2021年12月16日

イタリア製のオフィス


4ABB8FFD-28C2-4327-B1E6-6C7BF0A7D660.jpeg4805E3B1-57B9-435A-A5E9-144DE0D89E27.jpeg4B296D27-9C07-4A8B-B3AC-D99A921CB749.jpeg
SE工法で建てた新築の司法書士事務所が完成しました。イタリアのオフィス家具を採用。

 大きなかっこいい会議テーブルも、白いシンプルな事務机も、こんなふうに、配管がきれいに片付くようにできています。
0413CD66-54E8-4684-BC88-3166C7B4E64A.jpegB956B0DB-6F69-4E4A-A23C-782E66125D52.jpeg28923529-D106-4667-94E3-281E716CA5F2.jpeg
 いかがですか、このクオリティー。
配線も美しく見せようと言うデザインの国の心意気です。
 椅子の色にもこだわって、シックな会議室と、
優しげな事務所と、使い分けてみました。

イタリアは、暖かい色の価値をよくわかっていて、「会社だからグレー系やブルー系で」とはなりません。家庭で使うよりもむしろポップで明るい感じの色を好みます。

最近コロナで海外に行けていないので、自分の海外で見てきた感動が遠いものになっているのですが、こうして輸入して形にすると、満足なものがまぁ、できたのかなと。

本当はイタリアのオフィス家具は、収納の場所にもアソビやこだわりがありますが、今回は一旦、デスクとチェアだけを収めてみました。

内覧会は1月15日16日です。
ご希望の方は空間までご連絡ください。
案内状をお送りします。
BADBDFE4-E404-4D14-8C0B-0EEB28D67BC7.jpeg
posted by Kuhcan at 23:12| インテリア施工例