2018年06月11日

カーポート土間を打つ

372BA43A-0E3C-4062-81BC-C87A0999A5D4.jpeg
駐車場に土間コンクリートを打設しました。まずは、型枠を組んでメッシュ筋を配します。

土間は、一辺が5mを超えるとヒビが割れてくるため、一定の大きさでこのようにブロック分けをします。私たちの言葉では「目地をいれる」といいます。
  
D536B7B9-D0C9-40C3-9A95-342CC00B8EBE.jpeg
コンクリートは、ゆっくり乾くのが良いのですが、最近のこの気温が高い状況下では、1時間もすると表面が乾いてしまい、まっすぐにしごく(平らに撫で付けること)ができなくなってしまいます。
ですからこの作業は、3人がかりで行いました。

14D1937A-A762-40E1-91DC-1ABE54650D7D.jpeg
コンクリートが乾いた状態です。
右手奥が生乾きの状態ですね。

ここから目地にタマリュウを植えていきます。

posted by Kuhcan at 21:50| 工事写真