2018年11月16日

お弁当がまずい

  「お前のメシはしょぼいんじゃ!」
  と高2の息子がキレてきました。

  昨日は20:30に帰ったので、近所の中華にしよかと思ったのですが、鶏肉があるから、それで食べようと作ったわけです。

  メニューは
・柿とハムのサラダ
・鳥の甘辛ポン酢焼き
・ナスと大根(おじいちゃん作)の麦味噌汁
F5F15196-BBE1-4372-B519-27A8237F9324.jpeg
  疲れて作ったにしては素晴らしい!と思っていたところ、野球の自主トレから戻った弟が「いい匂い!」と珍しく連発し、21:30からにこやかに(やや疲れながら)みんなで食べ始めたわけです。わぁ〜嬉しい。励まされるなぁ!と言いながら。

  すると兄ちゃんがブツブツ言いながら下りてきて、のりたまだけで怒って食べているわけですよ。

  どうしたの?って聞いたら、冒頭のセリフ。こんなもん何が美味いんや?味覚障害か︎⁈ とまで言われる始末。(シンプルにお腹が空いていたんだと思う)

  そんでも朝、弁当を作って届けたら、「レシピ見て作れ!」とラインが。

  くぅ〜ってなって、息子が大好きな大阪のお姑さんに息子の愚痴を言ったら、「待っててくれる人がいなくてさみしいんじゃない?」と。

  優しい家庭人の母の家に産んであげたかったなぁ!と思いますが、息子よ残念でした。私は社会人なので。

  キミがいつか仕事に埋没し、仕事を愛しすぎて子に嫌われ嫁とギスギスした時、ようやく私の気持ちがわかるでしょう。
  30年後のその時、また会おう!

  (子に合わせてあげない事がどんな恐ろしい未来に繋がるのか?有識者には怖くて意見が聞けない。)

posted by Kuhcan at 08:57| 日記

2018年11月15日

清水の家 外壁の雨が床下に沁みないように

7755BF47-7E39-4170-9A0D-4A40B231E3BD.jpeg
施工実例です。

@見切り(シルバーの穴あきメタル)…
  写真では分かりづらいですが、L字になっていて、外壁材の下端を揃えます。
  このL字の出っ張りは、外壁材より少し前に出るような厚みになっていて、壁漆喰をそこで綺麗に塗り止めるためのガイド部材となっています。
  水を切るために、すぐ下の土台水切りより1-2cm 隙間を開けて張り止めるので、下端をまっすぐにして見栄えを良くする効果がメインです。

A土台水切り…
  外壁に伝った水が、壁と基礎との継ぎ目にまわって屋内に侵入するのを防ぐために「水切り」部材を取り付けます。
  水切り材下部は、アルミなので柔らかいため、施工中に折れにくいように箱型です。
 が、箱の底には穴が空きまくっていて、万一水が侵入した際も、箱にたまらず乾くようになっています。

  既製品は、工事の効率や部材のロスも考えて作ってあります。
  既製品を嫌って、別注で作る場合もありますが、施工中丈夫ということはその後も丈夫であり、埃を雑巾で拭うときも安定しているので、最近は既製品を使っています。
  





posted by Kuhcan at 13:24| 工事写真

2018年11月13日

清水の家 天窓の工事

A9764E67-5D1F-4EF1-B29D-01ADEE3FC4EE.jpeg
天窓を取り付けます。

10B762E8-9ABF-443E-86C7-CEC227F48C67.jpeg
@
 天井にあけた穴に天窓をはめ込み、金具で止めます。

A
  木とアルミ枠の継ぎ目に、防水シリコンを充填します。
  本当はシリコンと言えども万能ではなく、10年で劣化するのですが、この上から

B
ルーフィングという、ゴム製のシートを貼り延ばして覆い、直射日光や風、水が継ぎ目に当たらないようにします。
0B32EB2C-F922-461E-9CF0-8CC72A5A8F85.jpeg
D
 そこをさらに、防水テープでぐるぐる巻いていき、さらに水を防ぎます。

76127A50-3097-4878-9556-0267A3B5A4DC.jpeg
E
  ここにガルバリウム鋼板の屋根を張っていきます。

F
  屋根の後水切りという部材を施工し、

G
  写真で天窓の横に置いてある枠で抑えて、完成です。


posted by Kuhcan at 20:32| 工事写真

福岡市民でないけど選挙行きたい!

http://senkyo.city.fukuoka.lg.jp/H30shicho/index.html
「まずは選挙会場へ無事にたどり着くために、足腰を鍛えましょう」
とボディービルダー並みのマッチョ過ぎる筋肉を要求してくる、福岡市長選挙の投票啓発動画。

  ウルトラマンが「投票は大事過ぎる」と言ってみたり、各高校生オリジナルのアピールで投票啓発をしたり…。

  画期的すぎるお遊び動画が満載の福岡市長選挙は、来週末11月18日だそうですてれてれ
posted by Kuhcan at 02:12| 日記

2018年11月10日

再築大賞に応募しました




  我が会社クーカンで、「再築大賞」なる建築の賞に応募しました。 2012年の建物なのですが、ギリギリいけるとのことですし、古民家再生がテーマでしたので思い切って応募しました。

  大賞は、林野庁長官賞がいただけるそうです。

  いかにも古民家を残した、と言うよりは、大工さんの昔の技術や材料がのすばらしいところはそのまま手をつけず、間取りの考え方や使われ方だけを現代に直して作った感じです。店舗でしたので、今後の採算の合う程度で建築費を収めると言うことにも非常に気を使いました。
  あと、清潔感。

サイト左下の「投票」をぜひポチっとクリックお願いします顔1(うれしいカオ)
posted by Kuhcan at 23:42| お知らせ

2018年11月09日

清水の家 現場でストーリーを語る

1F1EA1CE-9338-4511-9D41-80CE0779E87E.jpeg
現場で打ち合わせをしています。
このお宅は大きいので、床も壁も色んな張りわけがあり、ストーブもあり天窓もあり間接照明もありで、「きてください」と呼ばれて出かけて行きます。

  図面もありますが、本当にこれでいいか?という確認をしたがる大工さんが多いです。設計図から設計意図が読みきれないためです。
  そこはどうしても、そこに至る経緯やお施主様の趣味趣向を丁寧に話すことが求められます。話すと、「ああ、そういうことか!」とその仕様の目的が腑に落ちるようです。

  つまり、作る側に、ストーリーが共有されるということが大事なんだと思います。

  昨今の人材不足を受けて、「インターセレポーティ」なる言葉がヨーロッパでは言われているそうです、意味は「いかに人間の移動をなくして目的を達成するか?」

  現代など、メールも無料テレビ電話も充実しているので、多分、事務所にいても遠隔操作で片付くことがたくさんあるのでしょうが、本当は全てが現場に転がっています。
  答えもヒントも問題点も、しっくり感も。

  今は、消費税増税前で沢山の工事見積り依頼をいただいていますので、現場に行く時間を端折りたいのは山々ですが、経済性ばかりのために現場に行かないのはあかん事やとよく思います。
 
  お客様のストーリーがおざなりにされないように、現場のスタッフと沢山話しをします。人間的な情緒を効率化で失い切らないような運営センスは、小さな設計事務所の経営者として今後ますます気をつけて持っておきたい部分です。
posted by Kuhcan at 21:59| 工事写真

2018年11月08日

ピンクのソファマリリン

7147FA0C-620E-40BC-ABAA-06D6AE31CD3D.jpeg
クーカンの事務所にステキな女の子がやってきましたよ。

BE361B70-E4CD-4E09-9F36-00D92BB36572.jpeg
キタニジャパンが誇る、「マリリン」。2016年G7の伊勢志摩サミットの迎賓ホールに置かれ、ドイツのメルケル首相やオバマ大統領、フランスのオランド大統領にイギリスのキャメロン首相…日本ではもちろん安倍晋三首相!名だたる各国首脳をお迎えしたソファです。

PRICE:
Sofa.     ...\339,000-(2tone fablic)
Ottoman...\123,000-(2tone fablic)
                       スパーク2(キラリマーク)︎ without tax

52D43F43-460A-4B5C-BBF6-45E4EA5DC1B2.jpeg
ウオルナット色を弱めるため、白をかけて塗ってもらったアームです。
( たまにはちょっとインテリアコーディネーターらしい、細かいことに配慮してみました。)

  皆さん座りに来てください。
posted by Kuhcan at 18:48| インテリア施工例

2018年11月07日

清水の家 断熱工事:屋根裏

3D367356-6B85-465D-BF97-5EF1CF6D623F.jpeg
天井や壁ができる前の姿です。

屋根裏をよく見ると、
F22F0C5F-66DA-43E8-8DA7-95D06DA3691D.jpeg
こんな風にダンボールが詰まっています。
これはどうなっているかというと、
3890D069-5280-40E1-BE31-DDE3CE373148.jpeg
このように折ってあり、屋根裏合板と発泡ウレタン断熱素材との隙間を確保しています。
 垂木と垂木の間に充填していっています。

  ダンボールがないと外気に繋がってるのがわかる写真↓
0FF1AB38-34E6-4B8D-8A97-40AB950ABDA3.jpeg
 こんな風に木とダンボールがぴっちり充填できるわけですが、木はプレカットといって工場で、組み立てる溝や位置がうまくカットされてきています。ロボットの精密さがあるからできることです。改めて、現代の工業ってすごいなと感じます。

  このアクアスペーサーでできた隙間を、外側からどう蓋をするか?は次の工程となります。
  
posted by Kuhcan at 08:38| インテリア施工例

2018年11月06日

好古園の雨落ち

8406347D-290E-44E7-B1E6-ED1F69D9E50A.jpeg
季節は秋なのに、夏に撮った写真を見ています。

B3272050-DBE4-469A-AFDE-F9A3095D54D0.jpeg
午後の庭園@姫路
「好古園」(すいこえん)。
(8月に2時間もじっくり行ったのに、名前がさっぱり出てこなくてネットで名前を検索しました45歳、しょうもなすぎです。プロとしてこれはヤバイ感じがします。)
A7CE3B31-0C83-4BB2-A172-BBEC3AAF2127.jpeg
  この石は、どうしてこんなふうになってるんだと思いますか? 
  竹の樋は無粋だとされ、樋をつけずに屋根(軒先)の薄さをカッコいいとし強調した数寄屋建築。
  そんな時、雨だれが床に落ちてもドロドロにならないよう、または、水しぶきが跳ねないように砂利を敷いてあります。樋が無いので詰まらないのが良いのと、軒が高すぎると雨水が跳ねるので、軒が低い家限定で設けることができます。軒の低さは、数寄屋建築ではちょっとしたステータスですので。
  これにも名前があり(またここでネット検索)、「雨落ち」と言います。雨打ちとも言うそうです。
  庭全体のビューはさることながら、
いつもこうした足元や軒先を眺めて、設計者の意向を想像しながら観光をするのが好きです。
  名前が思い出せたら、それなりに知識のあるプロとして自慢できるのですが、忘れてしまってるので格好がつきませんね!
posted by Kuhcan at 19:55| インテリアレッスン

2018年11月05日

領家の家 土の湿気を断つ


01FF66BD-A3EA-4CDF-AD50-FBD61D162043.jpeg
基礎というコンクリートの下には、「防湿フィルム」というポリエチレンを敷き詰めます。

  見た目はビニール(塩ビ)素材なのですが、これは床下専用のため高い防湿力を持っており、塩ビではないので焼却しても有害物質が出ません。

BAD78323-C734-4E0B-9148-EA9B5BE9CD8F.jpeg
こうしてコテコテ〜っと基礎のベースを均していきます。
3FFF7334-78BF-4A7A-92C6-43513E7D6A76.jpeg
こうして基礎の基礎が出来上がると、今度は型枠というコンクリート用の枠を組んでいきます。

posted by Kuhcan at 19:35| 工事写真