2018年11月01日

大工検定をスタッフが受けてきました

CA18B4FF-E48A-47F6-8537-AA07635658B1.jpeg
「平成の大工棟梁検定」に、空間建築工房の大工が参加してきました。

立川棟梁(44)
岡田大工(26)
勝野大工(24)

  全国古民家再生協会 岐阜第二支部の支部長として、主催側なんですが、検定員はそうそうたるメンバー。

  山形(!)、福井、奈良、三重、滋賀、下呂市、高山市… 。全て支部長です。

  全国古民家再生協会の素敵なところは、みんなが手弁当でこうして遠方より駆けつけ、未来の人材育成に力を注いでいるところです。

E7E39CF4-F88C-4AB7-9BB0-D58F36B41777.jpeg
福井の支部長、コメントしながら見守っています。

05D69F62-95A9-4E86-8E8D-70F1780343FB.jpeg
大阪から参加の松原さんは女性。
三重から参加の大工さんも、まだ入社8ヶ月と言う本当の若手。
(はるばる岐阜の揖斐川町までやってこられた効果か、午後の光がかっこよく2人を照らしています。) 

2FA950B8-A921-410D-9001-A7D487C82682.jpeg
クーカンの本命、立川くんは、ベテランすぎて立派な道具を全て若手に貸してしまい、自分はホームセンターで買ってきたような道具でコツコツやっておられました。(それをすぐ見抜く三重支部長の伊藤宮大工!)テスト的にはアレですが、その心意気が、まさに棟梁です。

8A6546F4-82D2-418D-AA1D-A805D9FF2E97.jpeg
  古民家再生協会名物・滋賀県長浜市の大森大工さん。休憩の合間に思わず技術指導が始まりました。
 
・きれいに製材された角材の墨出しの方法(材木の中心を墨で線を引くこと)。
・ノコギリの挽き方
・ホゾ穴とコミセンの穴、どちらを先にあけるべきか?
・楔(くさび)は垂直に打つのか?斜めに打つのか?
果ては
・金槌の適正な重さと振り下ろし方
まで!

  たった10分の講義でしたが、こういうことを、今さら言葉できちんと教えてもらえるって素晴らしいなと思いました。

   9人の参加者のうち、8人が仕上げることができました。ただ、この検定は仕上げれば良いと言うものではなく、作業中の姿勢・清掃の仕方・道具の整え方など心構えの部分から、作業順序・完成度・スピードなど、作品の精度まで、結構ハイレベルなものを要求され、かつシビアな判定がなされます。
86F8FAE8-0482-40FB-8AD5-FC5FDA579AB7.jpeg

はてさて、結果はどうでしょうね!
朗報を楽しみに待っていたいと思います。



  ところで。うちの息子がもし大工になりたいと言ったら古民家再生協会のどなたかの元に修行に出したいです。というか、出したい先の支部長さんが多すぎて選べないほどです。なりたいって言わないかな〜!大工になるほどの根性が欲しい!将来を強制する親ではないんですけど、こんなにいい先生がいっぱいいたらほんと親のわがままな希望が出ますね。


57537AB4-6B3C-47A2-9A86-CBD8B387412E.jpeg
受験生の皆様、検定委員の皆様、今日もすばらしい1日をありがとうございました。
posted by Kuhcan at 21:45| 古民家再生協会