2022年10月28日

冬にエアコンは使いません

めっきり冷え込んできて、すっかり秋です。
EFCAA702-8CD9-4EC8-B3A9-421B4520E3A3.jpeg
今朝ニュースを見ていたら、電力高騰で一般家庭の主婦はこまめに節電をしていると言う取材。
「炊飯ジャーで炊いたらすぐ電源を抜きます」
「寒くなりましたがエアコンもかけずにまだ我慢しています。」
とのこと。

 実は私はこの手のこまめな節約は反対派で、いくらも変わらんでしょ?辛気くさい話しだなぁ、と聞いていました。

…が、その主婦がこう続けました。

「(記者)エアコンの電源も、抜きっぱなしなんですね」
「(主婦) はい、そうです。冬はエアコン使わないんで。」
「(記者)使わないんですか?!」
「(主婦) はい、パパがあったかいんで」

 えー…そういうハナシなのきらきらきらきらきらきら
 
 2日ほど経ちましたが、寒いなと思うたびに、このコメントを思い出します。心があったかくなりますハート️ 幸せな人生だなぁ。 
 

posted by Kuhcan at 04:28| 日記

2022年10月23日

経営体験発表


FBFA67F2-A703-4061-A8F1-7D2CAA5E6B52.jpeg

 10月22日、岐阜実践経営塾(旧盛和塾)で、経営体験発表を行ってきました。

 当日は、岡山の幕末の為政者「山田方谷」6代目の野島先生のご講演がメインだったので、会場は満員。会社の経営者はもちろん、その会社の従業員さん達もたくさん参加しておられ、なんと140人。

 この発表では、自社の財務と経営理念、実践の方法をつまびらかに述べ、それに対して6人の世話人さんが、質問やコメントの100本ノックを行うものです。会社の 危ないところはどこか、また、伸ばすべきところはどこか?それぞれの意見がそれぞれの角度から飛んできます。

 いわゆるコンサルタントさんはおらず、実際に経営の舵取りをしている皆さんがそれを行うので、鋭い質問がどんどん飛んできます。また、岐阜塾は、情のある社長さんが多いため、忌憚ない意見がポンポン飛び出します。
 発表する方は大体しどろもどろで、傷まわしになります。

 入塾して5年半、恐れていたこの日がやってき、予想通り、私は翌日である今朝、体中が痛いです勝ち誇り 質問されて体中が痛いなんてなかなかあるものではありませんが、それぐらいの負荷がかかります。

 というのも、私が話した言葉の薄っぺらいところはすぐに見抜かれ、逆に、本当に思っている事は尊重してコメントが放たれます。多分人生で1番、的確に吊し上げられている瞬間。

 私はプレゼンが長すぎ、「人の時間をどう思ってるんだ」と言う叱責から始まりました。さらに「長い割りにはよくわかんない」と続き、「そんな薄っぺらい○◯、なんなんだよ…逆にいらないよ。」と腹を立てられる始末。

 発表会+二次会+三次会、足かけ6時間以上もそれは続くのですが、まぁ何しろ、あんなキレキレの社長さん達に突っ込まれ続けると言うのは未知の世界で、全く怖い会場です。

 でもこんなにありがたい話はないと、私は受け答えに必死でした。
 実際、暖かく理解あるお言葉たくさんいただきました。怒られているんだけれど、ここまで親身に考えて下さり、また教えて下さって…ほんとに独特な場所です。

 会場にいた夫からも「俺は楽しかった。上手くなる100本ノックって気がする」と、爽やか。「取れるボールも取れんボールもある。でも全部うちらに向かって打たれているわけやから。」


 御歴々の社長さん達からしたら赤子のような会社を、あんなに熱心に指導してくださったことにはとにかく感謝です。
 今朝は、たっぷり寝た割に、頭も激痛だし体は本気で痛いし、足さえしびれている始末ですが、またここから、始めていきたいと思います。
posted by Kuhcan at 07:56| 日記

2022年10月16日

ネットワークビジネスは悪だ!と言える理由

 悪徳商法と言う言葉がぴったりの、ネットワークビジネス(マルチ講)。
CF1C8FDD-8B84-42C8-AB34-C3FC4BCD34F2.jpeg
 今週末も、インフレになってしまった建築業界の見積もりを提出しながら、自分の価格が誠実かどうかを必死に胸に問いかけながら、提案を進めています。
 ネットワークビジネスがどう違うのか?しみじみ考えています。

 私の○ム◯エ◯との出会いは、22歳、初めて入社した会社の社員研修中でした。

 同僚が「研修が終わったら、博報堂に勤めている先輩に会うがどうか?」と言うので、思わず興味津々でついていった先で、販売員として勧誘されました。

 商売をやっている実家に育ったので、ネットワークビジネスの魅力を語られているそばから、理屈がおかしいとすぐ感じました。

・売り子を増やした人のランクが上がる。

・1つの商品のロット(最小発注単位)がどれも結局は20万円位と、高額。たくさんの種類を買ってもらえるほど、在庫を抱える羽目になる。

・たくさん商品を売った人よりも、たくさん売り子を見つけてきた人の方が、原価率が早く下がる。

・95%で始まる原価率が、最終的には30%まで下がり、全国大会で発表の権利やホテル無料宿泊の接待を受けられる。

 以上のことを考えると、正直なところ、売り子さんとはいえ、立派な商店規模の仕入れや売る心構えが必要になります。これを商売のシロウトに「契約しないと帰れない」まで平気でゴリ押ししている会社の恐ろしさを感じます。

 そもそも、副業で始める初期投資としては、高くつきます。もの売りの素人が200万円以上の在庫をすぐ抱える羽目になるシステムは、間違っていると思いました。

 それに、原価率が95%って何?そんなことで儲かるわけがありません。しかも、売り子ランキング表の△ピラミッドでは、売り子の7割が原価率95%止まりで止めていくのだそうです。
 5%の粗利益では、フライパン1つ、洗剤1つを売るためにコーヒーを奢ったり、客に会うために電車に乗ったりしたら、すぐ赤字になります。

 かといって買う側としても、「その製品ランクなら1〜4万円出せば売っているだろう」製品が10万円の定価です。(だから最後は30%にできる)。

 皆さんが商売のあれこれ、本当に良いフライパンのあれこれを勉強しておられれば、そんな悪い条件で商品を購入することも、在庫を抱えて売りに行かされることもない。

 だから私は断固としてネットワークビジネス反対派です。儲かるのは本部だけだからです。

 私はその後も、販売力があると思われたのか、○セラー○化粧品など5社ほど誘いを受けまして、つまり無駄にネットワークビジネスのシステムを聞かされまして、高い薬を買わされたり、リフォーム工事を人質に契約を迫られたり、あの手この手で時間と気力を使わされました。ますます嫌いになりました。

 ネットワークビジネスは、売る前線の人間と、買う人を騙しがちです。皆さんくれぐれも、適正な価格でものを購入できるよう、「賢い消費者」になっていただければと思います。

 
posted by Kuhcan at 18:33| 日記