2019年06月11日

サロンのある家1

608936E8-C216-4EBA-9F10-785B1FB23F49.jpeg
  グランドピアノがある家が完成しました。天井を高くしたので、グランドピアノがちょうどいい大きさでおけました。
  今回は施主様が、設計からインテリア、果てはお風呂の向きまで大いに参画して下さったので、ご要望をたくさん盛り込んでの完成です。

北欧・ヨツールのストーブも入っています。
  
7A219F5B-C074-4516-9DB7-0535A341A7DC.jpeg
奥に見えているのは、お施主様のコレクションボード。壁に埋めました。

2990D70F-94F9-492C-AC41-F6A55E1A673D.jpeg
ピアノ脇にはブラケット照明と飾り棚。

DE81927A-BBF1-4414-8795-98D180411652.jpeg
最近進化したエコカラットプラス。イタリアンタイルに劣らないいい感じの色肌です。

A754A1A6-7012-4F17-91C8-2FD17568A8A1.jpeg
  家具が入る前はこんな感じです。
施行中は、工事の人達が口々に「広すぎる」といいましたが、インテリアが入ったら「ちょっと狭いくらい!」に変わりました。そういうことは、図面で百も承知でしたが、お施主様ご自身も、きっと緊張しておられたので、全体が収まった時に「ホッ」とされたのではないでしょうか。


 無い物を想像して作るって難しいのですが、正直たくさん建てたり見たりしているので、自分達はある程度わかっています。ただ最近はそういった「人がどう感じるか」が一番の難所です。周りがあまりに同じこと(ネガティブなこと)をいうと、大概の人は不安になってきます。クロスやタイルの配色一つにしても、随分ご心配をいただいていたそうです。特にこういった大きなおうちでは、普通の人とはあまり見たことがなく、感覚もずれていれば半分妬みもあるのでなおさらです。

  こ図面やイメージでは捉えきれない、「空間」を感じる家が作りたいという思いで、弊社は空間建築工房という名を自社に掲げています。
  これからも、そんな途中のネガティブを振り切って、完成のベールを剥がした時「あっ」と気持ちよく感じられる、ちょうどいい家を作っていきたいなと思います。
posted by Kuhcan at 08:27| インテリア施工例

2019年06月03日

かなつぎ(矩継)という技術

  鉄骨の店舗に、つっかい棒的な支持柱が必要になったのですが、
そんなに長い柱を頼む時間がないので、「柱のかな継ぎ」をしました。
CE882337-0395-4FD4-9D15-C747C4DC075A.jpeg
これは古民家によく使うやり方で、腐った柱をすげ替える代わりに、丈夫なところまで切って、新しい木を継ぐんですね。

  精度が必要なのと、どうしても手刻みなので、最近の、パンパンパンと立てていく大工さんではできない人もあります。
(この写真は、ちょっと雑なやり方かもしれません。ちょっとしたつっかい棒的な位置づけなので雑なのですが、もし本気で荷重のかかる柱だともっとみっちりやります。)

5FD8BE72-7DD6-4399-924C-2FC5EBA571C1.jpeg
こんな感じでつっかい棒になっています。
posted by Kuhcan at 19:47| インテリア施工例

2019年05月24日

もうすぐできる新築現場でやってる事

B6D9B097-E7B2-4D4B-882D-1F3320AF7DDA.jpeg
スカッとした平屋がもうすぐ完成です。この時期は、瑣末なアイテムや残工事の手配に追われつつ、何ヶ月もかけた現場のインテリアが現れ、まるで初めて出会えたような、楽しい時期です。
C0F6ECEE-FA56-4517-A984-C1D5B0A013DC.jpeg
天井が4m近いので、クリーニングのヘルプ中。
A9C54EB4-CAF7-4747-8869-2AE6DA14316D.jpeg
私は、タオルや紙巻きの位置を決めています。フォーマットがあるようで、それ通りだと悪い方にハマるときがあるので、いちいちその場で決める必要があります。

BDD5512D-79F2-4EE6-B7AD-8DF7B1753095.jpeg
物干し竿を天井から吊る位置も決めます。下の棚や洗濯機の位置を加味して下地を入れてあるのですが、それでいいか?念のためチェックしています。

6772D09D-B45C-44AF-8FB8-02EE641D4008.jpeg
中庭は割れ石をはります。まずはかっこよく並べてから、いよいよ貼り付けていきます。慣れない人だと4日以上かかります。

6F9B3916-DD99-4D6D-9F7C-511BCE48AF25.jpeg
和室。
中庭に面しているのでいつでも明るく開放感があります。
B536764F-4F06-4F93-A158-FD68701610A9.jpeg
ゲストルームは、当座おばあちゃんが使われます。明るい南西のお部屋なので、こんなクロスをはりました。
72A75FB8-E449-4F0B-8543-BBE822D0DCDE.jpegF2F455D1-37D3-4FA0-A25D-CBE7A386F8EB.jpeg
家具を売っていた時分、年配の方ほど明るい色を好まれました。良いことなので、今もその考えで、特に女性の部屋には明るいデザインを考えています。
posted by Kuhcan at 12:18| インテリア施工例

2019年05月17日

レストラン・アドゥエパッシがミシュランガイドブックに!

F5A3BD33-F553-44DD-8D7A-632427FC2192.jpeg

https://japanguide.michelin.co.jp/restaurant/gifu/areal4501/italian/stb/?__ngt__=TT0f766bf0c004ac1e4aed6fNCAhTRmBwtfSvKmVU0cjLa
我が社 空間建築工房が設計デザインし、工事をしたレストランが、開店3年でミシュランガイドに掲載されました。
AC326748-AB43-46B5-AB36-95B25A47DCC5.jpeg

「ビブグルマン」と言う、「コストパフォーマンスが良いのに良い材料で丁寧に料理を仕上げている」と言う評価をいただきました。

  東京にお勤めしている友人が「パッシに行きたい」と遊びに来てくれたので行ったんですよ。そしたら河合シェフに「ビブグルマンおめでとうクラッカー祝マーク️」と言うもんですから

 ビブグルマンって何?!と言う私でしたが、宣伝をしない謙虚な河合シェフに代わって私が宣伝させていただいてます。

  何度も言いますがビブグルマンと言うのは、「良質な素材を使い丁寧に料理が仕上げられているのにコストパフォーマンスが良い」店。星マークでもシェフの帽子マークでもないのですが、一言で言えば「親しみやすい名店」。

A92813BD-4A5F-4D4A-BD0A-742EFACF905C.jpeg
  ちなみに今日の料理を1つだけ紹介します。
  奥に丸い木型があるでしょう。この木型で抜いて柄を圧して作ったパスタに、ホタルイカや大きなアサリの載った料理です。名前は忘れました。いつも聞いたことのないようなイタリア語のメニューが出てきます。7年間イタリアでしか料理をしていないシェフなので、カッコつけているのでなく自然にそうなります。なので私もサラッと忘れることができます。こんな嫌味のない感じも好きです。

  味はもうなんともいえずパスタがプリプリです。イカのプリプリは当たり前でもパスタがプリプリって意外と食べたことないんです。どうぞ召し上がってみてください。すごく美味しく感じます。
  そこに練り込まれたイカスミ、ホタルイカ、あさり、魚…で魚介のうまみ祭り。プリプリ祭りです。ミシュランをこんな俗なレポートしてますが、その濃いうまみをトマトがさらっとさせている1皿です。

  ちなみにパッシの料理は、イタリア料理といえども、ガーリックの匂いなどほとんどしません。というのも、イタリア人もさすがに毎日ニンニクだとお腹を壊すそうで、日本人が使う程度にしか使わないんだそうです。それ以来、ニンニク臭いイタリア料理屋に行くことができなくなってしまいました。

  これはもうお昼の予約なんてほとんど取れなくなるんだなぁと一抹の寂しさを覚えながら… 

  夜も、ジビエやこんな素敵なパスタで4860円か、 6480円のどちらかのコースが食べられます。

  これはもう、テーブルに白い布がかけられる店になってしまう前に!コスパの良いビブグルマンで止まっている間に! 皆さんぜひ「夜」お出かけください。夜が本当においしいです。

  6月は、スタッフみんなでイタリアで修行(ただ働きてれてれ)してくるので6月18日から開店いたします。

  もうすぐお子さんが生まれると言うのにストイックに料理道を極める河合シェフ顔1フライパン(目玉焼き)。愛妻家なのにちゃんと仕事を優先するプロです。どうぞ頑張ってくださいね。これからも応援しています。

posted by Kuhcan at 07:41| インテリア施工例

2019年05月08日

ライトアップ

6997F28C-9320-45FC-A69B-38792314E2D9.jpeg
平屋の新築を建てています。

玄関アプローチはこんな感じです。
向かって右の黒い壁は収納になっていて、家を出た途端、外用のごちゃごちゃしたものが仕舞えるようになっています。屋根がかかっているので雨に濡れずにそんな作業ができます。

4ECAB39E-EDE2-499E-91BF-E15C9AFE2BB8.jpeg
収納の裏側、つまり道から見える外壁の様子はこんな感じです。

  私の古いiPhoneではうまく撮れませんが、源平桃が木調の壁をバックに照らされています。
「このお家、昨日からライトアップされていたね。」と近所の女子中学生に言ってもらえて、ちょっとドキドキ。普通のお家にはハデな演出だったでしょうか?

たった3つの照明器具で「ライトアップ」と言われると、25年かけて勉強した甲斐があったなと勝ち誇り

大阪南港のコイズミのセミナールームで、「いつかうまくできるようになるだろうか?」とドキドキしていた自分に、「 ちょっとは上手くなったよ」いってあげたいような気持ちがしました。
posted by Kuhcan at 19:28| インテリア施工例

2019年04月23日

その優しい気持ちで、チャラやな。

   79F0DCCF-D8EE-4940-9FEB-AD3F718D37A2.jpeg
あと1週間で完成!!の現場、
なんやかんやで、みんなでバタバタやっています。

そんな中、職人Aさんが、壁の隙間に大事なパーツを落っことしてしまいました。オロオロしてるAさんにBさんが
「Cさんに電話して、とってもらってはどうですか」
Aさん「僕Cさんの連絡先知らないんです。」
そこでBさんはCさんに連絡。Cさんは、それは大変とすぐに来てくれました。

B908F5D3-0C7E-4B87-B396-37500305EAB3.jpeg
後にBさんが私に語った言葉。
「俺は最近Cさんの仕事でとても迷惑をかけられた。でも、今日、困ったAさんをニコニコと助けに来たCさんを見て、まぁこれでチャラやなと思ったよ。あの優しさに免じて。」

45678D87-E3A2-4A99-B686-87C82BEE8080.jpeg
Bさんは、今日 自分が助けてもらったわけでは無いんですが、そう言ってCさんの失敗を許していました。

  ギスギスして怒っていると人は疲れるものですが、その話を聞いて、何かが軽くなりほのぼのした気持ちになりました。誰かが誰かとうまくいくというだけで、幸せな気持ちになるんですね!疲れて果てている毎日だったので思いのほかそんな話が今日のなぐさめになりました。
posted by Kuhcan at 21:11| インテリア施工例

2019年04月22日

4月29日、30日はオープンハウスです。

22F0A26A-588A-46D7-9BE4-2DE125D674F5.jpeg
  日曜日と言えどもこの春の陽気と好景気に包まれたクーカンスタッフには、休む時間がありません。
  18:00の時点で3人が、オープンハウスの準備中です。
  
54955AAA-6012-4C99-9209-91B54D3C0038.jpeg
  道行く方から「見てみたいわぁ」と言っていただけるのですが、個人宅なので近所の方は基本的にご遠慮願っている昨今。

  見学ご希望の方は、お電話にて受け付けております。
 家具やカーテンが入るともっと素敵になりますのでね!
  
4A47E51B-3932-49A7-9CF8-48FB3AAA66FB.jpeg
  上から目線ではないんですよ、個人情報保護の観点からなんです。どうぞご理解いただければと存じます。
posted by Kuhcan at 20:52| インテリア施工例

2019年03月24日

春色モニュメント

06DC7F13-2E15-4864-87BB-9759E17A91CF.jpeg
「区画整理事業が完成した記念碑が色気ないので、下のベースプレートを何か化粧してほしい」と依頼を受け、こんなふうにタイルを貼っています。
  市役所の仕事なので、地味な色がいいかと思い別のパターンもあったのですが、私のタイトルの付け方が良かったのか、こちらの、なんだかポップな方に決まりました。
  市役所と言うとなんとなくおとなしい感じの方が好まれると思っていたので意外です。ダメ元で好きなように組み合わせたほうが通ってしまったので、なんだか緊張しています。
72B8B927-6F9C-48E6-8D4B-ED0287244B15.jpeg
  久しぶりに流行ったピンク色をテーマにしています。タイルのバリエーションさえあればもっと深みのあるピンクオレンジにしたかったのですが、オレンジの代わりに紫を入れたのがまさか受け入れられるなんて。
  景気が良くなったからこういう明るい提案がとおるのでしょうか?
  他の仕事もそうなのですが、いくら消費税前とは言え、量に加えて仕事の内容が3倍位に広がりつつあり、今まで予算が出なかったり ちょっと背伸びしすぎだと受け入れられなかったり、我慢してきた提案が、あっさり通るケースが出てきました。
  これはもしや、私が待ちに待った、私の人生の初バブルではないかと…笑。興奮して、最近朝も夜もせっせと仕事に励んでおります。(おかげで子供はご飯が無いですが) 
  せっかくのこの機会、今まで貯めたアイディアを世にいっぱい出していこうと思います。
posted by Kuhcan at 00:24| インテリア施工例

2019年03月20日

リノベ前の片付け

108E43D4-0103-4AE2-A9E5-162200EFA0C1.jpeg
古民家鑑定を行う家の断捨離をしてきました。

A58BC177-8D49-4BE1-B6FD-671ACF53835C.jpeg
大工さんにパートさん、お施主様あわせて8人でやりました。

9712BF88-5D1B-4C4C-9BC9-327696BB7B1F.jpeg
8時から6時過ぎまでやって、半分終わりました。写真は捨てる物の数です。全部で20個出ました。

  このお家はかなりモノが少なめな上、もう一軒別棟があるので、その空き部屋に荷物をしまう事でずいぶん助かりました。

4D767FEC-A83B-45FF-9EEC-65A878702E90.jpeg
家の屋根裏です。
ここにもたくさんしまいました。大きいものから重い本まで、女手と男手の強みを活かしながらの作業です。今度出すときは、また私たちが来ないといけないです。重くて大きいから、普通では戻せない(笑)。

  工事前にモノがあると不便なので、クーカンは工事の一部として自分達で行いましたが、古民家再生協会が主導するお片づけチームなら、20万円で請け負う仕事です。
   
  お金で解決するなら頼みたい気もしますが、「これどうしますか?」とやってる最中のお客様の「私がいなくなってから捨てて」という言葉を聞いてると、やっぱり赤の他人に頼むのもなぁ〜と思ってしまいます。

  ものがなかった時代の道徳観をいまだに引きずっていると言う言い方をすればそうなのですが、あまりにも急激に、しかも長く世の中が豊かになったので、大概の人が、いるものもいらないものも恐ろしくため込んでいます。
  今教育現場では、家庭科で片付けと言う授業があります。収納教育が非常に大切になっているのは、ただもったいないととっておくことによる負の遺産がものすごいことになっているからです。それこそ人に任せれば200,000円です。

  「リフォームしようと思ったら、ものを捨てれば半分終わる」とまで言われており、施主さんにとっては大変辛い作業です。この大量に廃棄した家具たち、きっと明日になったら、捨てる罪悪感から、半分は元に戻してしまうんだろうなぁと予想しながらの1日の終わりです。

  
posted by Kuhcan at 02:13| インテリア施工例

2019年03月15日

森のオフィスB

024EEC90-841E-4E0B-AEDD-F758E0BDCAEE.jpeg
朝、オフィスに伺ったら、木漏れ陽が差し込んでとてもステキに見えました。
909CF45C-9861-4CEF-B301-71C2A03E3D91.jpeg
来客スペースも、ロゴが入ってとってもいい感じ。
9DD25D2D-4CB8-436C-AC50-EB6A7A1E1ADF.jpeg
いいタオルを売っているお店、っていう感じがしますかね〜
posted by Kuhcan at 21:56| インテリア施工例

森のオフィスB

024EEC90-841E-4E0B-AEDD-F758E0BDCAEE.jpeg
朝、オフィスに伺ったら、木漏れ陽が差し込んでとてもステキに見えました。

909CF45C-9861-4CEF-B301-71C2A03E3D91.jpeg
来客スペースも、ロゴが入ってとってもいい感じ。

9DD25D2D-4CB8-436C-AC50-EB6A7A1E1ADF.jpeg
いいタオルを売っているお店、っていう感じがしますかね〜
posted by Kuhcan at 21:56| インテリア施工例

2019年03月14日

円柱を据える

  柱は四角と相場が決まっておりますが、せっかくの大工さんがちゃんといる我が社ではちょくちょく丸柱を据えます。
43760D84-AC0B-4A2D-9C71-D8748770C1B1.jpeg
  円柱とはいえ外に据えるし、プレカットという機械の工場では円柱の加工はようやらん(できない)ので、大工さんがこの通り手刻みでホゾ(凸部分)を作ります。

  
F261A574-C6CE-4B52-88CA-396955F836C7.jpegBD42123F-5574-4551-9673-80C941B84559.jpeg
  外の柱は、石やコンクリートに直接すえると、濡れて腐って将来グスグスになってしまうので、弊社は、このようにステンレスの脚をよく使います。
  
394D2575-6840-41E6-A5E3-52DEBCB24DB3.jpeg
軒(白っぽく写っている横架材)にホゾ穴を穿ち、いよいよはめていきます。
  このホゾとほぞ穴は、少しきつめがポイントです。特に今は冬で木が乾燥して体積が小さくなっているので余計にです。
  
3A100A38-5A31-426D-A2DD-5A2C63372DCD.jpeg
きつめなので、ホゾがあっさり入ることもなく、
EC5A9A5C-17D7-44D3-B13E-449C31805135.jpeg
下から木を当てて上方に持ち上げます。
59E07816-9095-441C-A857-D729DFC5E783.jpeg
バールで持ち上げつつ、ジリジリと入れるんですよ。上に向かって叩けるほどの隙間がないためです。

E4EE50A3-76C6-49D2-9FD5-4C601E0DFC26.jpeg
ぴったり納まった姿。
この後、右に見えるつっかい棒的スチール柱をようやく外し、削って白木がむき出た軒の木を塗装していきます。

  じつは、柱を入れる姿を実際に見たのは初めてでした。ブログに書こうと思って取材したからやり方がわかっただけで、私もまだまだ不勉強です。反省!
posted by Kuhcan at 21:25| インテリア施工例

2019年03月09日

「おとこなら、ここまでできたら最後までやれ!」

DC359379-A7CE-40FF-92AE-6BDDF812A68F.jpeg
と、タイトルの通り大工さん(45)にカツを入れられていたのはもう一人の大工さん(40)。
  アーチをスッキリ作ったのは良いが、片面全域にタイル張るために、切り跡のアラ隠しにしぶしぶ見切り材を入れるハメに陥っています。
  写真手前に見えるシナの見切り材、
あと一歩でキレイに曲がりきらないそうで、「樹脂の見切りをつけてはダメですか?」という40歳の問い。
  そこに45歳が
「熱で たわませたりギリギリまで薄く削いだりしたんやろ?白い樹脂に黒の塗装など剥がれたらみっともないではないか!ここまでやったのなら その木で収めるなあかんやろ!」
「それがオトコってもんや!」
  私「わー、カッコいいー!パチパチ拍手拍手

  ちょっとしたことでも、作る者には、決意が必要です。現場は、なにがベストかという決断の連続です。これで良いのかという正しい畏れと最善を探り当てる知識とセンスが問われます。
  でも悩み過ぎて迷宮入りしたら、こう言って支持してもらえるのはありがたいと感じました。

 
6687082C-79C4-4BC2-9E80-E23DE3EDC319.jpeg
posted by Kuhcan at 23:45| インテリア施工例

「おとこなら、ここまでできたら最後までやれ!」

DC359379-A7CE-40FF-92AE-6BDDF812A68F.jpeg
と、タイトルの通り大工さん(45)にカツを入れられていたのはもう一人の大工さん(40)。

  アーチをスッキリ作ったのは良いが、片面全域にタイル張るために、切り跡のアラ隠しにしぶしぶ見切り材を入れるハメに陥っています。

  写真手前に見えるシナの見切り材、
あと一歩でキレイに曲がりきらないそうで、「樹脂の見切りをつけてはダメですか?」という40歳の問い。

  そこに45歳が
「熱で たわませたりギリギリまで薄く削いだりしたんやろ?白い樹脂に黒の塗装など剥がれたらみっともないではないか!ここまでやったのなら その木で収めるなあかんやろ!」

「それがオトコってもんや!」

  私「わー、カッコいいー!パチパチ拍手拍手

  ちょっとしたことでも、作る者には、決意が必要ですね。
  私も45歳になり、そんな決意を見せて生きたい。
 と思えども、やっぱりいつまでも予算がなくて妥協とか、お客さんと趣味が合わずに妥協とか、縁起が悪いので妥協とか、そんなことばっかりです。せめて承った仕事に関しては、選択肢の中では最善を尽くしたいなと思っています。

  自分がいいと思ったことを、少々難しくてもやり抜けというシンプルないいエール「それがオトコ(漢)ってもんや。」

  しばらく口癖になりそう。

6687082C-79C4-4BC2-9E80-E23DE3EDC319.jpeg
posted by Kuhcan at 23:45| インテリア施工例

2019年03月08日

森のオフィス

C3A25504-8211-42FC-A0C3-F4B2EADAE108.jpeg
森のオフィス 8人掛けテーブルです。
パーティションが布製、と言うところがポイントです。

本当は、今年の流行色である、サーモンピンクと白が勝ったえんじ色の明るい組み合わせがいいと思ったのですが、男性の意見が勝ち残念ながら緑色になりました。

C0D9EA17-349B-4DE2-9242-72C6873AD634.jpeg
お客様テーブルから事務所を見た感じ。

CD930B8A-56F0-4AFF-93AA-739D7C30C14F.jpeg
お客様テーブルの右に見えているカラスのスクリーンは、石川県の繊維入りガラス。工場ができる最大の大きさ1メートル× 2メートル。
 100キロのガラスが、160キロの箱に入ってやってきました。

  仕上がりはもちろんシュッとしていますが、私が結局何が好きかと言うと、そういった100キロとか260キロとか言うものをうまいこと収める時が1番 燃えるのであって、仕上がりとかまぁ本当は、あくまで結果な時があります。

4A0DF0B6-2B8A-4305-9C04-BFB6382BEEB1.jpegC3A76672-22BA-415D-8CA1-73F5EB1DFF59.jpeg
いざ御開帳して、どうやったらうまく運べるのだろうかとみんなで算段している時。

38179442-DFD8-4670-B1FE-27D952BE145A.jpeg669DC248-32D8-4FC1-8DAE-625D536993AE.jpeg
木箱を開けるのにさえ電動ドライバーを使って大工が必要です。

そこを、平塚家具のメンバーが静かにサポートしています。

8CF9D209-AAF4-4607-8A2A-C8D28669C7D2.jpeg
さぁ持つぞ、持つけど、落とすなよ、落とすなよという瞬間。

7CAAAB1A-9DA9-4CA3-AB18-FFB978176A6A.jpeg
そして電気を仕込む時も、
深夜まで終わらない電気屋さんを気の毒に思いクロス屋さんと大工さんがやっています。

  こういう時、「みんなと生きてるなぁ」と感じます。デザインとみんな。それが1番楽しいことです。

posted by Kuhcan at 19:16| インテリア施工例

2019年03月07日

森のオフィス(1)

C5A3D7A5-940E-47BD-BD06-F1DAC4BE50F8.jpeg
あるオフィスが完成しました。
コンセプトは「森のオフィス」。

  繊維の会社でしたので、スチールなどの金属を使う部分をなるべく少なくしました。

  木立の中で仕事してるような感じを出したかったので、パーティションに紙管を使いました。 紙管は、先日書いた建築家・坂茂のいわば専売特許のような素材です。 いつかは使ってみたいと思っていたので、社長に頼んで採用させていただきました。

  円柱は木ですと通常は1本30,000円位で、今回は50本使いましたから、材料費だけで150万円になるところが、 紙でしたので、 283,000円で済みました。

  その浮いた予算を、イタリアのオフィス家具に回しました。(本当は浮いていなどなく、安くすればもちろん喜ばれるのでしょうが、そのオフィスはもともとさほど劣悪な環境でもなく、いかにも機能していたので、それをわざわざ改装するには何かもっと強烈な美術的なインパクトが必要でした。)

 シネチカと言うそのオフィス家具は、
イタリアの家族経営のメーカーを束ねてアッセンブルしている会社です。

F197669D-C2E6-4E65-A266-1CB70005DCC6.jpeg
イタリアのオフィスの考え方って、いまどきはこんな感じ。働き方改革って感じです。
7A9C93CB-6E50-48C9-8750-C0CD7F0D9798.jpeg
  冒頭に、森のオフィスと申しましたが、見ての通り、まんまこの写真に引っ張られてます(笑)。
  こんなところで働けたらほんとにいいなぁと思って採用しました。

9FF42F82-341F-431D-BC23-160CFF74FCB2.jpeg
圧倒的に広さはイタリアが考えてるよりも狭いですが、そこはもともと建物の枠やスタッフの数、来客導線の確保などの諸事情により狭くなっています。

  今回は、空間だけでなく、改善コンサルタントの先生や、デザイナーさんの意向のもとに行った工事であり、ある程度のことが決まってからこちらがその中で選んだ部分が多く、その意味では、この狭さに関することを解決できなかったのは本当に残念だと思っています。分業の落とし穴。

続く



posted by Kuhcan at 06:51| インテリア施工例

2019年02月19日

SECOMでなにを見張るか

   あるショップの防犯カメラをどこにつけるか?という打ち合わせをしてきました。
  SECOMの担当さんは良い人で、
・美観を保ちつつ
・レジに不正がなく
・顧客の盗難もチェックでき
・夜間の侵入に安心
な位置を考えてきてくださいました。2択か3択でいいような状態でした。

  ただ、なんとなくしっくり来なくて、ちょっと考えて気づいたんです。
「この会社の社長さんははたして、自分のお客さんと社員を疑うために防犯カメラをつけるだろうか?」って。

  その社長さんは、建築に関することは大らかに任せて下さるのですが、ご自分の考えている普段のことは、こまめにお話をされます。いろいろな媒体で私たちにお伝え下さるのですが、そんな中で知ったのは「この社長さんは人の痛みがわかる、人徳と技術の両方がの高い方だ」と言うことです。

  ですのでセコムさんが迷っていらっしゃる防犯カメラの位置に関しては、「お客様に失礼にならない位置と、夜の泥棒対策だけで考えれば良いのではないでしょうか?」と答えました。
 
  社員さんがレジの数字をごまかしたら、おそらく社長さんは、セコムではなく、ご自分の人間力で解決なさる気がします。
  同じくお客様が黙って商品をお持ち帰りになることに関しては、私たち建築側の人間が、死角を作らないことや高尚な雰囲気を作ることによってある程度解決できると思います。
  私たちが心配するのは、夜わざわざ泥棒に来るような人だけであって、社員やお客様の不正は、悪いときには悪くなるし良いときには良いと言うもので、監視では何ともならないと思います。

  それは決して景気が良いからとか、世間知らずだからと言うわけではなく、私も自分の実家で泥棒のようなことをする人に何人も会ってきました。ものを盗まないまでも、給料だけもらってひたすらサボっているという人も沢山知っています。

   それでも、自分も含めてこの会社の社長さんは人を信じていらっしゃるし、それはある一つの力で、人を善良に変えていくものだと思います。

   平和が70年以上行き届いて、だめな人と良い人がいても、いずれはよくなりたいと思っている人が多数だと感じる昨今、悪い人は本当に悪い人だけになるので、(だからこそセコムが必要になると思います。)このまま平和が続いて欲しいなぁと本当に思います。

F17E5D20-5DB7-43BD-A306-D8B208F9F867.jpeg
posted by Kuhcan at 20:27| インテリア施工例

SECOMでなにを見張るか

   あるショップの防犯カメラをどこにつけるか?という打ち合わせをしてきました。
  SECOMの担当さんは良い人で、
・美観を保ちつつ
・レジに不正がなく
・顧客の盗難もチェックでき
・夜間の侵入に安心
な位置を考えてきてくださいました。2択か3択でいいような状態でした。

  ただ、なんとなくしっくり来なくて、ちょっと考えて気づいたんです。
「この会社の社長さんははたして、自分のお客さんと社員を疑うために防犯カメラをつけるだろうか?」って。

  その社長さんは、建築に関することは大らかに任せて下さるのですが、ご自分の考えている普段のことは、こまめにお話をされます。いろいろな媒体で私たちにお伝え下さるのですが、そんな中で知ったのは「この社長さんは人の痛みがわかる、人徳と技術の両方がの高い方だ」と言うことです。

  ですのでセコムさんが迷っていらっしゃる防犯カメラの位置に関しては、「お客様に失礼にならない位置と、夜の泥棒対策だけで考えれば良いのではないでしょうか?」と答えました。
 
  社員さんがレジの数字をごまかしたら、おそらく社長さんは、セコムではなく、ご自分の人間力で解決なさる気がします。
  同じくお客様が黙って商品をお持ち帰りになることに関しては、私たち建築側の人間が、死角を作らないことや高尚な雰囲気を作ることによってある程度解決できると思います。
  私たちが心配するのは、夜わざわざ泥棒に来るような人だけであって、社員やお客様の不正は、悪いときには悪くなるし良いときには良いと言うもので、監視では何ともならないと思います。

  それは決して景気が良いからとか、世間知らずだからと言うわけではなく、私も自分の実家で泥棒のようなことをする人に何人も会ってきました。ものを盗まないまでも、給料だけもらってひたすらサボっているという人も沢山知っています。

   それでも、自分も含めてこの会社の社長さんは人を信じていらっしゃるし、それはある一つの力で、人を善良に変えていくものだと思います。

   平和が70年以上行き届いて、だめな人と良い人がいても、いずれはよくなりたいと思っている人が多数だと感じる昨今、悪い人は本当に悪い人だけになるので、(だからこそセコムが必要になると思います。)このまま平和が続いて欲しいなぁと本当に思います。


posted by Kuhcan at 20:22| インテリア施工例

2019年02月12日

今あるままで幸せ

人は、「いまある存在のままで幸せ」といえる状態が本来の姿である。

という哲学があるそうです。


A1463643-13F3-4278-B37A-CAEE0FBE8B2B.jpeg
 これを知った時は、
なんか…ハードル高い。

って思いましたが皆さんどうでしょうか。

  私は若い頃は、成績トップになりたくて仕方なかったし、学生の頃はオシャレなパーティに呼ばれたくて仕方なかったし、卒業後は社長になりたかったし、今は、成功した人マニアみたいになってますし、将来はフランスで暮らしたいと思っています。という、まぁまぁ鼻っ柱の強い生臭いような欲があります。

  でも、「今この存在でしあわせ」って言葉、今、すごくわかる。

  というのもそういう人が現実に居るからです。

  その家は、お父さんは3kの仕事、お母さんはパート。3人の子持ちで末っ子の野球部を続けるにはタバコや旅行を諦めないといけないくらい。もちろんモノもそんなに知らないし、海外なんていったことも行く気もない。

  それでも、その人たち、幸せなんです。家はいつもきれいにしてあるし、いつ遊びに行ってもあがれあがれと招いてくれるし、私や息子のこともいつも本気で怒ってくれたり心配してくれたりします。たった1つのものをコンビニで買うのに2人3脚で出かけたり、他所の子の夜遊び(釣り)をそこのお父さんが付き合ってくれたり、そのお父さんにご飯を作ってもらったこともあります。「お前は自分の欲ばかりで、ちゃんと大丈夫か?! 」としょっちゅう心配されます(笑)。

  人生に私のような高望みを全然していないのに、明らかに善良に楽しく生きていらっしゃいます。

  正直、私はそれまで、「上昇志向のない人なんて、犬と同じだ」位に思っていたのですがその家族と会って考えが変わりました。むしろ私って何なの? すごくイヤミで嫌な奴。と感じるようになりました。

  今あるままで幸せというのが本当。

  それを実践している家族を目の当たりにして本当に自由になった気がします。欲はあってもいいけど、自分を軽くしてくれる「意欲」だけ選ぶようになりました。余計好きなものが増えてさらに欲は深くなったのですけどね!

  本当にその家族には感謝しています。
posted by Kuhcan at 19:44| インテリア施工例

2019年02月07日

紙の柱

坂茂(ばんしげる)さんをご存知ですか?

CCD557F5-D46B-4139-998B-BC447C6B8F75.jpeg
「建築家は、災害の地に姿を現すことがない。なぜなら、必死にお金持ちのために働いているからだ」
 と言って、段ボール紙でできた仮設住宅や、津波で流された跡地の心のよりどころになる教会を建設したりしている素晴らしい建築家です。
  フランスで、炭鉱跡地の町おこしのための若者誘致施設「ポンピドゥーセンター・メス」、大分市で市立美術館OPAMも手がけています。

  このたび、弊社では「浅野撚糸」さんと言う、科学技術賞(文部科学省)をとられた会社のオフィスを工事することになりました。

  
80AC7288-7F5A-448E-BB5C-FB3CABF296DE.jpeg
ガイアの夜明けなどにも登場された社長さんは、能力が高くていらっしゃるため、とても心のひろい優しい方でしたので、坂茂さんを思い出しました。

 そこで、オフィスに紙管を使っています。

3C9B547F-1F20-4FB5-A611-3B1E30B252BC.jpeg

  天井いっぱいに立ち上げるため、天井にこうして穴を開けて(右)、紙管に通しておいたリング状の板を貼って隙間をなくします。

D03838E3-8F65-401A-9674-EB22CEDBA8AC.jpeg

  坂茂さんはこの紙管を構造材として使われるすごい方なので、ある意味私たちのやり方は単なる飾り物の域は出ませんが、オフィスと言う流動的な場所なので、解体した時ゴミが極力出ないやり方を考えました。
  「建築家は、未来永劫自分の建物を残そうと頭を使う。でも私は、建物を壊す時ゴミも出ずちゃんと何もなくなるかを考えて建てている」というのが坂茂さんのテーマです。


  浅野撚糸の社長様にはとても喜ばれました。イタリアの家具が届かなくて、完成を先延ばしにしなければいけませんでしたが、何とか今月中に完成しそうです。
posted by Kuhcan at 13:50| インテリア施工例