2019年10月21日

ユネスコ無形文化遺産「ギャッベ」展

BAAB0904-2689-4CA1-B684-D1610A64D209.jpeg
岐阜県の皆さんに愛されて止まない(マツコデラックスも、つい1枚買ってしまった)イランのウール絨毯「ギャッベ」。

平塚家具ライムズで、8ヶ月に一度の「200枚展」が10月19日始まりました。

今回は、本館3階で、プチアートとのコラボをテーマに。北欧のブランド家具とのマッチングを楽しんでいただける会場になっています。
21EA87AB-0C63-4C34-9F42-899DA11F2F6B.jpeg
前日の「大工棟梁検定」会場(私たちが準備係。)とは全く違う、カラーに溢れたステキな会場。
「私ってそもそもこっち系の出身だったよね。」と思い出して、技術も大切だけどやっぱりデザインも大事だと、なんだかものすごく元気が出ました。
 (というのも、昨日の大工検定の検定員のプロさが凄すぎて、かなり圧倒され、私は大工でもないのにむちゃくちゃ落ち込んでいたので。)

017FB433-A642-4113-9009-14D33E8ED4A8.jpeg
3階の天井の低さがまた落ち着いた雰囲気になっていて、いつものキャベ、よりなんだか馴染む感じです。

 疲れ切った心と体にほんとに染み入りました。やっぱり生きてる羊の力は凄い。草木で染めたカラーがくれる力も凄い。たかが絨毯を触っているだけなのに本当に癒し。

 疲れきっている方、もしくは元気いっぱいな方ももちろん、ぜひぜひ遊びに来て下さいませね。本館は2階もとっても楽しい売り場になっています。

posted by Kuhcan at 20:56| インテリア施工例