2019年06月30日

タイの豊かさと日本


AEF8A4C2-5572-45A1-9A26-BF42A4B9D111.jpeg

3日間、25年ぶりのタイに行ってきました。現地で2日だけ、マッサージにかかり倒す目的です。

とはいえ今回は、「安上がりな休息」をテーマにしたので、ホテルは一流ですが交通手段は電車を使いました。


0D4E96E4-4B87-4566-AA82-5750E0B4EFCE.jpeg

そしたら、乗り継いだ都会的な電車の終点から、ホテルまで、水上シャトル船が20分に1本出ていました。

二人で乗ってきて、一人は運転、一人は乗降客のサポートをするためあいさつをしながら立っていました。

ホテルから出かけるたび何度のっても、チャオプラヤー川10分の旅は無料でした。

民間のホテルが67社ほど、そのような船着き場と船を持っていました。

68754C05-A7B9-41CF-90A5-8759D5A58F11.jpeg


また、ミッションスクール周辺のごみごみした街角では、

狭い歩道に子供向けに出した屋台でさらにごみごみし、

223C992F-3CF8-43B2-9E6E-4D8C6212E9E0.jpeg

子どもが歩いて渡りたくなる位置では、信号ではなく真っ黒に日焼けしたポリスが手旗信号でした。

E847FAE2-C861-45DE-9B0F-FF1055112569.jpeg


  空港のマッサージ店では、ゆったりした一人がけの椅子に寝かされ、

1時間たっぷり、施術師は腰をかがめながら、客には心地よくマッサージをしてくれました。


438536F9-C2B3-4AE6-8E65-7A8E4CCE7FF3.jpeg

  正直、先進国として、タイでは働き方改革は全く進んでいません。

  公共の利権と民間企業の利権の境界もあいまいな気がします。

しかし「効率を重視しない豊かさ」「仕切りきらない豊かさ」を感じました。日本はこれでよかったのか?と正直思いました。


08EEF9C0-F72B-485C-B390-C9F713B390FB.jpeg


労働はみじめで辛いモノだと言わんばかりの日本に比べ、こういう原始的な労働が残っているタイ。

  みんながみんな、「スマート」ではないのですから、こういうシンプルな働き方は、ほんとうなら当たり前です。効率が悪いのもいいんです。機械じゃなくても、いいと思うんです。

 でも今の日本では、スマートな働き方があまりに尊重されています。人がいないから機械で補ったら、シンプルな人のいくところがなくなってしまった。その行き場のない人の悲しさをいつも感じています。

  でも私たちは動物である以上、手と体を動かして太陽や雨にさらされて働くことは、絶対大事です。


 タイで、私たちが近ごろ邪悪視している「空き家」ふうなボロボロ住宅群を眺めながら、

  私たちスマートな社会でないこの国は、まだまだ、まだまだ未来がいっぱいで、どんな風にでもなれるなと感じました。

  日本とは違う個性で歩んでいっていただきたいものだと、心から願いました。

75F0577A-AAB8-4060-B175-24BA98D94463.jpeg
posted by Kuhcan at 09:09| 日記