2019年03月17日

チョコを届けて家政婦に抜擢された娘

私の娘は3D73E87C-1C45-45FC-B10A-03F544E4A75E.jpeg
朗らかな性格で、考えかたも感じかたもたいへん落ち着いた雰囲気の子です。先日も私の事務所に来て、暇つぶしにササっとこんなスケッチをして帰って行きました。

0620B2E9-0D74-4079-9BFB-9F74BE975AD1.jpeg
男前なので、バレンタインはあげずに女子からもらっています。そして自分は、男前な友だち(女やおばさん、おじさん)達にホワイトデーのお返しをします。あげる代わりに男の子に、もらったチョコの数を自慢しています。(そんで相手も、スゲ〜と言って本当に感心している。) 

  届けに行った男前な友達の家(女)先で、そこの忙しいお母さんに喜ばれ、なぜか春休みは暇があればそこの家の家政婦に行くと言う約束をしてきました。
  好きなタイプの子供に、尽くすのではなく自分の仕事を押し付けるあたりがさすが私の知人です。
  娘も、そういうのが面白くていいよいいよと言って楽しみに引き受けていました。

  「うちの家族が誰もいなくても、あんたが居ていいんだからね! 」と手を振って別れました。娘が、そこの小学校2年生を見ていてくれれば、残業代が稼げると言ってお母さんは喜んでいました。

  なぜだか私の周りはこんな人ばかりで本当に昭和です。女がのびのび働けるようになったこの世の中、遊んでいるものは娘だろうが猫だろうが他人の夫だろうが使わなければ損!と言う思いはうちと同じです。

  娘は私の手伝いはしてくれませんが、代わりに他所の人の役に立っているので、それで充分です。いろんな人に親しまれて、子供やおじいちゃんおばあちゃんに囲まれて、プリキュアからキャバクラの話、バレーボールから海外セレブな暮らしまで教わって、人の家に行くのが楽しいそうです。

  いろんな人の話を聞いて、いろんな人の暮らしを眺めて、着実な娘がまた着実に世の中を理解して行っています。こういうのってものすごく安心ですね。私はこの土日も朝の4時から1日中働いているのですが、娘がそうやって活動の場を広げている事は心の慰めです。
posted by Kuhcan at 21:53| 日記