2021年07月23日

大垣市に表敬訪問

302C7D0D-6043-4E5E-A3AC-03F9A90750F4.jpeg
7月20日、第8回再築大賞・国土交通大臣賞を受賞した件で、大垣市役所建設課に表敬訪問を行って参りました。

 建設課5名の方が、歴史的古民家や空き家への弊社の取り組みを聞いてくださり関心を持っていただきました。

 その後、企画課の地域戦略室にも伺い、全国古民家再生協会が7月7日に行った
「企業版ふるさと納税マッチング会(内閣府後援)」の好意的な感想をお聞かせ頂きました。

 大垣市は160,000人の人口があり、東京や大阪名古屋に近い大変便利な場所です。
 大垣ならではの良さを、私も47歳になってようやくつかみ始めています。
 シビルプライド「市民の誇り」をもって、

・強く美しい古民家や家
・アスリートシップと挑戦のある市民
・美しいものを見分けられる市民
・他者に手を差し伸べる甲斐性のある市民

像を追い求めたいと思います。
posted by Kuhcan at 02:52| お知らせ

2021年07月14日

再築大賞 受賞式

3EF34FB7-DCCA-4E26-A658-77A81EB7A4BE.jpeg
第8回 再築大賞 受賞式を、行っていただきました。

D97A0E9F-43C3-4B17-A7AF-4DD7730944D7.jpeg
その後、
「全国空家アドバイザー協議会」岐阜県大垣支部の設立総会です。

A6290ADB-16B1-4A08-ABBA-FAE5C17361DD.jpeg
 この協議会は、「地域の、地域による、地域のための」空き家対策を行うため、司法書士、宅地建物取引士、住宅インフラ系業者(水道、電気、ガスなど)で構成されています。

 古民家再生協会が事務局となるため、古民家議員連盟の国会議員 棚橋泰文先生(大垣市選出)の秘書さん、OKB総研の青木社長も駆けつけてくださいました。
43B42022-3CB6-4E83-B26F-AF3E1AECB59E.jpeg
 新聞記者さんが「この協会で何が変わるのですか」「この協会で何をしたいのですか」と聞いてくださいました。

 私は、強く美しい建物を通して人さまの暮らしに寄り添い、明るく希望ある社会を作る、というのが経営理念です。

 空き家発生を防止するセミナーで地域の方々と触れ合い、危険な空き家を除却して地域の防災に努め、まだ使える空き家の利活用やDIYを通して若い世代や産業人とも地域をつなげていく。
 
 これを通して実現したいのは、
@「レジリエンス力(苦難に強い力)」のある地域
A「人の成功」を願える、明るく前向きな地域
B「環境と共存」できる、サスティナブルな考えを持つ地域

の実現です。

現在の空き家バンクは、数人の人を私に居住させるためだけの移住バンクになってしまっており、自治体の「住宅課」は、危険空き家を除却するためだけの組織になっていきがちです。

私たちはそこから1歩進んで、もっと空き家が流通するような、そしてその家が耐震されていくための、実践的な行動を計画しています。

ご興味ある方はいつでもご参加、見学可能です。
お問い合わせは
一般社団法人 古民家再生協会岐阜西濃
0584-84-3781
空き家事務局 吉田良子まで
 
posted by Kuhcan at 00:33| お知らせ

2021年03月24日

この春のご提案が遅くなって申し訳ありません。

16A75DD4-FF9C-4BCE-9025-CC70AE31F853.jpeg 
 インテリアコーディネーター、と言いながら、
最近、モダンなスタイルのより、お家のお悩み解決相談をいただけることが増えています。
 おうちの相談をどんな小さな事でもされる事務所になるのは、新入社員の頃からの夢でしたので、喜んで張り切ってあっちへこっちへと走り回っていたところ、12月、古民家再生協会が今風に言うとバズって、問い合わせが1日に4軒来た日がありました。
 するとこの3月は、空間建築工房がそうなって、1日1件以上のご相談や問い合わせをいただいています。
 本当は、次の日には見積もりを出して3日目には工事を始めたいようなお困り相談が多いのに、考える間もないので、大型相談から繊細な相談まで、ご回答に時間がかかっている状態です。大変申し訳ありません。
 スタッフ一同、誠意進めて参りますので、どうぞご理解下さいますようお願い申し上げます。
posted by Kuhcan at 00:14| お知らせ

2019年12月16日

大工職人(見習い)募集

CE66105A-E0EA-44DB-BB34-7ACCEE44A4E2.jpeg
築 55年の古民家を再生中です。
まるで公民館か何かのように広いこの2階。

EF2A052A-7388-441D-92EF-1A13EE7082C4.jpeg
見上げても迫力ある…。

あと4ヶ月が締め切りですが、果たしてどう間に合わせるのか?頭の痛いところです。

 この物件に限らず、仕事がいつでもやり切れない弊社。手抜きのできないリフォーム現場は、尚更です。今までは職人さんたちのネットワークでやりくりしてきましたが、最近まったく追いつきません。

 我がクーカンも、いよいよスタッフをゼロから育てるべきだと腹を決めて、採用活動、始動します。
 
 かと言って、このように決めた経緯だけ語ったところで誰かが応募してくれる程、世を甘くみてはおりません。待ってたって来ない人口減・出生86万人(団塊世代は264万人)の日本です。

 ちょっとここは海をまたいで、まだこの日本のようには成熟していない、成長への意欲に燃える国の人を採用したいと思います。

 …私は、自分の世代の人と話していてすら、生活への危機感がないと感じます。あと知識への欲望とか…仕事への誇りとか。「仕事の尊厳」を持っていない人を物足りなく感じます。自分の会社では、当たり前のように持っている人ばかりですが、これからはグローバルな人材を入れた方が、より会社に良い緊張感が生まれる気がしています。
 

 
posted by Kuhcan at 02:58| お知らせ

2019年02月14日

求人してます。とはいえ

 活性化している建築業界の中で、
 また、
人材不足の日本の中で、
弊社もご多分にもれず求人に苦労をしています。


表向きで探しているのは、設計ができる人と営業ができる人です。

ところが、日経トップリーダーによると、「こんな人不足の時代に中小企業が良い人材を取れるわけがない!」のだそうです。

 それはいいアドバイスだと、すぐリクナビやマイナビに何十万円ものお金で求人するのをやめました。ハローワークもやめました。
  ちょっと冷静に考えてみれば、インテリぶったコンサルが下に見る中小零細企業の私は、意外といい人材に囲まれていたからです。

  会社に行けば、責任感と友愛のある職人さんがおり、学校に行けば、損得なしで一生懸命野球をやらせている親子がいます。
  やれ働き方改革だのゆとりだのと言ってる大多数の中より、この中からクーカンにスカウトしてきた方が間違いなくいい人材にたどり着ける!と感じています。

  そもそも今まで、縁故入社には私は抵抗を持っていました。もしその人が上手く働いてくれない場合、文句も言いづらいからです。

  でも最近思うんですよ。稲盛和夫さんの仰る通り「私自身が割れ鍋だから、それに見合う綴じ蓋しかみつからないんだよ」。だからもし失敗しても、それは相手のせいでなくて自分のせいなんですよ。

  そう思ってから、知り合いに「うちで働いて!」と気軽に頼めるようになりました。結果、みんなすばらしい人で真面目にやってくださいます。

  子どもを育てる身だと、正直、体に障害や病気があるのかというくらい働けません。気持ちも時間も、100%会社に融通できません。それが、創業者である私は本当に辛い。ホントに、割れ鍋だと思います。

  お母さんという割れ鍋ですが、3人寄ればようやく一人分くらいにはなるでしょう。

  5月には産休明けの秋丸さんが復帰してくれます。子供の都合を置いておいて、会社のために、割れ鍋人生やってくれるそうです。本当にありがたい!

  頑張ります。

8F63588A-AD45-462D-9D99-0AECA3D940EE.jpeg
posted by Kuhcan at 20:22| お知らせ

2018年11月10日

再築大賞に応募しました




  我が会社クーカンで、「再築大賞」なる建築の賞に応募しました。 2012年の建物なのですが、ギリギリいけるとのことですし、古民家再生がテーマでしたので思い切って応募しました。

  大賞は、林野庁長官賞がいただけるそうです。

  いかにも古民家を残した、と言うよりは、大工さんの昔の技術や材料がのすばらしいところはそのまま手をつけず、間取りの考え方や使われ方だけを現代に直して作った感じです。店舗でしたので、今後の採算の合う程度で建築費を収めると言うことにも非常に気を使いました。
  あと、清潔感。

サイト左下の「投票」をぜひポチっとクリックお願いします顔1(うれしいカオ)
posted by Kuhcan at 23:42| お知らせ

2018年05月10日

google にオッケー

   8C3BB4BE-D901-4B77-9775-C62D4B0FBE73.jpeg
  グーグルのサービスで、「店内ストリートビュー」と言うものがあるそうです。
  本日、この店内ビューの写真撮影をしてもらうことに決めました。

 もうすぐ、今までわかりにくかったクーカンの入り方が、グーグルで見られるようになります。

  これまでも、どういう案内表示を出したらわかりやすいのか?とデザイナーさんや看板屋さんなどといろいろ相談しましたがほとんど解決をしないままでした。
  まさか、Googleが解決してくれるとは… 

  「スノークラッシュ」と言う小説を15年前に読んで、将来はこんなことになるのか、でも私はリアルな世の中しか信じないと思って生きてきましたが、そんな私の暮らし向きも、リアルとバーチャルの境が微妙になってきました。

  「この世は夢のようなもの」と言う言葉がありますが、iPhoneやインターネットと言う魔法が世の中に発生したせいで、ほんとに夢か現かなんてわかりませんね。

  まぁ、そうは言っても断然リア充の私ですけれどね。

posted by Kuhcan at 22:30| お知らせ

2018年05月06日

5/26-27 オープンハウスです。

06EE1DA6-8858-4318-BC4C-3B7A51C7461E.jpeg
足場の外れた大垣の現場。

明日からクロス仕上げ、あと2週間で完成です。

完成見学会は、半年ぶりでクレープ屋さんが来ます。OBOGの皆さま、おやつをお楽しみにお出かけください。

ご興味ある方は
info@kuhcan.com 
までご連絡お待ちしております。
posted by Kuhcan at 19:43| お知らせ

2018年04月24日

「ようこ」さんたち

 我が社の設計士さん・秋丸蓉子さんが無事に産休を迎えられ、今日は歓送迎会。(写真左手前)。
45E00839-F542-4FF6-A0C0-2F6722F41F2B.jpeg
  新しく、安村陽子さん(右)が入社してくださいます。これからよろしくお願いします。

   良子ー蓉子ー陽子でまさかの「ヨウコ」しばり。
  
  覚えやすいですね。これもクーカンの心づかいの一環です(ウソ)。


1E502AE5-97E7-4E94-9129-E324CBC976AF.jpeg
 職人さんは、「さそり座O型」しばり。アニバーサリーが簡単にできる仕組みも戦略的に構築しています(笑)

  なにはともあれ、これからも仲良くやっていきます。
  元気な子を産んで、またクーカンに帰ってきてね〜、秋丸さん。
posted by Kuhcan at 21:43| お知らせ

2018年03月24日

古民家再生協会のホームページ

http://kominka-gifuseino.org/
古民家再生協会の岐阜第二支部としてホームページができました。ぜひご覧ください。
posted by Kuhcan at 05:29| Comment(0) | お知らせ

2018年01月25日

浴槽内の事故は交通事故より多い

3064E329-FF0A-4974-BAE8-3886279BB59A.jpeg
  パナソニック曰く、
冬場は、お風呂で亡くなる方が、
交通事故で亡くなる方より多いんですって!!!

  温かいお風呂をオススメします。

  そんな中、マイナス1度の岐阜市で、
寒い外にある洗濯機を、温かい家の中に入れる工事をしています。
 

2C3BF7D4-3338-4D7C-BAE2-514EB9A49228.jpeg

  今日は
@入り口の位置を変えて、

F992BF60-29D6-4A6F-B5D9-6AA1AE6751AB.jpeg
A床板を2重にしています。
  (もちろん、断熱材を入れています。)

明日はクロスを張ります。

posted by Kuhcan at 19:29| Comment(0) | お知らせ

2018年01月11日

古民家再生協会


2018年

  内閣府認定・古民家再生協会の一員になりました。50年以上経った古い家を、現代の建築基準に合わないからと言って壊したくない!という思いからです。
  これからは、古い家を直したり再利用したりして、昔のノスタルジー溢れるプラン&改修工事に力を入れます。

  2月には、古民家耐震診断士の資格も得る予定です。

2765CF1A-427A-43D0-BDD1-1C9E8FC6CEF2.jpeg

伊予の国・松山にての講習。
「会議前に道後温泉に行っていらっしゃい」という協会のおすすめで行って来ました。

D835CB59-4B50-4890-8049-F8C44995406E.jpeg


E9E5A3F7-6B12-401F-BAC7-CF33B65DDCC5.jpeg
マイナス1度の松山市…
早朝だったこともあり、おかげで、まさかの名湯を貸し切りで堪能できました。

D3C95F4A-A33A-4A59-9B3C-7799F5BF215C.jpeg


62F816B8-6734-4DCA-9BE0-A41BFCFD32DA.jpeg
マイナス1度でも、館内は冷暖房なし!
むしろ窓が開いていました。
寒さの臨場感が119年前で、良かったです。

1EDE67D9-2C49-41C6-850E-0516631294C4.jpeg
posted by Kuhcan at 14:05| Comment(0) | お知らせ

2017年10月27日

2017年05月01日

完成見学会をします

IMG_0292.JPG

  今年もゴールデンウィークに、オープンハウスが出来る運びになりました。
  行楽に飽きた皆様(笑)、どうぞ和菓子でくつろぎにいらして下さい。

IMG_0289.JPG
  毎回毎回、オープンハウスのためにお家をデコレーションするのですが、これもお客様皆様のご協力があってのことです。本当にありがとうございます。

  また、この作業を境に、私たちは1年以上通った土地からお別れすることになります。1年通ったところで、きれいにできあがってからは1週間も見ていないので、このオープンハウス中に、私は心の中でしっかりとおうちにお別れを言います。

  オープンハウスをさせていただけると、
・皆さんに見ていただける
・お家はよそ行きの家具で飾られる
・私達も次に向かうための気持ちの整理がつく
・ OBのお客様にたくさんお会いできる

と言うわけで、今では完成時になくてはならない儀式となっています。

   前回OBのお客様から
「クーカンのオープンハウスに来る事は、我が家にとって1つのレジャーです。」と言っていただけました。
  新築した後のお客様が、何名も何組も来ていただけるので、 1年に何度も親戚の集まりをしているような、温かい気持ちになります。

  今回もがんばっておもてなし準備させていただいておりますのでどうぞお気軽にお越しくださいませ。

  
posted by Kuhcan at 11:29| Comment(0) | お知らせ

2017年02月10日

エスタコモードな家

IMG_0920.JPG
エスタコモードな家、
いよいよ2/11、12でオープンハウスです。
IMG_0931.JPG
  隣に作った母屋の日影にならない大きさで作りました。
  もとは広い敷地なので大きさはどれだけでも良かったですが、陽が射すか?ささないか?で位置や大きさを決めました。
IMG_0928.JPG
  熱心にリクエストされて、木の窓も設計しました。
  単に枠が木であるだけでなく、上下に板金処理を施し、耐久性を持たせています。

IMG_0908.JPG

IMG_0919.JPG
この家は、シンプルな間取りで作りましたが、光も充分に差し、居住スペースも広くてかなり気にいっています。
IMG_0904.JPG
  和室には…ピンクの畳を使いました。
たった3畳のお部屋ですので、思い切り可愛く。(これはご主人のお昼寝スペースだと言うのを無視したわけではありません。ご主人はこの可愛さを理解してくださるユニバーサルな考えの持ち主でらっしゃいます。)
IMG_0905.JPG
  狭さを逆手にとって、天井をアーチにしました。普通のなんちゃって和室よりも、なんちゃって感に潔さがあるんではないかと考えています。
  ふわふわの羽のランプはライムズで36000円で売っています。1つをユニークな素材にすると、ほかの素材も似合います。コーディネーターとして、色だけではなく、デザインや素材も沢山組み合わせで行くのがほんとに楽しいです。
posted by Kuhcan at 13:46| Comment(0) | お知らせ

2017年02月06日

石屋根の家

石屋根の家
完成しました。
IMG_0861.JPG
素人すぎる写真…ホントすいません。

ご好評いただき、無事オープンハウスの運びとなりました。
2017年2月18日(土)
10:00〜17:30
住所は弊社にご一報ください。


  この家は、うちの男性スタッフの自邸です。
・ウイスキー樽の床
・卵の殻(マヨネーズ工場から出た廃材)
・石の屋根
・リノベーション現場で解体したケヤキの床を天井に
使っています。
  施主、結構ロマンチック…ふふふ。
IMG_0856.JPG
IMG_0859.JPG
  現場監督をしてるスタッフなので、今回私は大人しく(出しゃばらず)完成まで来ました。
  私とは違ったコーディネートで、クーカンとしても新鮮な仕上がりです。
  
  2月4日、急に「できました〜」と建築中のお客様にLINE差し上げたところ、2日で34人の方が見てくださいました。どうもありがとうございました。

 初めてクーカンの家を見ていただいた方からは、「僕の見て来た家で一番カッコイイ」と言って喜んでくださる方もあり、大変嬉しかったです。

  (とは言え 仕事で「最高!」はいつもすぐ過ぎ去ります。次もまたさらなる最高を目指して、今日も頑張っています。)

  2週連続のオープンハウスとなりますが、どうぞ皆様お出かけ下さいませ

posted by Kuhcan at 21:12| Comment(0) | お知らせ

2016年04月28日

耐震技術を載せたページを作成します


熊本県地震の被災者の皆様に 心より応援申し上げます。

4月に九州に行っていて、次回はぜひ熊本に行こうと思っていた矢先でした。
pd13odm04l.jpg
おりしもこの春から、クーカンの耐震への取り組みや、施工技術をホームページにまとめていこうとしていました。

手始めに今回の新築で施工したのが、この制震ダンパーです。
「ダイナコンティ」

CIMG2469.JPG

 うちの吉田雅一が、どうしても必要!と言って、なんと岐阜県で 1番乗りで採択しました。

(その後、積水ハウスさんに採用が決まったそうです。)

 順番はどうあれ、何しろ、私は自分の被災よりも、建てた建物の被災が怖くて仕方がありません。家がちゃんと保ってくれるだろうか、ということは、いつも心配です。

 建物をいくら頑丈に立てたところで、地震のエネルギーは人知を超えています。
(その証拠に、一週間や、せめて1時間前に 地震を予測するということさえ人にはまだ不可能です。)

 所詮、震源地と地盤によるので、私たちにできることだけでも精いっぱいしたいと思っています。
技術ページで、少しでもそれをお客様に伝えていかなければと思っています。

 余談ですが、
「こんな小さい設計事務所が、岐阜で一番乗りだったんですよ!
しかも、その判断は、あの熊本地震の前なんですよ!すごいことです。」
とメーカーの担当者さんに言われ、大工さんと吉田は喜んでいました。

CIMG2257.JPG(盛り上がるみんな。)
posted by Kuhcan at 10:31| Comment(0) | お知らせ

2015年08月14日

お盆ですが営業中です

1.JPG
 お盆ですが、実は半日だけ休んで、絶賛営業中です。(これは私の心のパリの写真。)

 人が休んでいるときに仕事をする、というのは、平塚家のDNAなのですが、わたし正月は休みたいほうなので、お盆は仕事をするようにしています。今のところ、夜12時まで仕事をしています。

 こういうとき得するな〜と思うことがあります。

 それは、「人が休んでいるので電話がかかってこない」ということです。

 おかげで、設計も、経理も、見積も、はかどるの何のって・・・。ありがたい。返信FAXさえ届かないことがこんなにすばらしいなんて!
たまにお客様から来るメールが、癒しになるこの期間。(いつもは、「あっ返信する時間がない!」とかいって、プレッシャーな事が多い。)ステキですね〜。時間が自分のものになるって。

 鈍いのが悩みの私ですが、この数日むちゃくちゃ冴えて、頭が良くなった気がします。一人っていいわね。ありがとうお盆!

 そういいつつ、月末に子どもをどこかへ連れて行ってあげる時間はないかな?と探してたりして。大阪へ行ってた子どもたちとはもう数日で再会せねばならないので、それまでがんばろうっと。
posted by Kuhcan at 11:19| Comment(0) | お知らせ

2015年06月05日

新パンフレット作成します

  わたしは会社の宣伝担当でもあるのですが、このたび3年ぶりに、ブロウシャ(パンフレット本)を作る気力が戻ってまいりました。
 と言うわけで、作ります!精魂こめて!11月ごろ完成を目指しています。

 わたしの家、ぜひ載せてね!というお客様、ご連絡お待ちしております。

  ここからは余談ですが、設計事務所とはいえ家具の販売店と併設している手前、家具も売るわたしは、他社の家をよく見ます。
 しかしながら、なかなか、「この会社はいいな」と思う会社は少ないです。
 ちなみに好きな会社は、香瑛住建さんや、田中工務店さん、などがあります。

 いい会社は、どこか一つ見ても、設計士さんとお客さんの話し合いの風景が浮かんでくるものです。
各処各処に、誰かの思い入れを感じることができます。

 悪い会社は、会社のエゴが鼻につきます。エゴとは何かというと、会社が面倒くさがって、施主を見つめず平均的に作ったと言う感じの仕上がりです。これは「年間○○棟建ててます!」と数を自慢する会社に多いです。(早く完成させたいばかりだから。)

 ただ、時には、話し合いすぎてこじらせたな、と言う家もあります。
狭すぎる部屋があったり、広すぎる部屋があったりすると、そう感じます。
そのときは、担当者が話し合いを投げ出したんだろうなと思って、ちょっと腹が立つときがあります。
 
 
 また、お客様で、建築会社を敵のように思って、疑ったり腹を立てすぎたりする人があります。なんでも相性があると思うので、イライラしたり、腹を立てずにすごせる相手(建築会社)を選んでいただくといいような気がします。
 
 
 今度のパンフレットで、また私たちがどういう仕事をしているか、をお伝えしたいと思います。
家作りというのは、肝心なのは自分が安心できる恋人を選ぶのと同じだと思うので。
posted by Kuhcan at 17:33| Comment(0) | お知らせ

2015年01月17日

2015年とオープンハウスのお礼

オープンハウス 岡村邸 ブログ用.jpg
 2015年がはじまり、みなさまいかがお過ごしですか?

 わたしは毎年恒例、大阪の実家での「寝正月&バーゲン」で、ルンルンな年明けです。

 ふだん休息といえるものは、かりそめの水曜定休日だけな私には、健康なのに国内でおおっぴらに遊べるお正月、サイコー。

 部活も仕事もない!アポも問い合わせもない!メーカーも職人さんもやってない!

 ただ遊ぶだけ、ただ寝るだけ、ただ食べるだけ・・・。

 部活でいそがしい我が家の子供も、のんびり休日!

 そんな中で半年ぶりの大阪にて、いろいろインスピレーショナルなモノを拾ってきましたよ。

 栄養たっぷりの脳みそで考えた企画、どしどし還元していきますのでお楽しみに。




posted by Kuhcan at 13:25| Comment(0) | お知らせ