2015年07月09日

南大門の家

江南市にて2015年1月に完成したお家です。
IMG_8183.JPG
(完成当事の写真なので、まだ庭ができておりません。地味な写真でごめんなさい)

実は今まで完成した中で、一番好きな雰囲気です。
(うちは子どもが多すぎるのでこの間取りは無理なのですが・・・)
_30A3373.jpg
写真の左側が南になりますので、
・庇を深くして オープンエアを感じられるように
・軒裏(外の天井)は木を張って
・外壁は珪藻土塗りでしっとりと
仕上げました。

_30A3540.jpg
天井は、吹き抜けです。 高くなりすぎないギリギリの4.6mとしました。
リビング実はそんなに広くない(15畳+6畳キッチン)のですが、開放感があります。

 
施主様は、これからお仕事を引退されるご夫婦ですので、「広すぎない」をテーマに、
実用的なサイズで、かつ、高級感があるように心がけました。
お孫さんたちがよく遊びにこられるので、余ったスペースもありつつ、そこまで広くないサイズです。
_30A3476_02.jpg
そんな中、気に入っているのが、この炉辺(暖炉周り)です。
_30A3559_02.jpg
エコスマートファイヤーという、オーストラリア製暖炉です。
バイオエタノール燃料で火を焚きますので、薪が要らず、すすも出ないと言う優れた暖炉です。
_30A3575.jpg
壁は珪藻土とタイルです。熱に強い素材仕上げにしました。

お母さんの寝室は、こんな感じです。
夏一番涼しい位置なので、南風(写真左)が入るようにテラス窓を設けました。
このテラス窓の横にもデッキを作ってあります。
_30A3687.jpg

いつもどおり、収納は必要な大きさだけを確保し、使いやすい「浅い」クロゼットになっています。
_30A3697.jpg

玄関はこんな感じです。
右は収納になっていますが、ちゃんとドアがついていますので、見えないように隠せます。
(このドアが天井まであるのがポイント。)
ホールはさりげなく・・・天井のクロスを張り替えています。
_30A3726.jpg

ニッチももちろんあり。(わたしは、ここに鍵をおきたいんじゃないかと思うんですよね。)
_30A3750.jpg

廊下の奥が暗くなるので、廊下の突き当りに天窓を作り、帰宅の瞬間も明るさを感じられるようにしました。
_30A3717.jpg

キッチンとリビングのドアは、既製品では地味になりすぎるので特注です。
背が高く、かつガラスの大きいものを作りました。
_30A3630.jpg
ドアについては、「クーカンの室内ドアが好きだ」といって、ご注文を受けることもしばしばあるくらいです。こだわっていてよかったなと思う瞬間です。

 トイレと洗面所は、いつものようにお施主さんの好みや雰囲気を大切に、コーディネイトします。個室なので、ちょっと思い切ってやってます。
_30A3645.jpg

 洗面所、LIXILなのですが、「タオルかけ」ではなく、「折りたたんだタオルを横に置くだけ」と、ホテル風の考え方のキャビネットになっています(左)。なんでも、高級感は大切ですので、そういうちょっとした考え方の新しさは大歓迎です。
_30A3662.jpg

お風呂はLIXILのユニットバスですが、横長ミラーを邪魔しないように、シャワーフックを部屋の隅に移動してもらいました。
こんなことに追加で4万円もとるメーカーは、どうかと思いましたが(笑)、色の組み合わせはいい感じにできたと思います。
窓の形もミラーに合わせました。(高さが少しずれたのが・・・いろいろあって・・・すいません。)
_30A3674.jpg

 最後にお父さんの寝室です。
床暖房を入れたので、畳はイグサではなく和紙コードです。ですから色はずっと緑のままです。

_30A3769.jpg

_30A3761.jpg
上記の写真、扉を右へやればプチ床。左へやればインテリア仏壇。という仕様になっています。

_30A3803.jpg
写真中央は、お酒の飾り棚です。ミニバーと言いますか。
お仕事柄、よくアメリカにいかれるご主人の、豊かなイメージです。
(ちなみにその右扉の裏には掃除機が入ります。)

 とまぁ。こんなかんじで、プレイリー(アメリカ)スタイルを意識して作ってみました。
デッキやお庭も近日完成です。おたのしみに。
posted by Kuhcan at 18:44| Comment(2) | インテリア施工例
この記事へのコメント
お久しぶりです。確かに細部までこだわった素敵な作品ですね。エコスマートファイヤーの使いごごち、また取材してくださいね。江南といえば、長女が中学受験をし、今年から江南市の中学校に通っているんですよ。
Posted by J.福田 at 2015年07月16日 20:32
 こちらこそお久しぶりです。いつもブログをごらんいただきまして、ありがとうございます。
 こだわりといってもささやかな話のオンパレードですよね。
 このおうちは、日や風をよく捕らえているのが本当の特徴なんですよ。ヒントをたくさんいただきました。本当の立役者は、ここのお母さんだと思っています。
Posted by 吉田良子 at 2015年07月17日 05:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: