2022年07月31日

原価高です。工事をご検討中の方はお早めに

2022年 7月30日現在
D1069449-E255-4E4E-817A-3EA3F1969884.jpeg
建築業界は、圧倒的な原価高です。
コロナ以前の材料費に比べて
・木…1.3〜3倍
・アルミ… 1.1倍
・ガラス… 1.5倍
・キッチン、トイレ、バスルーム 1.1〜1.33倍
・クロス、塗料… 1.1〜1.2倍
・サイディング(外壁)… 1.1倍
・PB(内壁)… 1.2倍
・照明器具… 1.5倍〜1.1倍
・工事費… 0.7倍〜1.15倍
・板金、鋼板…毎月上昇
・瓦…毎月上がる
と、軒並み上がり、今のところ2年前の1.2倍ほどの価格です。
この10月11月からまたさらに上がります。
2年間で、ひどい製品だと3回以上の値上げ、燃料や素材そのものの材料に至っては毎月の値上げが起こっています。
「3年後に家を建てようかな」と思っていらっしゃる方、今の方が間違いなく安いです。原因が複合的に様々あり、1難去らずににまた一難、と言う状態が続いているからです。
 米中戦争による物資の滞りを始め、中国の輸送コンテナ買い占め、アメリカの住宅事業爆発による木材不足、ロシアの経済制裁による木材調達難やレアメタルの不足、原油流通の異変、ロシア開始による輸送ルートの変更等…
 どれをとっても、今までの材料費でなくなる事は明らか。インフレの時代には、今まで30年デフレだった日本のウミが一気に噴出し、新築価格が1.5倍になる日はもうすぐそこです。
 早めのご検討をお勧めいたします。
posted by Kuhcan at 08:30| お知らせ