2018年09月22日

建物と感覚の風化

1175A883-07F1-4F06-A269-E428F7DCFFA6.jpeg
台風で瓦がめくれてしまった社員寮です。

雨漏りが心配なので、屋根裏に登って調べようとしたら、行けていなかった2週間の間に天井が

AC555E8A-BA2B-4B71-8FE9-D92DA8999A9A.jpeg
濡れてたわんでしまいました。

  このジプトンという吸音天井板は石膏でできているので、火事には強いですが、水には弱いです。

D3638E10-67D6-4DAC-B669-151D0D30BE66.jpeg
バリっとめくって、交換です。
天井のすぐ上のライトと断熱材(グラスウールというガラス製の綿)は、逆に乾いていました。

B4EC6577-07CF-40A4-B877-741B2DA137CC.jpeg
軒裏に目立った水染みもないので、短時間で乾く程度の雨漏りで済んだ様子でした。良かったです。

85554976-0154-4AA6-A88A-AC237D32FF19.jpeg
ただ、グラスウールわたが切れ目から水分を含んで、へたっていたので、新しいものを200mm厚で敷き直しました。

これで、スッキリです。

  台風直後は、寮全体がかび臭くなるほどの台風でしたが、乾けばいい…ことにします。根強いカビ臭さまで気にし始めると、古い建物では、昨今の激しい雷雨や風雨の天候と、戦いきれません。

  ましてやこの寮は、冬場の間だけ建物を使用するので、 無人の時間が長いせいかどうしてもカビ臭くなってしまいます。

  新築時はもちろん100%を目指したいと言いつつ、どうしたってこんな我慢の部分も出てきます。

  こうして建物と一緒に感覚も風化していきます。 

posted by Kuhcan at 22:21| 工事写真