2021年04月16日

節税をしない人達と、古民家の安全を守る人たちと、地域の未来を探る人たち。みんな違ってみんないい。

8905AF6A-1FCE-453E-907D-6971E126DF5C.jpeg
 先日、高井会計さんと一緒に浅野撚糸の雅己社長のところに講演のお願いに行ってきました。浅野社長は最近、かの雑誌「Forbs(アメリカのお金持ちが載っている雑誌)Japan」にて、「企業のストーリーオブザイヤー」で最優秀賞をおとりになったのだそうです。
すごすぎますねぇ…。

 それと前後して、元盛和塾の岐阜実践経営塾で習ったことがあるのですが、「日本で4000万円/年以上を納税している企業は1%程度」なのだそうです。弊社もあと3年位でその納税額を達成するつもりなのですが、この2社の社長さん達はすでにその1%の人たちです。

 メイホーホールディングスの尾松社長が、「こんなに素晴らしい日本の社会サービスを受けながら会社を経営して、納税で返せないなら社長の資格なし」といつもおっしゃるので、社長とはそういうものだと思ってやっています。

 今日、ドトールで女の子たちが、ワインの詳しい銘柄を次々と列挙し、こんどそれをどう飲むかと言う算段をしていました。東京なら若い女の人たちが、こんなに詳しく良いものにお金を使っていて経済が活発で素晴らしい。

 昔なら、私もワインを飲めるようになりたいとか、そのうんちくを知っておきたいとか思ったのでしょうが、ただ単にその2人の幸せが喜ばしかった。我ながらなんだか枯れてて心配でしたが、子供が3歳を過ぎた頃から、自分自身に向けてはこれ以上別に望むものはないと思ってやってます。

 平和な夫、個性ある子供たち、やる気のある仕事仲間、頑張る野球部やバレー部、真面目な実家や親戚。正直これなら、ワインマティーニ(カクテルグラス)はそんなにいらない。
 
 だから後は、一生懸命働いて、お客様のお役に立ち、その代金を納税して、また国の誰かに少し貢献するという人生です。

 今日は東京でたくさんの古民家再生協会の支部長に会いましたが、本当に皆さん、地域を豊かにするための功徳で真面目な人ばかりで、心が磨かれる二日間でした。納税する気はあれど時間を使うのはなかなかできない私ですが、再生協会の皆さんは身を呈して具体的に地域おこしの活動をされていて本当にすごかったです。本当に一人一人紹介したい。
123F0D48-2CCB-4AD6-9477-FD052152F50A.jpeg
とりあえず、古民家の耐震や安全を担う「一般社団法人 日本伝統再築士会」の新しい役員さん達を紹介いたします。
posted by Kuhcan at 22:59| 空き家対策