2018年04月30日

エスタコ漆喰〜初夏がありがたい!

47046545-4829-4ECF-9262-8F4EA7134C42.jpeg
  スペイン漆喰のエスタコウオールを塗装中です。
  
71641414-6F3A-48D7-A273-0E9D128B0310.jpeg
もう何度も見ている風景ですが、GWの爽やかな気候の中でできたこと自体がうれしくてアップします。

  夏は暑すぎてすぐ漆喰が乾いてしまうし、職人さんが暑い中休憩を取れなくて心配で仕方がないし、雨季や台風の時期は、塗る前の養生が無駄に大変で気の毒だし、冬は寒くて塗れないし。
  春って、5月ってサイコーですね!

4EB5230E-03BF-4F06-A238-78AF0A4A11B2.jpeg
この日は6人がかり!で作業しました。
@練って
A運んで
B吹き付けて
C金鏝(かなごて)で押さえ
Dもう一回吹き付けて
E仕上げのコテ押さえ

これを一人ずつが担当して見守ったり手を動かしたりします。

  職人だからできて当たり前、仕事だからやってくれて当たり前。そう思えないのは、やっぱり自分にはできないからでしょう。それも大勢に頼らなければいけない作業だからでしょう。

  どうしても「皆さんに技能があってありがたい!」と感じてしまいます。

  この気持ちはお施主さんに強要したいわけではなく、純粋に、いつもしてもらっている私が感じてしまう、という話です。

  私も毎日毎日、一つでも多くのことができるようにがんばって働きます。

  足場の上からそんなことを誓いながらの朝でした。
posted by Kuhcan at 21:49| インテリア施工例

2018年04月27日

4月…それはあぜ道に車が落ちる季節

E99DE7DD-9321-4B9A-B404-AA50FF8F4E9D.jpeg
平塚家前には田んぼ用用水が流れております。

31A2C31D-4485-4515-8F65-C78C78E4B0DB.jpeg
上流に鮎の養魚場があり、そのこぼれてきた稚魚をアテにした、天然の鯉の遡上もあり、きれいで良い用水です。

  ところが…

  毎年春になると、週1台のペースで、橋の向こうを曲がりきれなかった車が田んぼに刺さります

  そうすると、

  平塚家具(父)が見つけて、責任感いっぱいで引き上げ作業にかかります。

  
5E3352F6-D7D8-474C-9C87-203FA7AB1CCA.jpeg
 (引き上げ後のロープを外す吉田くん。りきりきと指図する父・一好。)

  今日も1台救いましたね!

  救ってもらったドライバーさん達は、さすが新車を田んぼに刺すだけあって、いつも状況が飲み込めないまま帰って行きます。「この人たちは何で頼んでもいないのにこんな手際よく助けてくれるんやろ?」と首を傾げながら…。

  「そこに車が落ちてたからだ」というでしょうね〜うちの父は!

posted by Kuhcan at 00:23| 日記

2018年04月26日

タイルのお風呂リノベ@仮設にも全力です

工事の仮設でお風呂を設置。

2BD9B576-22B2-4A75-A563-2EB7595D3217.jpeg
↑これが… 

3D2F5A80-9DCF-48E7-849C-4CF2A8B96BA1.jpeg
↑こうなります。(角度は右から撮影)

洗濯機も置いて。

171444C1-340D-4836-9AE2-20BBE525B96D.jpeg
写真左奥、壁もしっかり作ります。

B0015086-A969-49CF-A8EF-97E72A80ACB2.jpeg

岐阜の土地は広いので、自宅に簡単にバス、トイレ、キッチンの仮設施設を組むことができます。
  これが作れると工事、非常にやりやすいです。ありがとうございます。
posted by Kuhcan at 08:28| 工事写真

2018年04月25日

クーカンのウッドデッキ

068F8E78-24AE-4475-A613-3982CD4ECFC2.jpeg
ウッドデッキが出来ました。

368899A3-D5A8-4DE9-823A-B3E0A595F517.jpeg
階段もバッチリOK!

58586880-D2E0-4C61-B05E-350F03AC20DC.jpeg
シンプルなものなんですけど、スキマとかレベル(水平かげん)とか、アラが目立つのでそれなりに神経がいります。

  
4590F59C-F5B2-49B1-B3E0-1243B18B091D.jpeg
束石(つかいし)一つ一つを水平に置いていくのも、意外と技術なんですよね。

  ここからは、8ヶ月に一度くらい色を塗っていただくと、より長持ちします。
  サーモウッドは空気の含有が多いので、遮熱・断熱になる上、なんといっても足触りが優しくてとても気持ちがいいです。

  GW、大活躍してほしいですハート
posted by Kuhcan at 20:18| インテリア施工例

2018年04月24日

「ようこ」さんたち

 我が社の設計士さん・秋丸蓉子さんが無事に産休を迎えられ、今日は歓送迎会。(写真左手前)。
45E00839-F542-4FF6-A0C0-2F6722F41F2B.jpeg
  新しく、安村陽子さん(右)が入社してくださいます。これからよろしくお願いします。

   良子ー蓉子ー陽子でまさかの「ヨウコ」しばり。
  
  覚えやすいですね。これもクーカンの心づかいの一環です(ウソ)。


1E502AE5-97E7-4E94-9129-E324CBC976AF.jpeg
 職人さんは、「さそり座O型」しばり。アニバーサリーが簡単にできる仕組みも戦略的に構築しています(笑)

  なにはともあれ、これからも仲良くやっていきます。
  元気な子を産んで、またクーカンに帰ってきてね〜、秋丸さん。
posted by Kuhcan at 21:43| お知らせ

2018年04月22日

4〜5月はシロアリの季節

  さわやかなGWとともに、シロアリの飛び立つ時期がやってきます。
   もう6年になりますが、リフォーム中の古いおうちから「えらいこっちゃ!俺たちが休憩していた木の洞(うろ)から、シロアリが一斉に飛んで、隣の離れに入っていった!!」

  このシロアリビデオには、
シロアリの軍飛は
・4月から5月の
・雨の上がったあとの爽やかな
・午前中
とはっきり言われていますが、
まさに5月16日の10時のことで
す。

   勤めに出ていたお施主さんに電話し、床下に侵入して、応急処置でホームセンターの殺虫剤を3缶、電気屋さんが撒きまくったことを思い出します。

  その後シロアリ屋さんからは「自分で見られてラッキーですよ。普通は気づかずに1年(あるいは見ない間ずっと)そのままです。よかったですね」と言われました。

  皆さん、我が家のシロアリが飛ばないか?今年はぜひ庭に出て、日向ぼっこしてチェックしてください!
  
  かく言う我が家の実家は、築12年で勝手口からシロアリにやられて、柱と外壁タイルの間 1.5 cm(食べられた木材の厚み)がスキマになってぶかぶかになっています。
  床下ならまだしも、そんな壁の隙間を食べられるとタイルを剥がしてやり直すしか直しようがなく、「まぁ壁が落ちたらその時で!」と剛毅な母の一声でそのままになっています。

  玄関や勝手口のかまちが腐るとか、西南和室の角の窓がどうも開かないなどありましたらいちどシロアリを疑ってみて下さいね!


posted by Kuhcan at 05:03| インテリアレッスン

2018年04月21日

ウッドデッキの作り方 クーカン流

 ウッドデッキを作成中です。
DD1E7E06-1BF5-4567-9BDB-B820072DAD00.jpeg
  ウッドデッキに使う硬い木の値段が高騰し、比較的柔らかなサーモウッドを使います。
  ですから、下の束石(つかいし)は多め。

3C4E5B6C-7CBF-4F45-B145-158194D97B16.jpeg
防草シート「ザバーン」を敷き詰めてから、砂利を敷き詰めます。


62CB2FCD-80F8-49E2-96FD-751671046019.jpeg
土台にはヒノキを使います。
ヒノキオイルの匂いが嫌で虫が来ません。
  これだけ密なピッチ(間隔)だと、サーモウッドもたわみようがありませんね。(図面を見た大工さんが、「エッ?細かすぎませんか?」と言いました。)
でも現実に「木が腐るから嫌!」と多くの施主さんに言われ続けてる私たちとしては、ウッドデッキの長寿命化は考慮したいのです。

  長持ちするからコンクリートデッキや人工樹脂のデッキがいい。


  という考えは、実は苦手です。樹脂の痛みかたは木のそれ以上にシャレになりませんし、コンクリートは、庭には硬すぎると思うんです。(しかも夏は保熱しまくって室内が熱くなる)。

続きはまた明日。
posted by Kuhcan at 00:03| インテリア施工例

2018年04月20日

おもしろ駐車場にて

9FE6516D-74DB-4D6F-9CD4-8562333C2737.jpeg
  大垣市内で、アホアホな駐車場を見つけました。ハッキリ言って、いい意味でダサすぎです。これはもはや、駐車場界のゆるキャラ!
  正直なところ、この画が目に飛び込んできた瞬間わたしが思ったことは
「なんか、盛り上がってるやんハート
遊園地みたーい!」
ということ。一瞬ばっとテンション上がりました。
  インテリアコーディネーターとして目が腐ってきたのではないのです。
  そうではなくて、これを作ろうと思った人のワクワク感や、施工した人の工夫や苦労を、感じてしまったんですね。
  停めてある車を見ても、軽自動車、ワゴン車、セダンとバリエ豊か。てらいのない絶妙なセレクション。きっと独特かつ素朴な家族なんだろうなと想像するわけです。
  ですから、さいきんは逆に、見てくれだけシュッとしてる建物を見るとどんなにかっこよくても胸がざわつきます。
  一体、このオーナーは何がしたいのか?人からの目線を気にしすぎて、設計士に自分の気持ちを置いていかれてるやないの。カッコをつける前にもっと人として優先することあったでしょう。
  とか、思ってしまうわけです。(たまにほんとうに根っからカッコよくてそういう建物に暮らす人もいますが。)
  建物って無機質ですが人と一緒で、声があるんですよ。みなさんも一度、そんな声を聞きながら、街を歩いてみてください。
posted by Kuhcan at 06:05| インテリア施工例

2018年04月18日

クーカンの庭の剪定

E85370F8-5BD7-428C-AA09-5B85D4B227F7.jpeg
ライムズとクーカンの共用庭のお手入れ。
CA629836-4CA6-4172-AB84-6E931F65A553.jpeg
背の高いカツラの木も綺麗になります。
10AB996C-2BF3-4C70-8914-11C1DD0A1A28.jpeg
トラックいっぱいの枝!!!

そりゃ、自分たちでは剪定できないはずだ!

グリーンラボさん、ありがとうございます。

posted by Kuhcan at 20:20| インテリア施工例

2018年04月17日

ゆかいな仲間たち

9F85BBBA-EFDD-4F41-9EAB-58909DA18EF6.jpeg
昨日は吉田雅一君の誕生日でした。

  毎年ゆかいな仲間たちが、我が家に乱入し、クラッカーを鳴らしてくれます。今年はようやく会えましたが、去年は16人で吉田家が留守の間に忍び込み、クラッカーを鳴らし布団や風呂に入り、持参のケーキを食べ尽くして、掃除と片付けをして帰って行きました。
(あとで一部始終を撮影したビデオが送られて来ました。)

03E13FF4-6C22-4EAF-8DE9-4EFA9F923E64.jpeg
イタズラはするのもされるのも楽しいね。今年は会えてよかった。

子どもも大人もみんなありがとう。


posted by Kuhcan at 21:41| 日記