2019年10月08日

嬉しい贈り物

F1509289-49DC-4305-8C3D-D113EC81876B.jpeg
  昨日の上棟式で、こんな「御礼」をいただきました。奥様が選んでくださった品物と、ご主人のお父様の作ったお野菜です。茄子なんてなすツヤツヤです。

 昔、私の家にはサンタクロースが来ていたのですが、4年生の時、それまで一品だったプレゼントが急に10種類の細かい雑貨や本に変わりました。
  開けても開けても、当時流行りの「ファンシーグッズ」がいっぱい出てくるので、むちゃくちゃ興奮しました。

  今日の御礼の紙袋は、その時のワクワク感を思い出すような、なんというか、思いがたくさん詰まったものでした。ちょっと感動してしまいました。

  すると夜10時、娘が降りてきて「7月になくした私の学生証入りの財布がバス停に落ちてるらしい」と言います。
  
  教えてくれたのは、夕食だけ学校に食べに来る、一種の不登校の学友の男の子。その子のお姉ちゃんの友達が、娘の学生証が入っているから早く拾いなよ、と教えてくれたそうです。

  私は普段からその子のことが気になっていて、見た目のヤンキーぽさとは裏腹に心の中がいい感じなので、会うたび声をかけていたことはあります。でもまさか、娘がこんな風に助けてもらえるとは。友達のお姉ちゃんの友達なんて縁が遠いのに、よくつながったなぁと。

  お年玉を奮発して買った娘のお気に入りの財布だったので、本人はめちゃくちゃ喜んでいます。

  ダブルでこんな嬉しいことがあり、世の中って暖かいなと、感動を新たにしています。社内もシュッとしてきて、自分の身の置き所に困っていた(笑)のですが、なんだか励まされたような気がしています。

  皆様ありがとうございました。恩返しができるようにがんばります。
posted by Kuhcan at 08:31| 日記