2020年01月14日

日時計のある暮らし、と私のそれには程遠い1日

AF00A4AA-00A2-4C4C-91CB-A040672519E4.jpeg
日時計が、事務所1Fのライムズで売られていました。
日時計…
ABC72FBE-2D9D-4969-93B2-1F3C1BBD2A2B.jpeg
 どうやって使うの、と試しに事務所に置いてみたところ、数字の書いてある時間になるとふわっと字が影になって机の上に映り込みます。
 正直分刻みで動くことの多い私は、「1時間がようやくわかったところで何になるの」と思わず言いたくなるのですが、むしろだからこそ、「1時間単位で動けばいい」豊かさに憧れます。
 いつかやってきて欲しいその一人きりの豊かさとともに、そうでなく誰かに人にまみれて日々をあくせく暮らせることに、また、ありがたみを感じました。(人生にはいろいろな局面があります。)
 そんな人にまみれた私は今日、「スタッフ欄の良子の写真は詐欺だ」と野球部のみんなに笑われました。グラウンド当番をしている寒い早朝の私はこんな感じです。左右からの違う手袋をはめ、サイズの合わないずり落ちたサングラスで日光を遮りつつ太陽で暖をとっております。
 これで1日12時間、ひたすら外におります。
010E6DAB-BAF1-42AE-B657-A431796FCDB5.jpeg
 スタッフ写真を見てご来店のお客様、本物はこれですので、どうぞ驚かないでくださいませ。中身は同じ人間(のはず)です。
posted by Kuhcan at 00:56| インテリア施工例

日時計のある暮らし、と私のそれには程遠い1日

AF00A4AA-00A2-4C4C-91CB-A040672519E4.jpeg
日時計が、事務所1Fのライムズで売られていました。

日時計…
ABC72FBE-2D9D-4969-93B2-1F3C1BBD2A2B.jpeg

 どうやって使うの、と試しに事務所に置いてみたところ、数字の書いてある時間になるとふわっと字が影になって机の上に映り込みます。

 正直分刻みで動くことの多い私は、「1時間がようやくわかったところで何になるの」と思わず言いたくなるのですが、むしろだからこそ、「1時間単位で動けばいい」豊かさに憧れます。

 いつかやってきて欲しいその一人きりの豊かさとともに、そうでなく誰かに人にまみれて日々をあくせく暮らせることに、また、ありがたみを感じました。(人生にはいろいろな局面があります。)

 そんな人にまみれた私は今日、「スタッフ欄の良子の写真は詐欺だ」と野球部のみんなに笑われました。グラウンド当番をしている寒い早朝の私はこんな感じです。左右からの違う手袋をはめ、サイズの合わないずり落ちたサングラスで日光を遮りつつ太陽で暖をとっております。
 これで1日12時間、ひたすら外におります。
010E6DAB-BAF1-42AE-B657-A431796FCDB5.jpeg
 スタッフ写真を見てご来店のお客様、本物はこれですので、どうぞ驚かないでくださいませ。中身は同じ人間(のはず)です。

posted by Kuhcan at 00:56| インテリア施工例

2020年01月05日

ゴーンがGone

 お正月…せっかく5日間も休めるなら外国で過ごしたい!と思ってエアチケットを調べたところ、たかがアジアに行くのに20万円もするとわかって諦めた吉田良子です。

 娘の受験も重なり、1つランク上の学校を目指し始めたためガリ勉中の彼女に付き合って、皆なんとなくお勉強しながら良い緊張感で過ごしました。
B1CFA6B4-D83B-4BCF-939E-D9CAC3864B77.jpeg
 辻本ファンの娘は(渋い)、なんばグランド花月でちょうど茂爺の着ぐるみに会えて満足。(3000円でファミリー公演見てます。)
 私はと言えば、劇中、吉本のみんなが声がよく出ていて、遠くて表情もわからないのに笑いのツボがはっきりしていて、本当に上手だなって感心しながら見てます。もっと自分のトークを磨きたかった。
 
 (余談ですが、年始の大阪の特番で、盛和塾で経営賞を取った人がすっちーと共演していて本当に羨ましかった。稲盛和夫にも吉本新喜劇にも交われる人がいるんですね。私の理想です。)


 で、ようやく本題なのですが、5の日にちなんで5〜ン(ゴーン)。楽器の入れ物に詰められて行ってしまいましたね。さすが、億単位で私腹を肥やす人は考え方が全く違います。正直、日本の経営者は世界的に見れば清貧でやっているので、外国人の成功した実業家からは馬鹿みたいな給料しかもらえない、と感じられるんだろうと思います。


 それをこっそり貯めて何が悪いと。実際日産をここまで立て直したんだから、お前たち凡人に裁かれてたまるか!と思っているのでしょう。


 きっと警察が、世界が、どう罪を問うてもゴーンはずっとそう思うでしょう。


 が、そういう人でなければ、日産を立て直せなかったのかといえば、そうでもなく、何度も申し上げますが稲盛さんは立派にJALを再生なさいました。

 傲慢の罪は罪として、ゴーンがこれからたとえ幸せに暮らしたとしても、日本にはここで気づいてほしいと思います。

 経営者が自己に対して清廉であることがいかに大切かをです。ゴーンのような自己中心のパラレルワールドに住み始めたら、人間性がほころびて、どこかで何かがおかしくなってしまうでしょう。フランスの60〜70%の人が彼を責めていないと聞きましたが、フランス国にその感覚がないのが非常に残念です。それは見えざる手によって行われるはずです。だから私は本当はもう、ヒトが裁く必要はないと思っています。


 人間を人間たらしめる脳:大脳新皮質はたった2ミリの厚さだと聞きました。たった2ミリの厚さに人間の理性が収まるわけもなく、この事件はある意味人間の進化の過程では当然のように起こる事件なのだろうと思います。
 私は死ぬまでにどれぐらい大脳神秘質を厚くできるか、そういうことをチャレンジだと思っています。古代から比べて、人間はどんどん理性的になってきています。素晴らしいことだと思います。
 まだ何百年何万年とかかるのかもしれませんが、いつか人間が、いたずらで人を殺したり踏みにじったりしない理性的な存在として存在できることを願っています。
 
 
posted by Kuhcan at 00:31| インテリア施工例

2020年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
BE91947B-9339-40C9-A05D-D649551620BF.jpeg
吉田雅一の実家、大阪の住吉大社で今年も初詣です。

 昨日の除夜の鐘、近くのお寺で除夜の鐘をつきに行きましたが、70番でした。結婚当初は180番でも
後に行列がありました。
 毎年毎年、参拝の人が減っています。人が減っているのか、お寺さんの檀家が減っているのか…
 もし前者なら世相の浮き彫り。もし後者なら、日本は、宗教を信じる人が少なくなっているという事です。

 かく言う私も…日本の3大神社の一つに行っても、絶対、お願いしない主義です。(神様にお願いするような他力本願ではいけないという主義です。)こういう人が増えると、お寺も神社も成り立たなくなっていきますね。

 ヨーロッパの歴史を見ても、宗教がなければローマ帝国も始まってないですし、現在の戦争もまぁまぁ宗教戦争の要素が多いです。それぐらい人間の「思考」と宗教は切っても切り離せないと思います。

 そんな中、日本の「何か絶対的なものに頼るのが怖い」とでもいう心理は、ある意味すばらしいバランス感覚の上に成り立っています。日本人に1つのことを思い詰めさせるな、というGHQの戦後教育の影響が多いかもしれません。それにしても、勤勉で優しい国民性がベースにあると思います。

 日本らしさ、令和の世にも移り変わっていくのでしょう。このように移り変わる世の中なのに平和に生きていられることにありがたみを感じています。

 神様、ありがとうございます。
 
posted by Kuhcan at 20:20| インテリア施工例

2019年12月31日

「自分がこんなにできるとは思いませんでした」

2A6C5C8D-E740-4994-957C-6F9E2A1D7EA6.jpeg
 いよいよ、令和元年12月31日です。今年 最後の挨拶で
「今年はお世話になりました。
 自分がここまでできるとは、思いませんでした、
 ほんとうに…。」
としみじみと言ってくれたスタッフがいました。

 そのスタッフは、夏の終わりくらいに私と話し合って、働きかたを変えてみた人です。このゆるい働き方の時代に、がむしゃらに働き、4ヶ月で見違えるほど様々な仕事をこなせるようになられました。

 松下幸之助さんの「ダム経営をするには、まずダム経営をやろうと思うことですな」
 稲盛和夫さんの言葉では「誰にも負けない努力は自然の摂理」。

 その人は体の限界にも、自分の家庭の事情にも、今までの自分自身へのイメージもにも挑戦して、まるっきりの意識改革をなさいました。会社がびっくりするほど円滑に業務が進みました。

 なぜがんばるのか、なぜ頑張らせるのか、

 それは決して会社のお客さんや利益のためだけばかりではありません。人には、「好奇心」という、人間にしか与えられていない新しい能力が備わっています。たとえそこに苦労が伴うとも、それを追い求めることが人生の楽しさだと私は信じています。
 私はそれを「仕事をすることそのものに尊厳を見出している」状態だと言っています。

 「我 想う 故に 我あり」

 動物は爬虫類から進化して、自分を守るだけではなく、「愛情のなか安全に生きていきたい」という感情があるのだそうです。さらにそこを超えて、人間は「知らないことに挑戦してみたい」と言う探究心があるのだそうです。

 仕事人としてのプライドを持った集団を目指して来年も進みます。
 2020年もよろしくお願いします。
 
posted by Kuhcan at 17:28| インテリア施工例

2019年12月27日

令和元年もお世話になりました

F91CB61C-692B-4905-BF97-A0FC8F16CEC5.jpeg
 令和元年もお世話になり、ありがとうございました。このブログを読んでくださっている皆さまに感謝申し上げます。
昨日 空間建築工房&平塚家具ライムズの忘年会、
本日 事務所と倉庫の大掃除を行い、
29日 工事現場の仕事納めとさせていただきます。
お正月は5日から営業します。
00D405CB-557F-4F7E-859A-A01F8131229B.jpeg
クーカンの忘年会は、2019年ミシュラングルメガイドに掲載された「a due passi パッシ」で行うのが恒例となっています。
始まる前に吉田雅一・良子が、今年の反省と来年の抱負を30分ほど語り、ヘンな空気になるのも恒例です。
パーティの締めは、大工の岡部くんとライムズの加藤 店長が、ぐだぐだな「ダブルぼけ漫談」を延々30分にわたって繰り返す、これも恒例になっています。この2人の嬉しそうなイチャイチャ感を見ていると今年も無事に終わるなぁと言う気持ちがします。
9021AF7A-7863-4301-8A9A-CD87B0D3722D.jpeg
2次会後は、お約束のように代行が予約できず、
3次会として妹の家になだれ込みます。
気がついたら、空間の人誰もいない勝ち誇り
7D53A14E-D31E-4658-B816-0C194654607B.jpeg
 今年は結局朝まで飲み明かしました。(みんな次の日仕事なのに。)
 2年に一度はこんな感じになります。
 クーカンとライムズって、隣の会社なのに忙しくて交わりがなさすぎ、この忘年会をチャンスとばかりに話し倒します。
(なぜか夜中に起きてきて、大人の飲みを見守る5歳の姪っ子。)
私は空間建築工房の経営者ではありますが、やっぱり実家の家業である平塚家具の事はいつでも心にかかっているので、こうして毎年、善良なスタッフの方々と話をすると心が落ち着き、とても幸せな気持ちになります。
 
 手前味噌かもしれませんが、最近のライムズのお店はとてもスタイリッシュでロマンチックです。みんなの愚痴を聞きながら、「あの美しいお店をそんな苦労や葛藤の果てに作り上げているのだ」と知るとしみじみと、奇跡のようにありがたく思います。
 平塚家具のスタッフのみなさん 本当にありがとうございます。悩みはどこにでもありますが、やっぱり皆さんの心根のキレイさは店に現れていると思います。私もつりあうように、がんばります。
posted by Kuhcan at 20:59| インテリア施工例

2019年12月21日

築72年の古民家再生B トイレ

0F51F25A-3B3C-45C5-8559-2EE757FD83B2.jpeg
「この先30年間直さなくてもいいようにお願いしますね。」^_^
 つまり、住まい手がご高齢になり、生活スタイルが変わっても、耐震上安全であり、車いすなどにも対応できる使いやすいリノベーションをしてほしいというのが最初のリクエストでした。
 ではトイレをどうするか、ということから考えてどこの部屋で何をするかを考えてきました。
 
7C64E854-63B1-4859-8AD6-88F1D72B4889.jpeg
この写真でわかるように、玄関からトイレまでは一直線の導線にしました。玄関からの段差は一直線でスロープで解消すれば、車椅子になっても色々と心配がありません。
 その上、トイレの長手を少し短くして、手前の廊下を広くつくりました。柱をずらすのは結構本当は大変だしやりたくないのですが、この10センチ15センチの差で、車椅子の使いやすさが全く変わってきます。そのかわりちょっと構造上無理をしたので、柱や梁が見える真壁にはできず、トイレの手前の壁だけは柱が見えない大壁になっています。
 
347986EF-2BF6-4277-8702-E68FA438DB18.jpeg
トイレの壁は、床から1.1mまでは尿がはねるというデータもありましてクロスにしました。グリーンのクロスだったので、手洗いにはグリーンのオニキスモザイクガラスを貼って水ハネにも対応しています。手洗いのカウンターはめるくしパインで作って、手洗いボウルは陶器製です。(昨今の人工大理石カウンターは、将来的に劣化が早そうなので、あまり好きではないです。特にトイレや洗面のものはあまりいいものじゃないような手ごたえがしています。)
80016194-89C0-4D03-8CF1-E387E6D0265B.jpeg
窓はインプラスという二重窓を取り付け、断熱効果を高めました。床も、CFシートと言う塩ビ型のクッションフロアですので、尿の染み込みもなくやさしい踏み心地です。古民家とは言え、清潔感は大事なので、雰囲気を壊さない程度に新素材を使っていきます。
 闇雲に天然素材の家を売るのは私は本当に好きではなくて、せっかくなら新しい素材の良い所も取り入れ、だからといって時代の波には飲み込まれないと絶妙なところをいつも探しています。
posted by Kuhcan at 23:35| インテリア施工例

2019年12月19日

築72年の古民家再生A 建具

171A0A10-C4E9-4F1C-9E74-A8AE634AA2E5.jpeg
「あなたの会社の建具が良くって」
と褒められながら新築やリノベーションを受注することがある空間建築工房です。

今回も、本来だったら捨ててもいい建具をありったけ再利用しました。

まず、この写真右に写っている家具。
「まぁ、これは捨ててもいいんだけど…」施主さんがおっしゃるので、ダメですダメですと弊社倉庫に取っておき、このタンスに合うサイズで廊下をつくりました。

だからダイニング側から見ると壁が凸凹です。
B37223B8-925C-415B-B890-CDFA8311F230.jpeg
(写真中央から左寄りの四角い壁)
この部分に先程のタンスが収められています。

 手前には柱が2本。
構造上どうしても抜けないため、壁から15cmという微妙な隙間でにょきっと建っています。
 …この辺は、賛否両論あろうかと思います。柱を壁に埋めてしまった方がスッキリしたはずです。ただ、そうするとタンスが廊下から奥まって収まることになってしまうか、タンスと後ろの壁に隙間ができて永遠に埃が溜まります。
 それでは逆に見栄えが悪いだろうと、壁の位置をタンスの背中に合わせました。
FDB41C88-010D-4223-B9AF-3A0CA0FD6E8D.jpeg
いかがでしょうか。こちらのほうがきれいだと思います。


D30FC5BD-FBA1-4FC7-97FE-4B216E59C1DD.jpeg
また、各所に見られるこの色のちぐはぐな建具…。
5BFF4B6D-DC6C-4975-B1BA-ADF0B77F92FB.jpeg
これは、
・自動で閉まるソフトクローズをつけた
・違う場所に使ってあったので、高さが合わなかった
C9C1D841-039D-4B2C-8415-FD7AF2C77BD0.jpeg
 さらにこれは、家の地震の歪みに合わせて削られすぎた建具が、それ自体が斜めになっていたので、接ぎ木で正方形に整形し直しました。
A701001E-6666-4B9F-B01F-F2850E98D4C7.jpeg
 古民家はどうしても地震や風に合わせて歪んでいくので、70年目ですから、建て起こし(家のフレームを水平垂直に戻すこと)をしたら、建具の高さが足りなくなることがたまにあります。今回もそんな感じです。
23E1BDFC-16D5-45E9-BC03-37088501568D.jpeg
折れていた桟を直したりもしました。
D23DE480-FC0A-41D9-8A65-6B0A8614B5A0.jpeg

道閉めた感じがどんなふうに見えるかはまた次回。




 

posted by Kuhcan at 08:07| インテリア施工例

2019年12月17日

築72年の古民家再生@ 玄関

8A2DE8A9-D5AC-4414-BE04-7BE259906FC8.jpeg
令和元年12月の今日、
築72年のお家のリノベーションが完成しました。
3F14AA13-9CFE-431C-8B59-D13E981E3919.jpeg
気をつけたのは「手を加えすぎない」こと。
例えばこの写真では、変わったのは
・玄関タイル
・1番低い床
・黄色く見えている部分の壁
・照明を追加
だけです。
・柱間や梁
・左の式台
・天井
・建具
・砂利の腰壁
は従前のまま。
Before ↓↓↓
21AF70EA-1CCB-47A3-AF31-19CE4B6B7113.jpeg0D09E176-773D-4C0A-B60E-1C4646D05F16.jpeg
(伝統耐震診断で、建物の揺れ方を見ているところです。)
CBD918FB-1C93-4B03-8764-C049B0CEB31C.jpeg
After ↓↓↓
AD3EC46A-FCF3-4A3D-9500-8AEF80383422.jpeg
どうでしょうか。写真の写り方としても見違えるように変わりました。
F1FE7D96-E211-4060-B3E2-6AA1C4A09AF2.jpeg
ただ、玄関から奥に続く高さとしては、以前は何箇所にも分かれて、家の途中途中で段が上がっていました。22センチ、8センチ、12センチ、5センチ…。これは非常に煩雑で危ないので、以下の写真の通り、玄関から一気に階段で上る仕様にしました。
 その時の踏面も44cmセンチと奥行きを広くし、上りやすいゆったりした段差に変えました。
 これで、家のバリアフリーは完成です。
E0876C6D-3EB6-41D4-AFBF-E8DD20328D89.jpeg
将来
この階段にスロープを作っても急でないように、玄関から真っ正面に動線を通してあります。
posted by Kuhcan at 03:09| インテリア施工例

2019年11月28日

ソファベンチのある窓辺

FF437B0A-25B6-44D5-8807-066DD9DB322B.jpeg
ソファベンチを作りました。
家具屋の出なので、ソファを作るなんて簡単かと思われるでしょうが、実はほとんど作りません。
理由は
「ソファメーカーを冒涜してる気がするから」。
各工場の苦労やデザインの工夫を知っているからこそ、自分は手を出しちゃいけないと思ってきました。一人で紳士協定を結んできたわけです。
 そうはいえども、リクエストがあれば作るのが筋ですので、作ってみました。
 隣の家に向かって造る方角なので、窓辺とは言えベンチのへりにすぐガラスが来ないように、窓を上に上げました。
00800CF9-7631-4C00-9637-099BA5AA0CE0.jpeg
本当はもう一段窓を上にあげたかったのですが、鉄骨の梁があったせいで断念しました。せめて窓の上まで天井を斜めに下げてこようと思ったのですが、天井が低すぎるんじゃないかと現場での打ち合わせで却下になりました。
 作ってみてやっぱり、天井と窓を斜めにつなげたかったと思うのですが、ここら辺は施主さんの感覚や意向もあっての結果なので、いいことにしましょう。

9C5DFB4D-A2D4-490C-BD32-76BEDEDBBBF3.jpeg
天板と引き出しには、ウオルナットの無垢板を取り寄せて付けました。この材料がさらっと入ってくるところが空間建築工房だと自負しております。(意外と、建築業界にはウォールナットの無垢板が出回っていません。)
 施主のお父様には「いいなぁ…無垢板…奥行きもたっぷりあって座り心地もいいし…。使い回しも良さそうだし(寝れる)…ずっとここにおって孫の顔見ていたいなぁ」と言っていただきました。
 
私の大好きな 故・平塚家具の専務にこのソファを見せたらなんて言うかなぁと想像します。15年前に、私が作った大きな本棚のあるリビングを見て、「もう、僕、シットするわぁ!」と言われた嬉しさを思い出します。私の叔父にあたる人ですが、昨年夏に急逝してしまい、とても寂しく思っています。専務が見つけてきてくれた工場や材料屋さんを駆使して作ったこのソファです。
posted by Kuhcan at 06:09| インテリア施工例

ソファベンチのある窓辺


FF437B0A-25B6-44D5-8807-066DD9DB322B.jpeg
ソファベンチを作りました。
家具屋の出なので、ソファを作るなんて簡単かと思われるでしょうが、実はほとんど作りません。

理由は
「ソファメーカーを冒涜してる気がするから」。
各工場の苦労やデザインの工夫を知っているからこそ、自分は手を出しちゃいけないと思ってきました。一人で紳士協定を結んできたわけです。

 そうはいえども、リクエストがあれば作るのが筋ですので、作ってみました。
 隣の家に向かって造る方角なので、窓辺とは言えベンチのへりにすぐガラスが来ないように、窓を上に上げました。
00800CF9-7631-4C00-9637-099BA5AA0CE0.jpeg
本当はもう一段窓を上にあげたかったのですが、鉄骨の梁があったせいで断念しました。せめて窓の上まで天井を斜めに下げてこようと思ったのですが、天井が低すぎるんじゃないかと現場での打ち合わせで却下になりました。
 作ってみてやっぱり、天井と窓を斜めにつなげたかったと思うのですが、ここら辺は施主さんの感覚や意向もあっての結果なので、いいことにしましょう。

9C5DFB4D-A2D4-490C-BD32-76BEDEDBBBF3.jpeg
天板と引き出しには、ウオルナットの無垢板を取り寄せて付けました。この材料がさらっと入ってくるところが空間建築工房だと自負しております。(意外と、建築業界にはウォールナットの無垢板が出回っていません。)
 施主のお父様には「いいなぁ…無垢板…奥行きもたっぷりあって座り心地もいいし…。使い回しも良さそうだし(寝れる)…ずっとここにおって孫の顔見ていたいなぁ」と言っていただきました。
 

私の大好きな 故・平塚家具の専務にこのソファを見せたらなんて言うかなぁと想像します。15年前に、私が作った大きな本棚のあるリビングを見て、「もう、僕、シットするわぁ!」と言われた嬉しさを思い出します。私の叔父にあたる人ですが、昨年夏に急逝してしまい、とても寂しく思っています。専務が見つけてきてくれた工場や材料屋さんを駆使して作ったこのソファです。
posted by Kuhcan at 06:08| インテリア施工例

2019年11月22日

TOYOキッチン

323A9A43-6126-4B7C-816C-1DBA0829DEAC.jpeg
TOYO Kitchen Style(トーヨーキッチン)
というキッチンメーカーをご存知でしょうか。
岐阜県関市発祥でありながら、スタイリッシュな色気あるシリーズを生み出し続けるハイエンドなキッチンメーカーです。
最近では、オランダの「Mooi(モーイ)」というインテリアブランドともコラボして、唸るほど素晴らしいショールームが名古屋市天白区にあります
8AA29768-4973-4C6B-9E59-976D55F2312A.jpeg
今回は、そんなTOYOキッチンを、鉄骨3階建てのリノベーションに組み込んでみました。
リノベーションとはいえ、施主様はインテリアが大好きなとても理知的な女性でしたので、たくさんの趣味レーションをなさり、こんな感じに行き着きました。
 窓が少々ずれていますがリノベーションなのでご愛嬌です。とは言えカップボードが少し窓に被ってしまったのを放置すると芸がないので、職人さん達が現場で上品に仕舞いしてくれました。
552E0F9A-8950-423D-B49A-64250C34ED47.jpegD967713A-E911-4FF5-936B-208A0C687240.jpeg
(窓の外から見ても裏でなく模様が見えるように、キッチンパネルを切り取って貼っています。)
4A7731A5-114B-4937-B0B1-5F6087AA0A9F.jpeg
 カップボードの左側にはパントリー的な収納があるのですが、これも、実は鉄骨の柱がここにあるため、それをうまく隠した仕上げとなっています。
C11FEF78-8061-4F8A-B81B-FD2FEA40C71A.jpeg
 クロスはチャコールグレイで統一しました。
もうちょっとアバンギャルドな感じもいろいろ考えたのですが、トーヨーキッチンのカウンタートップのキラキラ感があまりに存在感があるので、別荘でもないし、やりすぎると疲れるよね、と話し合い、10回以上の検討を経てこの落ち着いた感じで収めました。
C95CF1E3-4E49-4DB5-B56B-7D1EE578F2E0.jpeg
 今回褒めていただいたのはこの「やり過ぎなさ」です。何でも盛り込めば良いとなるとアパホテルのように散らかった、テーマのないデザインになってしまいます。
 
 (とはいえアパホテルの社長さんのことを私は大好きで、あれぐらい個性があれば、「あーこの人に会いに来たなぁ」と言うような気持ちにさせます。新しいアパホテルに行くたびに、誰とも被らない個性のあの社長が余計好きになります。)

 ですが、一応、インテリアコーディネーターとしては、「そこまで好きなものを盛り込みすぎると、デザインとしてはダメですよ」と言いたくなることがしばしばあります。

image-2a62b.jpg
今回は、クロスやタイルはもちろん、クローゼットの中身まで施主様がすごいシュミレーションをご自分でなさって「何が悪いんですかね?」と質問をなさると言うレベルの高い打ち合わせが多かったので、それぞれのアイテムのデザイン性の違いをご説明することができました。
 これはまさに施主さんのセンスと性格が素晴らしかったからで、私は単に知識をお伝えするのみで、決定はほぼご本人がなさりこの仕上がりです。
性格なんてインテリアと関係ないようなものですが、実は大変関係があります。意見を聞いて噛み砕いて考えてくださる方というのは素晴らしい仕上がりになります。私も自分の好みの押し付けではなく、その方らしいインテリアをお勧めするようにしているためです。
(続く)
posted by Kuhcan at 07:13| インテリア施工例

2019年10月21日

ユネスコ無形文化遺産「ギャッベ」展

BAAB0904-2689-4CA1-B684-D1610A64D209.jpeg
岐阜県の皆さんに愛されて止まない(マツコデラックスも、つい1枚買ってしまった)イランのウール絨毯「ギャッベ」。
平塚家具ライムズで、8ヶ月に一度の「200枚展」が10月19日始まりました。
今回は、本館3階で、プチアートとのコラボをテーマに。北欧のブランド家具とのマッチングを楽しんでいただける会場になっています。
21EA87AB-0C63-4C34-9F42-899DA11F2F6B.jpeg
前日の「大工棟梁検定」会場(私たちが準備係。)とは全く違う、カラーに溢れたステキな会場。
「私ってそもそもこっち系の出身だったよね。」と思い出して、技術も大切だけどやっぱりデザインも大事だと、なんだかものすごく元気が出ました。
 (というのも、昨日の大工検定の検定員のプロさが凄すぎて、かなり圧倒され、私は大工でもないのにむちゃくちゃ落ち込んでいたので。)
017FB433-A642-4113-9009-14D33E8ED4A8.jpeg
3階の天井の低さがまた落ち着いた雰囲気になっていて、いつものキャベ、よりなんだか馴染む感じです。
 疲れ切った心と体にほんとに染み入りました。やっぱり生きてる羊の力は凄い。草木で染めたカラーがくれる力も凄い。たかが絨毯を触っているだけなのに本当に癒し。
 疲れきっている方、もしくは元気いっぱいな方ももちろん、ぜひぜひ遊びに来て下さいませね。本館は2階もとっても楽しい売り場になっています。
posted by Kuhcan at 20:56| インテリア施工例

ユネスコ無形文化遺産「ギャッベ」展

BAAB0904-2689-4CA1-B684-D1610A64D209.jpeg
岐阜県の皆さんに愛されて止まない(マツコデラックスも、つい1枚買ってしまった)イランのウール絨毯「ギャッベ」。
平塚家具ライムズで、8ヶ月に一度の「200枚展」が10月19日始まりました。
今回は、本館3階で、プチアートとのコラボをテーマに。北欧のブランド家具とのマッチングを楽しんでいただける会場になっています。
21EA87AB-0C63-4C34-9F42-899DA11F2F6B.jpeg
前日の「大工棟梁検定」会場(私たちが準備係。)とは全く違う、カラーに溢れたステキな会場。
「私ってそもそもこっち系の出身だったよね。」と思い出して、技術も大切だけどやっぱりデザインも大事だと、なんだかものすごく元気が出ました。
 (というのも、昨日の大工検定の検定員のプロさが凄すぎて、かなり圧倒され、私は大工でもないのにむちゃくちゃ落ち込んでいたので。)
017FB433-A642-4113-9009-14D33E8ED4A8.jpeg
3階の天井の低さがまた落ち着いた雰囲気になっていて、いつものキャベ、よりなんだか馴染む感じです。
 疲れ切った心と体にほんとに染み入りました。やっぱり生きてる羊の力は凄い。草木で染めたカラーがくれる力も凄い。たかが絨毯を触っているだけなのに本当に癒し。
 疲れきっている方、もしくは元気いっぱいな方ももちろん、ぜひぜひ遊びに来て下さいませね。本館は2階もとっても楽しい売り場になっています。
posted by Kuhcan at 20:56| インテリア施工例

ユネスコ無形文化遺産「ギャッベ」展

BAAB0904-2689-4CA1-B684-D1610A64D209.jpeg
岐阜県の皆さんに愛されて止まない(マツコデラックスも、つい1枚買ってしまった)イランのウール絨毯「ギャッベ」。

平塚家具ライムズで、8ヶ月に一度の「200枚展」が10月19日始まりました。

今回は、本館3階で、プチアートとのコラボをテーマに。北欧のブランド家具とのマッチングを楽しんでいただける会場になっています。
21EA87AB-0C63-4C34-9F42-899DA11F2F6B.jpeg
前日の「大工棟梁検定」会場(私たちが準備係。)とは全く違う、カラーに溢れたステキな会場。
「私ってそもそもこっち系の出身だったよね。」と思い出して、技術も大切だけどやっぱりデザインも大事だと、なんだかものすごく元気が出ました。
 (というのも、昨日の大工検定の検定員のプロさが凄すぎて、かなり圧倒され、私は大工でもないのにむちゃくちゃ落ち込んでいたので。)

017FB433-A642-4113-9009-14D33E8ED4A8.jpeg
3階の天井の低さがまた落ち着いた雰囲気になっていて、いつものキャベ、よりなんだか馴染む感じです。

 疲れ切った心と体にほんとに染み入りました。やっぱり生きてる羊の力は凄い。草木で染めたカラーがくれる力も凄い。たかが絨毯を触っているだけなのに本当に癒し。

 疲れきっている方、もしくは元気いっぱいな方ももちろん、ぜひぜひ遊びに来て下さいませね。本館は2階もとっても楽しい売り場になっています。

posted by Kuhcan at 20:56| インテリア施工例

2019年09月18日

岐阜で1番 …既製品のキッチンはいい

AC0A4FB6-0B88-49D6-A059-0F7C28968004.jpeg
うれしいニュースがお菓子とともに届きました。

LIXILの弊社の担当レディ・南谷さんが、新作キッチンを全国で一番たくさん販売したとの事で、社内表彰されました。
  しかもなんと、関東以外で1位が出たのは初だとのことで、それが岐阜だったと、いま支店は沸いているそうです。

  その販売台数に弊社が一番貢献したとの事で、旬の東京土産「オードリー」のコルネを1:30も並んで買って来て下さいました。

FD033A86-13AA-48F7-BB00-217BC93DBFD8.jpeg
美味しそう…。ありがとうございます。

  とかく設計事務所では、「自分でキッチンを設計して作らないとへたくそ」みたいな、変なこだわりがあるのですが、いろいろやってみて、モダンデザインなら既製品のほうが絶対的に品質が高いと確信しています。
  よって私は、結構 既製品キッチンを使います。お客さんの個性に合わせていろんなメーカーを使いますが、昨今は、企業努力が素晴らしいのでどのメーカーでも大体高品質です。あくまで個性で選べば大丈夫です。

0378CE18-789D-4874-9AF3-3415C85791B3.jpeg
困った方は岐阜のショールームで、南谷さんに相談してみて下さいね。
ちなみに南谷さんは過去にトイレの販売台数、洗面台の販売台数でも全国1位に輝いています。

posted by Kuhcan at 08:31| インテリア施工例

2019年08月25日

見えないものを見る

A3932937-79C0-456E-B8EF-71AD482CFA28.jpeg
古民家の改装中です。
このお家は、「伝統耐震診断」で、「古民家であるにもかかわらず現代の在来工法の揺れ方をする」と判定された建物です。

  特に、写真の部分(と写真右の青い新既存部分)は、後から増築されていたこともあり、通気性が全くなかったこともあり、現在の建築基準法に基づいたやり方で直します。
  (以前のブログで、屋根のかけ方やお風呂の設置方法、地面と土台木材の縁切りなど全てに問題があったゾーンです。)  

CD929416-41C6-4E32-A5D6-5D87B87DF410.jpeg
ですからこんな細かい土台部材が入ることも。
ちなみにブルーシートの奥は既存の建物です。

420ADB69-DC62-40C0-8C0F-A00B3DA7B0A0.jpeg
 2日かかって、この屋根下地がようやくかかりました。
  古民家って手がかかりますね。

  折しも昨晩は、私の通っている経営塾で、私の経営体験発表をしてきました。が、 一軒を1日で建てる新築の上棟に比べて、たったこれだけで2日かかる古民家。
  敏腕経営者様たちにいろいろ突っ込まれそうな(笑)シチュエーションです。
あの天才のみなさんだったら、この現場をどうさばくのかなあとも考えながら見ています。
  
  暑い中、手刻みでやっていただいている「職人さんへの信頼や古民家への愛着」と、「スマートな実行予算や工期」。このハザマで右往左往している私たちに向けて、昨日の岐阜塾の勉強会では皆様からいろいろな意見を頂戴いたしました。

  最近思うのですが、プロが家の完成後をありありと想像できるように、名経営者は、自分の経営の結果をありありと想像できる人たちです。

  見えないものを見ようとする行為は同じなのに、家に比べて会社の行く末を見るのは難しい。会社よりよほど家のほうに命があるから、家が私たちに呼びかける声が大きいんだろうなと思います。

  この古民家が、「地震に耐え」「雨に耐え」「家族の変化に耐え」るよう精一杯仕事しつつ、本来命のない「会社」という存在に命を吹き込むべく、今日も邁進していきたいと思います。

  
  
posted by Kuhcan at 06:16| インテリア施工例

2019年08月18日

ねばり勝ったあとの夕焼け

69793F41-8796-4379-B816-756885DE54D7.jpeg
  末っ子の野球遠征で福井県に来ました。今日は久しぶりに試合が見れましたが、粘って粘っていいパフォーマンスで5-6の逆転勝利です。気分はサイコーです。

  小学校の野球部を引退してボーイズに入れたものの、昔ながらのガチガチの体育会系ルールで、ー普段は子どもに近づけません。

  よって、せっかく25人もいるメンバーのキャラも顔も分からず半年経ってしまいまして、今日は「友だち(わたしの)増やそうキャンペーン」で張り切って泊まり組です。

50AFB4F5-8D7A-431C-97F2-56DACB868D73.jpeg

  そもそも最近は仕事三昧で月に2日だけの休みをボーイズに当ててるのですが、いつもの「青空応援」を自粛してるので、野球野球ボール️に来てても消化不良。

  なので今日は真剣にみんなの様子を観察し、ちょっとは声出して応援できました。(思い入れ始めるとどうしても歌ってしまいます)

  すると、2年前と同じ「俺なんか。」という萎縮や「あいつではなぁ」という傲慢さなど、いろいろ見えてきます。こりゃ〜、私の出る幕いっぱいね! 

3A057B54-6F11-4B48-9788-F6B5D218B267.jpeg
  ということで、宿で夫と2人で15人くらいをマッサージ。身体を触ると、「ああ、これでセンターフライ落としたのか」「だからピッチングがいいのか」ってわかるくらい。時には性格まで伝わってきます。

  ガチガチな子に「あんたって気がものすごく優しいんやね」、柔らかい筋肉の子に「君は疲れにくいから良かったね」と声をかけるとみんな嬉しそうにニコニコします。なんの形でもいいから、愛情が伝わると、プレーにすぐ出ます。明日も楽しみです。

  今日の感動は、マッサージされて喜んだ子が、仲間にやってあげ始めた事です。エっ!あんたたち4:00起きなのに、優しいし気が効くやん!!ってなりました。

  これなら明日も勝てるな〜。愛情のあるチーム、これからも作ろうね。
posted by Kuhcan at 04:01| インテリア施工例

2019年06月11日

サロンのある家1

608936E8-C216-4EBA-9F10-785B1FB23F49.jpeg
  グランドピアノがある家が完成しました。天井を高くしたので、グランドピアノがちょうどいい大きさでおけました。
  今回は施主様が、設計からインテリア、果てはお風呂の向きまで大いに参画して下さったので、ご要望をたくさん盛り込んでの完成です。

北欧・ヨツールのストーブも入っています。
  
7A219F5B-C074-4516-9DB7-0535A341A7DC.jpeg
奥に見えているのは、お施主様のコレクションボード。壁に埋めました。

2990D70F-94F9-492C-AC41-F6A55E1A673D.jpeg
ピアノ脇にはブラケット照明と飾り棚。

DE81927A-BBF1-4414-8795-98D180411652.jpeg
最近進化したエコカラットプラス。イタリアンタイルに劣らないいい感じの色肌です。

A754A1A6-7012-4F17-91C8-2FD17568A8A1.jpeg
  家具が入る前はこんな感じです。
施行中は、工事の人達が口々に「広すぎる」といいましたが、インテリアが入ったら「ちょっと狭いくらい!」に変わりました。そういうことは、図面で百も承知でしたが、お施主様ご自身も、きっと緊張しておられたので、全体が収まった時に「ホッ」とされたのではないでしょうか。


 無い物を想像して作るって難しいのですが、正直たくさん建てたり見たりしているので、自分達はある程度わかっています。ただ最近はそういった「人がどう感じるか」が一番の難所です。周りがあまりに同じこと(ネガティブなこと)をいうと、大概の人は不安になってきます。クロスやタイルの配色一つにしても、随分ご心配をいただいていたそうです。特にこういった大きなおうちでは、普通の人とはあまり見たことがなく、感覚もずれていれば半分妬みもあるのでなおさらです。

  こ図面やイメージでは捉えきれない、「空間」を感じる家が作りたいという思いで、弊社は空間建築工房という名を自社に掲げています。
  これからも、そんな途中のネガティブを振り切って、完成のベールを剥がした時「あっ」と気持ちよく感じられる、ちょうどいい家を作っていきたいなと思います。
posted by Kuhcan at 08:27| インテリア施工例

2019年06月03日

かなつぎ(矩継)という技術

  鉄骨の店舗に、つっかい棒的な支持柱が必要になったのですが、
そんなに長い柱を頼む時間がないので、「柱のかな継ぎ」をしました。
CE882337-0395-4FD4-9D15-C747C4DC075A.jpeg
これは古民家によく使うやり方で、腐った柱をすげ替える代わりに、丈夫なところまで切って、新しい木を継ぐんですね。

  精度が必要なのと、どうしても手刻みなので、最近の、パンパンパンと立てていく大工さんではできない人もあります。
(この写真は、ちょっと雑なやり方かもしれません。ちょっとしたつっかい棒的な位置づけなので雑なのですが、もし本気で荷重のかかる柱だともっとみっちりやります。)

5FD8BE72-7DD6-4399-924C-2FC5EBA571C1.jpeg
こんな感じでつっかい棒になっています。
posted by Kuhcan at 19:47| インテリア施工例