2020年05月24日

ビルの雨漏り対策工事

雨漏りの季節がやってきますね。
082B11AA-F90F-468A-B78B-7CF50D1146A1.jpeg
 この土日は、ALCと気泡コンクリート製のビルの雨漏り対策工事をしています。

 
D7C74695-2F53-464D-AD40-3BB53FDC858E.jpeg
雨漏りしそうなヒビが見えますでしょうか?
「事務員さんが、『社長、もう私この雨漏り耐えられません!』て言うからさ、早く治してね」
 と言われて実はもう一年半。放っておいたわけではなく、工事が忙しすぎてできる人がいなかった弊社。本当に申し訳ないです。

 
99EF9170-92CE-4DD1-8606-5CB5E186B537.jpeg
「あんたたちが来てくれないからさぁ、コーキングで直したんだよ。でも全然変わらない。」と社長。本当に申し訳ございません。


 実は弊社の事務所もALC鉄骨造です。雨漏りにかれこれ10年、ちょこちょこ直すのでは、合計1000万円以上使っても治りません。40年前流行ったこの作り方が本当に恨めしい。

3CA1D297-3675-4A58-9546-ED7A664EE90C.jpeg
 そこで今回は、「断熱サイディング外張り工法」で、「外壁とパラペット全体に被覆層をつくり」雨漏りを防ぎます。これだと600万円位です。今まで40年、塗装の1度も塗り直したことのないビルなので、そこそこ安くつく結果ではないかとなりました。


 コロナで弊社工事が止まったので、晴れてる5月に外壁工事ができる。これ最高のタイミング。
 といっても1年以上待っていただいてるんですけれど…。でもコロナが春だったので良かったなと思うことがたくさんあります。換気ができることもそうですし、春で基本的に気持ちが明るい時期だと言うこともそうです。

 何しろ社長、今度こそはきちんと治させていただきますので!よろしくお願いいたします。

吉田良子
posted by Kuhcan at 11:46| 工事写真