンギでカプチーノ作ろう!」とはじめてのデロンギにみんなでチャレンジすることになりました。

 ところが…

 「粉は1度につき1人分までしか入れないでください」
「えー!こんな大きい機械で1人分ずつなの!?」
「でもこの粉、いきなりゴミ箱に全部落ちてるよ!」
「それになんでミルクのところからお湯が出るんだろう?!」
「コーヒーが出ずにお湯だけ出るよ!」
「というかお湯さえも出なくなったよ!」

などと、30分格闘してもさっぱり訳が分からない3人。「ネットには、使いやすくて簡単と書いてあったのに、なんで!?」とお客様は悲鳴。
91C3DB10-FACF-4BEF-A673-99E4EBC083B1.jpeg
結局、手で入れたコーヒーを飲みながら追加工事の説明をすることに。

 そして40分後「できた!機械の位置がおかしかったのだ!無事にセットできました!」と吉田くん。

 耐震の結果報告や、追加工事の打ち合わせなどそっちのけで、「デロンギが使えたねーよかったねー」と1番盛り上がったのでした。

 ただそれもこれも、「家が安全」だという結果がもたらした安堵感だと思います。自分の仕事でこのように人様に安らぎがもたらせるものなら、仕事冥利に尽きると思いました。お客様にもスタッフにも、私をこのようにしてくださったいろいろなものにありがとうございます。

 結局お茶とコーヒーとホットミルクを4杯も飲んで帰ってきました。お客様ありがとうございました。

 そして。

 帰ったらまた、高井法博税理士さんから、「あなたの仕事にお役に立てば」と、新聞の切り抜きが送られてきていました。お忙しい会長がまた、私のことを思い出してくださったと言うことです。

 さすがに今日は、胸にこみ上げるものがあり涙が出ました。

 まだまだだなぁ私。78歳になる頃にはあんな人になれているんでしょうか。

 
posted by Kuhcan at 00:28| インテリア施工例

2020年01月22日

日本は熱意を持って働く人が6%しかいない

いま衝撃なNHKニュースを見ました。
「日本は熱意を持って働く人が全体の6%しかおらず、調査国137カ国の中で132位。」
「それに危機感を抱いた経産省が、熱意を持った人材育成に力を入れるよう企業に圧力をかけていく」
41B81DC2-B296-40DD-A5BC-B3B860767ECD.jpeg

 ここのところ、取締役会(夜中に夫を起こして行う)では人材育成の話でもちきりでしたので、同じテーマだなと思って聞いていました。


 にしても、熱意を持って働く人が全体の6%って!!!情けない国ですね。本当にしょうもないデータです。「10%以上の人が会社の悪口をそこら中に行って回る」という結果も出ていました。


 おかげさまで、クーカンにはやる気のない人がいないのですが、社外を1歩出れば、実感として本当に94%位そんな人ばかりなのです。真面目に働くのは格好悪いとでも言わんばかりの風潮です。田舎だからかと諦めていたら、日本全体の問題だったんです。

 
 子育て中の17年間、違和感を感じ続けてきた私。
特に子供が小さいうちは、友達探しに苦労してきました。


 でも、自分も高まる友達を作ろうと努力した結果、最近特に、うちの会社では女性のパワーが凄いのです。交友関係でも、周囲は真面目な人ばかりになりました。男性にも女性にも「もっと頑張ろう」と語り続けてきたら、相手の頑張りに安心してみんなが頑張れる社風になりました。子供もうまく育っているし、夫婦も皆円満だし、仕事場も平和です。

 正直、誰に何を言われようが、「自分自身への努力を続ける人は、人間性も仕事のキャパも大きい」です。やはり、自主自立の精神が大切です。

 今日、内閣官房をやっている井上幸一さんから、とある話をいただいて、畑違いだけど私の問題視している社会問題だからやってみようかと、思っていた矢先のNHKニュースでした。ちょっと運命を感じました。

 また、今日は、顧問先700社を数える高井法博税理士さんから「あなたの仕事に役立つだろうから」として、300人を超える自社の例会参列者の中、小さな顧問先である私達に新聞の切り抜きをしてきて下さいました。
65D17F3C-F5A4-4D46-8B28-25076003DEBD.jpeg
 他者のために、新聞を読みながら「あの人の役に立つだろう」と線を引き切り抜いてお渡し下さる闘病中の高井会長には、涙が出るほど胸を打たれました。本当にありがとうございました。


「熱意を持ってことに当たる」
とは、松下幸之助や稲盛和夫さん、本田宗一郎さんなど数々の名経営者が必ず口になさる言葉です。
 しかしそれを、ごくごく自然に他人のためにできる方を見ていれば、日本だってそんな6%の国にはならないと思います。


 また何か1つ、人生の皮がむけたような気がしています。明日またどなたか一人のために、誠心誠意やっていきたいと改めて誓っております。
posted by Kuhcan at 00:43| インテリア施工例

2020年01月14日

日時計のある暮らし、と私のそれには程遠い1日

AF00A4AA-00A2-4C4C-91CB-A040672519E4.jpeg
日時計が、事務所1Fのライムズで売られていました。
日時計…
ABC72FBE-2D9D-4969-93B2-1F3C1BBD2A2B.jpeg
 どうやって使うの、と試しに事務所に置いてみたところ、数字の書いてある時間になるとふわっと字が影になって机の上に映り込みます。
 正直分刻みで動くことの多い私は、「1時間がようやくわかったところで何になるの」と思わず言いたくなるのですが、むしろだからこそ、「1時間単位で動けばいい」豊かさに憧れます。
 いつかやってきて欲しいその一人きりの豊かさとともに、そうでなく誰かに人にまみれて日々をあくせく暮らせることに、また、ありがたみを感じました。(人生にはいろいろな局面があります。)
 そんな人にまみれた私は今日、「スタッフ欄の良子の写真は詐欺だ」と野球部のみんなに笑われました。グラウンド当番をしている寒い早朝の私はこんな感じです。左右からの違う手袋をはめ、サイズの合わないずり落ちたサングラスで日光を遮りつつ太陽で暖をとっております。
 これで1日12時間、ひたすら外におります。
010E6DAB-BAF1-42AE-B657-A431796FCDB5.jpeg
 スタッフ写真を見てご来店のお客様、本物はこれですので、どうぞ驚かないでくださいませ。中身は同じ人間(のはず)です。
posted by Kuhcan at 00:56| インテリア施工例

日時計のある暮らし、と私のそれには程遠い1日

AF00A4AA-00A2-4C4C-91CB-A040672519E4.jpeg
日時計が、事務所1Fのライムズで売られていました。

日時計…
ABC72FBE-2D9D-4969-93B2-1F3C1BBD2A2B.jpeg

 どうやって使うの、と試しに事務所に置いてみたところ、数字の書いてある時間になるとふわっと字が影になって机の上に映り込みます。

 正直分刻みで動くことの多い私は、「1時間がようやくわかったところで何になるの」と思わず言いたくなるのですが、むしろだからこそ、「1時間単位で動けばいい」豊かさに憧れます。

 いつかやってきて欲しいその一人きりの豊かさとともに、そうでなく誰かに人にまみれて日々をあくせく暮らせることに、また、ありがたみを感じました。(人生にはいろいろな局面があります。)

 そんな人にまみれた私は今日、「スタッフ欄の良子の写真は詐欺だ」と野球部のみんなに笑われました。グラウンド当番をしている寒い早朝の私はこんな感じです。左右からの違う手袋をはめ、サイズの合わないずり落ちたサングラスで日光を遮りつつ太陽で暖をとっております。
 これで1日12時間、ひたすら外におります。
010E6DAB-BAF1-42AE-B657-A431796FCDB5.jpeg
 スタッフ写真を見てご来店のお客様、本物はこれですので、どうぞ驚かないでくださいませ。中身は同じ人間(のはず)です。

posted by Kuhcan at 00:56| インテリア施工例