2019年11月26日

最後の盛和塾 〜西日本勉強会

7EC0ABD9-2949-4E1B-92C9-F41E8BD16EC6.jpeg
 大阪にて、最後の盛和塾西日本勉強会に出てきました。
 盛和塾は、京セラ、au創業者の稲盛和夫さんが、「経営に困っている人のために、正しいやり方を教える」と、全国行脚して、いわば辻説法のように悩み相談に応じてまわった経営塾です。
 世界100支部超、15,000人を超える社長が集まる塾です。今日は1200人が参加されていました。
DBB20CA1-D52F-4935-9433-F605426A2420.jpeg
 私は、まさかの日本航空JAL取締役副社長様のテーブルでした。(これくじで当たります)
 「JAL再生」を読んで入塾を申し込んだ私。さらにこの副社長は、夏の全国大会で、「JAL再生の頃、55,000人の応援団を作って下さり有り難うございました」というメッセージを、全員分「手書きで」お書きになった方です。
 その時、あまりの労力に呆然としまた感動していた私としては、生で拝見できてラッキーとしか言いようのないテーブルでした。お席にも色々な方が来て、JALを応援していたよと話ししておられました。盛和塾は、「利他」と「自己研鑽」をテーマにしていますので、こんな方も多くおられます。
 また、テーブルの外の方は、私の別事業・古民家再生協会の方向性の延長線上にあるお立場の方々もおられ、非常に実りのある勉強会でした。
9563CB4A-7065-4DDF-BCC8-83E4549F2859.jpeg
 しかも、経営体験発表者である3人のうち、小森アナウンサーは、私の結婚式の司会をしてくださった方です。正直ご縁を感じざるをえません。
 京セラフィロソフィーの原書まで当たりました。1200人中 60人です。(私は経営者の会のじゃんけん大会や抽選がよく当たります。宝くじは当たらないのですが、お金が当たったところで…とあまり興味がないので、その欲のなさで嬉しいものが当たりますね。)
 というわけで、得るものばかりの楽しい忘年会となりました。正直どのテーブルにも、暖かな感情が流れていた今日のお別れ会でした。いつも立派な方々に会いすぎてむちゃくちゃ緊張するのですが、今日は、そうでなく、何かホワッと大きなものに包まれているような勉強会でした。
 不世出の稲盛和夫会長のおかげで、私たち経営者が健全な経営をし、お客様や社員さんのために頑張って、良い会社を作っていく。そうすれば必ずこの国は良くなると最後に皆さんが口々におっしゃいました。
68FAA419-DA89-4BE5-803A-09C5958FFB11.jpeg
 国家や景気変動にも揺るがない、人様のお役に立てる会社を作る決意を新たにしました。
 
posted by Kuhcan at 00:50| 日記