2020年01月22日

日本は熱意を持って働く人が6%しかいない

いま衝撃なNHKニュースを見ました。
「日本は熱意を持って働く人が全体の6%しかおらず、調査国137カ国の中で132位。」
「それに危機感を抱いた経産省が、熱意を持った人材育成に力を入れるよう企業に圧力をかけていく」
41B81DC2-B296-40DD-A5BC-B3B860767ECD.jpeg

 ここのところ、取締役会(夜中に夫を起こして行う)では人材育成の話でもちきりでしたので、同じテーマだなと思って聞いていました。


 にしても、熱意を持って働く人が全体の6%って!!!情けない国ですね。本当にしょうもないデータです。「10%以上の人が会社の悪口をそこら中に行って回る」という結果も出ていました。


 おかげさまで、クーカンにはやる気のない人がいないのですが、社外を1歩出れば、実感として本当に94%位そんな人ばかりなのです。真面目に働くのは格好悪いとでも言わんばかりの風潮です。田舎だからかと諦めていたら、日本全体の問題だったんです。

 
 子育て中の17年間、違和感を感じ続けてきた私。
特に子供が小さいうちは、友達探しに苦労してきました。


 でも、自分も高まる友達を作ろうと努力した結果、最近特に、うちの会社では女性のパワーが凄いのです。交友関係でも、周囲は真面目な人ばかりになりました。男性にも女性にも「もっと頑張ろう」と語り続けてきたら、相手の頑張りに安心してみんなが頑張れる社風になりました。子供もうまく育っているし、夫婦も皆円満だし、仕事場も平和です。

 正直、誰に何を言われようが、「自分自身への努力を続ける人は、人間性も仕事のキャパも大きい」です。やはり、自主自立の精神が大切です。

 今日、内閣官房をやっている井上幸一さんから、とある話をいただいて、畑違いだけど私の問題視している社会問題だからやってみようかと、思っていた矢先のNHKニュースでした。ちょっと運命を感じました。

 また、今日は、顧問先700社を数える高井法博税理士さんから「あなたの仕事に役立つだろうから」として、300人を超える自社の例会参列者の中、小さな顧問先である私達に新聞の切り抜きをしてきて下さいました。
65D17F3C-F5A4-4D46-8B28-25076003DEBD.jpeg
 他者のために、新聞を読みながら「あの人の役に立つだろう」と線を引き切り抜いてお渡し下さる闘病中の高井会長には、涙が出るほど胸を打たれました。本当にありがとうございました。


「熱意を持ってことに当たる」
とは、松下幸之助や稲盛和夫さん、本田宗一郎さんなど数々の名経営者が必ず口になさる言葉です。
 しかしそれを、ごくごく自然に他人のためにできる方を見ていれば、日本だってそんな6%の国にはならないと思います。


 また何か1つ、人生の皮がむけたような気がしています。明日またどなたか一人のために、誠心誠意やっていきたいと改めて誓っております。
posted by Kuhcan at 00:43| インテリア施工例