2019年12月31日

「自分がこんなにできるとは思いませんでした」

2A6C5C8D-E740-4994-957C-6F9E2A1D7EA6.jpeg
 いよいよ、令和元年12月31日です。今年 最後の挨拶で
「今年はお世話になりました。
 自分がここまでできるとは、思いませんでした、
 ほんとうに…。」
としみじみと言ってくれたスタッフがいました。

 そのスタッフは、夏の終わりくらいに私と話し合って、働きかたを変えてみた人です。このゆるい働き方の時代に、がむしゃらに働き、4ヶ月で見違えるほど様々な仕事をこなせるようになられました。

 松下幸之助さんの「ダム経営をするには、まずダム経営をやろうと思うことですな」
 稲盛和夫さんの言葉では「誰にも負けない努力は自然の摂理」。

 その人は体の限界にも、自分の家庭の事情にも、今までの自分自身へのイメージもにも挑戦して、まるっきりの意識改革をなさいました。会社がびっくりするほど円滑に業務が進みました。

 なぜがんばるのか、なぜ頑張らせるのか、

 それは決して会社のお客さんや利益のためだけばかりではありません。人には、「好奇心」という、人間にしか与えられていない新しい能力が備わっています。たとえそこに苦労が伴うとも、それを追い求めることが人生の楽しさだと私は信じています。
 私はそれを「仕事をすることそのものに尊厳を見出している」状態だと言っています。

 「我 想う 故に 我あり」

 動物は爬虫類から進化して、自分を守るだけではなく、「愛情のなか安全に生きていきたい」という感情があるのだそうです。さらにそこを超えて、人間は「知らないことに挑戦してみたい」と言う探究心があるのだそうです。

 仕事人としてのプライドを持った集団を目指して来年も進みます。
 2020年もよろしくお願いします。
 
posted by Kuhcan at 17:28| インテリア施工例