2018年01月24日

インテリアのつま先: 11 床の張替え@

  洗面所の床を張り替えます。
そもそもは、洗濯機を設置する工事をしています。
F6FC8313-8861-478A-A575-9B6C30D8D20D.jpeg
↓この勝手口の外にしか洗濯機がないので、82歳のお母さんの身体を心配なさった娘さんからのご依頼です。
FDECA36D-3238-4718-919D-45F0446A0A8C.jpeg

  床は、前に1度リフォームをされているのでしっかりしている(はず)。
  とは言えど、元の床に重ねて新しい床を貼っただけの工事なので心配でした。

  そこで、点検と配管のため、床を全部剥がすことにしましたのですが…

92D94164-FD9A-4C78-837F-C89DCCB5C647.jpeg
  やっぱりね!
以前の床下の木の桟(根太といいます)
が、湿気て腐ってしまっていました。
57D79191-F51C-423A-A6A7-4479DA81B170.jpeg

築40年目の家で、床を重ねただけのリフォームは、単なるアラ隠しで終わっていることが多く、このように根本的な問題が解決していません。
 
  「リフォームを安く済ませたい」
と施主さんの気持ちはよくわかりますが、なぜ床が凹んでいるのか?なぜ寒いのか?を無視した、業者としては悪い提案です。
  私が新入社員で入った昔の会社がこんな会社でしたので、こんなお金だけ帳尻を合わせる、いい加減なリフォームは山ほど見ました。1年で目の下にクマができるほどの罪悪感を持ちましたので、クーカンはそういう工事は絶対にしないと決めています。

  仕事がほしいだけのいい加減な建築業者は、とても多いので注意をしてください。

5997FC3B-7DA4-4568-8FFA-CAC6142AB093.jpeg
今日は、
・水道配管をやり直して、
・土の上に防湿用ビニールを敷き、
・根太を新しいものに取り替え、
・シロアリ防止剤を散布しました。
  (エコポロンという人体に害の少ない防蟻剤です。)
・虫や湿気よけの炭も、ビニールの上に少し撒く予定です。

  床下は、説明しなければ見えない場所なのでブログで書いてみました。
  今日はここまでの作業です。

posted by Kuhcan at 21:12| Comment(0) | インテリアレッスン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: