2020年08月09日

白のインテリアは「暮らしのキャンバス」

8C7CCAD9-79E4-4BEA-957E-4E8D5852E468.jpeg
 新築のお家が完成しました。
このたびは残念ながらオープンハウスを見合わせましたが、街中の変形敷地をうまく活用して、広々としたリビングダイニングを作ることができました。

DA7F1753-B633-4D86-B55C-B51C635FB29F.jpeg
 このショットだけで広さが伝わるでしょうか?実際体験していただくとほんとに良いのですが。
 将来的な家具のレイアウト変更にも対応できる作りになっています。

5BF29244-0123-4FDA-86C4-7C98FA66F705.jpeg
 今回のテーマは「エレガント」。
私はもともと西欧風のスタイルと白とゴールドが大好きなので、思いっきり趣味を出してやりました。
 本当はピアノ室は、シャンデリアを吊りたかったのですが、天井の高さとの兼ね合いで断念。これがうまくいってたら…もっとよかったのに…と思っています。 

4D7C7582-045F-4165-9F21-E0903C34279E.jpeg
 白といっても家中まっ白と言うのも芸がありませんので、木目がうっすら透ける、近年のヨーロッパで流行したスタイルで塗装をかけました。

ADB3C384-F715-4166-8268-C9F24F0EF289.jpeg
 ドアも本物の木製でちゃんとした製品なのですが、この木目は塗りつぶしてあります。あまり木目が透けてばかりでもしつこいので…。

ABFE0CBE-903C-470B-A043-93A7E45BDC87.jpeg
 白いインテリアの中に、グランドピアノとテレビモニターの黒が差し色になるようにしてあります。
 ドアの取っ手は金色。

 この、白、黒、金をベースに、お客様が様々な色の生活雑貨を置いていかれるはずです。

 家という建築は、生活のキャンバスみたいなものなので、あまり主張しすぎず、快適な暮らしの手助けができればという気持ちでこのインテリアコーディネートをさせていただきました。

 久しぶりの西欧スタイル、中に入るととっても気持ちがいいです。今回も、気持ちが良いおうちが作れてよかったです。

 吉田良子
posted by Kuhcan at 08:54| インテリア施工例