2019年12月27日

令和元年もお世話になりました

F91CB61C-692B-4905-BF97-A0FC8F16CEC5.jpeg
 令和元年もお世話になり、ありがとうございました。このブログを読んでくださっている皆さまに感謝申し上げます。
昨日 空間建築工房&平塚家具ライムズの忘年会、
本日 事務所と倉庫の大掃除を行い、
29日 工事現場の仕事納めとさせていただきます。
お正月は5日から営業します。
00D405CB-557F-4F7E-859A-A01F8131229B.jpeg
クーカンの忘年会は、2019年ミシュラングルメガイドに掲載された「a due passi パッシ」で行うのが恒例となっています。
始まる前に吉田雅一・良子が、今年の反省と来年の抱負を30分ほど語り、ヘンな空気になるのも恒例です。
パーティの締めは、大工の岡部くんとライムズの加藤 店長が、ぐだぐだな「ダブルぼけ漫談」を延々30分にわたって繰り返す、これも恒例になっています。この2人の嬉しそうなイチャイチャ感を見ていると今年も無事に終わるなぁと言う気持ちがします。
9021AF7A-7863-4301-8A9A-CD87B0D3722D.jpeg
2次会後は、お約束のように代行が予約できず、
3次会として妹の家になだれ込みます。
気がついたら、空間の人誰もいない勝ち誇り
7D53A14E-D31E-4658-B816-0C194654607B.jpeg
 今年は結局朝まで飲み明かしました。(みんな次の日仕事なのに。)
 2年に一度はこんな感じになります。
 クーカンとライムズって、隣の会社なのに忙しくて交わりがなさすぎ、この忘年会をチャンスとばかりに話し倒します。
(なぜか夜中に起きてきて、大人の飲みを見守る5歳の姪っ子。)
私は空間建築工房の経営者ではありますが、やっぱり実家の家業である平塚家具の事はいつでも心にかかっているので、こうして毎年、善良なスタッフの方々と話をすると心が落ち着き、とても幸せな気持ちになります。
 
 手前味噌かもしれませんが、最近のライムズのお店はとてもスタイリッシュでロマンチックです。みんなの愚痴を聞きながら、「あの美しいお店をそんな苦労や葛藤の果てに作り上げているのだ」と知るとしみじみと、奇跡のようにありがたく思います。
 平塚家具のスタッフのみなさん 本当にありがとうございます。悩みはどこにでもありますが、やっぱり皆さんの心根のキレイさは店に現れていると思います。私もつりあうように、がんばります。
posted by Kuhcan at 20:59| インテリア施工例