2018年05月17日

カーポートの柱を埋めるために

この写真、なんだと思いますか。
E1BF9FC7-B37D-4C0B-A237-11CAB073D863.jpeg
カーポートの支柱を埋めるための基礎です。

この丸い筒の中に柱を入れて固めるのですが、その周りをあらかじめ作っておきます。

でないと風が強くとき、屋根の下に巻き込んだ風力で柱が引き抜かれてしまう可能性があります。

というのもこの頃、つむじ風が強く、竜巻かと思う瞬間が年に数回あります。通常は10センチ厚み位でコンクリートを打つのでさほど地面が持ち上がることもありませんが、ここは芝生の柔らかい土しかないところです。ですので念を入れてしっかりさせてあります。

「ある程度」で止めておくと、いざと言う時に怖いし、お金をいただいてカーポートを施工する以上プロとしてのプライドもあります。

 大袈裟だなぁと思いながら怖いからやっています。

  でも本当は…後処理のためにも環境のためにもどうなのかと思いながらの施工です。

  ホンネで申し訳ありませんが、プロとしては良くても、人間は地球に傲慢だなぁと思うことが多くなりました。



posted by Kuhcan at 23:54| インテリア施工例