2018年07月11日

おしゃれな洗面


F6776E49-3B16-4826-B729-3F0265FF87B0.jpeg
今度、こんな感じの洗面所を作る予定です。

  昨年度より、 PanasonicやLIXILで、おしゃれな洗面台がたくさん出てきたものの、なんだかやたら高いんですね…。どうせ値段が高くつくならやっぱりオリジナリティーのあるものにしたい、とお施主さんと話し合ってモルタル製に決めました。

  今年の秋着工です。となると完成は来年の春。来年のことを言うと鬼が笑うと言いますが、完成後はいつでも半年ぐらい先なので、いつも来年のことを考えています。
posted by Kuhcan at 23:52| インテリア施工例

2018年07月09日

堤防のおかげで生きています。

ついさっきまで真っ暗だった空が青すぎです。

雲も圧倒的に立体的!

この自然の無邪気な猛威に、

耐えた輪中の河岸工事の技術工事現場の人‍♂️

  先人の皆さまに本当に感謝した3日間です。

A4FE01B3-ADC8-4D7F-AA8D-31382215D113.jpeg
posted by Kuhcan at 19:48| 日記

2018年07月05日

大工棟梁検定への期待


20A7F372-B1EB-4DB3-9653-746BD4EA14A5.jpeg
平成の大工棟梁検定。
全国古民家再生協会が手がけている検定試験です。

大工には、
「一級(二級)建築大工技能士」
という厚生労働省認可の検定はあるのですが、

この資格は「棟梁」つまり大工のトップを目指す人のための検定試験です。

うちの大工さん達に声をかけたところ
「受けたい」
「そんな資格を探していた」
「一級技能士のある人はやるまでもないと思うけど」
「そんなことに1日使うなら、現場で仕事したた方が良いのではないか?」
など、反応は様々。

  これから伸びるのはもちろん
「自分の力を試したいから受けさせてください」といったリーダーやその弟子たちですよね。
  とはいえ大工という人達は、資格というチャラい評価に頼らない人が多いです。
  というのも技術とともに精神力や体力が必要になる上、下手にやったら家が整合しないという究極の試験を毎日受け続けているからだと思います。体力も判断力も器用さも必要とされる、ハイスペックな職業。人の評価よりも彼らはいつも自分や自然と戦っています。

   最近は定期的に子供たちがなりたい職業ランキングの上位に入っているものの、あくまでそれは幼稚園の子たちの話。実際には、息子さんに「親父みたいな仕事にだけはつきたくない」と言われてしまう、ストイックな職業です。
  つい先日も、大工を養成するアカデミーの先生がオープンキャンパスで「大工になるくらいなら、金型を作る旋盤工になりなさい、給料が良いから。」と言ったという。ハイスペックなのに割の悪い待遇を受けがちな職業でもあります。

  日本人の努力感や労働感が「楽して稼ぐ」くらいのレベルなら、生活のために必死に働く後進国の外国人の方が、成長や可能性があるのじゃないかと思うこともしばしば。日本人の大工さんは絶滅危惧種とも言えるかもしれません。

  ただ少なくともうちだけはと職人さんに適正な待遇をしようと努力しているクーカンですが、それ以上に大工みんなの考えが人間的で健全なので、本当にありがたいと感じています。

   この大工棟梁検定で、大工にますます誇りを持てる、待遇を良くしてくれる会社が増えてほしいと心から願っています。

  
posted by Kuhcan at 21:24| 古民家再生協会

本棚の壁紙とインテリアパネル

D926C587-7DF2-4B84-B8A5-4B9EC77B650B.jpeg
平塚家具ライムズとのコラボで、書斎をリノベーション。
・机の高さと
・本棚の棚と
・壁紙の本棚の高さ
をそろえています。
そして
387BD17B-D3F0-4DAE-88DE-B31BFDD48694.jpeg
本棚に謎の出っ張り。
秘密の扉か?といえばそうでもなく、
8AC5111E-B023-406D-8083-E5A070988B4D.jpeg
法で定められた壁の吸気口。
同じ部分を切り取ってクロスを貼っています。(将来剥がれないかどうかは…プラスチックと紙なので…まぁアレです。)

こういう事は、真剣にやるというよりはある意味シャレというか、そういう風にせざるを得ないですね。フェイク(偽)なら、徹底してフェイクでいくという(^_-)
ファッションにノリがあるように、インテリアにもノリが大切です。

13F8202B-36FE-4A22-9110-5F8FCEA0444D.jpeg
こちらのお部屋は一転、明るい輸入壁紙。
4CB6B367-3F33-4889-8083-71B2E3CBAB84.jpeg
ここも吸気口がカメレオン顔1(うれしいカオ)
posted by Kuhcan at 08:08| インテリア施工例

2018年06月30日

お母さんか仕事か

4BCAFF59-EDB6-4937-8AF0-1069E34EA69C.jpeg
昼の11:00〜12:30、野球に行って来ました。
今日はエースがしょっぱなに場外ホームランを打ったので、恒例の「打った子んちで宴」がありました。

その合間に、私は着替えてジャケットを羽織り勉強会。経営の話で色々インスパイアされて帰路につき、そのまま野球の宴に合流です。

そこで、「酔っ払うと良いこと言いまくる病」のお父さんから今晩も説教を受けます。
「なぜお前は、仕事の手を休めてもっと子供に接してやらないんだ。なんでもっとご飯をちゃんと作らんのだ。仕事なんてある程度の給料がでる分でやればいいだけなのに!貧乏を怖がるな。」

  いつもは「子供思いで好い人」と思うのですが、さすがに今日は、にらみ合いながら呑む羽目になってしまいました。

「給料のためだけに仕事をしてるんではないんだよ。営業である私達が仕事をしなければ、会社の血液が枯れてみんなを不幸にするんだよ。自己都合で、止めれないんだよ」

  「いいや分からん、それはお前の勝手な思い込みだ。俺たちには子供を支えて野球を続ける金はない、その惨めさはお前には分からない。それでも子供を支える方が先なんだ。自分の安心のために金に走って納得してるお前は許せん。なぜ少しだけ手を止めて、息子をもっと真剣に見てやらないのか。」

  みなさん、どう思われますか。
世の中の9割がた、このお父さんの意見に賛成なのだろうなぁと推測します。

  でも、どうしたって仕事に行きたいんですよ。お金がどうこう言うのなら、最初から時間で帰れる仕事についているはずです。
  うまいバッターがどうすれば球を打てるか考え続けるように、私だって、どうしたら会社の技術が上がるのか、どうしたらお客さんがスタッフが喜ぶのか、思わず考えてしまうんですよ。それを人は、金の亡者に勝手に仕立て上げてくるから困ってしまいます。その人の仕事観がこの程度なんだろうなぁと言う寂しさがあります。

  ご飯なんてお腹がすいたらお米を炊いて食べればいいだけなんですよ。それができないのならその子の責任なんですよ。(うちのこも12歳) 。私は母たちは8時9時まで帰らないこともザラでしたので、自分でスーパーに買い物行って料理の本を買ってもらって家族の分まで調理して食べていました。得意料理は「チキンのソテー・キノコのクリームソース」とかでした。
  昔ならそれでよかったのに、今お金もお店もたくさんある中、子供たちがご飯を作らなくていいっていうのが何故かわかりません。

  私はそのお父さんが子供のために万障繰り合わせている事を悪いと思っていないのに、私が繰り合わせない事は悪いと言われるのは、なんとなくアンフェアだなって思います。それとも私のやっている事はよほど真理に反しているのでしょうか。

  正直、お母さんも仕事もは欲張りなんだろうなと思い、それでも両方やらなければいけないのです。お母さんとしても物足りず、社長としても物足りない。それが今の私。
  でも自分なりの落としどころ、はっきりと見つけはじめているので、金の亡者と揶揄されることを恐れず、これからも仕事も子育ても真面目にやっていこうと誓いました。

  でもこうやって本音でいられる仲間ってやっぱりほんとに楽しいです。
posted by Kuhcan at 23:16| 日記

2018年06月27日

雨漏りか?水道管の漏れか?

5943DFA5-A503-4F23-991A-5BF9EDCE584A.jpeg
 3月から11月まで、よく悩まされるのが、この天井の雨漏り。

  ここは大きな施設で、浸みた天井の理由を探しに来ています。

この建物を請け負った設備屋さんと話しましたが、残念ながら、点検口を新しく取り付けたにもかかわらず、この位置の水道管は、漏れていませんでした。

屋根裏 50m位の長さに及んで、西から東に水道管は敷かれており、この場所はちょうど1番低い。

つまり…どこか違う場所が漏れているわけです。でも水道管には、結露防止の断熱材が巻いてあり、いちいちその断熱材を剥いでは、点検していく必要があります。

  つまり無数の点検口が必要になるわけです(天井裏は背が高いのに、水道管が網羅されすぎて人が歩けなくなってしまっているため。)

こうなると…施工した会社の出番なんでしょうか。単にちょっとした補修だと頼まれて弊社が伺っただけだったので、責任者の方はいま、誰に雨漏りの原因追求を頼もうか悩んでおられます。
posted by Kuhcan at 22:05| 工事写真

2018年06月24日

「僕たちは行けなかったけど」

FBFF82EE-C435-4F90-8FB8-A54A761278EB.jpeg
  少年野球 岐阜県大会の大垣市の大会で、早々に敗北を喫しました。
  その敗者復活戦で、その時負けた北小学校との対決。雨のノーゲームを経て、今日ようやく復活を果たしました。

  現場の合間に駆けつけた三城ソフト城。喜びもさることながら
負けた大垣北クラブさんが
グラウンドの外で、エールのため一例に並んで握手を求めてくださいました。

「僕らは行けなかったけど、岐阜県大会、頑張ってきてください」

  レフトからホームへの ノーバンの送球が見事だったというキャプテンは、まだ涙が乾いていない。
  それなのにそんな言葉…胸が詰まります。子どもにそんな事を言っていただいて本当に申し訳なかった。それでも大きく育って欲しいというコーチ陣の寛さ、他校ながらありがたく感じました。

144DA88D-B45F-49AB-BF40-9B9AF45AF5D0.jpeg
  仕事を終えて、橋を渡る空はピンク色。試合は見られなかったけど、みんなが活躍できた1日だったそうです。

  勝ったり負けたり、ヒトが勝手に作った野球ゲームで一喜一憂するなんて、以前の私なら一笑に付していたはずです。

 でも最近思うんですよね…人生の大半は自分の心が勝手に決めてるなぁと。生きる(命の保全の)心配をしながら、勝手に作ったゲームで楽しめるって事が、意外と、人間であることの醍醐味なんじゃないかなあと。

  ですから最近私は、野球も仕事も同じ位すごいことをしているんだと思っています。子供たちは野球を通じて、誠実や努力や愛、友情と信頼と希望を学んでいきます。
  今回のように負けた相手が手を握って励ましてくれる、それだけのことで、子供たちは、世の中を信頼し、人を大切にする力を学ぶのではないでしょうか。
  本当に大垣北クラブさんありがとうございました。

  この野球というスポーツがいつまでも平和で、子どもたちの迷った時のよすがになれるようにと願っています。

7CD4E64B-AA43-4109-85E8-D731C84C9124.jpeg
posted by Kuhcan at 23:14| 日記

2018年06月22日

おじいちゃん94歳

52D21E58-A148-490F-AB4C-6EC9CAFC6626.jpeg
PTAのために珍しく、16:30に家に帰りました。そしたら、電動自転車で私の祖父がやってきて
「ジャガイモようけ取れたで」。と一箱置いていきました。

  うちの祖父は地味な人で、サラリーマンを定年まで勤め上げ、その傍ら、私の父母が家具屋で休みがなかったためずっと孫を預かってくれていました。
  近所の川の増水量を計測するボランティアを50年以上休まず、あさ5:00と18:00に行い紫綬褒章をいただいた人でもあります。

 私はおじいちゃんちに 夜8時過ぎまでずっといて、ご飯も一緒なので、「お母さん」というのはたまに会う若い人で、「おばあちゃん」こそがお母さんでした。

  でもおじいちゃんは、亭主関白で雷を落とす人だったのでわたしは大嫌い。理知的で優しい素朴なおばあちゃんの記憶しかありません。

  ところがここに来て、おじいちゃんの存在感がなかなかです。90歳を過ぎて、野菜どころか米30kgを配達してくれる。ボケるどころか筋肉がしっかり残っているのですが、性格がシンプルなので、畑以外はずっと家でゴロ寝。

 これでなぜ、ボケないのでしょうか。
いい意味で自我が無いからなのでしょうか。

  わたしが、自我を表現せずにいられないのに対し、おじいちゃんはなんの奇も衒いもなく淡々と寿命を生きています。コーラが大好きで、出すと「こらぁ、ええなハート️」と飲み干します。

 これはそういう人が育てたジャガイモ。おめでたいのでみんなに配ろう。

posted by Kuhcan at 13:51| 日記

2018年06月20日

インテリアのつま先:階段の正しい段差

978BEDC0-6E83-4F46-B16F-93B9EEF72A71.jpeg
勝手口の段差がきつい、という相談です。
お父さんから、
「踏面(段の奥行き)は30cm
   蹴上げ(段の高さ)は9cmで」
と指定を受けました。

さて、それを鵜呑みにしていいかどうかは以下の数式で表されます。

登りやすい階段の計算式。

 蹴上げ高さ×2+踏面巾 = 61〜65という数字になること。

  身障者なら55cm以上60cm以下。

このお父さんのリクエストでは、
48。
ちょっと少ないですね。

ではどう考えるべきか?

お父さんの脚力が通常より小さくなっていて、高さ12cmは辛い、しかし40cmに踏面を決めると、外部ドアに当たってドアが開かない…。

  もう一回相談と説得です。こうと決めたらくつがえされるのが嫌なお客さまも多いのですが、健常者の奥さまの使い勝手にも責任を負いたいので、一旦もち帰って、2プランを持って出直します。
posted by Kuhcan at 21:49| インテリアレッスン

2018年06月19日

古民家再生協会のブログがおもしろい(はず)

わが空間建築工房、全国古民家再生協会の岐阜第2支部としても活動しております。
したがいまして、そちらのブログもまじめに日々更新しています。

5C46D37C-EF49-4748-B3A8-EE137100299A.jpeg
両方の読者の方にと、内容は全く変えておりますので、リノベーションに興味のある方もない方も、古民家再生協会岐阜西濃ブログぜひご一読ください。

posted by Kuhcan at 13:17| インテリア施工例