2020年08月21日

しんどいシロアリ被害の責任は誰にあるのか

541C8098-1B41-4DF8-8884-2F33A810DD3E.jpeg
 だいぶいいところまで壊れた現場、またまた上部にシロアリ被害を見つけました。

FFB36D22-581A-4A26-B38B-CE6D924037D8.jpeg
 この黄色い丸の部分は、昔屋外であったところで、増築がしてあります。昔のモルタル外壁が張ったまま部屋を増やしてあります。

6A32AD2A-890C-4469-A6BD-35882023A84F.jpeg
 外から見ればこの赤い丸のあたり。
この内側に丸太の軒桁が昔あったのですが、それがえらいことになっています。ズームするとこんな感じ。木材が溶けたようになくなっています。
EAF5BE70-32D7-4FEF-9707-880E3F16986A.jpegCD2D42C3-EBFD-49BE-B73F-A9530A0115D3.jpeg
いかがでしょうか…
 モルタルはそのまま円く残っていますね。
 これは丸太そのものが悪いのではなく、
外壁モルタルをそのまま残して室内にしたため、
外の雨に濡れたモルタルから水が室内の壁に侵入し、
乾く場所がなくなり、
木を腐らせて
シロアリを呼んでしまいました。

FA97EC8D-F32E-4F7F-8469-57621A567B11.jpeg
 すぐ左隣の壁はこんな感じで、
土壁ですので、濡れれば土壁自体も水分を保湿します。
どんどんどんどん木は弱っていき、
上の写真の1番右の柱など、形があるだけでパサパサで強度はもはやありません。

こういう時…何を思うかと言うと、大工さんが悪いのか、家をいじりまくった施主さんが悪いのか微妙だと言うことです。

 大工さんは、たかが2畳ほどの増築に、丁寧にモルタルを剥がして工事をするとお金がかかるから、簡単に済ませてあげようとおそらくこの結末に至りました。

 施主さんは、ただただ、室内という領土を広げたかった。

 このことを思うにつけ、
・領土問題は誰の心にもある
・もともと広い家を設計すべき
・お金がかかってもリスクを優先でリノベーションすべき

と再確認します。こういう事を思いながら、増築しなくても良い新築の設計をしています。

吉田良子
posted by Kuhcan at 09:58| インテリア施工例