2018年02月06日

ほかの人の商品を売る

 ほかの人の商品を売るのが好きです。多分これは父譲りな性分です。


3391F8BF-49E3-407D-B25C-C53AEB961261.jpeg
(写真:和モダンフレンチ高橋 大垣市)


今日もUSENのシステムを「紹介してきてください」と頼まれました。
Panasonicやクリナップからも、「売ってきてください」と言われます。
自社の設計を認めてもらうのに必死なのに、わかりました!お手伝いしましょう!と言ってしまいます。

 しょうじき、こういうのは「商売人」の血というか、
「誰かが得をする」ということ自体が好きなので、誰でもいいんですよね。応援したくなる。
いじめられた人が幸せにやってるときいても、「よかったよかった」と思いますね。そもそも、人が上手くいくのがホントにうれしいんですよね。みんなが上手くいっていれば、世の中、助かることばっかりやと思います。

 余談ですがこんなこともあります。 

 たまに、人がうちの設計事務所にやってきて、
「○○という建築会社を検討していますが気に入りません。どう思いますか?」とか
「どこかにいい設計事務所はないでしょうか?」と言われることがあります。

 そういう時、
「やった、この人を私の会社になびかせるチャンスだ」と言って喜ぶとか
「うちの事務所も「設計事務所」って書いてありますよね?!字が見えないんですか?!」と怒る
人が大半だと思うのですが、

 私はこう思います。
「この人、敷地探しから設計までその会社に頼んだのに不満があるのか…。この人も担当者もかわいそう」
「他社を紹介せよとは、同業者とさえ思われていないのか…。まだまだだなぁ私も!」

 だからその人と2時間、他社のどこがいいのか?その設計士は悪くない、と説明したりする羽目になります。
そんな時、私って、ほかの会社も上手に宣伝ができるなぁ。と心の中で思っています。

 それがクーカンにとって何がいいかというと、良いことはたくさんあります。
それは私の独自の視点があるので、皆さんも考えてみてください。
 とりあえず、条件反射的に、「良いところ(救いのある方向)を見る」という癖がついてる自分が気に入っています。

 なにしろ 家づくりで一番やっていけないのは、
「人を疑うこと」「まかせきること」。
じゃぁ、一番いいのは
「人とうまくやる力」「審美眼(モノでも人でも)」
だと思います。

 クーカンのお客さんは、コーヒー1杯でうまい事私たちを使います。
私たちも、この仕事は400円では済まないなぁと思いながら、400円を400万円のように気持ちよくやります。
ああ、いいアイデアですね!とか思って。

 何でしょうかね、そこにはお金でない何かが広がっていますね。

お金のためでなく働ける瞬間がみなさんにもあると思うのですが、
その瞬間が多ければ多いほど、満ち足りた気持ちになります。

 みなさんも、自分の家や担当者が気に入らないときは、短絡的に事象を嘆かずその人を疑わず、
救いのある方向を見て、向かっていただけたらなと思います。


 私は明日、古民家再生協会の会合に行ってきます。
この協会は「未来の子供たちへつなげる建築」を目指しています。


タグ:古民家
posted by Kuhcan at 12:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: