2019年03月08日

森のオフィス

C3A25504-8211-42FC-A0C3-F4B2EADAE108.jpeg
森のオフィス 8人掛けテーブルです。
パーティションが布製、と言うところがポイントです。

本当は、今年の流行色である、サーモンピンクと白が勝ったえんじ色の明るい組み合わせがいいと思ったのですが、男性の意見が勝ち残念ながら緑色になりました。

C0D9EA17-349B-4DE2-9242-72C6873AD634.jpeg
お客様テーブルから事務所を見た感じ。

CD930B8A-56F0-4AFF-93AA-739D7C30C14F.jpeg
お客様テーブルの右に見えているカラスのスクリーンは、石川県の繊維入りガラス。工場ができる最大の大きさ1メートル× 2メートル。
 100キロのガラスが、160キロの箱に入ってやってきました。

  仕上がりはもちろんシュッとしていますが、私が結局何が好きかと言うと、そういった100キロとか260キロとか言うものをうまいこと収める時が1番 燃えるのであって、仕上がりとかまぁ本当は、あくまで結果な時があります。

4A0DF0B6-2B8A-4305-9C04-BFB6382BEEB1.jpegC3A76672-22BA-415D-8CA1-73F5EB1DFF59.jpeg
いざ御開帳して、どうやったらうまく運べるのだろうかとみんなで算段している時。

38179442-DFD8-4670-B1FE-27D952BE145A.jpeg669DC248-32D8-4FC1-8DAE-625D536993AE.jpeg
木箱を開けるのにさえ電動ドライバーを使って大工が必要です。

そこを、平塚家具のメンバーが静かにサポートしています。

8CF9D209-AAF4-4607-8A2A-C8D28669C7D2.jpeg
さぁ持つぞ、持つけど、落とすなよ、落とすなよという瞬間。

7CAAAB1A-9DA9-4CA3-AB18-FFB978176A6A.jpeg
そして電気を仕込む時も、
深夜まで終わらない電気屋さんを気の毒に思いクロス屋さんと大工さんがやっています。

  こういう時、「みんなと生きてるなぁ」と感じます。デザインとみんな。それが1番楽しいことです。

posted by Kuhcan at 19:16| インテリア施工例