2019年12月17日

築72年の古民家再生@ 玄関

8A2DE8A9-D5AC-4414-BE04-7BE259906FC8.jpeg
令和元年12月の今日、
築72年のお家のリノベーションが完成しました。
3F14AA13-9CFE-431C-8B59-D13E981E3919.jpeg
気をつけたのは「手を加えすぎない」こと。
例えばこの写真では、変わったのは
・玄関タイル
・1番低い床
・黄色く見えている部分の壁
・照明を追加
だけです。
・柱間や梁
・左の式台
・天井
・建具
・砂利の腰壁
は従前のまま。
Before ↓↓↓
21AF70EA-1CCB-47A3-AF31-19CE4B6B7113.jpeg0D09E176-773D-4C0A-B60E-1C4646D05F16.jpeg
(伝統耐震診断で、建物の揺れ方を見ているところです。)
CBD918FB-1C93-4B03-8764-C049B0CEB31C.jpeg
After ↓↓↓
AD3EC46A-FCF3-4A3D-9500-8AEF80383422.jpeg
どうでしょうか。写真の写り方としても見違えるように変わりました。
F1FE7D96-E211-4060-B3E2-6AA1C4A09AF2.jpeg
ただ、玄関から奥に続く高さとしては、以前は何箇所にも分かれて、家の途中途中で段が上がっていました。22センチ、8センチ、12センチ、5センチ…。これは非常に煩雑で危ないので、以下の写真の通り、玄関から一気に階段で上る仕様にしました。
 その時の踏面も44cmセンチと奥行きを広くし、上りやすいゆったりした段差に変えました。
 これで、家のバリアフリーは完成です。
E0876C6D-3EB6-41D4-AFBF-E8DD20328D89.jpeg
将来
この階段にスロープを作っても急でないように、玄関から真っ正面に動線を通してあります。
posted by Kuhcan at 03:09| インテリア施工例