2020年03月27日

美濃加茂市にて古民家鑑定

美濃加茂市のご依頼で、古民家再生総合調査を行いました。
岐阜支部には今年から床下検査ロボット「モーグル」がありますので、大下支部長 張り切って調査です
残りのメンバーは手分けして古民家鑑定
最近は手慣れてきて、二人1組で、鑑定と入力を行なっていきます
こんな情緒のある二階
2階に茶室まである豪奢な造りです。
屋根はこんな感じで立派な昇り梁。火打もあります。大正の建物でこの時代には珍しく筋交いまであり、そのせいか柱は数ミリしか傾いていませんでした。床は3mで5cmも下がっているのに垂直材が傾いていないのでおどろきました
午後は耐震診断士の吉田支部長。 「風で家が揺れすぎて、良い数値が出ない…」 そのことでこの診断は次の日の朝、再度行いました。伝統耐震診断は、地面の揺れと建物の揺れを見て耐震力を測る診断なので、それくらい繊細です。
裏には山がある素敵な古民家、残して行けたら嬉しいです。 吉田良子 
posted by Kuhcan at 14:05| 古民家再生協会