2019年07月23日

よしもとの集合知性 2

1ABA0F7B-7D4C-4704-8333-92A9F55FADE0.jpeg
  吉本興業の岡本社長が、宮迫と亮の会見を受けて、自分も5時間半にわたる記者会見を行いました。

  私は仕事で見れなかったので、仕事終わりにかいつまんでネットニュースを見たところ、ほぼほぼネガティブな内容。あら?そうだったの?おかしいな。

 と言うことで、文章の書き起こしを全て読みました。
 「素直な社長だな」と言う印象を受けました。

  テープを回していないかとか、お前らなんてクビにできるとか、威圧感が取り沙汰された後でしたが、「パワハラだと思いますか?」という質問に「僕はそんな気はしていなかったが、相手がそうならそうです」と答えました。「芸人ファーストにしますか?」の問いにも、「はい、します。」

  どうも、宮迫と亮の会見想像していたのとは印象が違う。

  会見は、圧倒的に宮迫たちが上手でした。しかし、5時間半にも及ぶ会見を、告発を受けた側が 答弁しながら行うのは並大抵のことではありません。その社長は、自分のミスに対しての批判を、それなりによく聞き入れている気がします。社員や芸人の主張もよく聞こうとしているし、言葉が下手で子供っぽいかもしれませんが、素直な態度だなと思いました。

  「フラットで友愛のある会社」というのがただいま経済界では非常にもてはやされています。芸人たちが自由に自分の社長を非難したりしているのを見ると、なんだかとても微笑ましいというか、安心できるというか、一人ひとりの個性をそれなりにやっぱり生かしているんじゃないかと言う気がせざるをえません。

  マスコミや世の中が、芸人たちの言うことばかり聞いて、社長をこき下ろすのは、いただけないような気がします。私程度の人物だと、「この社長は人間味があって、良い人なのではないか」とさえ思ってしまいました。

  岡本社長、5時間半の答弁ご苦労様でした。ぜひこれからも世に潰されず、芸人さんの良い意見はたくさん聞き入れていただき、善い吉本にしていってください。これからも日本のお笑いをよろしくお願いします。

posted by Kuhcan at 15:41| 日記