2014年01月23日

2014年もよろしくお願いします。

 本年もよろしくお願いします。

 いや〜、消費税8%を前に、どの建築業界もいそがしいですね。
ご多分に漏れず クーカンも、世間に巻き込まれて忙しいです。

  しかし、巻き込まれるってのは、大変ですね。
わたしは見た目ほどはガツガツしていないのですが、ガンガン仕事をする羽目になります。
 忙しさでブラッシュアップされて、今年もさらによい住宅をお届けしま〜す!

 …ところで。
 わたし、年末の事故で、神様に「人生に満足しているならもう死んでもいいだろう」と引導を渡されたと感じております。
(あ、わたし、自分の人生に完全に満足しています。)
 というのも、常日頃から、 クーカンはお客様もスタッフもいい人ばかりなので、「こんなに幸せなことはないな〜」と思って生きています。が、その傍らで、どうも、満足していない自分があるんですよね。

 それは、「自分ができないこと」に、まったくチャレンジしていないということ。

 言い換えれば、「人がなかなか成し遂げられないこと」と言ってもいいかもしれません。
パイオニア(開拓)する脳みそが、なんだかこの頃、死んでるなあと思うんですよね。

 思えば、クーカンを始めたころは、
「こんな感じのものできる?」→「(どうやるかわかんないけど)できます!」
「これ、間違えてない?」→「ああっ、ごめんなさい!!!」
「早く図面をだしてよ」→「わぁっ、思いつかないけど頑張ります!!!」
「仮設トイレがくさいよ!」→「わぁっすみません!!すぐ汲み取ります!」
などなど、お施主さんの些細な要求に右往左往し、それでも「やってやるぞ!」感満点で、ドキドキのし通しだったのですが、さすがにこの頃は、建築にまつわるいろんなことに慣れて、こなしてしまっています。
 

 難しいこと、大きなお金が動く仕事をやっているし、失敗ができないので、どんどん自分が「うまくやる」ことばかりがうまくなります。

 それは喜びなのかというと、意外と、あっけないもので。
あの頃渇望した「こなせる自分」は、達成してしまったら、次を探してさまよう自分を感じます。
 

 だいたい、いま海外に移住するガッツって、ないよなぁ。
原発が爆発したら、ぜったいアブダビかどこかに住もうと思ってるんですが、そんなこともないと、移住しそうにないです。

( 知らない土地で、ゼロからやってく、って、なんかもう、永遠の憧れですよね!)

 慣れないことをやると、ドーパミンが大量に出て、年を取らないらしいですよ。

 そこで今年は、 もし慣れないことを要求されたら、今年こそは、「面白そうだからやります!」と飛びつけるといいなと思います。
そして来年には、「これ、大変だけどやってみよう!」って自分で見つけてくる私になりたいなぁ、と、すごく思っています。
それは、大きな仕事でもいいし、難しい仕事でもいいです。
時間がない時間がないと、言い訳するのはもう飽きたよ!
44歳を過ぎるころには、毎日の仕事を打っちゃってでも、自分の可能性に賭けてみたいんですよね〜!!
子供がいるうちは無理なんですけどね〜!(その頃ちょうど受験生。)

 ま、そうはいっても 地に足の着いた私。
 今年もみなさまのお家の「美」を担うべく、がんばりますね!













posted by Kuhcan at 18:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: