2019年05月03日

明治の文人や皇族が訪れた旅館〜千歳楼

24886C43-3EFE-4FC2-B2A1-9C9DC5AB5AF6.jpeg
  10月に行う愛知岐阜三重静岡の中部地区大会とは、全部で30人以上のプロで行う古民家の大勉強会です。

  今年は岐阜第二支部の、つまりわたしの仕切りですので、候補地として養老の千歳楼が挙がりました。

DE21FAEA-7F9D-473E-8B6E-A2B9A5E27DF6.jpeg
  お山にそびえ立つ造り。宿泊客の車のナンバープレートは、練馬、浜松、京都…。都会の喧騒とは無縁の山の上の楼閣です。

7737D58D-543E-4C2A-AC24-4E83DA7D72DD.jpeg
  二階の大広間には、有栖川さまや明治維新の立役者の書。
4E0DABD7-2EC3-4CA4-8B47-CBB6580F581E.jpeg
  志賀直哉も逗留した部屋にも宿泊できます。

67A772D2-BFE0-4C45-8E2D-4A14BC3D5366.jpeg
 ホールもこんな風に、養老の竹林を模したガラス窓から市街地を見下ろせる素晴らしい造り。

  ただいかんせん古いので、「リノベーションしたい」衝動に駆られます。2Fの床の間なんて、写真右の柱が落ちてしまい天井がウエーブ状に見える…。

  明治・大正・昭和で ある意味建物の手入れが止まっているこの旅館。平成を通り越して、令和になったわけですが、デザインが一周以上まわって、珍しい建物は建物なんですよ。
  使ってある大理石は国産、しかも石目が整っていて美しいですし。

  それでも「会議はともかく、治したい!このままフカフカに柔らかくなっていくこの建物を保存したい!」という事!!

  岐阜の第一支部長・大下さんが、「これはなんとかせんといかん!」と半ば怒りながら飛騨に帰っていかれました。

  さあ、支部長にそう言われては内閣官房の名を拝した井上幸一顧問に電話をかける時でしょうかね?メンテナンスをする費用、業者、支援者、オーナーの理解とやる気と審美眼。どうやってやっていくか相談してみます。

  第二支部の努力目標ががまた一つ生まれた本日でした。
C486DF03-767C-4DB9-891D-33732F0D0457.jpeg
posted by Kuhcan at 21:18| 古民家再生協会