2019年12月06日

空き家対策で養老町と連携協定@ 伝統耐震診断

 吉田が代表理事をしている古民家再生協会は、空き家対策で、岐阜県養老郡養老町と連携協定を結びました。
6651334A-4E32-4F63-86D2-A6EF3417DEFC.jpeg
「日本の古民家文化を守りたい」
と思って岐阜の西濃地区で支部長を始めた、全く手弁当の協会です。

会員企業さんたちの主な性格は
「愚直」
71C80A85-C8EA-44BB-BF80-9F6BBA6F9819.jpeg
一言で言えば「動物愛護団体」の理屈で、
「この建物が捨てられたり朽ちるのはかわいそうだ」という一心で活動されている会員が殆どです

DAC07CAF-C429-4A6F-B9DA-81EF93CD4594.jpeg
協会は、2008年より前団体としての活動を始め、2018年には国土交通省の「リフォーム推奨団体」として認定されました。

89D36129-DD46-47D0-AE96-5CD501009F6F.jpeg
しかし、「古民家」を世間に認めていただくのは案外ホネが折れました。

まず「地震に弱い」というイメージが根強いからです。

「本当に地震に弱いのか?」
という検証のために、「伝統耐震診断」を開発しました。目視ではなく、機械で計る診断方法です。「第4号建築」と言って、新築の時でさえ耐震計画が必要ない木造住宅には格別な診断です。
 住宅一軒ためにコストのかかるやり方ですが、伝統工法が現行の建築基準法に建て方が適合していない以上、検証が必要です。今もこの伝統診断についてさらなる改良を続け、古民家の安全性を客観的に判断する努力をしています。
C439D4D8-6350-4047-B871-634B458A7B42.jpeg (つづく)

posted by Kuhcan at 09:24| 空き家対策