2019年05月18日

困った古い家@ 日本がどれくらい困っているか

5E819260-1D57-4AFD-BFD2-8658A985EE0A.jpeg
  空き家対策、と言う言葉がよく聞かれるようになってきましたね。
   2015年の調査で日本の空き家総数は820万戸、さらに九州全土よりも広い面積の敷地が「所有者不明」となっています。

  先日大垣市でも老舗の司法書士さんが教えてくださったのですが、「国からの指令で所有者を探せと言われたが、調査対象170件のうち、権利者全員を探し出せたのは、たったの59件だけだった。所有者が26人もいるような土地もあり、調査打ち切りになった物件は89件ある。」

  これからこんな空き家も増えます。国に登記(所在者が誰かを申請する行為) をしてある人が亡くなった時、相続人が、「登記」と言う行動自体を知らない場合や、その土地や建物を取り合いしたりして、持ち主が死んだ人のまま登記変更せず放置する場合があります。

  そうして3代も放置が続けば「相続権利者全員を把握することが不可能」として、相続人は土地を売ることも建物を壊すこともできなくなっていきます。

  そうすると、その土地はもはや資産でなくなり、所有者がわからず放置された古い家は、防災上も景観上も悪い、「私たちみんなの」負の遺産となっていきます。「特定空き家」に認定されると、国が強制的に壊してくれるのですが、その解体費用が安いわけではありません。さらに解体費用は日本国民全体の税金から賄われて行きます。

  相続人がいるなら相続人の負債。相続人が不明になれば国の負債。その負債が日本国土の九州全域を覆うほどあるわけです。

  皆さん、そんなわけで、登記を甘く見ないでください。土地の権利者、建物の権利者が変わった場合は必ず申請(登記)をしてください。たかが数万円お金がかかるからといって放置しておくと、せっかくの資産が負債に変わってしまいます。登記は単なる義務行為ではなく、あなたの財産を、ひいては日本の財産を守るための行為です。
posted by Kuhcan at 22:55| 空き家対策

2019年05月17日

恒常性バイアス

4D718832-006C-45C5-8BB7-75F3B978E750.jpeg
  今まだ内部の解体が終わっていないリノベーションの現場。
  ひょっとして家族にご不幸があるかもしれない、畳だけでも入れられませんか?とのお電話を朝いただきました。

  まだ先だと思っていた仕上げ工事が急に必要になったので、慌ててその部分だけ緊急で職人さんにいろいろ要求をしています。

  大工の岡部くんは、「わかった、じゃあ今日の作業を中断してそちらを先にやりますね」と言ってその日のうちに16畳分の敷居と鴨居を造作してくれました。

  ところが数人の材料屋さんが「急に言われても… 」のお返事。
  大きなシステムで動いている会社ならいざ知らず、わずか数人が働いているだけの企業の人が、人の生き死にに敬意を払ってくださらない態度に、世も末だなと感じてしまいました。

   「こちらだって無理なのは承知です」。大事な方が1人戦っていらっしゃり、ご家族が心を痛めていらっしゃる時に、なぜその家のため万障繰り合わせて動けないのか、この人は人間として大事なものを置いてきているんじゃないかと腹が立ってしまいました。

  でも5分も経てば「わかりました何とかします」との電話。

  これが恒常性バイアスと働き方改革の弊害です。人間として大事なことを置いてくる。今がどんな時で、自分の事は後回しにすべきだということがとっさに判断できない。「えッ!それは大変ですね」と胸を痛めることないことが1番の衝撃でした。たとえ知らない人であろうが、自分の今日1晩のくつろぎよりも、どなたかの人生最後の時の方が大切だと、普通に感じて欲しい。
  
  自分で会社を経営していると、花びらのお湯につかっているような環境になると、つまり心から楽しんで遊んでいると、「私がこんなに油断をしている間に会社は大丈夫だろうか」と言う気持ちが定期的に訪れます。いつでも何かを心配しています。

  ですからむしろ空間のメンバーはこんな時「よっしゃやるか」とすぐスイッチが入ります。こういう時は、みんな滅私です。

  でも、異変があると、パニックしたり、今までの作業をそのまま続けようとしたりする方がありますね。これはいつも平和で、自分のことしか考えてない人です。そっちを優先して他の仕事で怒られたら困るとか、自分の計画が狂うのが辛いとか思っています。

 「ではそのもう一つの現場が遅れるなら私が謝りに行きます。それにその現場はわたしの担当で、数日遅れても支障はありません。こちらを優先してください。」と言ってようやく動いてもらえました。

  毎日顔を合わせる社内スタッフには全員改めて、こんなときの優先順位の付け方を周知させていただきました。
  
posted by Kuhcan at 22:28| 日記

レストラン・アドゥエパッシがミシュランガイドブックに!

F5A3BD33-F553-44DD-8D7A-632427FC2192.jpeg

https://japanguide.michelin.co.jp/restaurant/gifu/areal4501/italian/stb/?__ngt__=TT0f766bf0c004ac1e4aed6fNCAhTRmBwtfSvKmVU0cjLa
我が社 空間建築工房が設計デザインし、工事をしたレストランが、開店3年でミシュランガイドに掲載されました。
AC326748-AB43-46B5-AB36-95B25A47DCC5.jpeg

「ビブグルマン」と言う、「コストパフォーマンスが良いのに良い材料で丁寧に料理を仕上げている」と言う評価をいただきました。

  東京にお勤めしている友人が「パッシに行きたい」と遊びに来てくれたので行ったんですよ。そしたら河合シェフに「ビブグルマンおめでとうクラッカー祝マーク️」と言うもんですから

 ビブグルマンって何?!と言う私でしたが、宣伝をしない謙虚な河合シェフに代わって私が宣伝させていただいてます。

  何度も言いますがビブグルマンと言うのは、「良質な素材を使い丁寧に料理が仕上げられているのにコストパフォーマンスが良い」店。星マークでもシェフの帽子マークでもないのですが、一言で言えば「親しみやすい名店」。

A92813BD-4A5F-4D4A-BD0A-742EFACF905C.jpeg
  ちなみに今日の料理を1つだけ紹介します。
  奥に丸い木型があるでしょう。この木型で抜いて柄を圧して作ったパスタに、ホタルイカや大きなアサリの載った料理です。名前は忘れました。いつも聞いたことのないようなイタリア語のメニューが出てきます。7年間イタリアでしか料理をしていないシェフなので、カッコつけているのでなく自然にそうなります。なので私もサラッと忘れることができます。こんな嫌味のない感じも好きです。

  味はもうなんともいえずパスタがプリプリです。イカのプリプリは当たり前でもパスタがプリプリって意外と食べたことないんです。どうぞ召し上がってみてください。すごく美味しく感じます。
  そこに練り込まれたイカスミ、ホタルイカ、あさり、魚…で魚介のうまみ祭り。プリプリ祭りです。ミシュランをこんな俗なレポートしてますが、その濃いうまみをトマトがさらっとさせている1皿です。

  ちなみにパッシの料理は、イタリア料理といえども、ガーリックの匂いなどほとんどしません。というのも、イタリア人もさすがに毎日ニンニクだとお腹を壊すそうで、日本人が使う程度にしか使わないんだそうです。それ以来、ニンニク臭いイタリア料理屋に行くことができなくなってしまいました。

  これはもうお昼の予約なんてほとんど取れなくなるんだなぁと一抹の寂しさを覚えながら… 

  夜も、ジビエやこんな素敵なパスタで4860円か、 6480円のどちらかのコースが食べられます。

  これはもう、テーブルに白い布がかけられる店になってしまう前に!コスパの良いビブグルマンで止まっている間に! 皆さんぜひ「夜」お出かけください。夜が本当においしいです。

  6月は、スタッフみんなでイタリアで修行(ただ働きてれてれ)してくるので6月18日から開店いたします。

  もうすぐお子さんが生まれると言うのにストイックに料理道を極める河合シェフ顔1フライパン(目玉焼き)。愛妻家なのにちゃんと仕事を優先するプロです。どうぞ頑張ってくださいね。これからも応援しています。

posted by Kuhcan at 07:41| インテリア施工例

2019年05月13日

大垣市の山鉾は、ユネスコ無形文化遺産

3A9E911D-F5DA-4398-A04F-B594C2590724.jpeg
  行って参りました、ユネスコ無形文化遺産に登録されて以来行けていなかった「大垣祭り」!

  元来祭り好きの私なのですが、自分がわっしょいできないとあまり面白くなく、地元のお神輿を吊る程度で止めていました。

 
E5D15F21-A6A8-4DF2-8144-3712B972165F.jpeg
(お嬢様が松の金襖の前で 踊る)

  しかしさすがに、1648年以来続いてきたお祭りだけあって、やはり見所がありました。大垣10か町が十三両の山車を持って八幡神社の前を練り歩きます。

  個人的には、祭りの真っ最中に出くわしたチビッコ野球少年団チームとの練り歩きが可愛くて仕方がありませんでした。
EF5EE32E-01BA-42CB-ABA0-F3EFF25818DF.jpeg
結局大人数(笑) これこそ祭りですよ。
8AE38405-ABA2-4DDA-843C-D539F24903FA.jpeg
近所でいつもこれぐらいの人数以上が夜の野球の練習で集まっているのですが、お祭りでワチャワチャやっている子たちを見ていると、また違う個性が見えてきてほんとに涙が出るほど癒されました。
8233C119-7D87-46D6-9D5B-6F73A6B001A6.jpeg
山鉾の中には、白木で勝負しているものもあり、やっぱりかっこよかったですね!!!
  からくり人形がついて、ほんとにそれぞれとても素敵でした。

  大垣まつり、混んでるイメージがあって実は忙しすぎるといかなかったりしたのですが、なぜだか近隣の駐車場ほどよく空いており、あっという間に祭りの中心部にアクセスできる素晴らしい状況。
  でも見学しやすいお祭りで、よかったです。

DBA27831-E5B0-4984-B9F9-BBE565772298.jpeg
八幡神社の手水舎から見た月も素敵でした。
posted by Kuhcan at 18:12| 日記

2019年05月08日

ライトアップ

6997F28C-9320-45FC-A69B-38792314E2D9.jpeg
平屋の新築を建てています。

玄関アプローチはこんな感じです。
向かって右の黒い壁は収納になっていて、家を出た途端、外用のごちゃごちゃしたものが仕舞えるようになっています。屋根がかかっているので雨に濡れずにそんな作業ができます。

4ECAB39E-EDE2-499E-91BF-E15C9AFE2BB8.jpeg
収納の裏側、つまり道から見える外壁の様子はこんな感じです。

  私の古いiPhoneではうまく撮れませんが、源平桃が木調の壁をバックに照らされています。
「このお家、昨日からライトアップされていたね。」と近所の女子中学生に言ってもらえて、ちょっとドキドキ。普通のお家にはハデな演出だったでしょうか?

たった3つの照明器具で「ライトアップ」と言われると、25年かけて勉強した甲斐があったなと勝ち誇り

大阪南港のコイズミのセミナールームで、「いつかうまくできるようになるだろうか?」とドキドキしていた自分に、「 ちょっとは上手くなったよ」いってあげたいような気持ちがしました。
posted by Kuhcan at 19:28| インテリア施工例

2019年05月06日

休日の振り替え休日ってなんなの

DAA41BFB-B7F9-4BE5-902D-EF7C76049045.jpeg
世間は休日なのですが、お互いに5/1しか休んでいないので、現場は程よく進みます。 古民家再築の現場です。

  国に休日を定められたとしても、そんな風にお上の都合では休みたくないよね。
  と思うことさえはばかられる、全員がじわじわ怠け者化していく泰平の世です。

  みんな「働き方改革で効率よく働けるようになりました」とはいうものの、効率を超えてある一定時間働かないと、現場だろうが自分のスキルだろうが、次のステージに行けない事を、果たしてどう思っているのでしょうか。

  効率化はあくまで大切です。
しかし 遊びをそうまで推進するには、わたしには能力が足りないと思います。仕事のスピード、知識、判断力。
  能力の不足を寿命の中で補いたいと思っているのに、命が足りるか?今から心配しています。

  でも世の中はこどもの日の振り替え休日。他人様のことは他人様にお任せしますが、働き方改革を決めた政府の高官は、私たちよりずっと賢くスピーディに働ける方であるという引き算をして、この10連休を考えていくべきだと思います。普通人の私たちが呑気にGWを謳歌する姿は、海洋生物が豊富な塩水の海でなく、生物のいないトロトロでカラフルな砂糖の海で泳ぐような、そんな新しい世界の感触を受けています。
  
posted by Kuhcan at 13:41| 日記

2019年05月05日

5月5日は松下幸之助の命知元年

43073F91-89DB-42A9-9511-F9EF9EAD8916.jpeg
「日本の国をあまねく豊かにするために我々は精一杯働く」
 と松下幸之助が話をした後、興奮した社員たちが我先にと自ら壇上に駆け上り、それぞれの抱負を口角泡を飛ばしながら述べ、会場が大いに盛り上がった。

  と言うのが私の好きな 5月5日のエピソードです。 この日はパナソニックの精神的な創業元年とも言われていますが、実は私の結婚記念日でもあります。良い日に結婚したな。て思っているんですよ。

  今年はほんとに忙しいので今日は私も吉田くんも仕事をしています。さすがに5月5日ともなると、誰も仕事をしているとは思っていないようで会社の電話がぴたっとも鳴りません。施主さんの家で重要な話をしていたのですが、その時にもぴたっとも鳴りません。

  電話がならないって本当にいい!
 1日じゅうが自分の時間。

   LINE で何かを要求されることもなく、静かな時間でした。

  人に中断されないので、見積もりだろうが接客だろうが本当に集中できて、癒されました。
  明日もこうだったらいいのに。
posted by Kuhcan at 16:58| 日記

2019年05月04日

瓦はわたしの滑り台だった

C1EA9D3A-77DF-431D-8AD7-33F4EB7C48CA.jpeg
GWだ!のんびり仕事できる!
と言うことで、古民家の耐震診断と鑑定に来ています。
  ぴったり今年で築50年のお屋敷。年代としては新しいのですが屋根は京呂組で礎石造りのいわゆる古民家です。

  持ち主様は、住処としては1周したこのおうちを壊してしまうとおっしゃったのですが、あまりにもったいないので、リノベーションで住んでくださいとお願いし、解体は免れました。

  また、この持ち主様は、新しいことや業界のためになることを手助けしてくださるのが大好きな方なので、本日鑑定に至った次第です。  
5FC9E7B8-CA28-4A21-8A7E-A25A96C15BC2.jpeg
  とりあえず、ほとんど雨漏りや壁のヒビもロクにない内部を鑑定してから、屋根に登ってみました。
  家紋入りの立派な鬼瓦。

  この鬼瓦って、一つ一つ鬼師という細工師さんが粘土で型を作り、その型を焼いて、そこに瓦の材料を入れて焼き上がるってご存知でしたか?
  このように立派な家紋入りの鬼瓦を見たり降り棟の先っぽの可愛い鳩なんかを見ていると、この家に飽きたので壊すなんて残酷なことに加担しなくて済んでよかったなって、しみじみ思うんですよね。古民家再生協会に出会っていてほんとによかったです。  
EDDAEAA6-7C6D-419E-9052-FB53E0E45F1C.jpeg
まさに五月晴れの空の下、屋根に登っていると「いーらーかーのなぁみぃとー  くぅーもぉのーなーみー♫」と歌ってしまいます。風景が歌になってるってすごく素敵ですね。古い歌なのに今も歌えるってこともなんだかノスタルジー。

 いくつになっても屋根に登るのは楽しいひと時です。子供の頃、楽しく滑り台にして遊んでいたのを思い出しました。
  今から考えれば、絶対やらないんですけど。親にも散々怒られたのに止められませんでした。あそこで落ちなかったのは、瓦の神様がまぁあんたならいいんじゃないと言って生かしてもらったに違いありません(笑)  結構な長さをすごい勢いで滑ってたはずなんですけど、落ちるとは微塵も思わなかったんですよね。
 
  そんなわけで今年の紅白は「瓦の神様」で、出場しましょうかねぇ。トイレなんかよりよほどいい唄ができると思うんですけど、いかがでしょうか。聴いてくれるの古民家再生協会の人だけかなぁ。

  って、鑑定のこと全然描かずに終わるブログです。
posted by Kuhcan at 22:39| 古民家再生協会

2019年05月03日

明治の文人や皇族が訪れた旅館〜千歳楼

24886C43-3EFE-4FC2-B2A1-9C9DC5AB5AF6.jpeg
  10月に行う愛知岐阜三重静岡の中部地区大会とは、全部で30人以上のプロで行う古民家の大勉強会です。

  今年は岐阜第二支部の、つまりわたしの仕切りですので、候補地として養老の千歳楼が挙がりました。

DE21FAEA-7F9D-473E-8B6E-A2B9A5E27DF6.jpeg
  お山にそびえ立つ造り。宿泊客の車のナンバープレートは、練馬、浜松、京都…。都会の喧騒とは無縁の山の上の楼閣です。

7737D58D-543E-4C2A-AC24-4E83DA7D72DD.jpeg
  二階の大広間には、有栖川さまや明治維新の立役者の書。
4E0DABD7-2EC3-4CA4-8B47-CBB6580F581E.jpeg
  志賀直哉も逗留した部屋にも宿泊できます。

67A772D2-BFE0-4C45-8E2D-4A14BC3D5366.jpeg
 ホールもこんな風に、養老の竹林を模したガラス窓から市街地を見下ろせる素晴らしい造り。

  ただいかんせん古いので、「リノベーションしたい」衝動に駆られます。2Fの床の間なんて、写真右の柱が落ちてしまい天井がウエーブ状に見える…。

  明治・大正・昭和で ある意味建物の手入れが止まっているこの旅館。平成を通り越して、令和になったわけですが、デザインが一周以上まわって、珍しい建物は建物なんですよ。
  使ってある大理石は国産、しかも石目が整っていて美しいですし。

  それでも「会議はともかく、治したい!このままフカフカに柔らかくなっていくこの建物を保存したい!」という事!!

  岐阜の第一支部長・大下さんが、「これはなんとかせんといかん!」と半ば怒りながら飛騨に帰っていかれました。

  さあ、支部長にそう言われては内閣官房の名を拝した井上幸一顧問に電話をかける時でしょうかね?メンテナンスをする費用、業者、支援者、オーナーの理解とやる気と審美眼。どうやってやっていくか相談してみます。

  第二支部の努力目標ががまた一つ生まれた本日でした。
C486DF03-767C-4DB9-891D-33732F0D0457.jpeg
posted by Kuhcan at 21:18| 古民家再生協会

2019年05月02日

古川為三郎記念館が美しすぎる

FCB9979B-0358-4E2E-BE58-C8E603ED005E.jpeg
  令和元年を祝おうと!
古川為三郎記念館を経験してきました。今名古屋城の二の丸庭園を手がけておられる先生からお聞きして以来、行ってみたいと1年以上温めていた場所です。
569A7F49-3A91-4897-A4C9-2977FB2B5954.jpeg
 端午の節句ですからこいのぼり屋根に菖蒲が。
  端午の節句は、菖蒲の節句とも呼ばれているのですが、これは田植えの疲労で5月に体調を崩す女性が多かったので、匂いの強い菖蒲を魔除けの意味で掲げる風習です。

  雨の降っている日でしたが、傘もささずに見上げてよかった。
  古民家風カフェなどがたくさんある昨今ですが、本当にこういったゆかしい文化を伝えている記念館は稀かと思います。もはやこれだけで興奮です。

F22A6238-168F-489A-8991-4B2422E8D8E8.jpeg
玄関・取り次の間には、青竹を模したガラス細工の花器がしつらえてありました。

1C82E637-7DA3-4FD7-91AE-5188EA0C8D49.jpeg
  この床脇の地袋(左の棚のこと)の天板も
2429FBC0-7A83-4C9A-B086-E9B92B6C32B8.jpeg
  ケヤキの木目が奥深く光り輝いて、さすが世紀の富豪、使う材料いちいち一級品。

7BE4FEBB-0D48-4A2B-BDBE-0681D14FE21A.jpeg
  と、漆で描かれた瓢箪の襖紙…
はじめ漆とは分からず、京都・唐長の紙かと思いました。でもよく目を凝らすと、艶がすごいです。もう、なまめかしいくらいの勢い。

0B14586E-48FB-4ADC-8C8E-B104B43F8B9E.jpeg
  階段を降りていくと、1つだけの小間があります。数畳ほどのこの茶室の連子窓(写真左)は、部屋の大きさに対し破格に大きく、独特な感じでした。
  連子窓は明かり取りの意味に加えてお点前する亭主を後方から照らすバックライトの意味を持つのですが、その窓が大きいと言う事は、ご亭主を目一杯アピールする意味を持っています。

855E186F-AAD6-4688-B83E-2DA1148278CC.jpeg
  この部屋はふすま紙も日本画のように美しく、侘び寂びにとらわれないご主人の現代的な感覚で作られたものだと感じました。
  かといってセンスが良いので、嫌味がなく、本当に素敵でした。
  
B5DB8FCF-D54A-4222-B065-21BF55469E5E.jpeg
  連子窓の障子の奥は竹を編んだ格子に聚楽(じゅらく)塗り回し。
この竹の編み方1つで障子紙に映る影が変わり、時間帯やその日の天候によっても、影が紅く見えたり緑に見えたりします。
  狭い茶室の中で、日々のもてなしとして、投影した影の色も楽しむもので、ここに日本の繊細な情緒の端が見られます。

  とまぁ、3箇所を説明しただけでブログが長くなりました。まだまだ目を見張る室礼(しつらい)満載だったのですが、その全てをさらけ出すのはあまりに情緒ががない気がしてためらわれます。
  その他の部分も推して知るべしです。
  興味のある方、名古屋市千種区池下駅すぐ。「古川為三郎記念館」にぜひ足をお運び下さい。
posted by Kuhcan at 22:36| インテリアレッスン