2019年03月06日

リーダータイプが7人

D06DED4D-BFF2-4294-BB10-2D7DAB538528.jpeg
  今日は、改まった会議が少ない我が社で異例に長い、丸一日に及ぶ会議「ゴールドミーティング」の日。事務所スタッフと大工計8人が参加です。

  今日のテーマは、 個人的スキルキャリアの向上とクーカン社是の確認。
  参加スタッフがノリがいいのもあって、悩んだり助言があったりの8時間です。

  面白かったのは、キャラクターテストで、8人中7人が「プロモータータイプ」であり、仕事への動機テストでは「人」重視が同割合だった事。(残り一人はサポーターキャラ/技術者肌。)
  類は友を呼ぶと言いますか、いわゆる「情のあるリーダー肌」が揃っているんだ…。とお互い失笑。そんな勇み足を補助してくれるキャラは、岡部くんと産休中の秋丸さんのみ。

  一瞬、「船頭多くして 船山に登る」という言葉が頭に浮かび、さらに失笑。海でない方向に行く(目的が達成できない)のはダメですが、「山に登る」って、いい響きだからです。
 v海とは逆を向いてても「山に登」ってしまうなんて船頭たちの能力や力技の成せる事で、やっぱり良いことじゃないかと思ったのです。大工なのにコミュ力が高いということは、ある意味山に登ってしまってます(笑)。一人なんて、ヤル気になる言葉の一位が「販売する」ですよ。これは将来独立開業できるね素晴らしい!とわたし絶賛。(親方はさみしいから全力で阻止や!とうそぶいてましたが。)

  じつは2年前チェックしたメンバーでは、もっと「技術」「物質」が動機の源泉だったのです。
  それが2年の間に「人への共感」がやる気スイッチになる人ばかりになっていて、いい意味でかなり驚きました。会議しないので茶飲み話でそういうことは常々話しますが、その意思をお茶と一緒に汲んでくれるみなさんに感謝と感動しきりでした。

 みんなが船頭であるとき舵取りさえ正しければ、ワンピースみたいに、そこら中の島に良いモノを落として帰れるはずです。

  皆の意思が同じ方向に向いてると今日改めて確認できたので、安心し感動でなかなか寝付けません。
  この興奮の中、また新たな技術と心を磨き、良いスタッフと現場を一つでも多く輩出していこうとあらためて願います。
  本当に今日は、スタッフみんなに感謝しきりの1日でした。
posted by Kuhcan at 02:41| 日記