2018年10月30日

領家の家 地盤改良

90AE7623-1A27-4CBA-91FF-48608CF36E9A.jpeg
MSコラム工法で地盤改良をしています。

地盤のゆるい土地では、現代は「土の下も補強する」という行為が基本になっていて、だいたいこの地方では100万円〜200万円かかります。

えっ高い⁈と思われるかもしれませんね。ただ、私の実家である平塚家具は、45年前、田んぼの上に3階建ての社屋を建てました。地盤改良(当時の見積で200万円)を、高すぎる!設計士が騙しているんだと、なしで行い、結果、長年ひどい雨漏りに苦しんでおります。修繕費は500万円を軽く超えています。

  日本は地震国で、元は田んぼであったような土地は柔らかいです。トランポリンの上に家を建てるようなものです。地盤改良は、必要ですよ。

162708EF-4BD6-4009-A5A1-6BB124029A0A.jpeg
@表面の赤い土…山土です。よく締まって硬くなります。

A造成が済んで山土の下に元の土地の土が見えている…この現場はまだ良くて、 50〜30cmは山土が盛ってありますが、通常は3〜5cm被せてあるだけです。なぜなら、山土が高いし、土地の泥を捨てるのも高いからです。

  地面の硬さをまず疑う、というのが日本の建設現場ではすごく重要なんです。
posted by Kuhcan at 06:48| 工事写真