2014年06月19日

インテリアのつま先B

インテリアのつま先B

「相性をみきわめよう」


 クーカンのお客様には、どんな人が多いのですか? と銀行の支店長に訊かれたことがあります。

 そこで夫がとっさに答えたのが、

「工事を待てる人」 (笑)。


  待ってくれる人、って、あんたは船乗りか? という私の突込みに反して、支店長が大笑い。「ふつうは、お金持ちでおおらかな人、と答えるんですけどねぇ。」




  クーカンは、待つ、という意義を 重要に思っています。

  あるお客様に待っていただいている傍らで、私たちは別のお客様の決断を、いつもたくさん待っているからです。

今も、1月着工が最短、というペースで動いておりますが、今工事中の方は、3年前から1年前にお声掛けいただいた方々ばかりです。


 今月も、はじめての皆様から「そんなに待つの!?」とあきれられているのですが、今まで待っていただいた人の順番が今、なので、そのお気持ちを大事にしたい気持ち、わかっていただきたく思います。


 でも、待っていただいた方から、「なるほど、時間をかけてよかった。」と言われることは多いのです。

 急いでおられる方ほど、家デザインやお金の工面に対して、考えがまとまっていない場合が多いからです。そんなときは一見して「予算と要望が釣り合わないな…。」と判るのですが、初対面の私たちから「この予算では無理です」「この敷地では無理です」「このデザインは成立しません」などとはなかなか言いづらく、時間をかけて対話がたくさんあって初めて言えるのかなぁと思っています。

 建築会社が急ぐという弊害もあります。
「契約を急がされて、半分納得した状態で家が建った」「インテリアコーディネイト(クロスや照明)を1日で決めさせられた」など、私から見て暴挙と傲慢としか思えない状況は、ハウスメーカー系の建築会社では 当たり前のようにまかり通っています。

 ・消費税が上がるから、
 ・ローン減税で一刻も早く節税したいから
 ・占いでいい時期と出たから
 ・子供が学校に上がる前に

 人が建築を急ぐ理由は様々ですが、それに関する弊害は、たくさんあるのになぁと思います。

 ここに、「相性」というものが発生します。
 相性がいい会社と契約する人は、家づくりのすべてがうまくいっているわけではありません。 わたしたちのお客様の中には、予算オーバーでほしいもののランクを下げたり、希望より一回り小さい家に住む人がいます。引っ越ししたい時期に家ができていない、中には、家を建てること自体をやめる人もあります。

 でも、その人が 建築会社と相性がいいなら、それはすべて、お互い納得したうえで 下された決定なのです。通常、決断までには意外とたくさんの逡巡や時間を必要とします。いい会社なら、それを待ち、助けます。

 断固として言いたいのは、いい会社とは、そういう妥協やあきらめを、「気持ちよく」促してくれる会社である、ということです。

 壁紙の色一つとっても、窓の形や位置一つとっても、建築の景色は変わります。100%はありません。私もいつもあきらめの連続です。家づくりには 何万個の選択肢があり、それを どんなにインテリアの知識があろうとパーフェクトには 作れないのが現状です。

 そこで、設計士、コーディネイターが みなさんの指示を仰ぎ、代わりに決定を下すのですが、6割がたはプロが選択した結果になります。自分が選んでいなくてもそうなっていた、ということは多いはずですが、この人になら任せてもいい、という気持ちになるまでには、しょせん時間も必要だと思います。

 たまに、「こんなふうになるなんて、わたしをわかっていませんね」。とどちらかが言いたくなるのは、相手のペースで「早くやれ、今やれ、すぐ終われ」と言われた現場がほとんどです。たがいの信頼関係が薄いまま、何千万円のお金がやり取りされるので、怒りや悲しみが渦巻く悲惨な状態になります。ないものを造る、しかもそのものに命を守られる業界ならではの現象だと思います。

 ですから みなさんが、お家を建てようと思ったら、どちらかがどちらかにゆだねすぎるのではなく、フェアな関係を築ける会社を選んでいただきたいと思います。
 お金を払っているから何とかしてくれる、というのは幻想です。
 プロなら望むすべてを実現してくれる、というのも幻想です。
 ときには建築会社の決定を、自分が気持ちよく受け止る必要も出ます。

 でも、自分が納得するまで、待てる会社かどうか?
 自分のためを思ってモノを言っている会社なのかどうか?

は大切なキーポイントです。

 お互いに思いやりと敬意を持てるのが相性、いわゆる「ご縁」であり、あなただけのインテリアの旅の始まりなのかなと思います。


posted by Kuhcan at 17:27| Comment(0) | インテリアレッスン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]