2018年04月15日

青く澄んだ

青く澄む也(なり)。

青澄也(おとや)。

というのがうちの息子の名前です。
お空のように青く澄んだ心の人になってほしい。



  そのポエミーな親の願いは、命名2週間でこう言われちゃいます。

「新聞であんな読みにくい名前、見かけてすぐあんたの子やってわかったけど…。びっくりしわ…。
  そんでいつ、改名するの?」

  そんなもん、しませんよ!!って言ったら、「ええー!!虐待やろこれは一種の…!学校入ってもこんな字書かれへん!」と家族で食い下がられました。

  今思い出しても微笑ましい、私のナルシズム疑いをたしなめに来られたあの事件。
  名前は変えないけど、みんなに心配してもらえるというのはありがたい、
他人なのに忌憚ない意見の交換はすばらしいことです。みんな親戚みたい。
  

18D290F4-F66F-4090-B28E-2A5F79235983.jpeg
そんなオトくんは、まだ空に月の出る時分から起きだして野球を頑張っております。

やっぱり青く澄んでるな〜。
posted by Kuhcan at 03:38| 日記