2020年05月05日

世界の休日。平等の休日。

2189971F-2112-4470-8D9D-4015E90C32F6.jpeg
 新型コロナ感染拡大防止のため、弊社、5月3日から6日、初めての4日連続の営業自粛を体験しています。
 とは言え、経営側と工事現場は施工しております。(本当は休みたかったが、工程に間に合わなかった)
 私はと言えば、「会社で誰かが働いているのに休む」ことを10日のうち合計3日間行ってみて、ハァーとため息。人は自分のより良いご飯のためにいくらでも時間が使えるようで。お金もかからず平穏に暮らしてみました。
 ただ、食生活が充実すればするほど、普段頑張っていることがいろいろ無駄になるような恐怖を感じてしまい、確かにくつろぐんだけど、やっぱり先のことが心配になりますね。
 飲食店は、自粛自粛と言いながら、西濃地区はここのところ5日連続で感染者が出ておらず、「テイクアウト」が花盛りです。
 社会への支援なのか、営業している後ろめたさからなのか、やたらコスパの良いお弁当ばかりで、とてもおいしいです。(経営者の立場からすると、買うと申し訳ないような気になります。)
4F45891C-3790-4AE7-A2CA-02BC3BE76551.jpeg
これで800円。(大垣の温石)

F7E7AA12-02CC-48B1-AF0D-3CBA9F22365D.jpeg
ミシュランでも1500円。(アドゥエパッシ)
 世界の休日。平等に休日。
 免疫を高めるには
・10時から朝6時まで寝て
・旬のものを食べ
・よく笑って暮らす
のが良いそうですよ。
 もしコロナで世の中がスローダウンして、それでも生きていけるものなら、そのように生きればいいはずですが、
 ドイツのメルケル首相の「これからこそデザインや芸術が大変必要になってくる」その言葉を受け、その担い手としてやっぱり仕事に引っかかって生きていこうと思います。
吉田良子
posted by Kuhcan at 16:27| インテリア施工例