2018年01月14日

インテリアのつま先 :F 柱の割れ

柱の「背割れ」についてです。
5B612577-876F-4154-AFDB-3E59F6D85A3D.jpeg

   柱というのは、1本の木から芯を削り出して四角くし、縦に使う材料です。

  木の部位の中でも「芯」でないといけないのは、周辺部を伐り出せば、木の目の特性により反ってしまうからです。

  含水率は、11〜15%に抑えるまで乾燥させます。

  ちなみに家具の含水率は5〜6%であり、家を支える大事な柱といえどもかなり水分が多いことがわかります。

  そんななので、柱は家を建てたあとも乾燥を続けていきます。

  乾燥してくると、お肌と同じで、ひび割れて来ます。

5E8A3581-640E-42FD-BAA0-27681EF76036.jpeg

↑背割りをしていないと、このようにナナメに何本も破(わ)れてきます。

  ただこれはあくまで表面上のものです。芯はあるので強度はさほど問題でないのですが、「みっともない」と一般にきらわれます。

 そこで大工が行う一手間が「背割れ」です。
CF9FEE62-ECB6-458E-A274-DC0E3EDCF301.jpeg
  最初からこのように一筋の割れを作っておきます。木の繊維はまだ生きて呼吸をしているので、夏の湿度で膨らみ、冬は乾燥して縮まります。

  最初からそれを見越して、地面に垂直な割れを作り、木を家に据えるわけです。
 斜めに割れてるよりはマシなもう一つの理由は、垂直にかかる重みを斜めに割れる事で受けてしまうと、柱が折れることにつながるからです。

  「新築なのに家の柱が割れている」のは、柱にちゃんとした芯材が使ってあるという証明なのです。1本の柱を5枚の薄板で作る昨今の建築業界。背割れのある柱はホンモノの証です。
posted by Kuhcan at 08:59| Comment(0) | インテリアレッスン

2016年02月18日

インテリアのつま先:E 住宅業界のカテゴリー

 設計士にものを頼む、というのは、どうやってするものなのか、皆さん疑問に思っていらっしゃるかと思います。
 基本的には、建築業界ではこんな風なカテゴリー分けをしています。ぜひご参考になってください。

@有名建築家 系…
main%20photo-800.jpg
 安藤忠雄さんや伊東豊雄さんをはじめとして、建築学会賞などを受賞された事務所です。建築業界でも皆が憧れる建築業界の重鎮です。「大先生」のもとにお弟子さんが集まっており、公共建築も多く手掛け、その事務所にいたこと自体がプライオリティになる事務所。
 住宅となると…お知り合いに口をきいてもらったり何かのご縁があるなど、ある程度の関係がないとお願いするのは難しいかと思います。

Aアトリエ 系…
665_aaf_01.jpg
 アバンギャルド(見たことのない個性的)なスタイルをとる建築設計事務所。所員は大体、お弟子さん。
 工事は別のゼネコンや工務店が行います。事務所によっては、変わった手法をとりすぎて、この施工会社にしかできない、という関係もありますので、設計と工事はセットで行われることも多いです。

B大中規模 建築事務所(公共系)…
2014-3_image_large.jpg
 公共施設やマンションなどの設計を行います。大きな建築会社(ゼネコン)の設計部門的な役割を持ちます。
 住宅などちまちましたリクエストに応えておられん!もっと一発の営業で安定した仕事をとりたい!という考えなので、住宅設計の場合は、建造費が1億円以上のものを受けることが多いです。
 施工は別会社が行います。

C小中規模 建築事務所(自社請け&下請け系)…
 自分で仕事を受けながら、同時に他の建築会社の詳細図面を描く下請け業もしています。おもにハウスメーカーやパワービルダー(低価格住宅会社)などの住宅・店舗・マンション設計を行います。下請けの場合は当たり障りのない図面を引きます。
 施工は、ゼネコンやハウスメーカーが指定する工務店など。

D工務店
 施工をする会社。施工をするために設計をします。世代交代で息子さんや娘さんが建築士の資格を持ち、施工から設計までを手掛けます。世襲で長く続いている会社が多いです。
 施工の腕は抜群なので安心ですが、素直でまじめな(雨の降らない)仕上がりを重視するので、オシャレポイントの理解は少ない傾向があります。

Eハウスメーカー
 積水ハウス、住友林業、ダイワハウス、パナホーム、ミサワホーム、エス・バイ・エル、一条工務店、など、機能やデザインを自社の規格として厳密に決めて建てる総合会社。一軒一軒の仕上がりのばらつきが少なく、安心。
 設計は、本社に数人、あとは外注先の中小設計事務所が行います。(ルールが細かいので誰がやってもぶれが少ない。)
 施工は、契約工務店を何件も持ちそこに外注します。
 外注が多いように見えるが、本社社員が管理をしっかりすることでトラブルを予防しています。

Fパワービルダー
 一建設、秀光ビルド、タマホーム、アイフルホームなど。
 会社の体制としてはハウスメーカーと同じ構造です。
 が、圧倒的に価格が安いのが特徴です。
 価格が安いからと言って、職人の手が悪いかというと、そうでないときもあり、会社や担当によります。悪い職人が多い会社は、数年で廃業しているのでその時点で判断ができます。

G建売(たてうり)系…(分譲住宅など)
 ここは、厳密には、建築業界ではないと私は思いますが一応書きます。
 不動産を生業とする会社が、自社の不動産に家をセットにして売っているスタイル。
 建築というより、不動産販売が目的なので、会社自体がそもそもどのレベルの建築意識というと「目立ってよく売れる」か「値段の割によさそうに見える」か「クレームが来なければよい」と思っている程度。私たちがトラブルに駆けつけることも多いのですが、壁の中や屋根裏など見えないところがいっぱい端折ってあります。
 ただし、キッチンなどの機器は安心のメーカーを使っています。そのかわり、目を引かない設備(給湯器など)は大概マイナーメーカーです。
 予算がどうしても出ない場合は、非常にいいのでおすすめですが、長期的にはメンテナンスの必要が多いということは申し上げておきます。

H住宅系設計事務所…
oguri_001.jpg
 クーカンはこのゾーンかと思います。
 「自分が設計し、自分が施工する」事務所。
 ご夫婦でやっていらっしゃるとか、友人同士、ということが多く、人間関係重視なので、その設計士の人柄次第というところがあります。オーナー自体が設計や施工のシステム化は苦手なので、標準値がわかりにくく、一般に敷居が高いと思われるゾーンです。(うちは低いと思うのですが…)
 施工は別会社が行うのですが、ほとんど同じ会社を使うところはアトリエ系に似ています。


 長く書きすぎましたね!最後のクーカンまでたどり着けた方はいったい何人いらっしゃるのでしょうか。
 しかしながら申し上げたいのは、食料品にもスーパーから駄菓子屋まであるように、住宅業界にもいろいろなカテゴリーがあるということです。

 ある程度のご知識とともに、新居のご計画を進めていかれることをお勧めします。





posted by Kuhcan at 11:06| Comment(0) | インテリアレッスン

2015年04月03日

インテリアのつまさきD リビング階段は好きですか?

 今年、5年ぶりにミラノサローネに行ってきます。
それとは関係ありませんが、今日は「リビング階段」について考えます。
c0044801_11353917.jpg
私、アルヴァ・アアルトのこの階段が最高に大好きです。
この断面図を見て萌えます。

が、自分で設計する家となると、あまりリビング階段は好きではありません。
その理由は
 @パンツが見える。
 A寒い。(エアコン代が余分にかかる)
 B部屋の大きさの割に、ゆったりとはソファが置けない。
 C2Fへあがる瞬間を見すぎると面倒くさい
からです。

@パンツが見える。
 もう、これ、何でみんな無視するの?!と思っています。
 少女のパンツが毎日お父さんに見えるのは、良くない!
 お友達のパンツがお兄ちゃんに見えそうなのも良くない!
 といつも心配しています。

 「見なかったらいいジャン」と言われますが、くつろいでるのに、人が通るたびに「見ないように」緊張する必要があるのでしょうか?
 くつろげないじゃないですか。それに、5回に1回は、目をそらすのがめんどくさいから、見ちゃうと思うんですよね。

  このアアルトの階段ほど幅が広くないと、見えるんです。だから日本の住宅事情で作ったら、パンツは見えます。 

A寒い

 クーカンでは、寒さ対策のため、
 ・吹きぬけた開口部を大きく。
 ・吹き抜けた2Fと1Fに、なるべく凹凸がないように設計。
 ・吹き抜ける1Fには、床暖房を。
 お勧めしています。これで成功したお家は、クーカンでは3件あります。

  よく「この入り口がリビングに向いている階段から吹き降ろす風が寒いんですけどどうにかなりませんか?」と相談されます。でも解決策は、ドアもしくは床暖房をつける以外、ないんですよね。
 応急処置でカーテンやロールスクリーンをつけても、布と壁の1cmの隙間風でさえ、じっとしていれば寒く感じるものです。
 かといって床暖房をいまさらつけるには、床をはがして施工が必要で、ときすでに遅し、という状態です。

 ドアをつけるにしても、階段の1段目の目の前にドアをつける設計士がいるんですね。(先日雑誌で見ました。)「新築でこれはないだろう!と思います。なぜなら、降りた先でドアがしまってたら、降りる人は危なくて不快だからです。
 そしてまた、その家が雑誌に取材されるのも「・・・?」です。 取材している記者は、設計士ではないから、デザイン優先でしているってことです。みなさんそのあたりを鋭く見抜きましょう。

 
B部屋がよほど大きくないと、ソファがゆったり置けない。

 先日も、リビング階段の入り口のせいで、ほしいソファが置けないお家に遭遇しました。21畳もあるのに、たった3人がけのソファが上手く置けないので、わたしはくらーい気分になりました。(もちろん他社の設計。)

 家具のことなんて何も考えてないんだろうな〜と思う設計士は多いですが、私が卒業して20年たっても、「くつろぐという名のゴールを設定して家を建てる」設計士は少なく感じます。家って、かっこよさを求めただけでは疲れるでしょう。インテリアというソフト面の勉強は、建築学科で教えていないのがいけません。私の卒業した奈良女子大学の住居学科は、そう言うことを考えさせてくれる数少ない良心的な建築学科だったと思います。

 今回は、ソファでくつろいでTVを見るときの角度、廊下からリビングへはいったときの部屋の見え方、そういうものを設計士が無視した結果、部屋だけが大きくて、条件が整わない箱ができたんですね。
 平塚家具で家具を販売していて、一番困るのは、お客様のほしい家具が入らない豪邸に出くわしたときなので、今回はソファが決まるまで、胸が苦しかったです。 結局、その方は緊張感のある1人掛けソファを3人分置くことで不満を解消しました。
 設計士、もっと家具、勉強すべきだと思います。

C2Fへあがる瞬間を見るのは面倒くさい

 これは、わたしが設計したお家のお母さんのコメントです。以後、心にとめようと思っています。
「16歳の息子の友達が、わたしがくつろいでいるダイニングの横を通って部屋に上がっていく。みんな申し訳なさそうに、お邪魔します、と言ってくれる。いちいちわたしたち家族に挨拶したくない子は来ないらしいけど、その子だって息子の友達。むしろ悪いような気がする。
 それに、私自身、いつあの子達が降りてくるかと思うと、リビングでのんびり寝そべることもできず、けっこう不便。」と。

 お友達がしょっちゅう来る家にするには、意外とリビング階段じゃなくてもいいのかも、と笑いながらお母さんがおっしゃったのが印象的です。
 子どもとのコミニュケーションのためリビング階段を望まれているご家庭にも、お伝えすべき言葉だなぁと感じています。


posted by Kuhcan at 11:50| Comment(0) | インテリアレッスン

2015年03月04日

インテリアのつまさきC オール電化は何がお得?

こんにちは。
 春が来ましたね。
3月3日は桃の節句にもかかわらず、娘に味噌ラーメンを作って出した吉田良子です。
これから、ようやく電気料金は安く済んでいきますね。
 さて、先日、「やってしまった・・・」と冷やりとしたことがありました。
 「オール電化とは、いくら電気を使っても、値段がずいぶん安く済むことだ」と思っていらしたお客様が、請求された電気料金が高くてびっくりされた、という事件でした。
 私が「お客さんの勘違いに気づかなかった」ということが悪かったなぁと思っています。

 セールストークで「お得ですよ」と気軽に謳ってあると、オール電化さえしていれば、生活は安心、というイメージになってしまいます。
何が安心かといえば、火事になるリスクが少ないので安心なのです。価格が安くなるだけで、エアコンやホットカーペットをたくさん使用すれば、高い請求は来ます。

 オール電化とは、
「今まで火を使っていたのを、火を使わず電気で行う」家の設備のことです。
・プロパンガスでの調理より、IHクッキングヒーターでの調理のほうが割安。
・プロパンガスの給湯器より、エコキュートでお湯を沸かしたほうが割安。
というだけのことで、エアコン代やホットカーペット代、ハロゲンヒーターは結構な電気を消費し、それはしっかり電気料金に加算されます。
 電気を使うほど得する、ともとれる謳い文句ですが、「ガスを使うよりは」得する、というだけなので、使えば使ったなりの加算になります。

 35年というローンを組んで生活していらっしゃる皆様の、お金の守り番のような気持ちで、そういう認識の齟齬も、私がプロとして気がついて、ていねいに解説していかなければいけないなぁとおもいました。

posted by Kuhcan at 16:47| Comment(0) | インテリアレッスン

2014年07月20日

親と子がスッキリするお片づけセミナー

私 吉田良子が講師を務める セミナーのご案内です。

「親と子がスッキリするお片づけ講座」

開催日時: 2014年7月29日 10:00〜12:00

開催場所: 春日井市役所 勤労福祉会館
        東野町落合池1番町2 グリーンパレスかすがい
       (春日井インターすぐ 西北。落合公園のそばです。)

予約制 : お問い合わせ
      空間建築工房 0584-62-7860


講座内容:
1、お片づけはなぜ必要か?
2、片付けられない理由とは?
3、パワーアップへのアプローチ
4、親子でスッキリするインテリア

1年ぶりのお片づけ講座なので、今回は内容盛りだくさん。
  たかが片付け…と侮るなかれ。私の講座では、人生や美について、はたまたあなたの悩みの本当の姿について、ガッチリ触れちゃいます。モヤのかかっていた未来を考える、新しくて楽しい講座です。

  さぁみんなで、美しく爽やかな心になりましょ〜!ご参加お待ちしています。

  
posted by Kuhcan at 01:47| Comment(0) | インテリアレッスン

2014年06月19日

インテリアのつま先B

インテリアのつま先B

「相性をみきわめよう」


 クーカンのお客様には、どんな人が多いのですか? と銀行の支店長に訊かれたことがあります。

 そこで夫がとっさに答えたのが、

「工事を待てる人」 (笑)。


  待ってくれる人、って、あんたは船乗りか? という私の突込みに反して、支店長が大笑い。「ふつうは、お金持ちでおおらかな人、と答えるんですけどねぇ。」




  クーカンは、待つ、という意義を 重要に思っています。

  あるお客様に待っていただいている傍らで、私たちは別のお客様の決断を、いつもたくさん待っているからです。

今も、1月着工が最短、というペースで動いておりますが、今工事中の方は、3年前から1年前にお声掛けいただいた方々ばかりです。


 今月も、はじめての皆様から「そんなに待つの!?」とあきれられているのですが、今まで待っていただいた人の順番が今、なので、そのお気持ちを大事にしたい気持ち、わかっていただきたく思います。


 でも、待っていただいた方から、「なるほど、時間をかけてよかった。」と言われることは多いのです。

 急いでおられる方ほど、家デザインやお金の工面に対して、考えがまとまっていない場合が多いからです。そんなときは一見して「予算と要望が釣り合わないな…。」と判るのですが、初対面の私たちから「この予算では無理です」「この敷地では無理です」「このデザインは成立しません」などとはなかなか言いづらく、時間をかけて対話がたくさんあって初めて言えるのかなぁと思っています。

 建築会社が急ぐという弊害もあります。
「契約を急がされて、半分納得した状態で家が建った」「インテリアコーディネイト(クロスや照明)を1日で決めさせられた」など、私から見て暴挙と傲慢としか思えない状況は、ハウスメーカー系の建築会社では 当たり前のようにまかり通っています。

 ・消費税が上がるから、
 ・ローン減税で一刻も早く節税したいから
 ・占いでいい時期と出たから
 ・子供が学校に上がる前に

 人が建築を急ぐ理由は様々ですが、それに関する弊害は、たくさんあるのになぁと思います。

 ここに、「相性」というものが発生します。
 相性がいい会社と契約する人は、家づくりのすべてがうまくいっているわけではありません。 わたしたちのお客様の中には、予算オーバーでほしいもののランクを下げたり、希望より一回り小さい家に住む人がいます。引っ越ししたい時期に家ができていない、中には、家を建てること自体をやめる人もあります。

 でも、その人が 建築会社と相性がいいなら、それはすべて、お互い納得したうえで 下された決定なのです。通常、決断までには意外とたくさんの逡巡や時間を必要とします。いい会社なら、それを待ち、助けます。

 断固として言いたいのは、いい会社とは、そういう妥協やあきらめを、「気持ちよく」促してくれる会社である、ということです。

 壁紙の色一つとっても、窓の形や位置一つとっても、建築の景色は変わります。100%はありません。私もいつもあきらめの連続です。家づくりには 何万個の選択肢があり、それを どんなにインテリアの知識があろうとパーフェクトには 作れないのが現状です。

 そこで、設計士、コーディネイターが みなさんの指示を仰ぎ、代わりに決定を下すのですが、6割がたはプロが選択した結果になります。自分が選んでいなくてもそうなっていた、ということは多いはずですが、この人になら任せてもいい、という気持ちになるまでには、しょせん時間も必要だと思います。

 たまに、「こんなふうになるなんて、わたしをわかっていませんね」。とどちらかが言いたくなるのは、相手のペースで「早くやれ、今やれ、すぐ終われ」と言われた現場がほとんどです。たがいの信頼関係が薄いまま、何千万円のお金がやり取りされるので、怒りや悲しみが渦巻く悲惨な状態になります。ないものを造る、しかもそのものに命を守られる業界ならではの現象だと思います。

 ですから みなさんが、お家を建てようと思ったら、どちらかがどちらかにゆだねすぎるのではなく、フェアな関係を築ける会社を選んでいただきたいと思います。
 お金を払っているから何とかしてくれる、というのは幻想です。
 プロなら望むすべてを実現してくれる、というのも幻想です。
 ときには建築会社の決定を、自分が気持ちよく受け止る必要も出ます。

 でも、自分が納得するまで、待てる会社かどうか?
 自分のためを思ってモノを言っている会社なのかどうか?

は大切なキーポイントです。

 お互いに思いやりと敬意を持てるのが相性、いわゆる「ご縁」であり、あなただけのインテリアの旅の始まりなのかなと思います。


posted by Kuhcan at 17:27| Comment(0) | インテリアレッスン

2014年05月16日

インテリアのつま先A

インテリアのつま先A

テーマ「家をきれいにする」
IMG_1237.JPG
 家をきれいにする、ということは、美しいインテリアではセンスの次に必要なことです。

 でも、きれいにし続ける、って、本当に難しいですよね。

 収納スーパー主婦の近藤典子さんは、「片づけ」のむずかしさを訴え続け、とうとう近年は家庭科の教科書に「片づけ」が載っているんですよ。それぐらい、家をきれいにすることは難しい。全員が戦っている問題なんです。

 
 だって考えれば、家以外にきれいにすべきところって、たくさんあるんですよ。
 ・顔(化粧)
 ・服
 ・車
 ・こども
 ・美しい料理
IMG_1294.JPG
(これは、勝手口の靴の収納を造った写真です。)

これらをきれいにすることで、みんな疲れ果てて当然!

 それでも、家がきたないと、どうなるかというと…。
ここでは例を挙げて、「ちらかった家」で、デメリットを考えましょう。

@床に物が落ちていると、人はよけて歩きます。
Aつまり、「よける」という選択を1つしたことになります。
 そして人間は、朝起きて1時間で、2000個の選択をするといわれています。
 「眠いけど起きよう」「寒いから服を着よう」「シャツは緑色にしよう」「今日は髪をアップしよう」・・・
B学校や会社においても、さらにたくさんの選択をします。
Cかえってまた散らかった部屋を見て、やるべきこと(=選択)の多さにうんざりし、そのままにします。
D次の朝もまた、「この物をよけて歩こう」という選択が始まる…。

つまり私たちは、散らかり放題でラクしているように見えて、実は、しっかり散らかりに気を取られているんです。
見てみないふりでさえ、神経を使っていることに変わりはないのだそうです。

いかがでしょうか。

 今や、モノがあふれた時代。日常で80%以上の人が、モノとのストレスと戦っているそうです。
「断捨離」という思想がブームですが、「片づける」ことにつかれたら、確かにものを「捨て」たくなるかもしれません。
 そして、捨ててもったいないと思うなら、買わないということも大切。
 先日うちの家具店Limes(ライムズ)で 断捨離セミナーを行いました。モノを売ればよいという考えは、弊社はしていないんですよ。

 明日も、リフォーム前のお家にお邪魔して、お施主さんと一緒に物を片付けてきます。
一緒にやる理由は、ただ一つ「私がいると、捨てるものが増やせるから。」

 皆さんのお家のモノが、まずちょうどいいくらいの量になって、それを入れる美しい箱が、Limesの家具であり、クーカンが作る部屋だといいなぁと思っております。
posted by Kuhcan at 08:42| Comment(0) | インテリアレッスン