2022年11月05日

片付かない3つの理由

735CD1D9-468C-469C-AFF1-2E53F67B07DB.jpeg
娘の友人宅。
いつも汚くしている現役女子大生と女子高生の部屋です。とは裏腹に、住人は優しい人。娘も頑張り屋さんの良い子達で、もう20年の付き合いです。

 今日は、うちの娘が自転車で転んで、地面に顎を強打したせいで、薬の備蓄の多いこの家に、何らかの湿布薬をもらいに来ました。

 娘は、ここに足を踏み入れるのは小学校以来。
「久しぶりや〜」
と言いながら、2Fに上がっていきました。

 すると見えたのはこのありさま。娘は息を呑み、「ガチの汚部屋やん…。」と絶句。
(私は知ってて、止めたんですけどね。)
 隣のお姉ちゃんの部屋も全く同じで、狭い廊下や階段にもモノが溢れてどこを踏めばいいのかさっぱり分からない状態です。

 すると、湿布薬を貼ってもらいながら、「明日また来て、私、片付けるわ。」と娘が宣言。
 おお〜、さすが、インテリアコーディネーターの家の子やん。と私たちは喜び、ちょっと覗いてきました。

0544073E-40A8-4DA5-8141-06A34498AEA4.jpeg
 翌朝7時、友人から「朝ごはん出来たよ〜ハート️」と電話。メシにつられて私も覗いてきました。すると、娘、大張り切りで着手しております。

 横にただ座って見守る友達。

 娘曰く「捨ててもいいかを聞かなきゃいけないから、この子はただここに居てくれればいい」だそうです。


「このパンツいる?ダサイけど」
「この帽子まだ使う?合う服見つからないけど」
「この袋の中身は何?エ⁈ 8月から洗わなきゃいけない服がそのまま入ってる⁈ じゃあいらないね。捨てるよ」
「黒のTシャツが多すぎるから1枚にするね。これ、1番安そうだけど一番形が良いから残すわ」

 と、バッサリの斬りぐあい。痛快です。
見守る友人は、「あ、じゃあいらない」「あんたがそう思うなら捨てていい」「在庫が多すぎる?じゃぁニナ、それあげる。」とタジタジ。
 
07243397-390A-41C6-993C-8AAA1B6F8638.jpeg
 30分であらかたきれいになり、掃除機をかけれるまでになりました。そこの娘たちは
「すごい…あっという間や…ハート️」
B16E5E0E-FF07-4F17-9690-D88B21DF5474.jpeg
1時間で、すっかりきれいに完成。

 私は10時までに出社したかったのですが、9時には終わったので安心して
「じゃぁニナ、お姉ちゃんの部屋もやってあげたら?」と促しました。

 するとお姉と娘は、「ええ…無理や…」。

お姉「ウチの部屋がきれいになった事はないよ?」
娘「この部屋、(乱れ方が)本物すぎてどこから始めていいかよくわかんない」
だそうです。

 そこでベッドや机の上から始めるように指示し、娘も渋々着手。
「あぁ…!! 難しい!!おかあさーん」
と1m先で思わず頼られながら、さらに1時間をかけてお姉ちゃんの部屋もきれいにしてきました。(ビフォアがあまりにも汚くて写真を撮るのを忘れました。)

 最後は大学の書類も全て娘が整頓し、「これから、あまり使わない本はここ、よく使う本はここね」と言って帰ってきたのだそうです。

 「湿布はよく効いたし、モーニング豪華やったし、化粧品いっぱいもらったし、医者に行く時間に断捨離できて,よっぽど良い休日だった。」
と娘。受験生とはいえ、この頃は勉強ばかりしているので、楽しかったそうです。

 自分のこと考えてる時間より、よその心配してたほうが、何かとうまくいくもんですよ。


 さてそこで、私の見つけた
「片付かない人の3つのポイント」を紹介します。

@見通しが立たない
 買う時点で、そのものを実際どう使うのかのイメージが湧いていない。どこで使うのか?いつ使うのか?家に置いたらどうなるのか?が全く想像できていないため、その場の衝動で買ってしまう。
 また、買った後も、どこにどう置けば使いやすいかが分からないので、しまいこんだり、逆に不必要なのに出しっぱなしにしたりするため、部屋が散らかる。

A審美眼が弱い
 自分が本当に好きなものがわからない。なんとなく人に合わせて、とか、安いからとりあえず、といい加減な理由で買うので、愛着がわかず、放置する羽目になる。

B優しい
 人にもらったもの、思い出のあるものが、寂しい気がして捨てられない。可愛い、と言うだけでも買ってしまうし捨てないので、増えすぎる。

 いかがでしょうか。
本当は年末より、秋の方が気候が良くて片付けがはかどりますので、皆さんも、お掃除楽しんでくださいね。







posted by Kuhcan at 04:08| インテリアレッスン

2022年10月28日

冬にエアコンは使いません

めっきり冷え込んできて、すっかり秋です。
EFCAA702-8CD9-4EC8-B3A9-421B4520E3A3.jpeg
今朝ニュースを見ていたら、電力高騰で一般家庭の主婦はこまめに節電をしていると言う取材。
「炊飯ジャーで炊いたらすぐ電源を抜きます」
「寒くなりましたがエアコンもかけずにまだ我慢しています。」
とのこと。

 実は私はこの手のこまめな節約は反対派で、いくらも変わらんでしょ?辛気くさい話しだなぁ、と聞いていました。

…が、その主婦がこう続けました。

「(記者)エアコンの電源も、抜きっぱなしなんですね」
「(主婦) はい、そうです。冬はエアコン使わないんで。」
「(記者)使わないんですか?!」
「(主婦) はい、パパがあったかいんで」

 えー…そういうハナシなのきらきらきらきらきらきら
 
 2日ほど経ちましたが、寒いなと思うたびに、このコメントを思い出します。心があったかくなりますハート️ 幸せな人生だなぁ。 
 

posted by Kuhcan at 04:28| 日記

2022年10月23日

経営体験発表


FBFA67F2-A703-4061-A8F1-7D2CAA5E6B52.jpeg

 10月22日、岐阜実践経営塾(旧盛和塾)で、経営体験発表を行ってきました。

 当日は、岡山の幕末の為政者「山田方谷」6代目の野島先生のご講演がメインだったので、会場は満員。会社の経営者はもちろん、その会社の従業員さん達もたくさん参加しておられ、なんと140人。

 この発表では、自社の財務と経営理念、実践の方法をつまびらかに述べ、それに対して6人の世話人さんが、質問やコメントの100本ノックを行うものです。会社の 危ないところはどこか、また、伸ばすべきところはどこか?それぞれの意見がそれぞれの角度から飛んできます。

 いわゆるコンサルタントさんはおらず、実際に経営の舵取りをしている皆さんがそれを行うので、鋭い質問がどんどん飛んできます。また、岐阜塾は、情のある社長さんが多いため、忌憚ない意見がポンポン飛び出します。
 発表する方は大体しどろもどろで、傷まわしになります。

 入塾して5年半、恐れていたこの日がやってき、予想通り、私は翌日である今朝、体中が痛いです勝ち誇り 質問されて体中が痛いなんてなかなかあるものではありませんが、それぐらいの負荷がかかります。

 というのも、私が話した言葉の薄っぺらいところはすぐに見抜かれ、逆に、本当に思っている事は尊重してコメントが放たれます。多分人生で1番、的確に吊し上げられている瞬間。

 私はプレゼンが長すぎ、「人の時間をどう思ってるんだ」と言う叱責から始まりました。さらに「長い割りにはよくわかんない」と続き、「そんな薄っぺらい○◯、なんなんだよ…逆にいらないよ。」と腹を立てられる始末。

 発表会+二次会+三次会、足かけ6時間以上もそれは続くのですが、まぁ何しろ、あんなキレキレの社長さん達に突っ込まれ続けると言うのは未知の世界で、全く怖い会場です。

 でもこんなにありがたい話はないと、私は受け答えに必死でした。
 実際、暖かく理解あるお言葉たくさんいただきました。怒られているんだけれど、ここまで親身に考えて下さり、また教えて下さって…ほんとに独特な場所です。

 会場にいた夫からも「俺は楽しかった。上手くなる100本ノックって気がする」と、爽やか。「取れるボールも取れんボールもある。でも全部うちらに向かって打たれているわけやから。」


 御歴々の社長さん達からしたら赤子のような会社を、あんなに熱心に指導してくださったことにはとにかく感謝です。
 今朝は、たっぷり寝た割に、頭も激痛だし体は本気で痛いし、足さえしびれている始末ですが、またここから、始めていきたいと思います。
posted by Kuhcan at 07:56| 日記

2022年10月16日

ネットワークビジネスは悪だ!と言える理由

 悪徳商法と言う言葉がぴったりの、ネットワークビジネス(マルチ講)。
CF1C8FDD-8B84-42C8-AB34-C3FC4BCD34F2.jpeg
 今週末も、インフレになってしまった建築業界の見積もりを提出しながら、自分の価格が誠実かどうかを必死に胸に問いかけながら、提案を進めています。
 ネットワークビジネスがどう違うのか?しみじみ考えています。

 私の○ム◯エ◯との出会いは、22歳、初めて入社した会社の社員研修中でした。

 同僚が「研修が終わったら、博報堂に勤めている先輩に会うがどうか?」と言うので、思わず興味津々でついていった先で、販売員として勧誘されました。

 商売をやっている実家に育ったので、ネットワークビジネスの魅力を語られているそばから、理屈がおかしいとすぐ感じました。

・売り子を増やした人のランクが上がる。

・1つの商品のロット(最小発注単位)がどれも結局は20万円位と、高額。たくさんの種類を買ってもらえるほど、在庫を抱える羽目になる。

・たくさん商品を売った人よりも、たくさん売り子を見つけてきた人の方が、原価率が早く下がる。

・95%で始まる原価率が、最終的には30%まで下がり、全国大会で発表の権利やホテル無料宿泊の接待を受けられる。

 以上のことを考えると、正直なところ、売り子さんとはいえ、立派な商店規模の仕入れや売る心構えが必要になります。これを商売のシロウトに「契約しないと帰れない」まで平気でゴリ押ししている会社の恐ろしさを感じます。

 そもそも、副業で始める初期投資としては、高くつきます。もの売りの素人が200万円以上の在庫をすぐ抱える羽目になるシステムは、間違っていると思いました。

 それに、原価率が95%って何?そんなことで儲かるわけがありません。しかも、売り子ランキング表の△ピラミッドでは、売り子の7割が原価率95%止まりで止めていくのだそうです。
 5%の粗利益では、フライパン1つ、洗剤1つを売るためにコーヒーを奢ったり、客に会うために電車に乗ったりしたら、すぐ赤字になります。

 かといって買う側としても、「その製品ランクなら1〜4万円出せば売っているだろう」製品が10万円の定価です。(だから最後は30%にできる)。

 皆さんが商売のあれこれ、本当に良いフライパンのあれこれを勉強しておられれば、そんな悪い条件で商品を購入することも、在庫を抱えて売りに行かされることもない。

 だから私は断固としてネットワークビジネス反対派です。儲かるのは本部だけだからです。

 私はその後も、販売力があると思われたのか、○セラー○化粧品など5社ほど誘いを受けまして、つまり無駄にネットワークビジネスのシステムを聞かされまして、高い薬を買わされたり、リフォーム工事を人質に契約を迫られたり、あの手この手で時間と気力を使わされました。ますます嫌いになりました。

 ネットワークビジネスは、売る前線の人間と、買う人を騙しがちです。皆さんくれぐれも、適正な価格でものを購入できるよう、「賢い消費者」になっていただければと思います。

 
posted by Kuhcan at 18:33| 日記

2022年09月22日

2022年9月、ホームページをリニューアルしました

 2022年9月、ホームページをスマホ用にリニューアルしました。
 いかがでしょうか。
 今までなかった内容を増やしたり、逆になくしたり…断捨離に近い。それを、私がやるとまた私のホームページになってしまうので、20年来の相棒のナノワークス市橋さんにお任せしました。
 あれやこれやと細かい感覚のズレはもちろんあるのですが、建築と一緒で、ホームページのリノベーションもプロに任せた方が、その時代に合ったものができると思います。
 また皆さんの感想も聞かせて下さいませ。
51F61818-57B6-4440-A4B3-3AAC13ED2EB9.jpeg
(写真を最近私がはまっているハリーウィンストンのホームページから)
posted by Kuhcan at 06:31| お知らせ

2022年09月02日

空き家の神様が今こちらを向いている…かもしれない

6EC2228B-4BD6-4139-8432-79ED4DF4953B.jpeg
この夏は、嬉しいことがたくさんありました。

@
 空き家の利活用や古民家再生について、問い合わせが急増したこと。中には、県外からの移住や相続の相談もあり、古民家を大切にしたい方とのご縁がたくさん生まれました。
 あまりの電話の量に「空き家の神様が、いま私の方を向いてるのか?」と思うくらいです。
 やってきた活動を通して、古民家も守れ、皆さんの資産も守れることが嬉しい。

A
 スタッフから「非効率な今までのやり方を変えたい」その傍らで「もっと現場に出たい」という各自の意見がぞろぞろと出たこと。みんなの会社、になって来た証拠で、社内の士気の高まりを感じます。
 
B
 8月の経営計画発表会のあと、職人さんたちから「クーカンの現場に優先的に来たい」と思ってもらえるようになったこと。
 経営者、職人、お客さま、は三身一体だと思っているので、ほんとうにありがたいです。

 こんなわけで
尊敬してやまぬ偉大な稲盛和夫さんがお亡くなりになった令和4年の夏、改めて、「敬天愛人」の言葉を噛みしめています。

「稲盛和夫の能力は、こんな平凡なお母さんやお父さんから生まれた。それはたまたまであって、ひょっとしたら自分は日本の発展のための単なる媒体であり、ですから私の身体は、私のものであって、でも私だけのものではない、と感じるのです。何かの力が、稲盛和夫というカタチをしているだけなのです。」

 そんなわけで、空き家の神様が私に何かを囁いているので、精一杯やらせていただこうと思っている所存です。

posted by Kuhcan at 08:33| 空き家対策

2022年08月24日

道が空いている朝

42671676-33E0-4A66-9F48-2E3FD8275124.jpeg
今朝は、平日(水曜日)の朝なのに、えらく道が空いてるなぁ。

 コロナが始まっても、岐阜県は、日本人の雇い止めは少ないのです。
それでも、こんなに出社している人が少ないのを見ると、大丈夫なのかな…と心配になります。

 渋滞の頃は、「こんなにみんなであくせく働いて悲しいなぁ」と思った日もあるし、こうして少なければ少ないで、「大丈夫かなぁ」と心配になり。いつも何かしら問題はあるものですね。

 それに最近は、道端の看板がガラガラで、「広告募集中」の張り紙をよく見ます。広告も出せないほど、世の中は逼迫しているのだと実感します。

 日立キャピタル元社長の花房正義さんに、「世界を、時系列の数字でよく見なさい。そうすると見えてくるものがある。」と言われているので、こんな風景を見ながら、大垣市の世帯年収や、高齢者率、就労人口の割合等をググッています。

 グラフを見れば見るほど、世の中の問題が浮かんできて、なるほど、これか。という思いです。
 
 ちなみに大垣市の世帯年収の平均は521万円で、全国平均の503万円より18万円高く、就労人口割合も全国平均よりずいぶん上回る57%です。女性の就労も48%で、全国815自治体内で222位です。

 こう見るとなかなか調子の良い街なのに、先程の、朝のガラガラの道の状態。
 というのもグラフは2015年の調査の結果だから。この大きく変わった7年の間に、どうなったのか、気をつけて見ていこうと思います。

 今朝はまた、こんなこともありました。
 コロナの濃厚接触になり、会社に来れなかったスタッフがようやく出勤してきたのですが、「夫婦で10日も仕事に行けないモノだから、収入がどうなるんだとかなりドキドキだったよ…」と言っていました。

 この不透明な世の中、コロナで体の具合が悪くなり、外出を禁止され、お金が足りない、と心配するのは心身ともの健康に悪いですね。いわゆ悪いスパイラルです。

  不幸中の幸いでその人は、一家でコロナに感染したものの、みんな無事だったし、有給が余っていたためそれを充当することができました。

 健康で働いてこられたので余っていた有給です。過去の自分が今の自分を助ける。
 
 コロナに感染しても、「人生のちょっとした出来事」で終わるように生きたいし、会社もそのようにサポートしたいものです。(コロナが始まった頃、家族の感染に責任を感じて自殺した遺族があると聞きましたが、本当に胸の痛い話です。)

 こんな変な世の中だからこそ、 
 今日もがんばって汗かいて働こう!


 
posted by Kuhcan at 09:17| 日記

2022年08月19日

ガラスの天井ではない、建築界のコンクリート天井を打ち破るのは誰か

40AC3AA7-7F9B-495B-9309-48F411FA7683.jpeg
アメリカBloombergの記事で、
「建築業界の女性進出が青天井で進んでいる」
と言う記事がありました。


弊社も全く以てそうで、社内の女性率は85%。
「ガラスの天井」どころか「コンクリート製の分厚い天井」であった建築業において、逆に、要職になぜ女性がいなかったの???と不思議に思うほどの活躍をして頂いています。
F9C5891C-2E86-491E-9FFE-6A20D91D1F73.jpeg
アメリカでは2022年に14%越え。

 私はなんとなくですが、2080年くらいになると、いわゆる「本社」「シンクタンク」「コンサル」といういわゆる頭脳的な場所で、女性割合が6割を占めるようになるんじゃないか?と予測しています。

 予測のつかないVUCAな世界では、女性のセンシティブな勘や不正を忖度しない世界観は、有用です。

 大きなゼネコンのビル現場で、腰袋(10kg)をつけて工事に挑んでいる華奢な若い女性なんかを見ていると、良いなぁ〜と感じます。現場でたくさんいろんなことを学んで、いつか幹部になっていただきたいものです。

 私がこの会社を始めた頃は、下請けの会社さんが平気で女性スタッフのお尻を触ったり、朝からエロトーク三昧だったりと、女に全員キャバ嬢の寛容さを求めてる人がチラホラいてびっくりしました。 (夫婦仲の良い職人さんだけにしぼったので、今はたいへん健全な男性ばかりですよ。)

 はたまた取締役の私となると、自分のアイデアなのに銀行さんから、「あなたは女性ですし子供もいるから、(将来的に長く続くかわからないので、)ご主人にしか融資はしません」と全く信用されず、戦略上、主人の収入だけ上がっていくと言う現状もありました。私が給料を決めているにもかかわらず、です。


 女性で子どもを産む機能がある人は、仕事も出産も選べるので、元来、自由でタフなはずです。
 
 ただ私も3人を育てて、その「選択の自由のホンネ」…実は一つも自由などない。には驚愕しましたが、それでも、子育て(人の育成)、母という肩書き(社会からの信用のなさ)、という1種の苦行を通して、人生が変わるほど学び、強く大きくなりました。

 そんな経験豊富な女性たちが、新しい「建築業界の価値観」を切り開いていくことは必然でしょう、明るく朗らかで穏やかなモノになっていくと思います。

 これからは、働くお父さんではなく、働くお母さんが、労働意欲の高い子供を育て、同時に生産性のある職場を作ると思っています。

 世の中で、労働しないことが理想であるかのような表現が出回っていますが、本当に悲しいことです。

 「人は、遊んでいる時よりも働いている時の方が幸せである。そんな『労働の尊厳』を日本人はもっている」と言ったのは稲盛和夫さんですが、この言葉、ちゃんとはやらせていきたいと思います。
 
 デジタルを崇めすぎてリモートワークで加速する、室内で楽していても命が続くなどと幻想を抱かせるシステム、人の動物的なカンを失わせる国の政策が、これ以上増えないことを、心から願います。
posted by Kuhcan at 07:10| 日記

2022年08月17日

空き家解体の前夜〜「子育てに質のよいつながり」

いきなりですが、あなたに質問です。

あなたは、お母さんが子育てに関する最強の情報やスキルを持っているのと、質のよいつながりを持っているのとでは、どちらが幸せに大きく影響すると思いますか?

これは、プレジデントという経済雑誌の質問です。

54B69FA2-EADC-4CFC-A28D-D43C745E10C8.jpeg
 今日は、クーカン総出で空き家の解体のための片付けを行っていました。近所の8人家族のお家で、解体するのはおばあちゃんが最近閉じた、美容院の建物です。
 何十年もやってきた美容室です。
 すのまたの花街の芸妓さんのための髪結ところでした。
 この夏で、こういった美容院2軒を壊しています。個人的には、懐かしの美容院がなくなるのは少し寂しい。


 そう思っていたら、ここの孫たちが近所の子と隣の空き地で野球して遊んでいたので、猫の手も借りたいついでに、全員に召集をかけ、みんなしてワイワイやっているところです。


 お盆真っ最中で暑いので、みんなが適当にそこんちのトイレに行ったり冷蔵庫からお茶を飲んだりしていました。うちの会社の人はむしろ遠慮しながら使っていましたが、この家はそもそもおおらかに人を受け入れる、様子の良い家です。


 なんとなくこれを見ていると、冒頭の質問を思い出しました。
 答えはもちろん「良質なつながり」です。
 
 親の能力が高いとか、将来性の高い学校に入るための様々な情報、良い習い事ができるとかいうことより、親同士、子供同士、近所に安心できるつながりがあることが、子供の心の成長や能力の発展に大きく寄与するのだそうです。


 最初子供たちは、埃だらけの段ボールや雑誌、よくわからないガラクタを触るのにドン引きしていて、ピッチャーのうち1人は全く手が出せませんでした。が、友達が一生懸命やっている上、私が(一人ひとりの様子を見ながらしつこく)焚き付けるので、そのうちやるようになりました。
 この家ではいつも野球のみんながお世話になっているんだから、恩返ししなさい。というのが私の主張です。他所の子にしてみればただのとばっちりですが、何十年に一度の事なので、よく見ておけばいいと思っています。


 子供たちはそのうち「なんでこんなにゴミがあるん?」「このコップ新品なのにもう捨てるん?」と言い始めました。
 かっこいいツボなのに捨ててもったいないとか、こんなにゴミになるなら俺いらんモンはもう買わんとこ、とか、図らずして断捨離の真髄に達し、さすが子供はカンが良い。


 最後ゴミを捨てに行っている間に大方片付いて、戻ってきたときにはみんな家に帰ってい、お礼を言えずに今日が終わりましたが、また明日どうせここらで野球をやっているので、大いにねぎらって褒めようと思っています。


 今日はたった1日でしたが、こうして大人が働いている(たとえ片付けでも)姿を子供が共有するのってほんとにいいですね。


 というのも、自分が幼少の頃、親が商売をやりながら大きな家具を配達しているのを見て「よくやるよ…」とドン引きしていたのは私も同じです。ほんとにあくせく働いていました。
 しかしそれを毎日毎日見ていることで、しまいにはその姿が当たり前になり、労働が全くと言っていいほど苦痛ではなく、自分の強みになっています。うちは4人兄弟みんな働き者ですが、その配偶者も皆働き者です、類は友を呼ぶ。
 働くのが嫌だとか辛いとか、そういった余分な悩みをせずに生きているのは、よほど幸せな感覚です。

 子供から見て親は、家に帰ればビールを飲んだりソファーで寝転んだりしているだけ。あくせく働く姿、もっと目に焼き付けることができれば、昨今の労働回避(何なら、アンチ労働)のよくわからない世論に巻き込まれずに済むと思っています。


 他所の子はともかく、私の大事な近所の子供たちは、働き者であれと願っています。今日は、この家の普段のコミニュケーションのおかげで、また1つ、勉強しました。
 おばあちゃんから低学年まで、暑いのに楽しい1日でした。
posted by Kuhcan at 01:04| 空き家対策

2022年07月31日

原価高です。工事をご検討中の方はお早めに

2022年 7月30日現在
D1069449-E255-4E4E-817A-3EA3F1969884.jpeg
建築業界は、圧倒的な原価高です。
コロナ以前の材料費に比べて
・木…1.3〜3倍
・アルミ… 1.1倍
・ガラス… 1.5倍
・キッチン、トイレ、バスルーム 1.1〜1.33倍
・クロス、塗料… 1.1〜1.2倍
・サイディング(外壁)… 1.1倍
・PB(内壁)… 1.2倍
・照明器具… 1.5倍〜1.1倍
・工事費… 0.7倍〜1.15倍
・板金、鋼板…毎月上昇
・瓦…毎月上がる
と、軒並み上がり、今のところ2年前の1.2倍ほどの価格です。
この10月11月からまたさらに上がります。
2年間で、ひどい製品だと3回以上の値上げ、燃料や素材そのものの材料に至っては毎月の値上げが起こっています。
「3年後に家を建てようかな」と思っていらっしゃる方、今の方が間違いなく安いです。原因が複合的に様々あり、1難去らずににまた一難、と言う状態が続いているからです。
 米中戦争による物資の滞りを始め、中国の輸送コンテナ買い占め、アメリカの住宅事業爆発による木材不足、ロシアの経済制裁による木材調達難やレアメタルの不足、原油流通の異変、ロシア開始による輸送ルートの変更等…
 どれをとっても、今までの材料費でなくなる事は明らか。インフレの時代には、今まで30年デフレだった日本のウミが一気に噴出し、新築価格が1.5倍になる日はもうすぐそこです。
 早めのご検討をお勧めいたします。
posted by Kuhcan at 08:30| お知らせ