2018年12月21日

5cmの坂があるキッチン

D582CA79-5107-4315-83E2-EB9F82C8DC27.jpeg
賃貸住宅のキッチンを取り替えました。
35646EA3-F095-4345-8279-EE6FD8E0188C.jpeg
以前はこんな感じでした。

 1番変わったところは何かと言うと… 
「キッチンの上には坂がなくしてある」
ことです。

この現場、大家さんが大変良い方なので、前の賃貸人さんがごちゃごちゃにした部屋をきれいに直して次の方にお貸しになるのですが、私たちに工事を依頼される頃にはもう納期がなく、工期が20日しかありませんでした。

16畳のリビングダイニングの床をリフォームたかったのですが、そこまで解体して工事する時間がないので、このたびは床を直さず、キッチンだけを入れ替えました。

39310C00-75E4-4DF9-863C-D11C7F5DCDDF.jpeg
結果…
キッチンだけは水平に取り付けたのですが、床は下がったまま。

窓のサッシがキッチンにのめり込むように下がっていく様子、お分かりでしょうか。
(家の地盤が下がって家全体が左側に落ちていっているので、窓は四角いまま傾いてます。よってなぜか開閉がスムーズです笑)。

  お施主様の住む家なら、説得してでも引っ越しを伸ばしてもらうのですが、賃貸だと納期を守るしかなく、今回はキッチンの床の下だけを真っ直ぐな上げてあるんですよ。
CD074BEE-617C-473F-AC53-6B9985029CA8.jpeg6F83FB80-9292-490D-8395-A4A0ACE8C11B.jpeg
お分かりでしょうか?左に向かって1番下の黒い部分が背が高くなっていく様子が…。
左のエンドパネルが床までついていないのは、床がそれだけ下がってしまっている証拠です。

このサイズのキッチン(幅3m)ごときで、3.5センチも下がっている。
  家全体だと5センチ下がっていて歩くとなんだか坂になっています。

  大家さんも大変気にされておられますので、機会があったらまっすぐに治しましょうねと言う話になっています。

  まぁ、何かと言えば、年末やクリスマスに引っ越しをしたいと言う賃借人さんのご意向だそうで。

  こういう仕事をしていると、何かちょっとした浮かれ気分の1日に物事を合わせるっていうのがどんどん嫌いになっていきます。

  クリスマスに新しい家に入ることより、今後何年もまっすぐの床の上で生活したほうが絶対に体に良いと思うからです。
posted by Kuhcan at 14:47| インテリア施工例