2021年03月07日

家売る女

7A616061-693B-410E-8CBC-36D507BEE3AA.jpeg
 そろそろ第3部が始まってくれるのでは?と祈っておりますTVシリーズ「家売る女」。

 顔がキレイだったら、ああまで自信を持って「あなたにはそんな家は必要ありません!」「むしろこの家がピッタリです!」
 と言えるようになるのでしょうか?

 このドラマ、第一シーズンは、ちょっと主人公の北川景子の仕事道が鼻につく(=ごり押し営業)展開だったのですが、第二シーズンは見違えるように変わっていました。

 第二シーズンの北川景子は、「自分の売りたい家を、売りたい値段で、顧客に満足をされながら買っていただく」と言う、いわゆるwin winの営業マンに変わっていました。

 ファンタジーなので、誇大に表現されている部分もありますが、家族の2世帯の願いを勝手に却下し、結局2件分の家を売った回は圧巻でした。
 (親には、将来の転売が可能だが予算が倍の家、娘たちには、デザインリフォームした安いボロアパートを売っていました。)

 2件の家を売ると、北川景子はもうかるに決まっているのですが、彼女はそれと同時に「親離れできない子」を鍛えるために自活させ、「つくしすぎる親」に自分のための幸せを中心に生きるよう、コンサルしたわけです。

 人の人生のコンサルなんて、頼まれてもいないのにするのはおこがましいし、する必要もないとしていた第一シーズン。面白いけど違和感がありました。
 それが第二シーズンには、このような、家を得ることでより良い家族の姿を引き出す売り手の姿がありました。

 いつかこの北川景子演じるサンチーの第三シリーズの脚本が私に回ってこないかな。
 私が引退するまで待ってくれたら、第8シーズン位の原作、描きたいんですよね、わたし。

 
posted by Kuhcan at 22:55| インテリア施工例

三角屋根の新築

4ACA1BDF-D7E6-4CF1-8DCB-FD09CB7EB1B9.jpeg
三角屋根の新築工事をしています。

写真は、大工さんが、飾りで入れる方杖の大きさを型紙でチェックしている風景です。

F12DE436-2F2B-4028-8C03-27B818F939EC.jpeg
今回は久しぶりにスカンジナビアンな感じ(北欧風)で行こうと言う話になり、吉田が頬杖を設計しました。「ちょっと、これ大きくない?」と大工さんが型紙を作ってくれたところです。
D2378A5E-E995-4667-87FE-D110B9BD9306.jpeg
これから真四角の材木を、この形に削っていきます。

708DA58E-062E-4D57-9732-9001F9078C98.jpeg
内部は大きな吹き抜けもあるため、柱の外にも木の板をぐるり貼り付け、頑丈に作っています。

1908FCEB-F203-495C-ACAE-2B43C30419D7.jpeg 2702AABD-518F-45C0-9453-F06D231F8EFE.jpeg

 ちなみに耐震性を高めるためには、板を貼り付けるだけではダメで、使う釘の成分や、釘打ちピッチ(間隔)にもこだわっています。
 家の価格がとても安い場合、この板が、ただのペラペラの透湿シートに変わります。つまり、ないと言うこと。(クーカンはその施工をやっていません。やっていないであろう価格の家の、クロスの破れ処理のためよく出動して、この釘の少なさは気の毒だなぁと思うことがあるからです。)

 川に近いおうちで、地盤は砂地でよく締まり硬いので、家のフレームもカチカチに固めます。

 
posted by Kuhcan at 19:04| インテリア施工例

2021年03月06日

ヘリンボーンタイルのリノベーション(マンションにて)

0625AD35-43AA-4B52-916D-E857902A0FF6.jpeg

本日は、新築マンションのタイルのリノベーションです。
BDA79DBE-8C2D-4C0F-B040-FAA6A72B3306.jpeg
乳白色のガラスタイルに黒目地を込んでいます。

3A6FA7E6-88BC-45C2-808E-2D5AEC2CDE7E.jpeg
 1つのタイルが2.5センチほどしかないのでものすごく細く切る必要がありました。ときには三角で…。
たったこの1面を貼るのに午前中いっぱい4時間かかりました。
8B67E13A-2D31-4913-81E9-6F9193FAEE46.jpeg
 仕上がったら、天井の段差や壁の段差が活きて素敵な雰囲気です。
599DDE74-2BAC-4B98-AFFC-88975E834A74.jpeg
 最近、新築を丸ごとコーディネートすることが多く、このように工事の少ない「THEコーディネート」をしたのは私も久しぶりです。
 お客様は、照明器具や、壁付ミラーなども、わざわざマンション業者様でなく、「実家によく来ているから空間建築工房に」とご依頼をいただきました。
 
CE9273EE-59D1-4BA7-8B2D-212CA6F8DC80.jpeg
 もともとこの方のお友達のご縁で、ご実家のlリノベーションを10年で3度させていただいたのですが、ご本人に会うのは今回が初めてです。
 工事が終わって、家に帰ってくると
「感動的」と写真が送られてきました。
40F22BFC-457C-4A1D-9445-3B40BE1F8C14.jpeg
 「吉田さんにお会いするのを楽しみにしていた」と娘さんが言ってくださり、実家のお母さんも同行され和気あいあいで、マンションの営業マンの方に「えらい仲がいいですけど、ご親戚ですか?と尋ねられたほどです。

 「あなたのところは、職人さん達がせっかちでなく、ゆったりした雰囲気なのがいいよね。」と赤ちゃんをあやしながらお母さんに言われました。

 せっかちなのは私だけ。と言うことです。
E5F38540-4044-4A96-A5D5-6B38DAD40FF0.jpeg
余談ですが、この小泉の照明は優秀です。
目線の高さにあるのに、上と下に光が通るようになっていて、光が眩しくないんです。
C204EA64-9F5C-4E81-8688-585537E9F345.jpeg30CE3311-94D5-49EA-B3D2-B7C172CA4401.jpeg
とっても気に入りましたので展示をすることにしました。またお気軽にお店にお立ち寄り下さいませ。
posted by Kuhcan at 14:52| インテリア施工例

2021年03月04日

トイレと廊下の手すり

         C7E07731-773C-4E9B-A101-789CF0C72786.jpeg
今日はトイレの手すりをつけてきました。
私が生まれる前から、平塚家具がお世話になっている家です。
82B2AB04-F2CB-474B-B11A-DE46B4546666.jpeg
先週、お母さんから
「布団での寝起きが本当に辛いから、ベッドを届けて欲しい」と連絡をいただきました。

 昔はネットなどなかったので、こうしてお電話を一本いただいて、お客さんが好みそうなものを届ける、ということが、家具という金額の高い商売でも成り立っていました。

 配達しながら、1m位の段ボール箱を手押し車がわりに使って歩いていらっしゃるお母さんの姿が気になりました。よほど足も腫れてらっしゃるし、痛くてたまらないとおっしゃるので、手すりをつけたらいいんじゃないかと言う話になり、今日取り付けに伺いました。
2D4F4649-A09F-4F72-B5F8-ADD1118897E7.jpeg9B90DCDA-88C8-46B0-8840-147F4CEB7274.jpeg973C6B01-040D-4977-B872-FF1BBD39E2D4.jpeg
 トイレには下地があまりなかったので、一旦木を取り付けてから、手すりのブラケットを止めました。介護ハウスになってしまうんじゃないかと言うお嬢さんの心配をよそに、余っている木で廉価に、デザインもさっぱりと、つけれたんじゃないかと思います。

 それに今日は何が嬉しかったかというと、10日経つ間に、お母さんの足の腫れが全くなくなっていたことです。

「ベッドの上で、こうして足を動かして体操しているのよ。朝晩の立ち座りも本当に楽だし…。本当によかった。ありがとう。ありがとう。」と言われて、安村さんが喜んで帰ってきました。

 現場監督とは言え女性なので、足の腫れがひいていることに気づいたのも安村さんです。

 こういう時、建築の仕事やっていて本当に嬉しいというか、仕事冥利に尽きます。

 この手すりで、お母さんの運動量が少しでも増えて、また健康になっていただきたいです。

 もう50年以上も、実家と私を信頼してくださるおうちに何とか恩返しがしたいといつも思っています。

 
posted by Kuhcan at 19:46| インテリア施工例

2021年02月11日

『自由な孤独』の間取り

56C6BF65-6704-44C9-903A-D19C714BFA96.jpeg
 家づくりの醍醐味の一つ、「家族の生きる姿」。
打ち合わせで、面白すぎるシーンがありました。

 とあるお客さまの要望を伺い、4度目に大体の方針は決まりました。しかし肝心の「間取り」が決まりません。
 キッチンを北にして、リビング&ベッドルームにしたいAさんと、温かい南のリビングキッチンにしたい配偶者のBさん。

 これ、大きな「生き方」「老後の願望」の差です。Bさんはキッチンがくつろぐ場所の横にあってほしい。
 しかしAさんは、温かく明るい場所で寝起きがしたいわけです。
 食べるか寝るかの戦いです。

 実はAさんのように「人の集まるところ」に寝室を望まれる人は4人目です。
 これは決して少なくない数で、一種の「傾向」と言えます。ですので過去3軒は、夫婦双方の願いをうまく叶えた設計をしました。

 しかし今回はリノベーションなため玄関の位置や大きさが決まっており、どちらかの意見が却下される状況。
 本音をいえば私は、Bさんの意見に賛成でした。
いざとなったら、リビングを寝室にしても良いからです。しかし打ち合わせでは黙しているAさんは、Bさんのいない所で「やっぱりくつろぐ場所に台所は、匂うから嫌だ」と言い続けられます。

 困った私が、一つに決めてくれとお願いしたら、Bさんからすごい言葉が飛び出しました。

「自分(B)の方が間違いなくAより長生きするので、B案でお願いします。」

 わたしはこのセリフに思わず爆笑してしまいました。食事を作れない相方に責任を持つBさんだからこその言葉です。
 かたやAさんも、こんなどぎついセリフをふふっと許してくださるんだから、愛情のある夫婦です。

 そこでそのあと、二人きりでBさんと立ち話をしたのですが、そこでまたシビレました。

「人の健康寿命を知っていますか?74歳です。
 自分はあと10年だけ、家族や介護や仕事から解放された時間が残されているんです。
 だから10年後にたくさんお金は必要ない。自分の脚で歩けない人間は、飛行機での旅行にも車での買い物にも行けなくなるんだから。 
 今は与えられた10年を、どう自分の欲望とともに生きて、さらにその後の死にゆく自分への準備に充てるか。それを考えているんです。」


 わたしは仕事も人も大好きなのですが、こうも仰いました。
 「それは若くてエネルギーがあるからです。歳を取ったらだんだん人に使える力の量が減ってきます。
 だから、老人が一人なのはあなたが思うように寂しい孤独ではありません。ちょうど自分が自立するにはいい加減の状態なんです。老人の一人は孤独とは違う。『自由』なんですよ。」

 自分の人生観を大きく変える一言でした。

 「子どもに頼らず自立して最後まで生きたい。それにはコンパクトな大きさの家が必要なんですよ。」

 この、生きざまの優先順や心の断捨離が済んでいるBさんと、まだ人との関わりが欲しいAさん。

 かっこいいのはBさんで、普通の本音はAさんなんですよ。お二人はそれぞれの考え方で、自分の人生に必要なものを望んでおられるわけです。

 皆さんはどっちの味方をしたらいいと思いますか。
posted by Kuhcan at 20:59| インテリア施工例

2021年02月02日

大好きなお客様の訃報

 0ABD23DC-2B6A-45B2-9608-0DAB85C9AADB.jpeg
 先日、大好きなお客様の訃報が届きました。
最近はお目にかかる日も減っていたのですが、お会いして14年目の、うちのスタッフもお互い大好きなお母さんでした。

 出会いはキッチンのショールーム。接客している最中にパナソニックレディと間違えて声をかけられ、受付に繋いだものの、「あの子がいい」とおうちに呼んでくださいました。
 その後も、お姑さんの介護のリフォームやキッチンのリフォーム、果ては別宅の妹さんにまで紹介していただき、子育てのこと世の中のことを沢山話しました。

 わたしは3人目を産んだ後だったので育児が大変で、しょっちゅう涙ながらに愚痴を言っていました。その都度、「ははぁ、そうか、えらいこっちゃ」と微笑みながら聞いてくださり、「あんたが来ると言って娘が買っておいたから、このお菓子を食べなさい」と甘いもの辛いものを用意して待っていてくださいました。

 最近は弊社にも社員が増え、仕事と称してそうやって楽しんで歩いているのもスタッフに悪いと、長時間の滞在を避けている私でしたが、

 この訃報にあって、何かとんでもなく忘れ物をしたような、人生で肝心なものを見失っていたようなうな、ざらついた気持ちになっています。

 仕事が忙しい、と言いながら、自分の時間を無くして子供との時間もなくしている20年。

 でもわたしが人生で一番好きなことは、素晴らしい人に会うことです。その人と時間を過ごしたい。

 始まったばかりの母としての時間に「良子ちゃん、しんどくてもネェ、やっぱり、子供おぶって右往左往して、会社を切り盛りしていたあの頃がね、わたしの一番の青春やったと思うよ」

 と言ってくださったお母さんの言葉はわたしの人生を大きく形作ってくださいました。お母さんに出会ってからも、沢山の素晴らしい人に出会えて、励まし励まされ生きています。

 お母さんに頂いた情愛と真心、今度はわたしがまた別の人にお還しします。
 南濃のみかんをたくさん買って、手で絞って何リットルも作っておいて下さったオレンジジュースのことを、涙の向こうに思い出しています。
posted by Kuhcan at 21:14| インテリア施工例

2021年01月30日

正解なペンキとは

FB906394-F7FA-4D7B-99BA-1BBB79F0E731.jpeg
 新築中の外壁のペンキを塗りました。

 本当は、今時のサイディングは、大変良いコーティング塗膜となっており、最初から塗ってあるものを使うものがベストです。

 しかしながら、どうしても好きな色がなかったので、 
 ニチハ 無塗装品 よろい4段木目調
 モエンサイディング厚み18ミリ
 を使用しました。

 淡い淡い水色です。
C225C9A4-53CC-46E2-822C-DDD125F17C22.jpeg

 室内の打ち合わせテーブルの上で見るとこんな色です。
C72141AB-35D4-47EE-87FF-4DB89B6F614D.jpeg
 いかがでしょうか。どちらかと言うと、矢印の1番上段の色に見えませんか。
 施主さんや他のスタッフも2段目を選んだため2段目にしてみましたが、これは私の意見を通せば良かったです、反省です。やっぱり3段目でよかったなぁと思っています。

 というのも、私たちが思っているより自然の色はくすんでいます。2段目の色が良ければ3段目を塗った方が良い。自然の中では、人工の色はかなり明るく見えてしまいます。選んだものよりも1段下を選ぶと、選んだ色に近く見えます。

 若いお客様に比べもう48歳なので、「おばさんの選んだ色」と思われないか?と変な葛藤がありました。これからは自信を持って話すことにします。


 また、塗装には、色以外にもポイントがあります。
 それは、ペンキの素材です。
 
 よく「隣で色を塗っているから」とか、「近所で足場をかけたから」とか飛び込みセールスでその日のうちに契約をさせる業者がいますが、あの人たちのいけないのは、安いペンキを使うことです。その割には、私たちが使う高額な塗料と同じ料金を提示してきます。(皆さん気をつけてください。)
94CE1A3E-8349-4F16-BEFD-093BB5FAA661.jpeg
例えば塗料1社だけでこれだけのシリーズの塗料があります。
 
 そのうちの1冊、
「ウォールバリア」シリーズの中だけでも、さらにこんなにたくさんの種類があります。
 08586A75-48B8-481E-B537-128C72A45CD6.jpeg
 今回はフッ素系の「ウォールバリア水性F2」
を塗りました。

 塗膜の品質順は
「ガラス型」→「フッ素系」→「ウレタン系」
となります。

 よく、工事のご相談で「8年前に塗装したばかりだがもう一度塗りたい」と言うお客さんがあります。
 正直、8年に一度は、メーカーはお勧めしているものの、現実的には早すぎます。(私たち業者がお金を稼ぐならちょうどいいですけどね。)

 そういう壁を触ってみると、確かに塗膜が白化して、チョーキングという白い粉が付く現象です。
 これは大概、おかしな塗膜をヘンな流しの業者に塗られた結果です。

 正直なところ、ちゃんと店を構えて塗装ばかりやっている業者が1番よく、急に来たとか、遠方の業者には、絶対に任せないでください。あの人たちは「塗り逃げ」できますから、注意が必要です。

 今回は、色も塗膜もしっかりしているので、安心して眺めています。次の塗り替えまで15年ぐらいは持って欲しいなと思っています。
 弊社のお客様は長くお付き合いくださるので、「せっかくの新しい家にお金を使ってもらいたくない」と思って工事しています。

posted by Kuhcan at 15:14| インテリア施工例

2021年01月08日

ヘリンボーンの工事が始まりました

0011D8DC-BC8F-41C9-BB11-FE58DE7B2198.jpeg
ニシンの骨、に似ているから、ヘリンボーンと言われている床のパターン。
ナラの木で張っています。
35A03581-8B7D-4B22-AAB2-E1D8FE3C108C.jpeg
フロアは、普通、部屋の隅っこから貼っていくものなのですが、ヘリンボーンは板の方向が45度傾いているので、部屋の中心から貼り始めます。
このヘリンボーンについて、1枚1枚貼っていくのが本当に大変なのですが、その大変さを表す動画や、ブログがありますのでご紹介します。
D362B8EA-67D3-4AD6-B721-C5940632648B.jpeg
 まずは、大阪のクロニカさん。
なんと大工さんと一緒に、施主さん自らこのチークのヘリンボーンを貼っていかれました。
面白い記事がたくさんあります。
むちゃくちゃ楽しく読めますので
ぜひご一読ください。
次に、新城・木の学校の生徒さんたち。
女学生さんたちがヒノキの1枚板フロアを貼っています。
564B6D76-DA9B-4585-B321-BD4C54DAB5F9.jpeg
 あるお客さんの家を、集まってきた関係ない人たちがDIY体験をしながら仕上げる、という愛知県古民家再生協会のイベントです。
 集まる人も素晴らしいのですが、
見知らぬ人に自分の家の仕上げを委ねるお客さんの度量の大きさがすばらしいイベントです。
 ヘリンボーンでは無いですが、床を貼るのは素人さんでは大変なことがよくわかります。
 最近はプロの仕事に慣れてしまったのですが、若い頃の、「大工さんすごい」の気持ちを思い出すので、クロニカさんや新城・木の学校を体験するのは楽しかったです。
 
posted by Kuhcan at 21:30| インテリア施工例

2020年12月14日

大阪芸術大学の2020卒業設計審査会

「俺が作品を手伝っていた4回生の先輩、
  大学の卒業設計展で1位になった」
 と大学に通っている息子が教えてくれました。
0B0C0AB7-B0FD-4A57-8C4A-D850F7245080.jpeg8DA49408-B841-4389-8C02-BFEFC01D5740.jpeg
これ全部1人の学生の作品だそうで、
プレゼンをしている動画を見ていたら、5× 2mほどのブースに、みっちりと作品が並んでいました。


「(世界的建築家の)妹島和世さんや青木淳さん、
 日建設計の代表取締役なども審査員だった。」
「でもその人たちの話より、先輩の話が1番面白かった。かっこよかった」


 と息子。
 ( 妹島さんや日建設計代表の話が面白くないわけないんですが、そこは息子の知性がないところなので、あしからずご容赦下さいませ。)


 よかったねー。そんなにいい先輩に会えて。
面白い人に会うために世の中に出たんだからさ。


 にしても、昨年大学のパンフレットで、すごすぎるなぁと、2人で唸って憧れた建築学科の卒業設計作品。その本に載るような先輩を手伝えるだなんて、本当にありがたいですね。


 実はつい先日まで、大学がコロナで2週間に1度しか対面授業がなく、友達もいないまま大阪にじっとしていたので、「鬱では無いだろうか」と同居のおばあちゃんが心配していました。
 「ずっと引きこもってゲームばっかりしてんねん。しかもご飯も1日一回しか食べん。夕方起きて、明け方には寝るねん。」と相談され、励ましに行こうかと思いつつ、ほぼ規制なく暮らせてる私に何を言われてもぴんとこないだろうなぁと遠慮していました。
 
 実際私の身の回りにも、大阪の大学に通えなく実家に戻った子や、なけなしのバイトを見つけてきてズームでひたすら授業を受ける子達はいます。でもその子たちはちゃんと規律を持って授業を受けています。
 自分の力で生きるって、秩序を自分で生み出すってことだから。自分に合うやり方で打開策を考えてみてほしい。

 「しょうがないよ。草太郎が悪いんじゃない。
時代が難しいだけやから、大丈夫。」
 という夫の一声で、zoomを開かなかろうが、昼夜逆転しようが、そっとしておいてあげようと、3人で決めていました。
 
 、、、だからそんな息子からの嬉しそうな報告は、子育てで何度目かの、「あーよかった。」です。あわや留年や休学もあるなぁと覚悟して、よかった。自分で打開策を見つけてくれました。


 これからも、自分のやり方で、失敗しながら生きてみろよ。ドンマイ草太郎。


「誰もが1度きりの人生。その姿に感動し、理解し、励まし、愛と努力と技術を持って生きる。」

 これが弊社の社是です。
posted by Kuhcan at 00:34| インテリア施工例

2020年12月02日

令和2年11月は上棟が2軒A 家族と大工編

BF4D36B0-85F2-4E7C-94AC-7F30B9FD4C50.jpeg
 上棟当日の写真です。
個人情報の時代ですので、最近こういうアットホームな写真がSNSにあげられないのですが、
今回は、わたしの実弟の家なので、遠慮なく載せさせていただきます。
6843C1D2-CE7B-4A8A-8BFF-3C0BE31C368A.jpeg
 甥っ子は、ちょうどクレーン車が楽しい年頃ですので、観覧席を作ってもらって見学しています。
 C37E81FE-7174-441F-9595-4DE80449E552.jpeg
 近くへ行って、足場にも座らせてあげました。
近すぎて怖い…と言いながらも、結構真面目に見ている甥。
 C2EB9E6A-0C06-4129-BCF1-B24CB41BE676.jpeg
 お姉ちゃんも、大人慣れしているのか、こんな朝の挨拶にも参加しています。
90B57234-9D95-451B-9E58-EE7ADDFEA507.jpeg
 この日は女性スタッフも多く現場にいたため、
いつも以上に親しみやすい現場でした。
1874E53D-79B1-4705-93C9-2947CB859698.jpeg
 この勢いが気に入ったのか、はしごを登ってきたい子たち。
 あのー… .私たちの立場上あまり良くないんですけど…昔はこれぐらい余裕だったけど…まぁいいか。
 私は昨今の「危ない事は何でもやっちゃダメ」な風潮は嫌いなものですから、本日は伯母として特別に許可。
A02B9F52-D960-48DE-8326-8E8B4944500C.jpeg
 と言うわけで、登っちゃいました。
↓さっきまではこんなにスカスカだったのにあっという間に床ができるんだねー。
640CCB5A-AB60-4A63-AE51-C2E640A595C2.jpeg
 休憩中は、いっぱいお菓子を並べてくれた姪。大工の岡ちゃんの笑顔で、ますます現場を気にいってしまう姪たちでした。
7C9637EF-0043-4937-8988-617FFDFD17C5.jpeg
そしてとうとうこの高さまでやってきた姪。
私びっくりして落ちそうになったわ。
FBD56F2B-A882-4956-8F0A-F7B23586FEDB.jpeg
 そうこうしてる間に、平塚家具から見学に来てくれた、加藤店長と名畑さん。
「俺らはここまでで! これ以上は無理っす」
と言いながらも、遊びに来てくれてありがとうね。
2DC64349-FB11-4617-B8D6-83A732738153.jpeg
 そんなこんなで、みんなに見てもらえた上棟式は、なんだか、本当におめでたい雰囲気に包まれていました。自分の仕事をみんなに見てもらえるのは誇らしいし嬉しいモノです。
5230D1A6-1C74-4A29-88BC-A38DDF0FFBCA.jpeg
 この日はクロス屋さんまでお手伝いに来てくれて、弟もうれしそう。吉田くんと養生シートを貼ってる手並がプロで笑ってしまいました。あんなに真面目に養生シート貼る2人はいない。
5EDB3558-E9C9-4F6F-981E-D35281240F17.jpeg
スタッフの岡さんは、生尾抱っこしてくれている間にあっという間に小学生に囲まれて、インターンシップを取り仕切る担当者のようになっていました。
B991FF13-3899-46E2-81FD-4F7785ED77C5.jpeg
今は防水シートまで貼れました。いつでも遊びに来てください。
posted by Kuhcan at 23:11| インテリア施工例

令和2年11月は上棟が2軒@ 女性と子供編

858F3033-0C8C-4A15-B9C4-3EFF88CF25E9.jpeg
 11月は、地元 墨俣で上棟が2軒ありました。
コロナと初夏の長雨により、結局6ヶ月遅れな感じです。
 でも両日、晴天に恵まれました。
5885EF36-541E-4313-94F5-4247F4B74F0A.jpeg
 最近は女性の現場主任も誕生した弊社。
BFBA8BC8-C9CC-4357-AD65-DF2EE341BB97.jpeg
この日はクレーンの作業者も女性です。

6C4497E5-2243-4E18-A130-D63E9DE269F0.jpeg 
 近所の小学生との交流も嬉しい。
子供たちが興味を持って眺めてくれるという、自然な地域の雰囲気がとても良い感じです。
FEE66E01-4F7F-4E5A-A2BE-DAA01BC0A27F.jpeg
 2日目にはサッシも付きました。
EC7E9E39-98AC-47EC-A8BC-D05F91787E72.jpeg
現場見学できますのでお気軽にお問い合わせください。

posted by Kuhcan at 19:55| インテリア施工例

2020年11月02日

クーカンの現場がバリバリ活況だが、反省点もある話


8C82D2E3-B3F2-41D1-B652-19D08E9633B5.jpeg(写真はイメージです。)

 10月のある日Aさんに頼まれて、Bさん宅の大規模リフォーム(お風呂トイレキッチン)の計画図面を描きました。
 その説明に伺う日は、Aさんも同行されて「11月から施工しましょう!」とBさんにノリノリでお勧めしてくださいました。

 しかしながら弊社、来年の5月まで工事の枠が埋まっています。
 B家を出てから、すぐに工事スタートできないとお伝えしたら、Aさんは当然のごとくがっかりされました。

 弊社の今後の改善点はこういうところですね。自分たちなりには精一杯こなしているのですが、せっかくの需要に全然追いつきません。

 今期は 
・新築が3件、
・大規模リフォームが3件
・現在終わりかけの工事が2件
・その間にどうしても入れ込みたい大工事が2件。
・小さい工事を入れればあと6件。

 事務所は5人、大工は3チーム。
 この小規模な状態に、実に余るご愛顧を本当にありがとうございます。

 私の好きな松下幸之助の言葉に
「商売繁盛で得た儲けは、社会からの事業依頼の金である。私利私欲に使うべからず。それよりもわが社の働きがあって社会が回転する喜びを持って、さらなる世界への責任を感ぜよ」
 というのがあります。

 仕事がたくさんあってありがたいと思う以上に、私の甲斐性のない点を感じる今日この頃です。
 皆様のご期待に「即」答えられる人材、それを持ち切れていないのですね。

 働き方改革で、どんどん、真面目に働く人が減っていく時代に、人を増やしていく難しさを毎日感じています。
 (弊社は、必要なタイミングなら出来る限り働く人しかいないので、最近の、休みは権利・忙しくても今日は働きません、と休んでしまう求人依頼の人とは、カルチャーギャップがかなりあります。)
 
 
A1FC7E7C-5DF7-4EC2-92F0-326D03C62D31.jpeg
 ちなみに今日の写真は、5年前に新築させていただいたCさんのお宅の、「食用アボカドを庭に埋めてみたら育った」という写真。アボガドの葉っておしゃれですね!皆さんもいちど庭に埋めてみてください。
80FEF96F-BE18-4870-9ACB-70FC7E231857.jpeg37DEF51E-3222-4190-A3EC-019A894B5959.jpeg
 家の端の水路の土に転がしておいても、こんな風に生えてしまうそうです。

BC2D2CFD-55F7-4C6E-B108-83192AE9DA8E.jpeg
 最後にインテリアの話。
 Cさん宅には、この日、木窓が暴風で悪くならないように、すっきりした三和シヤッターをつけました。マドモアUという製品です。
 既製品のリクシル社のよりもすっきりしていて、とてもいい感じでした。
posted by Kuhcan at 19:16| インテリア施工例

2020年09月19日

「適正価格」

「適正価格」
 私が実家の家具店に就職した23年前、家具業界は「お客さんが店員に頼めば、そのたびに特別値引きをしてもらえる」という売り方が主流でした。

 新米で売り子になった私は、定価10,000円の製品を、いくらの値段で家具に表示し、また、お客さんに壊れたらいくらで売るのかを毎日求められました。

 この習慣がなぜ平成のあの時代にまだ続いていたのか?これは私の予測ですが、世の中に八百屋さんがまだ残っていたからだと思います。
 八百屋さんは、夕方になって売れ残りを捨てるともったいないから肉や野菜を叩き売りします。奥さんが、店主とうまく話せれば、うまいこと「お得意さんだから」とあれもこれもタダで付けてくれる日もありました。(もちろん半分は腐ってましたけどね。)

 その感覚で、世の中の人が家具を買う時も同じサービスを期待したのではないかと思っています。
 ただ、家具は腐らないのでほんとうは年中同じ値段でいいはずです。それに、経理や原価計算も知らされていない新入社員が、勝手に値引きをして良いはずがありません。

 それでも毎日、私は、お客さんの顔色を伺いながら一生懸命値引きに頭を悩ませていました。まだ23歳だったのに、家に帰れば10時から朝は8時までバタンキューと寝るほど脳みそを使っていました。


 そんな中、ネットワークビジネス(いわゆるマルチ商法・ネズミ講)の奥様方に、家具を買うから家まで見に来いと言われ、そこで薬を勧められることがよくありました。

 そういう人たちは、大体私のように威勢が良く、自信ありげで明るい人が多かったです。ネズミ講ですから、私が良い売り子になるのだと思って目をつけられたのだと思います。

 そもそも1番初めは、天下の優良広告代理店・博◯堂に勤めていた若い男の子に、東京で三◯デザインテックの研修をしている新入社員の私たちはデニーズに呼び出され、勧誘された覚えがあります。

 私は昔から実家が商売をやっていたので、いくら学生上がりとは言えおかしいなと思いました。この人は、何かかっこいいことを言っているし、いかにも私たちに儲けようと話を持ってきているように見えるけど絶対に違う。

何かが違う。

それはなんだろう…???


 その日1時間ほど話を聞いて、しつこくしつこくよくできたシステムを説明されて(博◯堂だったので、ラフスケッチのイラストがとても素敵だったのを覚えています)、申し訳ないほどはっきりと分りました。


@結局は、会社トップ5%の人だけが儲かるようになってる

A残りの95%は、不適正な高い価格で商品を売らされる

と言うことです。

 (あの時、実家が商売をやっているだけでこんなことがわかるのか!とびっくりし、いつの間にか商売のセンスが身に付いている自分をはっきり感じました。)


 例えば最近で言う「悪徳商法」と言うのは、いくらで売ったら悪徳になるのかと言う事ですが、法律は意外とゆるくて、「世の中で良しとされる値段の倍以上を値付けしたらそれは悪徳」なのだそうです。
 例えば10円玉と言う商品があったとして、それが20円で売られていたら、ギリギリオッケー。25円で売っていたら悪徳。になります。

 何が言いたいかと言うと、

 ジャパンライフがとうとう逮捕されましたね、と言うことです。あんなに被害者を出しておいてこんなに大輔が難しかったんです。

 よく効く薬だろうが、健康になる布団だろうが、災害時に備えられる太陽光だろうが、悪徳業者は高く売っていますからすぐ気づいてください。金額も高ければ、商品も粗雑、個人情報の漏洩も3点セットで付いてきます。

 私は、お客様の家で、様々な悪徳工事を見守ってきています。
・4,000,000円の屋根裏耐震工事
・2,000,000円のシロアリと床下換気工事
・400,000円の整水器
・1,000,000円の羽毛ぶとん
・3,000,000円の借り換え(住宅ローン)の住宅金利をあてにした太陽光発電設置工事
・5,000,000円のずさんな屋根瓦取り替え工事

…お金を貯めていらっしゃる方ほど、うっかり払っていらっしゃいます。長々と書きましたが、正直、このブログを読む方は、もともと騙されません。性善説で信用している人に対して、悪徳業者は本当に許せません。


ジャパンライフのようなネットワークビジネス、マルチ商法が世の中から1つもなくなってほしいと心から願います。


そのためにはまず、消費者一人一人が、「適正価格」を勉強することだと思っています。

 
posted by Kuhcan at 19:04| インテリア施工例

2020年08月21日

しんどいシロアリ被害の責任は誰にあるのか

541C8098-1B41-4DF8-8884-2F33A810DD3E.jpeg
 だいぶいいところまで壊れた現場、またまた上部にシロアリ被害を見つけました。

FFB36D22-581A-4A26-B38B-CE6D924037D8.jpeg
 この黄色い丸の部分は、昔屋外であったところで、増築がしてあります。昔のモルタル外壁が張ったまま部屋を増やしてあります。

6A32AD2A-890C-4469-A6BD-35882023A84F.jpeg
 外から見ればこの赤い丸のあたり。
この内側に丸太の軒桁が昔あったのですが、それがえらいことになっています。ズームするとこんな感じ。木材が溶けたようになくなっています。
EAF5BE70-32D7-4FEF-9707-880E3F16986A.jpegCD2D42C3-EBFD-49BE-B73F-A9530A0115D3.jpeg
いかがでしょうか…
 モルタルはそのまま円く残っていますね。
 これは丸太そのものが悪いのではなく、
外壁モルタルをそのまま残して室内にしたため、
外の雨に濡れたモルタルから水が室内の壁に侵入し、
乾く場所がなくなり、
木を腐らせて
シロアリを呼んでしまいました。

FA97EC8D-F32E-4F7F-8469-57621A567B11.jpeg
 すぐ左隣の壁はこんな感じで、
土壁ですので、濡れれば土壁自体も水分を保湿します。
どんどんどんどん木は弱っていき、
上の写真の1番右の柱など、形があるだけでパサパサで強度はもはやありません。

こういう時…何を思うかと言うと、大工さんが悪いのか、家をいじりまくった施主さんが悪いのか微妙だと言うことです。

 大工さんは、たかが2畳ほどの増築に、丁寧にモルタルを剥がして工事をするとお金がかかるから、簡単に済ませてあげようとおそらくこの結末に至りました。

 施主さんは、ただただ、室内という領土を広げたかった。

 このことを思うにつけ、
・領土問題は誰の心にもある
・もともと広い家を設計すべき
・お金がかかってもリスクを優先でリノベーションすべき

と再確認します。こういう事を思いながら、増築しなくても良い新築の設計をしています。

吉田良子
posted by Kuhcan at 09:58| インテリア施工例

2020年08月11日

建築的エントロピーの増大に 医師からの回答

 C915F5F7-91FF-4D92-B756-79BB2F0E8C89.jpeg
 明るく前向きな人が病気を早く治す、と私勘違いしたんです。と語る、ホリスティック医学の 帯津良一医師。
 
 何気なく出くわしたこの方のコメント、ちょっと衝撃を受けました。
 《生命とは、(生物学的)秩序を自己形成する力である》
5F969D3B-AE7D-40A0-831E-61DD7FDF1F37.jpeg
 「私は、明るく前向きな人が病気を早く治せると思い、チームを組んでスタッフに当たらせたんです。でもすぐにそれは間違っていると気づきました。それからいろいろ人間全体を考えたり、本を読んだりして、人間は、明るく前向きにできてないと知りました。それは世をしのぶ仮の姿。
 人間の根底にあるものは「悲しみ」なんです。だから医療スタッフはその悲しみに寄り添うわなければいけない。また患者さんも医療スタッフの悲しみに寄り添わなければいけない。」
 うーん…
 そんな考え方をしたら、ここ1ヵ月の自分のことが納得できる。
 前回も書きましたが、5月から7月の大雨で、崩壊していく住宅に向き合うことに辛さや虚しさを感じていました。その私の心のざわめきにピシャリと回答が出た感じです。
 物事や秩序が勝手に壊れる力をエントロピーというのだそうです。そのエントロピー増大にあって、それを減少させ秩序を生み出せるのが生命だと、帯津医師は言うわけです。
 私、ある意味、「美しい住宅」という秩序を保とうとするのは、これは突き詰めれば、単なる人間のエゴで、自然界へのむなしい戦いのように思い始めていたんです。
 だから、この帯津良一さんの言葉は、嬉しい言葉でした。
 秩序の崩壊に立ち向かうことそのものが命だったんだ。
 ここ1ヵ月、腎盂炎やって病弱だったのですが、治りかけるたびに湧き上がる「仕事を頼まれてうれしい」と張り切る気持ち、そして具合が悪いと再び「私が背負うのはしんどい」という気持ちが、スパイラルしていくさまを、味わってきました。ただの細菌感染でこんなにテンションが下がるなんてやだなあと思っていたんですよね。
 でもこれが生命なんだ…。
体が悪い時に、秩序の崩壊(エントロピー)にあらがえないのは、やっぱり力が落ちているって言う事ですね。
8646E2B2-8F24-4BC8-8D5C-921581F18CEB.jpeg(私が情緒不安定建築と思うガウディの歪んだ窓。)
 なんかそれがわかっただけでずいぶんほっとしました。もう怖いので夏はじっとしてますが、涼しくなったら体力づくり頑張ろうと思います。
 いつかガウディみたいな不思議なものを作ってみたいと思いましたが、作れない私は、ほかのところで得をしているのかもと思い始めました。
2CA336D3-A956-4077-80CD-13E088DCD0B3.jpeg
posted by Kuhcan at 06:39| インテリア施工例

建築的エントロピーの増大に 医師からの回答

 C915F5F7-91FF-4D92-B756-79BB2F0E8C89.jpeg
 明るく前向きな人が病気を早く治す、と私勘違いしたんです。と語る、ホリスティック医学の 帯津良一医師。
 
 何気なく出くわしたこの方のコメント、ちょっと衝撃を受けました。

 《生命とは、(生物学的)秩序を自己形成する力である》

5F969D3B-AE7D-40A0-831E-61DD7FDF1F37.jpeg

 「私は、明るく前向きな人が病気を早く治せると思い、チームを組んでスタッフに当たらせたんです。でもすぐにそれは間違っていると気づきました。それからいろいろ人間全体を考えたり、本を読んだりして、人間は、明るく前向きにできてないと知りました。それは世をしのぶ仮の姿。
 人間の根底にあるものは「悲しみ」なんです。だから医療スタッフはその悲しみに寄り添うわなければいけない。また患者さんも医療スタッフの悲しみに寄り添わなければいけない。」

 うーん…
 そんな考え方をしたら、ここ1ヵ月の自分のことが納得できる。

 前回も書きましたが、5月から7月の大雨で、崩壊していく住宅に向き合うことに辛さや虚しさを感じていました。その私の心のざわめきにピシャリと回答が出た感じです。

 物事や秩序が勝手に壊れる力をエントロピーというのだそうです。そのエントロピー増大にあって、それを減少させ秩序を生み出せるのが生命だと、帯津医師は言うわけです。

 私、ある意味、「美しい住宅」という秩序を保とうとするのは、これは突き詰めれば、単なる人間のエゴで、自然界へのむなしい戦いのように思い始めていたんです。

 だから、この帯津良一さんの言葉は、嬉しい言葉でした。

 秩序の崩壊に立ち向かうことそのものが命だったんだ。

 ここ1ヵ月、腎盂炎やって病弱だったのですが、治りかけるたびに湧き上がる「仕事を頼まれてうれしい」と張り切る気持ち、そして具合が悪いと再び「私が背負うのはしんどい」という気持ちが、スパイラルしていくさまを、味わってきました。ただの細菌感染でこんなにテンションが下がるなんてやだなあと思っていたんですよね。

 でもこれが生命なんだ…。
体が悪い時に、秩序の崩壊(エントロピー)にあらがえないのは、やっぱり力が落ちているって言う事ですね。

8646E2B2-8F24-4BC8-8D5C-921581F18CEB.jpeg(私が情緒不安定建築と思うガウディの歪んだ窓。)

 なんかそれがわかっただけでずいぶんほっとしました。もう怖いので夏はじっとしてますが、涼しくなったら体力づくり頑張ろうと思います。
 いつかガウディみたいな不思議なものを作ってみたいと思いましたが、作れない私は、ほかのところで得をしているのかもと思い始めました。
2CA336D3-A956-4077-80CD-13E088DCD0B3.jpeg
posted by Kuhcan at 06:39| インテリア施工例

2020年08月09日

白のインテリアは「暮らしのキャンバス」

8C7CCAD9-79E4-4BEA-957E-4E8D5852E468.jpeg
 新築のお家が完成しました。
このたびは残念ながらオープンハウスを見合わせましたが、街中の変形敷地をうまく活用して、広々としたリビングダイニングを作ることができました。

DA7F1753-B633-4D86-B55C-B51C635FB29F.jpeg
 このショットだけで広さが伝わるでしょうか?実際体験していただくとほんとに良いのですが。
 将来的な家具のレイアウト変更にも対応できる作りになっています。

5BF29244-0123-4FDA-86C4-7C98FA66F705.jpeg
 今回のテーマは「エレガント」。
私はもともと西欧風のスタイルと白とゴールドが大好きなので、思いっきり趣味を出してやりました。
 本当はピアノ室は、シャンデリアを吊りたかったのですが、天井の高さとの兼ね合いで断念。これがうまくいってたら…もっとよかったのに…と思っています。 

4D7C7582-045F-4165-9F21-E0903C34279E.jpeg
 白といっても家中まっ白と言うのも芸がありませんので、木目がうっすら透ける、近年のヨーロッパで流行したスタイルで塗装をかけました。

ADB3C384-F715-4166-8268-C9F24F0EF289.jpeg
 ドアも本物の木製でちゃんとした製品なのですが、この木目は塗りつぶしてあります。あまり木目が透けてばかりでもしつこいので…。

ABFE0CBE-903C-470B-A043-93A7E45BDC87.jpeg
 白いインテリアの中に、グランドピアノとテレビモニターの黒が差し色になるようにしてあります。
 ドアの取っ手は金色。

 この、白、黒、金をベースに、お客様が様々な色の生活雑貨を置いていかれるはずです。

 家という建築は、生活のキャンバスみたいなものなので、あまり主張しすぎず、快適な暮らしの手助けができればという気持ちでこのインテリアコーディネートをさせていただきました。

 久しぶりの西欧スタイル、中に入るととっても気持ちがいいです。今回も、気持ちが良いおうちが作れてよかったです。

 吉田良子
posted by Kuhcan at 08:54| インテリア施工例

2020年07月13日

雨が漏らない屋根を作ればノーベル賞

 吉田が今朝珍しく、思い出話をはじめました。
(夜はお互い疲れたり、近所の子供に勉強を教えたり、会話がない。)

 25年前、通っていた京都工芸繊維大学(当時の学長はノーベル賞受賞者)の前川教授に言われたことを思い出しています。
「おい吉田よ、オレたちが研究してるFRPで屋根をひと繋ぎでゴボッと覆えれば、雨漏りはない屋根ができる。
 わかっていても今それができない。残念だ。
 雨が漏らない屋根を考え出せれば、ノーベル賞がもらえるぞ」

D442769E-B3C0-495B-A728-94ADFF834E93.jpeg
「古民家再生協会で茅葺き屋根研修があるというが、俺と安村さん(弊社の女性現場監督)と大工で参加するー。やっぱり屋根が大事やからー。」

 と言っています。

「ベランダの笠置(かさぎ・天端を覆うカバー板金のこと。)のことも、せっかく日経建築雑誌が、従来のやり方では雨が漏る、と特集記事にしてくれたのに、職人もメーカーも誰も信じようとしなかった。
既製品がこれなんだからこれが正解だと言って譲らなかった。現場の人間は頭が遅い。知識が永遠に正解なわけじゃないのに。

これは永遠の戦いないなんや、
人間と天候と時間の…。
ずっと考えていくべきことやー。」

 コーヒーをすすりながらだとこういうしんみりした意見が聞けるので結構朝はモーニングに行きます。
posted by Kuhcan at 09:48| インテリア施工例

2020年07月11日

「最近どうだい」「おかげさまで」

2C54F5D0-9C52-43CE-8A15-9E934933649F.jpeg
(3年越しにお邪魔したOBさんのお宅)

 今日、お伺いした取引先の社長様に「どう?忙しい?と聞かれて「はいおかげさまで」と答えられる嬉しさがあります。
 「そうかよかったな。僕も、コロナだから迷ったが、すごく暇な4月も、社員に希望者を募って働いてもらった。その時蓄積した商品があるから、今の急な需要の戻りに対応できている」とおっしゃられました。

 実は弊社も同じで、コロナ対策だからと無理矢理自宅待機になった社員さんが「やっぱり家はダメだ」と出てきてやってくれるのをありがたく受け止めてきました。職人さん達などは「こんなに風の吹き荒ぶ現場で、僕1人か2人しか働いていないのは密じゃない」と言って全く変わらぬペースで働いていました。
 あの時、接客こそ控えましたが、休むのが嫌だ嫌だと抵抗し続けたおかげで、この7月8月があるなと思うと、しみじみと、昭和かもしれませんが、根性出して良かったと思います。

 正直、私の知っている社長さん達は、誰も休んでいません。気持ちのペースも全く落ちていません。
 今日も土曜日ですが、週休2日で休んでいる社長はいません。

 こういうことを言うと、週休2日や祝日休好みの人にむちゃくちゃ嫌われることはわかっていますが、「仕事」は完了義務がありますので、私たちにとって「休日」は目安であって、仕事から気持ちを切っていいと言う免罪符ではありません。アメリカでは、FacebookのCEOでさえ、「社長が頑張りすぎると社員にプレッシャーで感じが悪い」と本に書く位ですが、歴史の浅い国の言う事は私は信じません。

 いつかはゆっくり休みたいものだ…お金もたまったらたっぷり使いたいものだ…と思っていたら、ある程度自由がきくようになっても休まない使わない自分になっていました。身の安全には大変良いのではないかと思っています。それが不幸せかと言われたらちっともそんなことはありません。人間、くつろぐばかりが幸せではありません。

 昨日は膀胱炎でフラフラして座るのもやっとでしたが、いろいろ締め切りがあり休めませんでした。おかげで今日は爽やかな気持ちで仕事をしています。本当は明日休めますが、やっぱりいらない用事を見つけては、手助けする約束をしてきました。
 今日も幸せな気持ちで仕事をしています。
posted by Kuhcan at 13:46| インテリア施工例

2020年06月17日

震度4〜2の地震

 2020年6月16日、15時02分、岐阜県美濃地方中西部で震度4の地震がありました。
 慌てて新築の工事現場に電話をしたところ、
「え?地震?! 気づかなかった」との返事。
451D7200-C937-4407-AA30-79AF19893380.jpeg
 そうなんですよ…こんなに広く開放的な造りのクーカン新築物件は、地震2〜4程度なら、地震の揺れにも気づかない状況なんです。
 ああ〜良かった。築45年の弊社事務所はむちゃくちゃ揺れましたけどね…。お客様のおうちが無事なら良かった。
 地盤改良は高いし、釘をたくさん打つので納期もかかりますが、やっぱり備えあれば憂いなしです。
 
 
posted by Kuhcan at 17:30| インテリア施工例